デジタル
通信機器
2021/7/3 6:30

楽天モバイルって実際どうなの? 評判から分かったメリット・注意点を徹底解説

米倉涼子出演のテレビCMでおなじみの楽天モバイルは、月額最大3,278円でデータ容量を無制限で使える格安スマホキャリアです。

しかも、データ容量が無制限なだけでなく、データを使わない月はさらに安くなります。

博士

1Gまでなら月額0円なのは非常に魅力的じゃ

楽天モバイルはキャンペーンが豊富で、今なら3ヶ月間プラン料金無料で契約可能です。

今回は、楽天モバイルのメリット・注意点をもとに、どんな人におすすめのキャリアか解説しています。
また、申し込みから利用開始までの詳しい手順も紹介します。

楽天モバイルを現在利用中の方に向けて、解約方法とほかのおすすめスマホも紹介しているため、ぜひ参考にしてみてください。

>楽天モバイルの公式サイトはこちら

※この記事は、2021年7月時点での情報です。

楽天モバイルは月額3,278円×無制限で使える、格安スマホキャリア!

楽天モバイル
楽天モバイルは、月額3,278円で使える格安スマホキャリアです。

しかも、楽天回線エリア内なら、データ量が無制限で高速通信を使い放題です。

【楽天モバイルの概要】

対応エリア日本全国
使用回線楽天回線エリア:楽天回線
パートナーエリア回線:au回線
セット割なし
速度制限パートナー回線で5GBを超えると最大1Mbps
契約期間縛りなし
初期費用0円
月額料金
※1
~1GB0円
~3GB1,078円
~20GB2,178円
無制限3,278円
3年間の実質料金合計108,174円
3年間の実質月額料金3,005円
キャンペーン内容・新規契約で3ヶ月間月額料金無料
・最大25,000ポイントのポイント還元
・楽天市場ポイントアッププログラム

※価格はすべて税込
※1 パートナーエリアの場合、高速通信は5GBまで

楽天モバイルの料金プランは、月額3,278円の「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」のみです。
シンプルで明瞭な料金プランなので、プラン選定で悩むことも煩雑な手続きも必要ありません。

楽天回線エリア内で使っていれば、データ量が無制限で高速通信が使えるので、エリア内にお住まいの方におすすめです。

楽天モバイルは、楽天回線とパートナー回線(au回線)を利用しています。

博士

パートナー回線エリア内では、月に5GBまでの上限があるよ!

エリアは東京、大阪、名古屋、札幌、福岡などの都市部に限られていますが、2021年夏ごろまでには人口カバー率96%となる見込みです。

「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」なら、5G高速通信も使い放題です。
5G対応エリア内なら、5Gの超高速通信を利用できるでしょう。

楽天回線エリアにお住まいなら、とてもおすすめの格安スマホですよ!

>楽天モバイルの詳細はこちら

楽天モバイルを契約する9つのメリット

ここでは、楽天モバイルに関する9つのメリットについて、Twitterでの口コミもご紹介しながら詳しくご説明します。

データ容量無制限で、速度制限もない

エリア内なら、データ容量無制限で高速通信を使い放題です。
もちろん速度制限もありません。

他社のスマホプランだと、月間データ量の上限が決まっていて、上限を超えると通信速度が最大1Mbpsなどに制限されてしまいます。

ドコモ、au、ソフトバンクには無制限プランもありますが、月額料金が8,000円程度の高額なプランしかありません。

しかし、楽天モバイルなら、エリア内で使っている限りデータ量無制限で高速通信を使い続けることができます。

しかも、月額料金は3,278円と格安です。

助手のジョン

このようなスマホキャリアは、ほかにはほとんどないよ!

ただし、楽天回線エリアの外で月5GB以上使うと最大1Mbpsの速度制限がかかるため、ご注意ください。

詳しくは【楽天回線エリア外の高速通信は月5GBまでしか使えない】で解説しています。

どこが楽天回線エリアなのかは、こちらのページで確認できます。

楽天エリア内なので、月額料金が3,000円程度で無制限に使えるのはうれしい、とコメントしている人がいました。
3,000円台で無制限はかなり安いといえるでしょう。

データ量を無制限に使えるため、ソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えたという方がいました。
月3,278円でデータが無制限に使えるため、携帯代が安く済むとコメントしています。

料金プランは月額3,278円のみで、わかりやすい上に格安

料金プランはデータ容量無制限の1プランのみで、月額料金は3,278円と非常に安いです。
しかも、使ったデータ量が少なければさらに安くなり、1GBまでなら何と0円です!

