ネット回線
2022/9/1 12:00

安いポケット型WiFiランキングおすすめ!20社の料金・速度比較【2022年11月】

ポケットWiFi 安い

ポケット型Wi-Fiは開通工事が必要なく、持ち運んで利用もできるため便利なインターネット回線です。

リモートワークの機会も増え需要が高まるポケット型Wi-Fiですが、利用するならできるだけ料金が安く、コスパが良いものを選びたいですよね。

ポケット型Wi-Fiは利用できるデータ容量によって料金が大きく変わるため、自分が利用したい容量にあったプランで安いところを選ぶのがおすすめ。

【データ容量別】安く利用できるポケット型Wi-Fi
どこよりもWiFi

【大容量100GB】月間100GBまでなら「どこよりもWiFi」が最安級

  • 月間100GBなら実質料金が3,190円(税込)
  • 他社よりも高い場合は値下げ可能

AiR-WiFi

月間100GBで契約期間なしで使いたいなら「AiR-WiFi」

  • 契約期間なしオプションで期間を気にせず利用可能
  • 月間100GBたっぷり使える

ゼウスWiFi

【小容量20GB】契約期間の縛りありなら「ゼウスWiFi」

  • キャンペーン開催中で実質料金が安い
  • おかわりギガでデータチャージ可能

MONSTER MOBILE

【中容量50GB】月間50GBまでなら「MONSTER MOBILE」が最安級

  • 月間50GB容量で最安級
  • データ容量が足りない場合チャージ可能

Broad WiMAX

【実質無制限】データ容量を気にせず使いたいなら「WiMAX」

  • 3日間制限が撤廃され、より快適に利用可能
  • 容量を気にせず利用したい人におすすめ

Rakuten WiFi Pocket

【エリア内無制限】楽天回線エリア内なら「Rakuten WiFi Pocket」が安い

  • 楽天回線エリアならデータ通信量無制限
  • 月間データ通信量が1GB未満なら月額料金が無料

FreeMax+5G

【契約違約金無料】契約期間の縛りなしなら「FreeMax+5G」

  • 端末費用が無料(レンタル)
  • お申し込みから最短即日でネットを使える

また1日単位の超短期間で利用したい場合や、海外で利用したい場合のおすすめも合わせてご紹介しますね。

安いポケット型Wi-Fiを選ぶときのポイントと、選ぶ際に知っておきたい注意点も解説しているのでチェックしてみてくださいね。

この記事の監修者
小川正人
新聞社が推薦する通信サービスに精通したコンサルタント。QUANTA代表。光回線や携帯電話・ポケット型WiFiなどのモバイルサービスの専門家。大手家電量販店で販売員を行っていたが光回線やモバイルサービスの種類や料金体系の複雑さを痛感。「お客様が最適なプランを選べるようにしたい」との思いから月間60万PVの通信サービスメディアサイト「XERA」を運営。一時期は光回線を3社、携帯電話を12社同時に契約していた。2019年には2019年度バリューコマースMVPを受賞。監修者について(マイベストプロ)

CONTENTS

ポケット型Wi-Fi・モバイルWiFiの料金の仕組み

硬貨のイラスト

まずはじめにポケット型Wi-Fiを利用する場合必要になる費用について、仕組みを知っておきましょう。

ポケット型Wi-Fiの利用で必要になる金額は、大きく分けると月額料金・初期費用・その他料金です!

ナビ博士
ナビ博士
ポケット型Wi-Fiを利用する際には、月額基本料金以外にも費用が必要になるんじゃよ。

料金の仕組みは下記のようになっています!

かかる費用内訳
初期費用・事務手数料(3,300円程度)
・端末代金
月額料金・基本料金
・オプション料金
・端末代金
その他料金・解約違約金
・機器損害金

それでは必要になる費用についてひとつずつみていきましょう。

初期費用

かかる費用内訳
初期費用・事務手数料(3,300円程度)
・端末代金
月額料金・基本料金
・オプション料金
・端末代金
その他料金・解約違約金
・機器損害金

「ポケット型Wi-Fiを利用する際にまず必要なのが初期費用」です。

初期費用はおもに「事務手数料」と「端末代金」が該当します。

事務手数料はほとんどの場合が3,300円(税込)で、端末代金は端末を購入して利用するプランの場合必要です。

ゲット君
ゲット君
端末をレンタルして利用する場合は、端末代金はかからないんだよ!

また事務手数料が無料になるキャンペーンを開催しているプランもあるため、利用する際はキャンペーンもチェックしておくのもおすすめ。

月額料金

かかる費用内訳
初期費用・事務手数料(3,300円程度)
・端末代金
月額料金・基本料金
・オプション料金
・端末代金
その他料金・解約違約金
・機器損害金

ポケット型Wi-Fiの月額料金は、大きく分けて「月額基本料金」「オプション料金」「ユニバーサルサービス料」の3つにわかれます。

月額基本料金はどのプランを利用する場合でも必ず発生する費用ですが、オプション料金などは契約するプランによっては必要です。

オプション料金とユニバーサルサービス料については次の項目で解説しますね。

オプション料金

ポケット型Wi-Fiは「端末保証オプション」や「縛りなしオプション」など、オプションを追加している場合オプション料金が発生します。

端末保証オプションは万が一端末を破損・紛失してしまった場合に料金の負担なく、または負担を減らしてくれるオプションです。

ナビ博士
ナビ博士
レンタルしている端末を破損したり紛失すると、機器損害金が発生してしまうから、不安な場合は端末保証オプションに加入しておくのがおすすめじゃよ。

縛りなしオプションもポケット型Wi-Fiに多くみられるオプションです。

縛りなしオプションとは、契約期間が決められているプランに追加料金を支払うことで、いつでも解約できるようになるオプションのことをいいます。

そのため、ポケット型Wi-Fiを長期間利用する予定がない場合には、縛りなしオプションを検討するといいですね。

ユニバーサルサービス料

ユニバーサルサービス料とは、通信サービスを安定して供給するために必要な料金のことをいいます。

ポケット型Wi-Fiだけでなく、スマートフォンなどの支払い時にも発生している料金です。

ほとんどが数円で、支払い料金に元々含まれている場合や、ユニバーサルサービス料として別途必要になるプランもあります。

その他かかる場合がある料金

かかる費用内訳
初期費用・事務手数料(3,300円程度)
・端末代金
月額料金・基本料金
・オプション料金
・端末代金
その他料金・解約違約金
・機器損害金

ポケット型Wi-Fiには初期費用や月額料金以外にも「発生する可能性がある料金」があります。

ナビ博士
ナビ博士
必ず発生する料金ではないが、可能性があることを覚えておくのが大切じゃよ。

発生する可能性がある料金は「解約違約金」と「機器損害金」です。

ひとつずつ、どのような料金なのか確認してみましょう。

解約違約金

ポケット型Wi-Fiを契約期間の縛りがあるプランで申し込んだ場合、契約更新月以外で解約すると「解約違約金」が発生します。

ゲット君
ゲット君
解約違約金は1万円ほど必要になっちゃうから、契約期間には注意したいね!
契約期間価格解約違約金
あり安いかかる
※契約期間中に解約した場合
なし高いかからない

