デジタル
通信機器
2022/7/1 0:00

【2022年最新】イオンモバイルの評判は良い?メリット・デメリットを徹底調査!

イオンモバイル評判

大手スーパーのイオンが提供する「イオンモバイル」。イオンモバイルは、2020年のオリコン顧客満足度ランキングの格安スマホ部門で1位を獲得している、注目の格安スマホ事業者です。

博士

イオンモバイルの人気の理由は、プランの充実度とサポートサービス、コストパフォーマンス!

助手のジョン

現在『月々のスマホ代が高い』と感じている方は、イオンモバイルにのりかえれば、ぐっと安くできる可能性があるよ!

イオンモバイルは0.2~50GBの豊富なデータプランを用意しているのが特徴。
※0.2GBは60歳以上の「やさしいプラン」でのみ提供

しかも、データプランの変更は何度でも無料で簡単にできるので、毎月の通信量がバラバラな方、どのくらいネット利用するかわからない方に適している格安スマホです。

この記事では、イオンモバイルがおすすめな人、イオンモバイルの評判、イオンモバイルのメリットとデメリットを徹底解説していきます。

また、イオンモバイル以外のおすすめの格安スマホも紹介するので、月々のスマホ代を抑えたい人は、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

料金プラン豊富でムダなくスマホ代を節約できる「イオンモバイル」

イオンモバイル

0.2GBで月748円から!プラン変更は何度でも無料

  • 料金プランは0.2GBから50GBまでなんと53種類
  • 各プランの料金が安い
  • 全国のイオンで対面サポートに対応
  • シェアプランなら家族や複数デバイスにもおすすめ

イオンモバイルの詳細はこちら

この記事の監修者
小川正人
新聞社が推薦する通信サービスに精通したコンサルタント。QUANTA代表。光回線や携帯電話・ポケット型WiFiなどのモバイルサービスの専門家。大手家電量販店で販売員を行っていたが光回線やモバイルサービスの種類や料金体系の複雑さを痛感。「お客様が最適なプランを選べるようにしたい」との思いから月間60万PVの通信サービスメディアサイト「XERA」を運営。一時期は光回線を3社、携帯電話を12社同時に契約していた。2019年には2019年度バリューコマースMVPを受賞。監修者について(マイベストプロ)

イオンモバイルがおすすめなのはこんな人!

イオンモバイル
引用元:イオンモバイル

イオンモバイルがおすすめな人

  • 毎月のデータ通信量がバラバラな人
  • 大容量データプランの格安スマホを探している人
  • データ容量をムダなく使い切りたい人
  • 自宅の近くにイオンモバイルショップがある人
  • 複数台の端末でデータ容量をシェアしたい人

イオンモバイルの最大の特徴は、何といってもデータ容量を細かく設定できる点です。0.2GBから50GBまで実に53種類のなかから、自分に最適なデータ容量を選べるのでムダがありません。
※0.2GBは60歳以上の「やさしいプラン」でのみ提供

助手のジョン

データ容量ごとに、53種類から選べるなんてすごい!

博士

料金プラン自体は大きく分けて3つじゃが、それぞれ毎月のデータ容量を細かく設定できるのじゃ!

  • 料金プランは大きく、音声プラン・シェアプラン・データプランの3つ
  • そこからデータ容量によって、さいてきプラン・さいてきプランMORIMORIに分かれる
  • 60歳以上にお得なやさしいプランもある

ここでは基本のさいてきプランについて、サービス内容をまとめてみました。

【イオンモバイル概要(さいてきプラン)】

容量音声プランシェアプランデータプラン
0.5GB803円
1GB858円1,188円528円
2GB968円1,298円748円
3GB1,078円1,408円858円
4GB1,188円1,518円968円
5GB1,298円1,628円1,078円
6GB1,408円1,738円1,188円
7GB1,518円1,848円1,298円
8GB1,628円1,958円1,408円
9GB1,738円2,068円1,518円
10GB1,848円2,178円1,628円
20GB1,958円2,288円1,738円
30GB3,058円3,388円2,838円
40GB4,158円4,488円3,938円
50GB5,258円5,588円5,038円
でんわ5分かけ放題550円
でんわ10分かけ放題935円
でんわフルかけ放題1,650円
通話料
(かけ放題なし)
11円/30秒
回線の種類ドコモ・au
特徴・データ容量が余った場合、翌月に繰り越し可能
・毎月の容量変更は何度でも無料
・シェアプランは最大5回線まで可能
・全国のイオンで申込み可能
博士

30GB以上の大容量データプランを用意している格安スマホ事業者は珍しいぞ!