毎月大容量のデータを使う人も、あまり使わない人も、このプランで無駄なく使うことができるでしょう。

楽天モバイルのデータ利用量ごとの月額料金表は以下のとおりです。

【楽天モバイルの月額料金表】

月間データ利用量月額料金
~1GB0円
~3GB1,078円
~20GB2,178円
無制限3,278円

※価格はすべて税込

普段あまりデータを使わない人が楽天モバイルに乗り換えたら、月額料金が安くなったと書き込んでいました。

使うデータ量がそこまで多くない人も安く利用できるのはうれしいですね。

格安SIMから楽天モバイルに乗り換えたいという人もいました。
ほかの格安SIMに比べても、楽天モバイルが安いということがわかりますね。

キャンペーンが豊富でお得に契約できる(今なら3ヶ月間プラン料金が無料)

楽天モバイルで開催中のお得なキャンペーンは、以下のとおりです。

【楽天モバイルのキャンペーン一覧】

キャンペーン内容
Rakuten UN-LIMIT VIプラン
料金3ヶ月無料キャンペーン
・新規契約で3ヶ月間月額料金が無料になる
だれでも5,000ポイント
プレゼント
・新規契約で楽天ポイントを5,000ポイントもらえる
Rakuten UN-LIMIT VI+
製品購入キャンペーン
・新規契約と同時に対象機種を購入すると、楽天ポイントを最大20,000ポイントもらえる
iPhone発売記念
最大20,000ポイント還元
・新規契約で楽天ポイントを5,000ポイントもらえる
・対象のiPhone機種を同時購入で、楽天ポイントを15,000ポイントもらえる
Rakuten mini
本体価格1円
・新規契約と同時にRakuten miniを本体価格1円で購入できる
Rakuten Hand実質0円・新規契約と同時にRakuten Handを実質0円で購入できる

とくにおすすめなのが、「Rakuten UN-LIMIT VIプラン料金3ヶ月無料キャンペーン」です。

今契約すれば月額料金が3ヶ月間も無料になるので、スマホ購入代金がかかった場合などは負担が減ってうれしいですね。

しかも、契約事務手数料やMNP転出料も無料なので、端末代を除けば、3ヶ月間0円で使えますよ。

ほかにも、スマホを同時購入する際に楽天ポイントを還元してもらえるキャンペーンや実質0円になるキャンペーンもあります。

スマホの購入代金を大きく節約できるので、ぜひこれらのキャンペーンを使ってみてください!

楽天モバイルのキャンペーンで大量のポイントをもらえた、と喜んでいる方がいました。
高額ポイントをもらえると、買い物などにも使えるので大きな臨時収入ですね。

Rakuten Hand実質0円キャンペーンとお申し込みでだれでも5,000ポイントキャンペーンのポイントが入ったとTwitterに投稿している人がいました。

あとから高額なポイントが振り込まれると、とてもお得な気分になりますね。

Rakuten Linkのアプリ利用で無料通話し放題

楽天モバイルの通話専用アプリ「Rakuten Link」を利用すれば、無料で通話し放題です。

通話だけでなく、SMSが国内・海外で無料です。

博士

相手がRakuten Linkを使用していなくても通話できるからおすすめだよ。

ほかのキャリアでは、国内通話かけ放題オプションなどをつけなければ通話無料にならないことがほとんどです。

その場合、オプション料金は数百円~数千円かかりますが、楽天モバイルならアプリを使って通話するだけです。
これは、かなりお得ですね。

通話とSMSの料金について、以下の表にまとめました。

【通話・SMS料金一覧】

国内海外
通話Rakuten Link同士0円
Rakuten Link利用0円
※一部対象外番号あり
0円
※海外から日本への通話
その他の場合は別料金
通常の電話22円/30秒
SMSRakuten Link同士0円
Rakuten Link利用0円0円
※海外へのSMSは100円/全角70文字
通常のSMS3円/全角70文字100円/全角70文字

※価格はすべて税込

上記のとおり、Rakuten Link同士の場合は通話もSMSも0円です。

また、国内なら、Rakuten Linkを利用して通話やSMSをしても基本的には0円です。

そのため、Rakuten Linkアプリを利用することをおすすめします。

Rakuten Linkアプリを使えば通話料金がかからないので、コスパが良いとコメントしている方がいました。

通話することが多い方にぴったりですね。

こちらがアプリを使っていれば、相手がアプリを使っていなくても、また他キャリアのスマホでも通話が無料になるとコメントしている人がいました

相手がどのスマホキャリアを使っていても通話無料なのは、かなりお得ですね。

契約期間の縛りがなく、違約金も発生しない

楽天モバイルは契約期間の縛りがなく、違約金も発生しません。

解約時に高額の違約金を支払う必要がないのは、安心ですね。

楽天モバイルをお試しで使ってみたいという人にも、ぴったりです。

助手のジョン

今なら3ヶ月間月額料金無料キャンペーンを実施しているから、3ヶ月以内無料でお試し利用できるよ!