「契約期間の決まりがあるプラン」の方が、「契約期間がないプラン」よりもお得な場合が多いです。

ですが、「契約期間の決まりがあるプラン」の契約期間中に解約をすした場合「解約違約金」の支払いが必要になってしまいます。

事前に自分の利用したい期間を把握して申し込むのがおすすめですよ。

機器損害金

端末返却機器損害金
レンタルするかかる
※端末を破損・紛失した場合
購入しないかからない

ポケット型Wi-Fiは「端末をレンタルして利用する場合」と「購入して利用する場合」があります。

端末をレンタルして利用している場合、契約終了時には端末の返却が必要ですが、返却時に端末を破損紛失してしまうと「機器損害金」が発生するため注意しましょう。

ナビ博士
ナビ博士
ポケット型Wi-Fiの中には端末が贈与されて返却が不要になるプランもあるんじゃが、ほとんどの場合は返却が必要なんじゃよ。

もし端末の紛失や破損に不安がある場合は、プランを申し込む際に「端末保証オプション」を同時に申し込むのがおすすめです。

端末保証オプションに加入すると、毎月オプション料金は発生してしまいますが、もし端末を破損または紛失してしまった場合には費用を負担してくれたり、軽減してくれたりとお得に利用できますよ。

安いポケット型Wi-Fiを選ぶときのポイント

グットマークのイラスト

ポケット型Wi-Fiの料金の仕組みを解説したところで、次に安いポケット型Wi-Fiを選ぶときの大切なポイントをご紹介します。

ゲット君
ゲット君
お得にポケット型Wi-Fiを利用するにはとっても大切だから、しっかりチェックしておいてね!

それではひとつずつ解説していきますね。

実質料金を比較する

貯金箱のイラスト

安いポケット型Wi-Fiを選ぶ際、月額料金だけ比較しても実際に必要になる金額はわかりません。

ゲット君
ゲット君
比較するのは月額料金だけじゃダメなの?
ナビ博士
ナビ博士
そうなんじゃ。ポケット型Wi-Fiは月額料金だけじゃなく、初期費用が必要になったり、月額料金が割引になったりするから、必要な費用が月額料金だけじゃわからないんじゃよ。

月額料金・初期費用・キャッシュバックなど、必要になる金額や割引される金額をすべて加味した実質料金を計算して一律で比較することが大切です。

実質料金とは?

契約期間中に支払う金額から、キャッシュバックや割引分を差し引いたトータルの費用のこと。
実質料金(実質月額料金)=(月額料金×契約月数+初期費用ーキャッシュバック・料金割引)÷契約月数

初期費用の中には、事務手数料や端末代金が含まれています。

月額料金が安くお得に見えても、端末代金が高かったりキャッシュバックが無い場合は実質料金を見るとそこまで安くないことも!

なお後ほど「【容量別】安いポケット型Wi-Fiはこれ!」の項目で安いポケット型Wi-Fiをご紹介します!

「実質料金でプランを比較している」のでチェックしてみてくださいね。

自分に合ったデータ容量のプランを選ぶ

データ容量のイラスト

ポケット型Wi-Fiは、プランによって利用できるデータ容量が決まっていて、基本的にはデータ容量が少ないほど利用料金は安くなります。

しかし安いからと言ってデータ容量の少ないプランを選ぶと、月末にデータ容量が足りなくなってしまうことがあります。

また、大きい容量のプランを選んでデータ容量が余ってしまったりと、自分にとって最適な容量でないとお得に利用するのは困難です。

ゲット君
ゲット君
大きい容量のプランを選んで、データ容量が余ってしまうのに高い月額料金を支払うのも勿体無いし、小さい容量だと足りなくなりそうだし…どうやってプランを選んだらいいの?
ナビ博士
ナビ博士
ポケット型Wi-Fiのプランを選ぶときには、自分が使いたいデータ容量を把握しておくことが大切なんじゃよ。

1ヶ月でどれだけのデータ容量を利用しているかチェックして、ちょうどよく利用できるデータ容量のプランを選ぶことが大切となります。

しかし自分が1ヶ月に利用しているデータ容量がどれくらいか把握している人は多くありません。

次の項目で、どれくらいのデータ容量が必要なのかデータ容量の目安を解説しているので、どれくらいのデータ容量が必要かチェックしてみてくださいね。

【データ容量の目安】どれくらいのデータ容量があれば足りる?

自分にぴったりのデータ容量を見つけるために、どれくらいのデータ容量があれば何ができるかを把握しておきましょう。

1GBから100GBまで、それぞれで何ができるかまとめたものは以下のとおりです。

利用目的1GBの目安20GBの目安50GBの目安100GBの目安
メール送信約2,000通約40,000通約100,000通約200,000通
LINE通話約50時間約1,000時間約2,500時間約5,000時間
Twitter
(140文字でツイート)
約3,100回約62,000回約155,000回約310,000回
YouTube
(低画質)
約3時間約60時間約150時間約300時間
YouTube
(高画質)
約1.5時間約30時間約75時間約150時間
オンラインゲーム
(SwitchやPS4)
約6時間約120時間約300時間約600時間
Hulu
(ハイビジョン画質)
約1時間約20時間約50時間約100時間
ZOOMでのビデオ通話約1.5時間約30時間約75時間約150時間

たとえばYouTubeで高画質の動画を毎日2時間以上視聴している場合、1日に1GB以上は利用していることになるため、1ヶ月30GBほど利用できるプランでは不足してしまいます。

このように1日にどれくらいインターネットを利用しているかチェックしてみると、おおよその必要なデータ容量を把握することが可能です。

多すぎるデータ容量のプランを選んでも、月額料金が高額になってしまうため、ちょうどいいデータ容量のプランを選ぶのがおすすめ。

契約期間は問題ないかチェックする

カレンダーのイラスト

ポケット型Wi-Fiには、契約期間があるプランとないプランがあります。

「契約期間のあるプラン」の場合、契約期間内に解約すると解約違約金が発生してしまうため、自分の使いたい期間で利用できるプランを選ぶことが大切ですよ。

ゲット君
ゲット君
短期間しか使わないのに、数年間の契約期間のあるプランを選んでしまうと解約違約金を支払わなきゃいけないもんね。
ナビ博士
ナビ博士
契約期間の縛りがあるプランの方が、縛りがないプランよりも月額料金が安いことが多いから、利用したい期間と契約期間によっては、解約違約金を支払った方が最終的に支払う金額が安くなる場合もあるんじゃ。
利用したい期間をしっかり想定しておくことが大切じゃな。

また、ポケット型Wi-Fiを数日の短期間だけ利用したい場合は、1日単位で利用できるレンタルサービスがおすすめ。

短期間レンタルについては「短期間・数日だけ利用したい場合はポケット型Wi-Fiのレンタルがおすすめ!」の項目で紹介しているのでチェックしてみてくださいね。

キャンペーン内容をチェックする

リボンのイラスト

ポケット型Wi-Fiはさまざまなキャンペーンを行なっている窓口があります。

月額料金の割引やキャッシュバックなど、お得に利用できるキャンペーンが多々あります。

とくにキャッシュバックは受け取るために条件があったり、受け取る時期が遅かったりするので、内容をしっかりチェックしておくことが大切です。

キャッシュバックの受け取り条件を事前にチェックしておかないと、受け取れない可能性もあるので注意しましょう。

ゲット君
ゲット君
せっかくお得なキャッシュバックキャンペーンだから、しっかり適用してお得に利用したいね!