助手のジョン

たくさんデータ通信をする人も、ほとんどギガを使わない人も、イオンモバイルなら対応できるね!

イオンモバイルでは、一人用プランの「音声プラン(通話機能付きのSIM)」データプラン(データ通信のみのSIM)」のほか、最大5回線まで複数端末でのデータ容量シェアが可能な「シェアプラン」も提供しています。

シェアプランは、家族でデータ容量を分け合いたい方や、1人で複数台の端末を持っている方におすすめですよ。

毎月のデータ容量の変更は、イオンモバイルのマイページやお客さまセンター、一部のイオンモバイルショップ店頭にて無料でおこなえます。毎月のデータ通信量がよくわからない人も安心して契約できますね。

また、使い切れなかったデータ容量は翌月まで自動繰り越しされるので、「余ったギガがもったいない!」と感じた経験のある人は、ぜひ検討してみてください。

助手のジョン

イオンモバイルの申込みやサポートは、イオンモバイルの公式サイトか全国のイオンモバイルショップからできるよ!

博士

自宅の近くにショップがある人は、契約後も手軽にサポートが受けられるので心強いぞ!

イオンモバイルの詳細はこちら

評判からわかる!イオンモバイルの4つのメリット

今まで大手キャリアのスマホを使ってきた方にとって、格安スマホへののりかえは不安な部分もあるのではないでしょうか。イオンモバイルの率直な評判が気になるところですよね。

SNSでイオンモバイルの評判を調査したところ、次の4つのメリットが見えてきました。

ひとつずつ詳しく解説していくので、イオンモバイルの評判やメリットが気になる方は必見です!

1.データプランが53種類と豊富

先述のとおり、イオンモバイルのデータ容量は0.2GBから50GBまで53種類から好きなものを選べます。
※0.2GBは60歳以上の「やさしいプラン」でのみ提供

そのため、毎月のデータ通信量がバラバラの方、自分のデータ通信量が正確にわからない方、データ消費量が多い方など、あらゆるケースに対応可能です!

これだけ豊富なデータプランを取り扱っている格安スマホ事業者は珍しく、SNSでも「イオンモバイルはデータプランが豊富」と評判になっています。

助手のジョン

4GBとか7GBとか、中途半端なデータ容量って、他社ではなかなか設定できないんだよね

博士

イオンモバイルは10GB以下の場合、なんと1GBきざみで選べるぞ!ぴったりで無駄がなく使えるね!

実際に使ってみてデータ通信量が足りない場合は、マイページやお客さまセンター、一部のイオンモバイルショップ店頭にて、翌月からのデータ容量をかんたんに変更できます。

ただし、データ容量の設定が変わるのは翌月からのため、最初は少し多めで設定しておくのがおすすめですよ。

助手のジョン

もしデータ容量が余ってしまっても、翌月に自動繰り越しされるから、余裕のあるプランを選ぼう!

2.各プランの料金が安い

イオンモバイルのデータプランは、種類豊富なだけでなく料金も安いです。

以下のとおり、代表的な格安スマホ会社の音声通話SIMの料金を比較してみました。

【音声通話SIMの料金比較】

1GB3GB5GB10GB15GB20GB25GB30GB
イオンモバイル858円1,078円1,298円1,848円1,958円3,058円
UQモバイル1,628円2,728円3,828円
ワイモバイル2,178円3,278円4,158円
mineo1,298円1,518円1,958円2,178円
BIGLOBEモバイル1,078円1,320円5,720円8,195円
OCNモバイルONE770円990円1,760円
助手のジョン

他社と比較してみると、イオンモバイルはどのデータ容量の場合も、ほかの格安スマホに引けを取らないくらい安いことがわかるね!

博士

データ使用量が多くても少なくても安定して安いのはイオンモバイルの強みだぞ!