ただし、スマホ購入時などの製品の分割請求が残っている場合は請求が継続するので、ご注意ください。

申込不要&無料でテザリングを利用できる

楽天モバイルでは、テザリングを申し込み不要、かつ無料で利用できます。

楽天回線エリア内ならデータ量無制限で利用できるので、楽天モバイルのスマホをモバイルルーター代わりに使うことも可能です。

テザリングとは、パソコンやタブレットなどからスマホのネットワークに接続し、モバイルルーターのように使う方法です。

スマホとパソコンやタブレットを、ケーブルやWiFiで接続することでネット回線をスマホ以外で利用できます。

他キャリアでは、スマホでテザリングをする際に申し込みやオプション料金が必要なケースもありますが、楽天モバイルでは不要です。

楽天モバイルでテザリングしてみたら思ったよりも速度が出たので使っている、という方がいました。
エリア内なら無制限に使えるのでとてもありがたいとコメントしています。

一般的なモバイルWiFiルーターは月間データ容量の上限が設定されています。

しかし、楽天モバイルなら楽天回線エリア内で使っている限り上限がありません。

支払方法の選択肢が豊富

格安スマホでは支払方法をクレジットカード一本に絞っているところが多いですが、楽天モバイルでは支払い方法の選択肢が豊富です。

楽天モバイルの支払い方法は、以下から選べます。

  • 口座振替
  • クレジットカード支払い
  • デビットカード支払い

クレジットカードが使えない場合も、ほかの方法で支払いができるのはうれしいですね。

ただし、口座振替の場合、製品代金の分割支払いができない、毎月の引き落とし時に手数料が110円かかるなどのデメリットがあるため、ご注意ください。

楽天ポイントが貯まりやすくなる

楽天モバイルを契約すると、楽天ポイントが+1倍になり、ポイントが貯まりやすいです。
SPUで月々の支払い100円につき楽天ポイントが1ポイント貯まります。

さらに、楽天モバイルキャリア決済ならさらに+0.5倍です。

楽天ポイントは、楽天モバイルの各種支払いや楽天市場で使えます。

博士

楽天Payを使えば、全国のお店でも利用できるよ。

また、楽天カードで支払いをすれば、さらに+2倍になります。

楽天モバイルだけでなく、ほかも楽天のサービスにそろえればポイントがどんどん貯まりやすくなるのでとてもお得ですよ。

楽天カードを利用すればSPUが+2倍になり、合計で+3倍になるので、ポイントが貯まりやすくなります。
この方は、楽天ポイントが貯まったので大きな買い物ができたと書き込んでいます。

楽天市場で普段からよく買い物をする方、楽天ポイントを集めている方にとっては、かなりお得といえるでしょう。

全国に店舗があるため、直接サポートを受けられる

楽天モバイルは全国に店舗があるため、店舗でスタッフによるサポートを直接受けられるのも大きなメリットです。

現在、全国に約600店舗の楽天モバイルショップがあります。

楽天モバイルショップの検索はこちらからどうぞ。

ただし、キャンペーンによってはオンライン申し込み限定のものもあるため、ご注意ください。

楽天モバイルを契約する際の4つの注意点

楽天モバイルを契約するメリットはかなりたくさんありましたが、一方でご注意いただきたい点もあります。

ここでは、以下の4つの注意点を、Twitterでの口コミも交えながらご紹介しましょう。

データ容量無制限で使えるエリアが限られている

楽天モバイルのもっとも大きなメリットは、楽天回線エリア内ならデータ量無制限で高速通信が使えるという点です。

しかし、楽天回線エリア外のパートナー回線エリアに入ると、月に5GBまでしか高速通信を利用できません。

楽天回線エリアから出てしまうと無制限ではなく、5GBまでしか使えないためご注意ください。

無制限に使いたいなら、お住まいの地域や通勤エリアなどが楽天回線エリア内である必要があります。

楽天回線エリアはこちらで確認できますので、契約前に必ずご確認ください。

自宅が楽天のエリアに入っておらず、使えないという人がいました。
楽天回線エリアは都市部に限られているので、郊外にお住まいの方は使えない可能性が高いです。

契約前に、必ずエリア確認をしましょう。

通院している病院が楽天回線エリア外だったと書き込んでいる方がいました。
お住まいの場所やよく行く場所についても、エリア内にあるかどうかをあらかじめ確認しておく必要があるでしょう。