また窓口によっては、他社インターネット回線から乗り換えた場合の解約違約金を負担してくれるキャンペーンを行っているところもあります。

ポケット型Wi-Fiを利用する際の自身の状況と照らし合わせて、お得に利用できる窓口を選びましょう。

安いポケット型Wi-Fiを選ぶときに知っておきたい注意点!

ビックリマークのイラスト

安いポケット型Wi-Fiを選ぶポイントや、おすすめのポケット型Wi-Fiを紹介しましたが、利用する前に知っておきたい注意点もあるため解説します。

知らずに契約すると損をしてしまう可能性もあるため、しっかりチェックしてみてくださいね。

機器損害金がかかる場合がある

ポケット型Wi-FiはモバイルWi-Fiを利用しますが、端末は購入する場合と、レンタルする場合の2パターンがあります。

端末をレンタルで利用している場合、利用が終了すると端末を返却する必要があります。
その際、返却時に端末が破損してしまっていたり紛失してしまうと機器損害金が発生することに注意が必要です。

ゲット君
ゲット君
ポケット型Wi-Fiは持ち運んで利用するから、ポケットなどに入れてポロッと落ちちゃったりすると、端末が破損してしまって機器損害金が発生してしまうかもしれないよ!

万が一端末を破損・紛失してしまった場合、ポケット型Wi-Fiを契約する時点で「端末保証オプション」に入っておくと、機器損害金を負担してくれます。

もし機器損害金が発生すると1万円近くの負担になってしまうため、月額オプション料金はかかるものの、端末保証オプションへの加入はおすすめですよ。

ナビ博士
ナビ博士
端末保証オプションは、ポケット型Wi-Fiを申し込む時点でしか契約できないから注意するんじゃぞ。

解約違約金がかかる場合がある

契約期間の縛りがあるプランの場合、契約期間内に解約すると解約違約金が発生することに注意が必要です。

たとえばWiMAXでオススメのプロバイダ・BroadWiMAXでは、契約期間に応じて以下の違約金が発生します。

【Broad WiMAXの解約違約金】
契約解除料(税込)
~12か月目28,050円
13~24か月目21,450円
25〜36か月目14,300円
契約更新月(37か月目)0円
更新月以降10,450円
※WiMAXプロバイダごとに、解約違約金は異なります
ゲット君
ゲット君
契約期間の縛りがあるプランでも、契約更新月に解約すると解約違約金はかからないよ!

もしポケット型Wi-Fiを「長期間利用する予定がない場合」は、契約期間の縛りがないプランを申し込むか、契約期間の縛りをなくすオプションを追加して申し込むようにしましょう。

支払い方法が限られる場合がある

ポケット型Wi-Fiは、支払い方法が限られている場合があることに注意が必要です。

ポケット型Wi-Fiは口座振替が利用できず、クレジットカードしか使えない場合が多くあります。

今回本記事で比較しているポケット型Wi-Fiのなかで、口座振替が可能な窓口は以下の5つです。

口座振替が可能なポケット型Wi-Fi
  • Rakuten WiFi Pocket
  • Broad WiMAX
  • THE WiFi(法人のみ可)
  • Mugen WiFi
  • 縛られないWiFi(1年おトクコースのみ)

口座振替での利用を希望している場合、契約できる窓口が限られてしまうので注意しましょう。

大容量通信をたっぷり行いたい場合には不十分

ポケット型Wi-Fiは小型の端末に内蔵されたアンテナで、契約している回線の電波をキャッチしてインターネットに接続するサービスです。

無線の電波を利用して接続するため「基地局からの距離」や「端末の設置場所」「周辺の建物などの障害物」によって大きく速度が左右されるという注意点があります。

ゲット君
ゲット君
自宅に直接光ファイバーを引き込む光回線と比べたら、実際に出る速度は大きく差が出てしまうんだ!

光回線の大手であるフレッツ光とポケット型WiFiでも速度が速いWiMAXで、実際に出る速度を比較すると以下のとおり。

【光回線とポケット型WiFiの速度比較】
WiMAX(X11)フレッツ光
下り平均速度61.41Mbps270.16Mbps
上り平均速度14.12Mbps207.03Mbps
Ping44.49ms21.77ms
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

光回線の平均速度はポケット型WiFiと比べると速く、オンラインゲームを快適に遊ぶために必要な「Ping」も半分以下です。

ナビ博士
ナビ博士
サーバーからの応答速度を試す「ping」の値が小さいほどオンラインゲームでもラグが起きず、ストレスなく通信できるぞ!

ホームルーターも、持ち運びができない代わりに大型のアンテナが内蔵されており、比較的安定した速度が期待できます。

ホームルーターもポケット型WiFiと同じく、開通工事なしで無線の電波をキャッチして接続することができます。

安定した通信ができる回線順位
光回線>ホームルーター>ポケット型WiFi(モバイルルーター)

またポケット型Wi-Fiは、ほとんどの場合月間で利用できるデータ容量に上限があるため、大容量通信をたっぷり行いたい場合にも不十分です。

ポケット型Wi-Fiは光回線と比べると速度も遅く、大容量通信を行っているとすぐに月間上限に達したり、実質無制限でも制限にかかってしまう可能性があります。

大容量通信を継続的に行いたい場合はホームルーターや光回線を検討すべきでしょう。

速度を重視してインターネット回線を選びたい方に向けた記事も用意しているので、あわせてチェックしてみてくださいね。

【2022年最新】データ容量別で選ぶ!安く利用できるポケット型Wi-Fiはこれ!

ポケット型Wi-Fiを安く利用するポイントについてご紹介してきましたが、実際に実質料金を比較して安く利用できるポケット型Wi-Fiはどこなのか検証してみました。

ポケット型Wi-Fiは利用できるデータ容量によって料金が大きく異なるため、自分にあったデータ容量をまず選んでからポケット型Wi-Fiを選ぶのがおすすめです。

本記事でさまざまなポケット型Wi-Fiを比較したところ、以下の窓口がおすすめとわかりました。

ゲット君
ゲット君
契約期間の縛りがあり・なしでおすすめが変わるプランもあったから、あわせて紹介するね!