とにかく「1円でも利用料が安いスマホがいい!」という方は、「楽天モバイル」がおすすめです。イオンモバイルとあわせて検討してみましょう。

とにかく安く利用したいなら「楽天モバイル」がおすすめ

3.店舗での対面サポートに対応している

イオンモバイルは、全国のイオン系列店の多くにショップを構えています

毎日のお買い物のついでに、スマホの相談やお試しができるのはとても便利ですよね。

イオンモバイルショップの店舗によっては、即日SIMカードを発行してくれるところもあるため、すぐに格安スマホにのりかえたい方にもおすすめです。

もちろん、契約後のサポートや修理依頼も、対面で丁寧に受けられます。

SIMカードの挿入や初期設定までやってもらえるので、初めて格安スマホにのりかえる方も安心です。

SNSでは「イオンモバイルの定員さんは親切」という評判もありました。

助手のジョン

格安スマホ会社は、人件費削減のために対面サポート不可の場合が珍しくないからありがたいね

博士

イオンモバイルは、オンラインサポートだけでは不安な人にぴったりの格安スマホだぞ

4.複数台の端末でデータ容量をシェアできる

イオンモバイルは1台の端末向けのスタンダードなプランのほかに、複数端末向けの「シェアプラン」も提供しています。

【イオンモバイル シェアプランの料金】

データ容量月額料金
(さいてきプラン)
1GB1,188円
2GB1,298円
3GB1,408円
4GB1,518円
5GB1,628円
6GB1,738円
7GB1,848円
8GB1,958円
9GB2,068円
10GB2,178円
月額料金
(さいてきプランMORIMORI)
20GB2,288円
30GB3,388円
40GB4,488円
50GB5,588円
SIMカード2~3枚目の
追加月額料金
・通話機能付きSIM:220円/枚
・SMS機能付きSIM:154円/枚
・データ通信SIM:0円/枚
SIMカード4枚目以降の
追加月額料金
220円/枚

たとえば、月10GBのデータ容量を2端末(通話機能付きSIM)でシェアする場合、「2,178円+220円=2,398円」が月々の基本料金となります。

助手のジョン

2端末で10GBをシェアして3,000円を切るのは嬉しいね!

シェア音声プランにまとめる端末の数が多いほど、お得さをより実感できるようです。SNSには、「家族4人分のスマホ+家用スマホの5端末で6,000円はありがたい」という声が上がっていました。

博士

家族でデータ容量をシェアしたい人や複数デバイス持ちの人は、イオンモバイルのシェア音声プランを検討しよう!月々のスマホ代がより安くなる可能性が高いぞ!

イオンモバイルを選ぶときの2つのデメリット

SNSでの評判がよく、たくさんのメリットがあるイオンモバイルですが、デメリットもあります。

イオンモバイルを選ぶときの2つのデメリット

イオンモバイルを検討中の方は、デメリットを知ったうえで、のりかえ手続きに進みましょう。

1.端末代が割高

イオンモバイルで販売されているスマホ端末は、ほかの格安スマホに比べ割高な傾向です。

SNSの評判は本当でしょうか。格安スマホの「IIJmio」と「マイネオ」で販売されている端末の価格と比較し、検証してみました。

【スマホ端末の価格比較】

iPhone8 64GBOPPO Reno5 AAQUOS sense5G
イオンモバイル36,080円43,780円50,380円
IIJmio21,010円
※中古美品
31,400円38,280円
mineo32,736円39,600円28,512円

※2022年7月時点の各社公式サイト記載の金額

比較表を見てわかるとおり、たしかにイオンモバイルの端末はiPhoneもAndroidも少し高め。

イオンモバイルではSIMのみの購入も可能なので、のりかえを機に端末を新しくしたい方は、家電量販店やほかの格安スマホ会社で買うのがおすすめといえます。

2.通信速度が遅いときがある

イオンモバイルの回線は、ドコモ・auいずれか好きなほうを選べます。

ただし、ほかの格安スマホと同じように、大手キャリアの通信設備を借りている状態のため、通信速度が遅いときがあります。

特に、お昼どきや夜間など回線が混雑しやすい時間帯は、通信速度が遅くなりやすい傾向です。

【イオンモバイル・UQモバイルの通信速度比較】

夕方
イオンモバイル9.4 Mbps6.7 Mbps7.8 Mbps5.5 Mbps
UQモバイル18.1 Mbps13.7 Mbps14.6 Mbps16.1 Mbps

※2022年7月時点のhttps://keisoku.io/mobile/の情報

助手のジョン

スマホの通信速度は5Mbps以上あれば、ネットサーフィンや動画視聴など、ある程度快適に楽しめると言われているよ!10Mbps以上なら、かなり高速と判断できるね

通信速度の速い格安スマホを選びたい方は、「通信速度が安定して速い」と評判の「ワイモバイル」や「UQモバイル」をおすすめします。

速度重視なら「ワイモバイル」or「UQモバイル」がおすすめ

ニーズに合わせたおすすめの格安スマホを紹介!