いつの間にか、通勤路が楽天回線エリアに入っていたという方もいました。
楽天回線エリアは現在拡大中なので、今エリアに入っていなくても将来的にはエリア内に入る可能性もあります。

エリアマップを確認し、自宅や活動範囲が対応エリアに近い場合は、様子を見てもよいかもしれません。

楽天回線エリア外の高速通信は月5GBまでしか使えない

上記でご紹介したとおり、データ容量無制限で使えるエリアは限られています。
エリア外のパートナー回線エリアでは、高速通信を月5GBまでしか使えません。

一月に使うデータ量が5GBを超えてしまうと、最大1Mbpsに通信速度が制限されてしまいます。

では、月に5GBでは、どのようなことをどれくらいできるのでしょうか?
5GBでできることの目安を、以下の表にまとめてみました。

【スマホで5GBのデータ量でできることの目安】

やること5GBでできること
Web閲覧Yahoo!トップページを開く約27,000回
画像のメール添付500万画素の画像をメールで送信する約1,666通
動画視聴YouTubeで360pの動画を視聴する約25時間
地図検索Google Mapで地図を検索する約7,160回表示
LINE音声通話LINE音声通話を使う約225時間

上記の表のとおり、動画視聴は約25時間、LINE音声通話は約225時間もできます。

パートナー回線エリアに入ってしまうことがある場合でも、データの利用量に気をつければ5GB内にできるでしょう。

また、月5GB速度制限にかかっても、最大1Mbpsの速度で利用できます。

助手のジョン

1Mbpsの速度が出れば、動画視聴は厳しいけど、テキストベースのメールやSNS、Web閲覧など、最低限のことはできるよ。

まったくネットにつながらない、何もできないというわけではないので、ご安心ください。

田舎に住んでいるため、エリア内に入っていないという方がいました。
今後のエリア拡大に期待したいですね。

5GBのデータ量を使い切って、速度制限がかかってしまったという方がいました。
ただ、1Mbpsあれば十分使えるとのことでした。

アプリを利用しないと通話料がかかる

Rakuten Linkアプリを利用せずに通話をすると、通話料金が22円/30秒かかります。

他キャリアでは、家族間通話しか無料にならない、かけ放題オプションをつける必要がある、などのケースがほとんどです。

その点、楽天モバイルならアプリを使うだけで通話が無料になるので通信料金が節約できます。

ただし、Rakuten Linkアプリを使わないと通常の通話料金がかかってしまうので、ご注意ください。

通話料金が無料なはずなのに無料になっていないので調べてみたら、アプリを使っていなかったという方もいました。
必ずアプリを利用して通話するようにしましょう。

通話アプリを使えば、通話料金は無料です。
しかも、データ量が1GBまでなら月額料金も無料なのです。

子どもに持たせるスマホを楽天モバイルにして、通話はRakuten Linkアプリを使えば、料金はかかりません。

キャリアメールは利用できない

楽天モバイルでは、ドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアメールを利用できません。
Yahoo!メールやGmailなどのフリーメールを利用すれば、楽天モバイルでもメールを利用できます。

しかし、キャリアメールに安心感を求める人やすでにキャリアメールを使っている人にとっては、デメリットです。

キャリアメールを使っている人は、メールのみのスマホ契約を残しておくか、メールアドレス変更をする必要があるでしょう。

楽天モバイルではキャリアメールを使えませんが、とくに困っていないと書き込んでいる方もいました。

キャリアメールを長く使っていない限り、とくに問題はないのかもしれません。

楽天モバイルはこんな人におすすめ!

ここまで説明したことをまとめると、楽天モバイルがおすすめなのは次のような人です。

楽天モバイルをおすすめできる人について、詳細を説明します。

生活圏が楽天回線エリア内の人

生活圏が楽天回線エリアに入っていれば、データ量無制限で高速通信が使い放題です。

ほかのスマホキャリアでは、データ量の上限が設定されていて、上限を超えると通信速度が制限されてしまいます。

3大キャリアの無制限プランなら無制限に使えますが、月額料金がかなり高額になってしまいます。

楽天モバイル
のように、エリアが限られているとはいえ、月額3,278円で高速通信が無制限に使えるプランはほかにはほとんどないでしょう。

生活圏が楽天回線エリアに入っていれば、楽天モバイルがもっともお得といえます。

スマホ料金を安く抑えたい人

楽天回線エリア内なら、どれだけデータ量を使っても3,278円と安いのはかなり大きなメリットです。

しかも、あまりデータを使わなかった月は、月額料金が安くなります。
そのため、スマホ料金を安く抑えたいという方にぴったりのスマホです。

楽天モバイルの月額料金が安い理由は、以下のとおりです。

  • 月額3,278円と料金が格安SIM
  • Rakuten Linkアプリの利用で、無料で通話とSMSを使い放題
  • 3ヶ月間プラン料金が無料で使えるキャンペーン実施中

お得なキャンペーンをどんどん利用して、お得に契約することをおすすめします!