また実際にポケット型Wi-Fiを比較した表は以下のとおり。

ポケット型WiFiデータ容量
(月間)
契約期間実質月額料金
(2年間)
月額料金実測平均速度
(下り)
UQ WiMAX実質無制限なし4,671円24ヶ月目まで:4,268円
25ヶ月目以降:4,950円
45.61Mbps
※Speed Wi-Fi 5G X11の場合
Broad WiMAX実質無制限3年3,906円利用開始月:1,067円
1ヶ月目~:4,367円
GMOとくとくBB WiMAX実質無制限3年4,654円1〜2ヶ月目:2,079円
3〜36ヶ月目:4,389円
37ヶ月目以降:4,444円
FreeMax+5G実質無制限なし4,800円4,800円
BIGLOBE WiMAX実質無制限1年4,654円初月無料
1〜24ヶ月目:4,191円
25ヶ月目以降:4,928円
THE WiFi100GB2年間3,304円1〜4ヶ月目:0円
5ヶ月目以降:3,828円
25.48Mbps
Mugen WiFi100GB2年間3,328円3,718円10.63Mbps
縛りなしオプション3,988円4,378円
ゼウスWiFi20GB2年間2,022円1〜5ヶ月目:980円
6ヶ月目以降:2,178円
17.59Mbps
2,750円2,618円
40GB2年間2,776円1〜5ヶ月目:1,680円
6ヶ月目以降:2,948円
3,410円3,278円
100GB2年間3,221円1〜10ヶ月目:1,980円
4ヶ月目以降:3,828円
4,840円4,708円
MONSTER MOBILE20GB1年間2,102円1〜6ヶ月目:1,590円
7ヶ月目以降:2,090円
27.55Mbps
2,772円2,640円
50GB1年間2,652円1〜6ヶ月目:2,140円
7ヶ月目以降:2,640円
3,322円3,190円
100GB1年間3,400円1〜6ヶ月目:2,888円
7ヶ月目以降:3,388円
4,070円3,938円
どこよりもWiFi100GB2年間3,058円3,058円24.15Mbps
縛りなしWiFi10GB1,568円1,890円24.46Mbps
30GB1,568円1,890円
60GB3,055円3,480円
90GB3,475円3,980円
AiR-WiFi100GB1年間3,509円3,377円24.91Mbps
3,839円3,707円
hi-ho Let’s Wi-Fi120GB
(4GB/日)
2年間3,300円1〜23ヶ月目:3,278円
24ヶ月目以降:3,828円
20.12Mbps
210GB
(7GB/日)
2年間4,033円1〜11ヶ月目:3,278円
12ヶ月目以降:4,730円
クラウドWiFi100GB3,850円3,718円22.58Mbps
縛られないWiFi100GB
(10GB/3日)
1年間4,422円4,290円9.11Mbps
4,752円4,620円
それがだいじWiFi30GB2年間2,717円2,585円47.52Mbps
3,102円2,970円
100GB2年間3,399円3,267円
3,784円3,652円
Chat WiFi20GB3,035円2,860円6.41Mbps
200GB5,103円4,928円
ギガゴリWiFiワールド20GB2年間2,299円2,167円21.52Mbps
40GB2年間3,069円2,937円
100GB2年間3,905円2ヶ月目まで:3,267円
3ヶ月目以降:3,817円
200GB2年間6,182円6,050円
バナナWiFi20GB1年2,882円2,750円
100GB1年3,432円3,300円
300GB1年4,532円4,400円
20GB3,304円初月:2,750円
2ヶ月目以降:3,190円
100GB3,854円初月:3,300円
2ヶ月目以降:3,740円
300GB4,954円初月:4,400円
2ヶ月目以降:4,840円
クイックWiFi50GB2年3,080円2,948円16.96Mbps
100GB2年3,530円3,718円
※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

実質料金で比較しているので、気になる方は比較表をチェックしてみてくださいね。

それではおすすめのポケット型Wi-Fiについてひとつずつみていきましょう。

【大容量100GB】月間100GBまでなら「どこよりもWiFi」が最安級!

どこよりもWiFi

インターネット利用が多い人は、最安級の料金で利用できる「どこよりもWiFi」がおすすめです。

どこよりもWiFiは、毎月決まった月額料金を払う料金体系を採用しています。契約期間は2年のみとなっています。

他社よりも高い場合は値下げしてくれるのもとても魅力的です!

ではどこよりもWiFiの基本情報をチェックしてみましょう。

どこよりもWiFi
月額料金3,058円
実質月額料金3,190円
データ容量(月間)100GB
端末レンタル代金無料
契約期間2年
契約事務手数料3,300円
違約金
平均通信速度(下り)24.15Mbps
その他特長・Wizお困りサポート一ヵ月お試し無料
※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

今回どこよりもWiFiを、月間100GBを契約期間ありで利用する場合としておすすめしています。

契約期間があり、100GB利用できるポケットWiFiでは、どこよりもWiFiは最安値級ですよ。

\月間100GBで最安級/

>どこよりもWiFi公式サイトはこちら

また月間100GBを契約期間ありで利用する場合のおすすめは「どこよりもWiFi」ですが、契約期間に縛られず利用したい場合は「AiR-WiFi」の方がおすすめになります。

月間100GBで契約期間なしで使いたいなら「AiR-WiFi」がおすすめ

iR-WiFi

月間100GBのデータ容量を契約期間を気にせず利用したいならAiR-WiFi」がおすすめです。

AiR-WiFiには通常プランとして契約期間の縛りがあるプランがありますが、追加オプションとして月額330円(税込)の縛りなしオプションを追加することで、契約期間の縛りなく利用することができます

AiR-WiFi
月額料金3,278円
実質月額料金3,839円
データ容量(月間)100GB
端末レンタル代金無料
契約期間
契約事務手数料3,300円
解約違約金
平均通信速度(下り)24.91Mbps
その他特長・海外利用可能
※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

またAiR-WiFiでは、月額330円(税込)の縛りなしオプションと、月額660円(税込)の端末保証オプションを同時加入すると、契約期間なしオプションが0円で利用できるキャンペーンを行っています。

ゲット君
ゲット君
端末保証オプションの加入を検討していた人には嬉しいキャンペーンだね!

機器損害金が発生した場合の支払いを負担してくれる端末保証オプションは、万一の場合にぜひ加入しておきたいオプションのため、両方加入でお得になるキャンペーンはぜひチェックしておきましょう。

\月間100GBで契約期間なしなら/

>AiR-WiFi公式サイトはこちら

【中容量50GB】月間50GBまでなら「MONSTER MOBILE」が最安級!

MONSTER MOBILE

月間50GBの中容量が必要な場合は、契約期間ありの場合もなしの場合もMONSTER MOBILE」がおすすめです。

現在MONSTER MOBILEではキャンペーンを開催していて、1年間の縛りがあるプランが6ヶ月間月額料金が500円割引で利用できますよ。

ゲット君
ゲット君
契約期間の縛りがないプランの方には割引は適用されないけど、それでも月間50GB利用できるプランの中では最安級の料金で利用できるよ!
料金比較図

MONSTER MOBIILEの基本情報は以下のとおり。

MONSTER MOBIILE
月額料金【契約期間の縛りがある場合】
2,530円
【契約期間の縛りがない場合】
3,190円
実質月額料金【契約期間の縛りがある場合】
2,652円
【契約期間の縛りがない場合】
3,322円
データ容量(月間)50GB
端末レンタル代金無料
契約期間2年間
契約事務手数料3,300円
解約違約金12ヶ月以内の解約:10,780円
13ヶ月以降の解約:3,300円
平均通信速度(下り)27.55Mbps
その他特長・海外利用可能
・容量チャージ可能
・契約期間の縛りがないプランもあり
※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

キャンペーンが開催中なので、契約期間の縛りがある場合は実質料金が2,652円(税込)とお得に利用が可能です。

またMONSTER MOBILEはデータ容量が足りないと思った場合は、データチャージが可能なため、臨機応変に利用することができますよ。

さらに現在14日間のお試しキャンペーンも開催中です。

1年間の縛りがあるプランを申し込んだ場合に限り適用できるキャンペーンではありますが、実際に自分が利用したいエリアで使えるかどうか、持っている機器と繋げられるかどうか確認したい場合に便利に利用できますよ。

\月間50GBで最安級/

>MONSTER MOBILE公式サイトはこちら

【小容量20GB】なら「ゼウスWiFi」がおすすめ

ゼウスWiFi

月間20GBの小容量利用したい場合は、契約期間の縛りがあっても大丈夫な場合ゼウスWiFi」がおすすめです。

ゼウスWiFiはデータ通信量大特化セールを行っていて、月間20GB利用できるプランの場合10ヶ月間月額料金が55%オフになります。

ナビ博士
ナビ博士
縛りありだが、最安級じゃ!