助手のジョン

イオンモバイルのほかにも、おすすめの格安スマホはあるのかな?

現在、さまざまな格安スマホ会社が登場しており、私たちのニーズに合うプランを次々に打ち出している状況です。

ここからは、イオンモバイル以外の格安スマホから、ニーズ別におすすめの格安スマホを紹介していきます。

とにかく安く利用したいなら「楽天モバイル」がおすすめ

楽天モバイル
引用元:楽天モバイル

【楽天モバイル概要表】

1GBまで0円
3GBまで1,078円
20GBまで2,178円
20GB超過後
無制限
3,278円
データチャージ1GB 550円(パートナー回線エリア)
通信速度(実測値)43.03Mbps
回線の種類楽天(パートナー回線:au)
サポート体制Web:○/電話:○/店舗:○

※通信速度は7月時点の「みんなのネット回線速度」の情報

とにかく料金の安さ重視で格安スマホを選びたい方は、「楽天モバイル」がおすすめです。

楽天モバイルでは、データ通信量にあわせて段階的に利用料が上がる仕組みのワンプランを提供しています。

博士

なんと月1GBまでは0円!さらに20GB超過後は、楽天回線エリア内なら月3,278円で高速通信を使い放題だぞ!

助手のジョン

楽天回線エリア外では、最大1Mbpsの速度制限がかかるので注意してね。
楽天モバイルの回線エリアはこちらから確認できるよ!

以下の表は、楽天モバイルとその他の格安スマホの料金を比較したものです。

【楽天モバイル 他社料金比較】

1GB3GB20GB25GB30GB
楽天モバイル0円1,078円3,278円3,278円3,278円
OCNモバイルONE770円990円
イオンモバイル858円1,078円1,958円3,058円
UQモバイル1,628円3,828円
ワイモバイル2,178円4,158円
mineo1,298円2,178円
BIGLOBEモバイル1,078円1,320円5,720円8,195円

表を見ると、 1GBと25GB以上のデータプランで、楽天モバイルの料金の安さが目立っていることがわかります。

そのため、月々のデータ通信量が1GB未満の方、もしくは25GB以上の方は特に、楽天モバイルのお得さを実感できるはずです。

楽天モバイルの詳細はこちら

助手のジョン

ただし、通信速度はやや遅い傾向なので、速度重視の方は次に紹介する「ワイモバイル」か「UQモバイル」がおすすめだよ

速度重視なら「ワイモバイル」or「UQモバイル」がおすすめ

ワイモバイル・UQモバイル

【ワイモバイル・UQモバイル概要表】

ワイモバイルUQモバイル
3GB2,178円1,628円
15GB3,278円2,728円
25GB4,158円3,828円
10分かけ放題770円
データチャージ500MB 550円
通信速度(実測値)66.38Mbps63.73Mbps
回線の種類ソフトバンクau
サポート体制Web:○/電話:○/店舗:○

※通信速度は7月時点の「みんなのネット回線速度」の情報

通信速度が速い格安スマホで、スマホ代を抑えつつ、サクサク快適な通信を楽しみたいなら「ワイモバイル」か「UQモバイル」がおすすめです。

ワイモバイルはソフトバンク回線、UQモバイルはau回線の格安スマホですが、いずれも安定して速い通信速度が特徴。

7月時点でのみんなのネット回線速度の情報によると、いずれも通信速度60Mbpsを超えているのがわかります。

助手のジョン

スマホの場合、5Mbps以上ならストレス少なく通信できて、10Mbpsもあれば動画もサクサク見られるよ!