自宅に光回線を引けない人

楽天モバイル
はテザリングが申し込み不要でオプション料金も必要ないため、モバイルルーターとしても利用できます。

自宅に光回線を引けない人は、楽天モバイルスマホをテザリング用端末として使うという方法もあります。

しかも、楽天回線エリア内なら高速通信を無制限に使えるため、光回線と同じように無制限インターネット回線を使えるということです。

月額料金が安いので2台持ちの2台目端末として楽天モバイルを契約し、自宅のネット回線やモバイルルーター代わりとしても使えるでしょう。

月間データ容量の上限が決まっているモバイルWiFiルーターを契約するよりも、断然お得ですね。

3大キャリア以外のスマホを使ってみたい人

3大キャリアのスマホを使っていて、月額料金が高すぎる、プランが複雑でわかりづらいと不満を感じている方も多いと思います。

そのような場合、お試しで楽天モバイルを使ってみることをおすすめします。

楽天モバイル
は契約期間の縛りがなく、違約金も発生しません。
しかも、今ならプラン料金が3ヶ月間無料のため、格安スマホを試してみたい方におすすめです。

いつ解約しても違約金がなく、3ヶ月までなら月額料金もかからないため、今のスマホの契約を残したまま楽天モバイルを試しに契約してみるのもよいでしょう。

格安スマホを使ったことがないので試しに使ってみたい、という方にぴったりです。

楽天モバイルの申し込みから利用開始までの手順

楽天モバイルの申し込みから利用開始までの手順を、詳しくご説明します。
これから契約するという方は、ぜひ参考にしてみてください。

➀契約に必要なものをそろえる

契約前に、必要なものをそろえましょう。

博士

申し込みに必要な以下のものをあらかじめ用意しておくと、申し込み手続きがスムーズに進むよ!

・本人確認書類
申込時に、運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなどの本人確認書類が必要なので、あらかじめ用意しておいてください。

・楽天会員のIDとパスワード
申込時に楽天会員サイトにログインするため、楽天会員のログインIDとパスワードを用意しておきます。
楽天会員IDを持っていない場合は、あらかじめ新規登録しておいてください。

・契約者本人名義のクレジットカード情報、または銀行口座情報
支払いに使う、契約者本人名義のクレジットカード情報、または銀行口座情報をお手元にご用意ください。

・MNP予約番号(MNPで乗り換える場合)
MNPで他キャリアから電話番号を引き継いで乗り換える場合は、MNP予約番号を取得しましょう。
MNP予約番号は今契約しているスマホのキャリアから取得できます。

スマホキャリアに電話で問い合わせる、店舗に行く、WEBで手続きするなどの方法で、取得可能です。

3大キャリアのMNP予約番号に関するサイトは、以下のとおりです。

ただし、MNP予約番号は有効期限が15日間なので、取得したらすぐに楽天モバイルに申し込みましょう。
有効期限が切れてしまった場合は、再度取得することが可能です。

・スマホのSIMロック解除(他キャリアで使っていたスマホを使う場合)
楽天モバイル契約時に新しいスマホを購入せず、他キャリアで使っていたスマホを利用する場合は、SIMロックの解除が必要です。

SIMロックの解除は、使っていたスマホキャリアに電話する、ショップに行く、WEBサイトで手続きする、などの方法でできます。

ドコモ、au、ソフトバンクのSIMロック解除を解除する場合は、それぞれ以下の公式サイトの情報をご覧ください。

また、お持ちのスマホの機種が、楽天モバイルで動作確認が取れているかを確認します。

楽天モバイルの動作確認一覧は、こちらです。
上記サイトで、お手持ちのスマホが動作確認されていることを必ず確認しておきましょう。

➁公式ページから「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」を申し込む

必要なものがそろったら、楽天モバイルの公式サイトにアクセスして申し込みを行います。

1.申し込みフォームにアクセスする

楽天モバイルの公式サイトにアクセスして、「お申し込み」を選択します。
「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」プランを選択しましょう。