ゼウスWiFiの基本情報は以下のとおり。

ゼウスWiFi
月額料金0~5ヶ月目:980円
6ヶ月目以降:2,178円
実質月額料金3,221円
データ容量(月間)20GB
端末レンタル代金無料
契約期間2年間
契約事務手数料3,300円
解約違約金10,450円
平均通信速度(下り)17.59Mbps
その他特長・海外利用可能
・容量チャージ可能
・契約期間の縛りがないプランもあり
※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

またゼウスWiFiの契約期間は2年間ですが、2年の契約期間が終了した後はいつ解約しても解約違約金は発生しません。

窓口によっては契約期間が自動更新となり、更新月の数ヶ月間のみ解約金がかからず、更新されてからは解約金が発生するところもあります。

ゼウスWiFiは2年契約終了後はいつ解約しても大丈夫なのも嬉しいポイントですね。

\月間20GBで契約期間ありなら/

>ゼウスWiFi公式サイトはこちら

【実質無制限】データ容量を気にせず使いたいなら「WiMAX」を選ぼう!

データ容量を実質無制限で利用したい場合は「WiMAX」を検討しましょう。

WiMAXは以前は3日間で15GB利用すると通信速度制限がかかっていましたが、2022年2月1日から3日間制限がなくなり、より使いやすくなりました。

ナビ博士
ナビ博士
「大容量通信で速度制限がかかる」との記載はあるんじゃが、以前より規制は緩くなったからたっぷり利用できるんじゃよ。

WiMAXでキャンペーンを重視したい場合は「Broad WiMAX」がおすすめ

Broad WiMAX

WiMAXを利用する際にキャンペーンを重視したい場合はBroad WiMAXを検討してみましょう。

Broad WiMAXでは最大32,000円キャッシュバックをはじめ、端末代無料やいつでも解約サポートといった豊富なキャンペーンを実施しています。

Broad WiMAX
月額料金利用開始月:1,067円の日割り
1ヶ月目~:4,367円
端末代金0円
契約期間3年間
契約事務手数料3,300円
解約金12ヶ月以内:28,050円
13〜24ヶ月以内:21,450円
25〜36ヶ月以内:14,300円
更新月以降:10,450円
実測平均速度(下り)45.61Mbps
※Speed Wi-Fi 5G X11の場合
主なキャンペーン・最大32,000円キャッシュバック
または乗り換えで他社違約金最大52,000円負担
・端末代金無料
・プラスエリアモード無料
・いつでも解約サポート
実質月額料金(3年間)3,906円
※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

Broad WiMAXのおもなキャンペーンは以下のとおりです。

Broad WiMAXのキャンペーン
  • 最大32,000円キャッシュバック
  • または乗り換えで他社違約金最大52,000円キャッシュバック
  • 端末代金無料
  • プラスエリアモード(通常月額1,100円)が無料
  • 2台同時に申し込みで5,000円キャッシュバック
  • いつでも解約サポート
    指定する回線に解約金なしで乗り換え可能

キャッシュバックは、利用開始後にBroad WiMAXから届いた案内メールに沿って申請するだけで、半年後に口座振込みしてもらえます。

キャッシュバックと他社違約金負担キャンペーンの併用はできないので、どちらか好きな方を選びましょう。

ナビ博士
ナビ博士
基本的にはキャッシュバックの方が受け取れることが決まっているからおすすめじゃ!

また、万が一利用していて通信状況などに不満があった場合、解約違約金なしで指定のインターネット回線へ乗り換えできるキャンペーンも行っていますよ。

\最大32,000円キャッシュバック/

>Broad WiMAX公式サイトはこちら

WiMAXで実質料金を重視したい場合は「GMOとくとくBB WiMAX」がおすすめ

GMOとくとくBB WiMAX

WiMAXには複数の申し込み窓口がありますが、安く利用することを重視するなら「GMOとくとくBB」がおすすめです。

GMOとくとくBBから申し込むと、23,000円のキャッシュバックが受け取れるうえに、月額料金も割引されるため、最安級の実質料金で利用できますよ。

ゲット君
ゲット君
他社インターネット回線からGMOとくとくBBに乗り換えた場合は、49,000円のキャッシュバックが受け取れるよ!
GMOとくとくBB
月額料金1〜2ヶ月目:2,079円
3〜36ヶ月目:4,389円
37ヶ月目以降:4,444円
端末代金0円
契約期間3年間
契約事務手数料3,300円
解約金12ヶ月以内:20,900円
13〜24ヶ月以内:15,400円
25ヶ月目以降:10,450円
実測平均速度(下り)45.61Mbps
※Speed Wi-Fi 5G X11の場合
主なキャンペーン・23,000円キャッシュバック
・他社から乗り換え時は49,000円キャッシュバック
・月額割引
・端末代金無料
実質月額料金(3年間)3,913円
※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

また端末代金も最新機種が0円で利用できる点も、お得に利用できるポイントです。

>GMOとくとくBB公式サイトはこちら

ただしGMOとくとくBBには注意点もあり、キャッシュバックの受け取り時期が12ヶ月後と遅いです。

早く受け取りたい場合や、キャンペーンを重視したい場合はBroadWiMAXがおすすめになりますよ。

契約期間の縛りなしなら「FreeMax+5G」がおすすめ

FreeMax+5G

WiMAXには複数の申し込み窓口がありますが、契約期間に縛りがないことを重視するなら「FreeMax+5G」がおすすめです。

FreeMax+5Gから申し込むと、解約違約金が0円のため、短期間の利用やいつ解約するかわからない人におすすめです。

ゲット君
ゲット君
FreeMax+5Gは端末代金が無料なのが大きなメリットよ!
FreeMax+5G
月額料金4,800円
端末代金0円
契約期間なし
契約事務手数料3,300円
解約金0円
実測平均速度(下り)45.61Mbps
※Speed Wi-Fi 5G X11の場合
主なキャンペーン・解約違約金無料
・端末代金無料
実質月額料金(3年間)4,800円
※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

またお申し込みから最短即日でネットを使えるのがメリットです。

\解約金0円!/

>FreeMax+5G公式サイトはこちら

【エリア内無制限】楽天回線エリア内なら「Rakuten WiFi Pocket」が安い!