また、各店舗での対面サポートに対応している点も、ワイモバイル・UQモバイルの強みです。これなら、格安スマホへののりかえが初めての方も安心ですね。

ワイモバイル・UQモバイルの大きな違いは料金です。概要表を見るとUQモバイルのほうが安いですが、実はワイモバイルの場合、2回線目以降に1,188円の家族割が適用されます。

そのため、2回線以上をまとめて契約するなら、ワイモバイルのほうが安くなるのです。

【ワイモバイル・UQモバイルの料金シミュレーション比較】

1回線の場合2回線の場合3回線の場合
3GBワイモバイル2,178円合計:3,168円
(1,584円/回線)
合計:4,158円
(1,386円/回線)
UQモバイル1,628円合計:3,256円
(1,628円/回線)
合計:4,884円
(1,628円/回線)
15GBワイモバイル3,278円合計:5,368円
(2,684円/回線)
合計:7,458円
(2,486円/回線)
UQモバイル2,728円合計:5,456円
(2,728円/回線)
合計:8,184円
(2,728円/回線)
25GBワイモバイル4,158円合計:7,128円
(3,564円/回線)
合計:10,098円
(3,366円/回線)
UQモバイル3,828円合計:7,656円
(3,828円/回線)
合計:11,484円
(3,828円/回線)
博士

1人で利用するならUQモバイル、2人以上の家族で利用したり、2台以上の端末をまとめて契約したりする場合はワイモバイルがお得だぞ!

ワイモバイルの詳細はこちら

UQモバイルの詳細はこちら

YouTubeなどよく利用する方は「BIGLOBEモバイル」がおすすめ

BIGLOBEモバイル

【BIGLOBEモバイル概要表】

1GB1,078円
3GB1,320円
6GB1,870円
12GB3,740円
20GB5,720円
30GB8,195円
10分かけ放題913円
データチャージ100MB 330円
エンタメフリー308円
通信速度(実測値)19.61Mbps
回線の種類ドコモ・au
サポート体制Web:○/電話:○/店舗:×

※通信速度は7月時点の「みんなのネット回線速度」の情報

BIGLOBEモバイルは、YouTubeをよく利用する方におすすめの格安スマホです。

BIGLOBEモバイルのメリットは、月308円で「エンタメフリー」というオプションを付けられるところ。

エンタメフリーを付ければ、YouTubeなど21サービスで消費するデータ通信量のカウントをゼロにできるので、残りのデータ容量を気にせず好きなだけ動画や音楽を楽しめます。

助手のジョン

たくさんYouTubeを見る人は、エンタメフリーを付けよう!その分基本料金を抑えられるから、スマホ代が安くなる可能性が高いよ

博士

エンタメフリーの対象サービスは、YouTube以外にもあるぞ!次のサービスをよく使う人は、エンタメフリー加入を検討しよう

【エンタメフリーの対象サービス】

動画配信(視聴のみ)YouTube/ABEMA/U-NEXT/YouTube Kids
音楽・ラジオ配信(音楽再生・ラジオ聴取のみ)YouTube Music/Apple Music/Spotify/AWA
Amazon Music/LINE MUSIC/radiko/らじる★らじる
dヒッツ/RecMusic/楽天ミュージック
電子書籍配信(閲覧・ダウンロードのみ)dマガジン/dブック/楽天マガジン/楽天Kobo
その他のアプリFacebook Messenger/au PAY マーケット

例えば、3GBプランにエンタメフリーを付けた場合、月々のスマホ代はたったの1,628円です。

しかもBIGLOBEモバイルは、加入から1年間は特典料金が適用されるので、1,078円という驚きの安さに!

YouTubeでデータ容量を消費してしまい困っている方は、BIGLOBEモバイルにのりかえて、上手にスマホ代を節約しましょう。

BIGLOBEモバイルの詳細はこちら

LINEでビデオ通話をよく利用する方は「LINEMO」がおすすめ

linemo
引用元:ソフトバンク

【LINEMO概要表】

3GB990円
※PayPayポイントで半年間の還元あり
20GB2,728円
かけ放題5分以内かけ放題オプション:550円
かけ放題オプション:1,650円
データチャージ1GB 550円
通信速度(実測値)85.68Mbps
回線の種類ソフトバンク
サポート体制Web:○/電話:×/店舗:×

※通信速度は7月6日時点の「みんなのネット回線速度」の情報

LINE通話やビデオ通話をよく利用するなら、「LINEMO(ラインモ)」がおすすめ!