2.購入機種、オプションサービス、SIMカードタイプを選ぶ

持ち込みスマホあんしん保証、あんしん安全パックなどのオプションサービスを、必要に応じて選択します。

スマホを新規購入する場合
  1. 「製品選択へ進む」を選び、購入したい機種を選びます。
  2. カラーや容量、支払い回数を選んだら、「カートに入れる」を選択します。
SIMのみの契約の場合
  1. スマホを新規購入しない場合は、SIMカードタイプを選びます。
  2. お手持ちのスマホに合ったSIMカードタイプを選びましょう。

購入するスマホやSIMカードのタイプを選択したら、右上のカートのマークを選ぶと、現在選択中の内容が表示されます。

内容を確認して問題なければ、「この内容で申し込む」を選択します。

3.契約者情報などを入力する

楽天会員サイトにログインを求められるので、ログインIDとパスワードを入力してログインします。

助手のジョン

その後は、画面案内に従って、必要事項を入力しよう!

・本人確認書類のアップロード
免許証などの本人確認書類の画像を、アップロードします。

・電話番号選択
MNPの場合は、「他社から乗り換え(MNP)」を選択し、MNP予約番号を入力します。
電話番号を指定する場合は「選べる電話番号サービス1,100円」を選択し、希望する下4桁の番号を入力して利用できる番号を選びます。

指定しない場合は「新規電話番号を取得」を選択し、番号を選んでください。

・受け取り方法と支払い方法の選択
受け取り方法を、「自宅」か「店舗受け取り」のどちらかを選びます。

また、支払い方法を選択します。

・申込内容の確認
申込内容を確認し、問題なければ申し込みを確定させます。
重要事項説明・利用規約の確認をしてチェックをします。

これで、申し込みは完了です。

➂端末・SIMカード到着後、初期設定やMNP手続きを行う

端末やSIMカードが到着したら、以下の手続きをおこなってください。

1.SIMカードの挿入

スマホにSIMカードを挿入して、スマホを起動してください。

2.初期設定

スマホを起動したら、以下の楽天モバイルサポートページを参考に、初期設定をおこないましょう。

3.MNP開通手続き(MNPで番号を引き継いで乗り換える場合)

MNPで他キャリアから番号を引き継いで乗り換えた場合は、MNP手続きが必要です。

MNP手続きをおこなう時間帯とMNPが完了する時間は以下のとおりです。

  • 9:00~21:00⇒当日中にMNP完了
  • 21:01~翌8:59⇒翌日の9:00以降

21時までにMNP手続きをすれば、当日中にMNP手続きができます。

購入した楽天モバイルスマホ以外のネットワーク回線を使い、楽天モバイル公式サイトのMNP開通ページからmy楽天モバイルにアクセスしてください。

メニューの「お申込み履歴」を選び、該当の申込番号を選択しましょう。
「MNP転入する」を選ぶと、MNP開通手続きは完了です。

➃Rakuten Linkをダウンロードし、利用を開始する

Rakuten Linkをダウンロードし、利用を開始しましょう。

楽天モバイルでスマホを購入した場合は、最初からRakuten Linkがインストールされています。
お手持ちのスマホを使う場合は、Rakuten LinkをGoogle PlayやApp Storeからインストールしましょう。

これですべての準備が終わり、利用開始できます。

楽天モバイルの解約方法

楽天モバイルの解約は、Webとアプリでできます。
他キャリアのように電話での手続きやショップに行くなどの必要がなく、簡単に解約ができます。

ただし、解約は完了してしまうとキャンセルできないので、ご注意ください。

ここでは、Webでの解約手続き方法を説明します。

1.my楽天モバイルのメニューから「契約プラン」を選ぶ

my楽天モバイルにアクセスし、メニューから「契約プラン」を選択します。

2.「各種手続き」→「解約」を選ぶ

「各種手続き」から「解約」を選択します。
なお、MNP転出を行う場合は「他社への乗り換え(MNP)」を選択し、MNPの手続きを行ってください。

3.「アンケートに進む」を選ぶ

注意事項をよく読み内容を確認してください。
問題なければ、「アンケートに進む」を選びます。

4.アンケートを記入する

アンケートを記入し、「申し込む」を選択します。
なお、解約のキャンセルはできないので、ご注意ください。

5.解約完了

これで解約手続きは完了です。
解約完了メールが届きますので、ご確認ください。

楽天モバイル以外のお得なスマホ!格安SIM3社を紹介

楽天モバイル以外の格安スマホを選びたい場合は、どこを選んだらよいのでしょうか。

ここでは、代表的な格安SIMのデータ容量や月額料金、平均ダウンロード速度などを比較してみました。
格安SIMの契約を検討している場合は、比較結果を参考にしてみてください。