Rakuten WiFi Pocket

楽天回線エリアのみという制限はありますが、エリア内ならデータ通信量無制限で利用できるRakuten WiFi Pocketもおすすめです。

パートナー回線(au)でデータ通信を行うと一定量の通信後制限がかかってしまいますが、楽天回線エリア内であれば、どれだけ使っても制限がかかりません

Rakuten WiFi Pocket
月額料金1GBまで:0円
3GBまで:1,078円
20GBまで:2,178円
20GB以降無制限(※1):3,278円
※1楽天回線以外は最大1Mbpsの通信速度
端末代金実質0円
契約期間なし
契約事務手数料0円
解約金なし
実測平均速度(下り)21.64Mbps
主なキャンペーン・端末代金実質無料
・Rakuten UN-LIMIT VI申し込みで楽天ポイント5,000ptプレゼント
※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

また本体代金が1円で、かつ楽天ポイントが5,000Pt還元されるのもお得に利用できる理由のひとつです!

契約事務手数料も0円でかからず、プラン料金も3ヶ月間0円などお得な理由が多々あります。

Rakuten WiFi Pocket

またもしデータ通信を自宅の光回線をおもに利用していて、Rakuten WiFi Pocketをほとんど利用しなかった場合など、1GBまでの利用なら月額料金が0円で利用可能です。

使ったデータ量に応じた月額料金が適用され、かつ楽天回線エリア内であれば3,278円(税込)を上限に無制限でデータ通信を行えますよ。

\契約期間・初期費用なし!/

>Rakuten WiFi Pocket公式サイトはこちら

【番外編】口座振込で申し込むならMUGEN WiFi

MUGEN WiFi

クレジットカードではなく、口座振替を利用したい方にはMUGEN WiFiがおすすめです。

Mugen WiFi
月額料金100GB:3,718
端末代金0円
契約期間2年
契約事務手数料3,300円
解約金1年未満:9,900円
2年未満:5,500円
実測平均速度(下り)15.75Mbps
主なキャンペーン
※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

MUGEN WiFiは、通常料金に月額550円を追加すると「口座振替オプション」に加入できます。

クレジットカード以外の方法で大容量月間100GBのWiFiを持ちたい方におすすめですよ。

\口座振替にも対応/

>MUGEN WiFi公式サイトはこちら

【短期間レンタル】数日だけ利用したい場合はポケット型Wi-Fiのレンタルがおすすめ!

ポケット型Wi-Fiは契約期間が1~3年と定められていたり、契約期間なしで利用できるサービスも最低利用期間が定められているため1ヶ月単位で料金が発生します。

そのため旅行や入院、テレワークなど数日間だけの短期間だけ利用したい場合は、1日単位で利用できるポケット型Wi-Fiのレンタルがおすすめです。

ナビ博士
ナビ博士
1日単位でポケット型WiFiをレンタルできるサービスで安い契約先も比較してみたぞ!
ゲット君
ゲット君
数日から2週間程度の利用なら、自分にあったポケット型WiFiのレンタルサービスを検討してみてね!

結論からいうと、パターン別におすすめのポケット型Wi-Fiは以下の2つとわかりました。

実際に比較して、おすすめ別にランキングにした表は以下のとおりです。

契約先データ容量2泊3日6泊7日13泊14日30泊31日89泊90日その他費用
1位どんなときもWiFi
(D1)
1日3GB990円2,310円4,620円6,600円19,800円往復送料:1,100円
1日5GB1,320円3,080円6,160円8,800円26,400円
2位Wi-Fiレンタルどっとこむ
(E5785)
1日3GB1,488円3,472円6,944円7,430円22,248円受取手数料:550円
送料:517円~
3位NETAGE
(FS030W)
1日3GB1,260円2,940円5,880円7,480円19,800円送料:550円
返却時:550円
4位WiFi東京
(501HW)
1日3GB1,320円3,080円6,160円6,600円19,800円往復送料:1,100円
5位e-ca
(E5383)
1日3GB1,485円3,465円6,930円7,425円22,275円送料:550円
返却時:550円
6位Wi-Fiレンタル屋さん
(WX05)
3日10GB1,470円3,430円6,860円7,350円18,300円往復送料:1,100円
7位WiFiレンタルJapan
(601HW)
月100GB3,360円6,720円7,450円22,350円往復送料:990円~1,100円
8位DMMいろいろレンタル
(501HW)
月50GB4,200円8,640円往復送料:1,100円
※すべて税込価格

1日単位で利用できて最安級の「どんなときもWiFi」がおすすめ

どんなときもWiFi

1日単位でポケット型Wi-Fiをレンタルしたい場合はどんなときもWiFi」が最安級でおすすめです。

1日3GBのプランであれば、1日330円(税込)の安さで利用が可能です!

必要になる費用は利用日数分の料金と往復送料、安心保証オプションを申し込む場合はオプション料金の金額のみとなります。

またどんなときもWiFiは、契約する際に返却日を定めず申し込むことが可能です。

他社のレンタルサービスのように返却期限に間に合わせるように慌てたりすることもなく、必要な期間だけ自由に利用できますよ。

選べる機種の種類クラウドSIMタイプ
レンタル料金1日3GB:330円
1日5GB:440円
その他費用往復送料:1,100円
レンタル安心補償オプション:44円/日
支払い方法クレジットカード
受け取り方法宅配受け取り
返却方法郵便局窓口で手続き、またはポスト返却(レターパック)
その他特徴・返却日の指定なしで必要なだけレンタル可能
・1ヶ月単位のマンスリータイプもあり(1ヶ月:4,950円~)
※すべて税込価格

また1日330円(税込)から料金は決められていますが、月間の上限金額も決められているため、高額になりすぎるということもありません。

ただし16日以上利用する場合は、1ヶ月4,950円(税込)〜のマンスリープランの方がお得になるので注意しましょう。

デイリーマンスリー
1日3GB330円
(1ヶ月上限6,600円)
4,950円
(32日以上経過後は1日160円)
1日5GB440円
(1ヶ月上限8,800円)
6,600円
(32日以上経過後は1日213円)
※すべて税込価格

レンタルを終了する際には、端末と一緒に同梱されているレターパックに一式を入れてポストに投函するだけで、消印の日付までがレンタル期間として解約できます。

【どんなときもWiFiのメリット】

  • 短期間のレンタルが最安級
  • 1日単位でレンタルできる
  • 端末が1種類でわかりやすい
  • 返却は同梱のレターパックで投函するだけ
  • レンタル料金は月上限ありで安心

\1日単位で利用できて最安級/

>どんなときもWiFi公式サイトはこちら

豊富な端末から選びたいなら「WiFiレンタルどっとこむ」

WiFiレンタルどっとこむ

ポケット型Wi-Fiを豊富な種類から選んでレンタルしたい場合は「WiFiレンタルどっとこむ」がおすすめです。

利用料金だけに着目すると「どんなときもWiFi」よりも少し高くなってしまいますが、WiMAXも含めて豊富な端末が選べる点がポイントと言えます。

選べる機種の種類・クラウドSIMタイプ
・ソフトバンク
・au
・WiMAX
レンタル料金1日496円〜
その他費用受取手数料:550円
送料:517円~
安心補償サービス:44円/日
データ容量の種類・3GB/1日
・10GB/3日
・100GB/31日など
受け取り方法・宅配受け取り(発送料 1台550円)
・空港受け取り(発送料 1台550円)
・コンビニ受け取り(発送料 1台550円)
返却方法・宅配返却(返却手数料 自己負担)
・空港返却(返却手数料 1台550円)
・ポスト返却(返送手数料 1台517円)
その他特徴・自動延長システムあり(返却期限から5日間)
※すべて税込価格

またWiFiレンタルどっとこむは端末の種類だけでなく、データ容量の選択肢も多いのが特徴です。

ナビ博士
ナビ博士
ドコモ・au・ソフトバンクのLTE回線を使えるクラウドSIMやWiMAX、ソフトバンクのPocketWiFiなど15機種以上を揃えているぞ!