なぜなら、LINEMOを使えば、LINEアプリのトークや通話などのデータ通信量がノーカウントになるからです。

助手のジョン

もしデータ容量を使い切ってしまっても、LINEアプリは高速通信のまま!LINEアプリをたくさん使う人に嬉しいサービスだね

博士

コロナ禍で大切な人に会えない代わりに、LINE通話・ビデオ通話を利用する人が増えているぞ!LINEMOなら通信制限を気にせず、好きなだけLINE通話・ビデオ通話を楽しめるぞ

またLINEMOは、大手キャリアのソフトバンクの格安スマホブランドなので、安定して速い通信速度が特徴です。エリアによっては5G通信にも対応しています。

ただし、LINEMOは申込み手続き・サポート相談・修理対応がすべてオンライン対応です。

家族割などの各種割引も対象外となります。その代わり、月々の料金が最初から安く設定されているのがLINEMOの魅力です。

LINE通話・ビデオ通話をたくさん使いたい方、オンラインサポートに抵抗のない方は、ぜひLINEMOへののりかえを検討してみましょう。

LINEMOの詳細はこちら

「イオンモバイル」についてよくある質問

「イオンモバイル」についてよくある質問をまとめたので、詳しく見ていきましょう。

イオンモバイルの低速通信200kbpsってどのくらいの速さなの?

イオンモバイルは、データプランごとに設定された容量を超えると、最大200kbpsまでの速度制限がかかります。200kbpsの速さの目安は次のとおりです。

メッセージ送信・音声通話・音楽視聴問題なくできる
SNSやインターネットの閲覧・動画視聴遅く感じる

高速通信をしたい場合は、1GBあたり528円でデータ容量を追加できます。

イオンモバイルのマイページかお客さまセンターへの電話、もしくは一部のイオンモバイルショップ店頭にてデータ容量の変更もできます。

変更は翌月から反映されるので、継続してデータ容量をオーバーしそうなときは、データプランの変更をおすすめします。

イオンモバイル お客さまセンター

Tel:0120-025-260(営業時間10:30~19:30/年中無休)

イオンモバイルの解約をした場合、解約月の請求は日割り計算になる?

イオンモバイルの解約月の請求は、日割り計算になりません。

解約申込した段階で即解約されますが、1か月分の料金が請求されます。月初に解約する場合は要注意です。

イオンモバイルの解約手続きは、お客さまセンターへの電話で進められます。

イオンモバイル お客さまセンター

Tel:0120-025-260(営業時間10:30~19:30/年中無休)

容量プランの変更は、いつまでにどうやってやるの?

イオンモバイルのデータ容量の変更は、イオンモバイルのマイページから手続きが可能です。

毎月末日の前日18:59までに変更申込みをすれば、翌月から反映されます。容量プランは何度でも変更でき、手数料もかかりません。

ただし、月末日の前々日18:59までにプランの変更を申込んだ場合、翌月1日まで変更操作ができない点にご注意ください。

そのほか、イオンモバイルお客さまセンターへ電話や、一部の店頭でもデータ容量の変更を受け付けています。

イオンモバイル お客さまセンター

Tel:0120-025-260(営業時間10:30~19:30/年中無休)

余ったデータ通信量を翌月に繰り越すにはどうすればいい?

余ったデータ通信量は、自動的に翌月へ繰り越されます。特に申請は必要ありません。

翌月は有効期限が短いデータ通信量から消費されていきます。

まとめ

イオンモバイルは、0.2GBから50GBまで53種類からデータ容量を選べるので、無駄なく利用できます。

また、1台から安くなる音声プラン・データプランや、2端末以上でデータ容量をシェアできるプランも選べます。

各プランの料金は、ほかの格安スマホに引けを取らないほど安いうえ、余ったデータ容量を翌月に自動繰り越しできる点も、イオンモバイルの魅力です。

イオンモバイルの申込みやサポートは、全国のイオンモバイルショップから可能です。そのほか、インターネットからの申し込みにも対応しています。

月々のスマホ代を安くしたい方、月々のデータ通信量がわからない方は、ぜひイオンモバイルへののりかえを検討してみてください。

イオンモバイルの詳細はこちら

イオンモバイル以外の格安スマホを探している方には、次の5社がおすすめです。あわせてチェックしてみてくださいね!

参考サイト

総務省
消費者庁
国民生活センター
日本データ通信協会
電気通信事業者協会
電気通信消費者相談センター
電気通信サービス向上推進協議会
一般財団法人 インターネット協会
一般社団法人 無線LANビジネス推進連絡会

記事一覧

サイトマップはここをクリック