【格安SIMの音声通話プランの月額料金比較】

データ容量UQモバイルワイモバイルmineoOCNモバイル ONEIIJmioBIGLOBEモバイル
1GB1,298円770円1,078円
2GB858円
3GB1,628円2,178円990円1,320円
4GB1,078円
5GB1,518円
6GB1,320円1,870円
8GB1,518円
10GB1,958円1,760円
12GB3,740円
15GB2,728円3,278円1,848円
20GB2,178円2,068円5,720円
25GB3,828円4,158円
30GB8,195円
下り平均速度45.23Mbps51.14Mbps29.35Mbps53.81Mbps41.68Mbps25.58Mbps

※価格はすべて税込
※下り平均速度は「みんなの回線速度」の2021年5月時点のデータより

上記の表で比較した結果、おすすめの格安SIMは以下の3社です。

ここでは、おすすめの格安SIM3社について、それぞれ詳しくご紹介しましょう。

通信品質・速度を重視するなら「UQ mobile」「ワイモバイル」

通信品質や速度を重視したいなら、大手スマホキャリアのサブブランドである「UQ mobile」「ワイモバイル」がおすすめです。

それぞれ、UQ mobileはau、ワイモバイルはソフトバンクのサブブランドで、大手キャリアの回線を利用しているので、通信品質が良いためです。

通信速度が速い方が良い、安定した通信品質のスマホを使いたいという場合は、「UQ mobile」「ワイモバイル」のどちらかを選ぶとよいでしょう。

ここでは、それぞれのキャリアについて詳しくご紹介します。

1人で契約するなら「UQ mobile」がお得

UQ mobile
1人で契約するなら、家族割サービスがなくても料金が比較的安く、データ量も十分の「UQ mobile」がおすすめです。

【UQモバイルの概要】

対応エリア日本全国
使用回線au回線
セット割名称ギガMAX月割(UQ WiMAX)
割引額最大550円
適用回線数1回線
速度制限データ量超過で最大速度が以下の速度に制限される
Sプラン:300Kbps M/Lプラン:1Mbps
契約期間縛りなし
初期費用3,300円
月額料金
(くりこしプラン)
Sプラン:~3GB1,628円
Mプラン:~15GB2,728円
Lプラン:~25GB3,828円
3年間の実質料金合計141,108円
3年間の実質月額料金3,920円
キャンペーン内容春のauかんたん決済キャンペーン

※価格はすべて税込

UQモバイルのくりこしプランは、余ったデータを翌月に繰り越すことが可能です。
しかも、上記の表のとおり月額料金が安いため、1人でもお得に利用できるでしょう。

UQ WiMAXを使っている場合は、UQモバイルとのセット割「ギガMAX月割」を適用できます。
毎月最大550円の割引が適用されるので、ネット回線とスマホをUQでそろえればお得に利用できるでしょう。

また、auのサブブランドなので、春のauかんたん決済キャンペーンなど、auのキャンペーンを利用できます。

家族2人以上で使うなら、ワイモバイルのほうがお得です。

家族割引が使えるワイモバイルについては、次の章でご紹介します。

UQモバイルの詳細はこちら

家族で契約するなら「ワイモバイル」がお得

ワイモバイル
家族で契約するなら、家族割引が使える「ワイモバイル」がおすすめです。

【ワイモバイルの概要】

対応エリア日本全国
使用回線ソフトバンク回線
セット割名称おうち割光セット(ソフトバンク光・ソフトバンクAir)
割引額最大1,188円
適用回線数10回線
速度制限データ量超過で最大速度が以下の速度に制限される
Sプラン:300Kbps M/Lプラン:1Mbps
契約期間縛りなし
事務手数料 ※13,300円
月額料金
(シンプルプラン)
Sプラン:~3GB2,178円
Mプラン:~15GB3,278円
Lプラン:~25GB4,158円
3年間の実質料金合計152,988円
3年間の実質月額料金4,250円
キャンペーン内容PayPayボーナス3,000円相当プレゼント