最新の端末もレンタルが可能で、5G対応のWiMAXの最新ポケット型WiFiやホームルーターも選べます。

1日のレンタル料金も機種やデータ容量によって異なるので、自分にあったものを選べるのもメリットです。

たとえば最安値でレンタルできるE5383(ソフトバンク、1日3GBまで)を選択した場合の料金は以下のとおりです。

当日496円
1泊2日992円
2泊3日1,488円
3泊4日1,984円
4泊5日2,480円
5泊6日2,976円
6泊7日3,472円
7泊8日3,968円
13泊14日6,944円
※すべて税込価格

レンタルする期間が短いほど安く利用できるので、とくに短期間のレンタルを希望する方におすすめです。

またWiFiレンタルどっとこむは端末の受け取り方法と返却方法が選べるので、簡単に受け取りや返却ができる点も魅力の一つといえます。

コンビニや空港で受け取ったりポストへ投函することで返却ができたりするため、旅行へ行く途中など都合にあわせて選びましょう。

さらにWiFiレンタルどっとこむでは自動延長システムが採用されていて、もし返却期日までに端末を返却できず期間が過ぎてしまった場合など、手続き不要でレンタル期間を延長してくれます。

自動延長で利用できる期間は5日間あるため、余裕をもって端末の返却が可能ですよ。

ゲット君
ゲット君
延長分の料金は必要になるけど、自動で延長してくれるから焦らなくてよくていいね!
ナビ博士
ナビ博士
端末を返送した日が利用終了日になるから、返却する日は注意しておくんじゃぞ。

【WiFiレンタルどっとこむのメリット】

  • 選べる端末の種類が豊富
  • 5G対応のポケット型WiFiもレンタルできる
  • 返却方法、受取方法が豊富で簡単
  • 自動延長システムがある
  • 1日単位でレンタルできる

\豊富な機種からポケットサイズWiFiを選べる!/

>WiFiレンタルどっとこむ公式サイトはこちら

海外で利用できる安いポケット型Wi-Fiはここがおすすめ!

飛行機のイラスト

ポケット型Wi-Fiのなかには、国内だけでなく海外でも利用できるサービスもあります

出発先や現地の空港で受け取って、帰国した時にまた空港で返すサービスも多くあるので便利に利用可能ですよ。

ナビ博士
ナビ博士
今回はおもな海外対応サービス8社を比較して、おすすめを紹介するぞ!

基本的に海外向けのレンタルポケット型WiFiは渡航先の国によっても料金が異なるため、基本的に韓国で使う場合の最安値で比較しています。
(※Sakura Mobileは韓国未対応のため、台湾の料金を記載)

レンタル料金(最安値)送料・その他費用対応可能な国や地域受取・返却方法
フォートラベルGLOBAL WiFi285円~/日
(韓国、300MB)
・空港での受取返却無料
・国内配送:550円
・補償:220円~/日
200以上・国内配送
・国内空港
・現地空港
グローバルWiFi670円~/日
(韓国、300MB)
・空港での受取(国内・現地、返却込):550円
・国内配送(返却込):550円
・補償:220円~/日
200以上・国内配送
・国内空港
・現地空港
Sakura Mobile680円~/日
(台湾、無制限)
・現地での受取返却無料
・国内配送(返却込):1,100円
・補償:220円~/日
アジアと欧米など10か国・国内配送
・国内空港
・現地空港
イモトのWiFi680円~/日
(韓国、500MB)
・東京本社での受取返却無料
・国内空港や配送での受取:550円
・補償:220円~/日
200以上・国内配送
・国内空港
・東京本社で受取
Wi-Ho!750円~/日
(韓国、300MB)
・商品手配手数料550円
・国内配送無料(3,000円以上利用の場合)
・補償:330円~/日
200以上・国内配送
・国内空港
JAL ABC1,000円~/日
(全世界一律、Web限定、無制限)
・空港での受取返却無料
・国内配送:763円
・補償:210円/日
150以上・国内配送
・国内空港
Wi-Fiレンタルどっとこむ
(GlocalMe)
※現在在庫切れ
670円〜/日
(韓国、500MB)
+
国内レンタル料金
(495円/日)
・空港での受取550円
・国内配送:550円
・補償:44円/日
100以上・国内配送
・国内空港
HUNDRED Wi-Fi900円~/日
(韓国、500MB)
+
月額3,410円
※2年契約の場合
事務手数料:3,300円/初回のみ135以上国内配送
※すべて税込価格

8社を比較した結果、おすすめは以下の2社とわかりました。

ちなみに、国内でも同じ端末をそのまま使いたい方は今回紹介したクラウドSIM系のポケット型Wi-Fiなら海外でも利用可能ですので、あわせてチェックしてくださいね。

キャンペーン適用でレンタル料金が安くなる「グローバルWiFi」

グローバルWiFi

海外利用できるポケット型Wi-FiでもうひとつおすすめなのがグローバルWiFiです。

グローバルWiFiでは現在、利用料金が4,000円以上利用する場合、通信料金から1,000円引きになるキャンペーンを開催しています。

そのため、アメリカなど利用料金が高めの国で利用する場合におすすめですよ。

対応する国200以上
受け取り方法・国内配送
・国内空港
・現地空港
受取手数料・空港での受取返却無料
・国内配送:550円
オプション/日・補償:220円~
・翻訳機レンタル:880円~
・360°カメラレンタル:550円
・iPadレンタル:550円など
※すべて税込価格

【GLOBAL WiFiのメリット】

  • 世界200か国以上で利用可能
  • レンタル料4,000円以上で1,000円割引適用
  • 受取手数料がキャンペーンで無料
  • 現地空港や国内で受け取り可能

またキャンペーンを適用することで、通常550円の受け渡し手数料も無料になるのでお得に利用できます。

\キャンペーン適用でレンタル料金が安い/

>グローバルWiFi公式サイトはこちら

レンタル料金が最安でおすすめ!「フォートラベル GLOBAL WiFi」

フォートラベル GLOBAL

海外で利用できるポケット型Wi-Fiのレンタルを料金の安さで選ぶなら「フォートラベル GLOBAL WiFi」がおすすめです。

韓国へ1日300MBのプランで申し込む場合、1日285円〜の安さで利用できます。

フォートラベル GLOBAL WiFiの基本情報は以下のとおり。

対応する国200以上
受け取り方法・国内配送
・国内空港
・現地空港
受取手数料・空港での受取返却無料
・国内配送:550円
オプション/日・補償:220円~/日
※すべて税込価格