※価格はすべて税込
※1 オンラインストア利用で事務手数料無料

ワイモバイルには家族で加入するとお得な家族割引サービスがあります。
ワイモバイルの家族割引は、以下のような特徴があります。

  • シンプルプランS/M/Lなら2台目以降は毎月1,188円の割引
  • 同居家族でなくても適用される
  • 最大9回線まで適用される

条件などについての詳細は、こちらをご覧ください。

ソフトバンク光、またはソフトバンクAirをご利用の場合は、ソフトバンクのセット割が適用されます。

毎月最大1,188円の割引を受けられるため、ネット回線とスマホをソフトバンク系列にそろえればお得ですよ。

その他、ワイモバ学割も2021年5月31日まで実施中です。
シンプルプランM/Lなら、翌月から13ヶ月目まで1,100円割引です。

ワイモバイルの詳細はこちら

とにかく安さを重視するなら「OCN モバイル ONE」

OCNモバイルONE
とにかく安い方がよいという場合は、「OCN モバイル ONE」がおすすめです。

【OCNモバイルONEの概要】

対応エリア日本全国
使用回線ドコモ回線
セット割名称OCN光モバイル割(OCN光)
割引額220円
適用回線数5回線
速度制限200Kbps
契約期間縛りなし
初期費用事務手数料 ※13,300円
SIMカード手配料433円
月額料金
(音声対応SIMカード)
~1GB770円
~3GB990円
~6GB1,320円
~10GB1,760円
3年間の実質料金合計67,093円
3年間の実質月額料金1,864円
キャンペーン内容1年間OCNでんわ完全かけ放題が1,100円

※価格はすべて税込
※1 オンラインストア利用で事務手数料無料

データ量は1GBから10GBとそこまで多くないものの、他キャリアと比べると月額料金が非常に安いです。
そのため、データ容量をあまり使わない人、スマホ料金を安く抑えたい人におすすめです。

また、光回線がOCN光の場合、OCN光のセット割が使えます。
スマホの割引額は220円とそこまで大きい割引ではありませんが、スマホ料金がもともと安いため十分といえるでしょう。

OCN光をお使いなら、セット割の申し込みをおすすめします。

OCN モバイル ONEの詳細はこちら

楽天モバイルに関するよくある質問

楽天モバイルに関するよくある質問をまとめたので、参考にしてみてください。

楽天モバイルの月額料金は?

楽天モバイルの月額料金は最大でも3,278円で、以下のとおりデータ量が少ないともっと安くなることもあります。

【楽天モバイルの月額料金表】

月間データ利用量月額料金
~1GB0円
~3GB1,078円
~20GB2,178円
無制限3,278円

※価格はすべて税込

詳細については、こちら【楽天モバイルは月額3,278円×無制限で使える、格安スマホキャリア!】をご覧ください。

楽天モバイルは口座振替に対応している?

楽天モバイルでは、口座振替にも対応しています。
一般的な格安SIMとは違い、支払い方法の選択肢が豊富なのはうれしいですね。

楽天モバイルで対応している支払い方法については、【支払方法の選択肢が豊富】もご覧ください。

Rakuten Linkって何?

Rakuten Linkとは、楽天モバイルの通話専用アプリです。
Rakuten Linkを使って通話すれば通話料金が無料になるため、アプリの利用をおすすめします。

詳細については、こちら【Rakuten Linkのアプリ利用で無料通話し放題】をご覧ください。

楽天ポイントは何に使える?

楽天ポイントは、1ポイント1円で楽天モバイルの支払いや楽天市場などを使ったお買い物に使えます。
楽天Payを使えば店舗でのお買い物に使えるうえ、楽天ポイントからEdyやANAマイルなどに変換して使うことも可能です。

楽天モバイルの支払いでポイントを貯められるので、貯まったポイントを使えばお得にお買い物ができるでしょう。

詳細については、【楽天ポイントが貯まりやすくなる】をご覧ください。

まとめ

ここでは、楽天モバイルの詳細やメリット・注意点、楽天モバイルがおすすめできる人はどのような人か、申し込み方法・解約方法などについてご説明しました。

楽天モバイルを契約するメリットは以下の9つです。

楽天回線エリア内なら無制限に高速通信を使えます。

しかも、月額料金が3,278円と格安なのがメリットとしてとても大きいです。

しかし、一方で以下のような注意点もあります。

楽天回線エリア内にお住まいでない方には、おすすめはできません。

ただ、楽天回線エリアは現在拡大中なので、お住まいの地域がエリアに入りそうという場合は、様子を見てもよいでしょう。

上記のメリットと注意点をまとめた結果、楽天モバイルがおすすめなのは以下のような人です。

上記の条件に当てはまらない場合におすすめの格安SIMは、以下の3社です。

この記事を読んで楽天モバイルが自分に合っているかを確認し、合っていると感じた場合はぜひ契約してみてください。