また安さだけでなく、カスタマーサポートも24時間体制で稼働しているのも嬉しいポイントです。

専用ダイヤルでの問い合わせや、LINEからの問い合わせにも対応しているので、何かあった時のサポートが充実しているのも魅力といえますね。

>フォートラベル GLOBAL WiFi公式サイトはこちら

ポケット型Wi-Fiを利用する流れ【申し込み〜利用開始まで】

メモ帳のイラスト

ポケット型Wi-Fiをいろいろと紹介しましたが、ここでは実際にポケット型Wi-Fiを申し込む方法をご紹介します。

ポケット型Wi-Fiは開通工事が不要なため、申し込みを行って端末が手元に届いたら利用可能ですよ。

それでは順番に、チェックしておきたいポイントも含めて手順を解説していきますね。

1.希望するポケット型Wi-FiのWebサイトから申し込み

まずは希望するポケット型Wi-FiのWebサイトから申し込みを行いましょう。

自分が利用したいデータ容量がどれくらいかを把握して、ちょうど良いデータ容量が利用できるプランを選ぶのがおすすめです。

またポケット型Wi-FiはほとんどがWebサイトからの申し込みになります。

1日単位で利用できる短期間レンタルのポケット型Wi-Fiの場合、店頭で申し込みできる窓口もありますが、基本的にはWebサイトから申し込みを行いましょう。

ナビ博士
ナビ博士
申し込みを行う際に、申し込んだ翌月の初めに端末を発送してくれるよう依頼できる窓口もあるんじゃよ。
ゲット君
ゲット君
ポケット型Wi-Fiって端末が届いた日が利用開始日になるから、月末に届いたらもったいないなって思ってたけど、1ヶ月の初めに使えるように翌月発送をしてくれるのは嬉しいね!

2.最短で申し込みの即日に端末が発送される

ポケット型Wi-FiのWebサイトから申し込みを行うと、窓口と申し込んだ時間にもよりますが、最短で即日に端末が発送されます。

もし申し込み時に翌月の発送希望にした場合には翌月に発送となりますよ。

ゲット君
ゲット君
発送する日を指定できる窓口は少ないから注意しようね!

3.端末が届いたら、設定を行なって利用開始

ポケット型Wi-Fiの端末が発送され、手元に届いたら利用開始です。

利用したい日より前に受け取って、指定した日から利用などはできないので注意しましょう。

端末が届いたら、手元にある機器と接続設定などを行なって利用開始です。

4.利用が終了したら端末を返却する(レンタルの場合)

ポケット型Wi-Fiの端末を購入して利用している場合は返却が不要ですが、レンタルしている場合は契約期間が終了したら返却が必要です。

端末の返却時には破損などないか確認しておくことと、充電器やケーブルもレンタルしている場合は合わせて返却が必要になります。

なお端末を購入している場合や、贈与されている場合は返却は不要です。

ポケット型Wi-Fiを解約するときは「解約日・返却日」に注意!

ポケット型Wi-Fiの利用を終了する際は、解約日と返却日に注意しましょう。

まず解約日については、解約申請が月25日までなど申請する期限が決められている場合があります。

決められた期日までに解約申請を行わないと、当月の解約ができず、利用月数が伸びてしまったり、契約更新月内に解約が出来ない可能性も。

ゲット君
ゲット君
希望する月に解約ができるように、いつまでに解約申請を行わなきゃいけないか事前にチェックしておこうね!

また端末を返却する日も決められていることがあるため、解約連絡は何日までに必要か、返却は何日までか確認しておくことが大切です。

1日単位で利用できる短期レンタルの場合、返却完了日が利用終了日になる場合もあるため、返却を遅れないようにしましょう。

安いポケット型Wi-Fiについてよくある質問

クエスチョンマークのイラスト

ポケット型Wi-Fiについてよくある質問をまとめてみました。

気になる項目をチェックしてみてくださいね。

本当に安いポケット型WiFiを選ぶためのポイントは?

本当に安いポケット型WiFiを選ぶために以下の4点をチェックしましょう。

くわしくは安いポケット型Wi-Fiを選ぶときのポイントで解説しています。

実質月額料金が最も安いポケット型WiFiは?

実質料金が最も安いデータ容量別のポケット型Wi-Fiは以下のとおりです。

くわしくは【2022年最新】データ容量別で選ぶ!安く利用できるポケット型Wi-Fiはこれ!の項目でチェックしてみてくださいね。

大容量のポケット型WiFiで最も安いのは?

データ容量を実質無制限で利用したい場合は「WiMAX」を検討しましょう。

WiMAXは以前は3日間で15GB利用すると通信速度制限がかかっていましたが、2022年2月1日から3日間制限がなくなり、より使いやすくなりました。

くわしくは【実質無制限】データ容量を気にせず使いたいなら「WiMAX」を選ぼう!で解説しています。

完全無制限で使えるポケット型Wi-Fiはあるの?

現在データ通信量を完全無制限で使えるポケット型Wi-Fiはありません

基本的にはデータ通信量の制限はなく、一定期間内に大容量通信を行なったら制限がかかる場合がある「実質無制限」のプランや、月間のデータ利用量が決められている「大容量プラン」が利用可能です。

またRakuten WiFi Pocketは楽天回線エリア内であれば無制限で利用でき、WiMAXは実質無制限で、大容量通信を行うと速度制限の可能性があります。

もしデータ通信量を気にせず利用したい場合は、光回線やホームルーターを検討するのがおすすめですよ。

安いポケット型WiFiランキングおすすめ!まとめ

ポケット型Wi-Fiは利用できるデータ容量によって、利用料金が大きく異なります。

自分の使いたいデータ容量を把握して、ぴったりのプランを選ぶことがお得に利用する最大のポイントですよ。

また安いポケット型Wi-Fiを選ぶ際には重視したいポイントがあります。

本記事では実質料金を比較しておすすめを選定していますが、自身で比較する場合は上記のポイントをチェックしてみてくださいね。

また国内で日常的に使うだけでなく、短期間だけ利用する場合や、海外で利用する場合にもポケット型Wi-Fiはおすすめですよ。

自分にあったデータ容量や、用途に適したポケット型Wi-Fiを選んで快適なインターネット環境を作ってくださいね。

参考サイト

総務省
消費者庁
国民生活センター
日本データ通信協会
電気通信事業者協会
電気通信消費者相談センター
電気通信サービス向上推進協議会
一般財団法人 インターネット協会
一般社団法人 無線LANビジネス推進連絡会
みんなのネット回線速度
UQ WIMAX
Broad WiMAX
Rakuten WiFi Pocket
どこよりもWiFi
MONSTER MOBILE
ゼウスWiFi
AiR-WiFi
フォートラベル GLOBAL WiFi
グローバルWiFi
どんなときもWiFi
WiFiレンタルどっとこむ

記事一覧

サイトマップはここをクリック