デジタル
通信機器
2022/5/1 11:30

【2022年最新】LIBMOの評判は良い?メリットやデメリットを口コミ併せて紹介!

LIBMO評判

LIBMOは、格安SIMの中でも特にお得な大容量プランを提供しているサービスです。

博士

スマホ代を安くしたいけど、通信量も使いたい、という人におすすめじゃ!

NTTドコモの回線を利用しているので、日本全国で快適に使用できることも魅力です。

今回はLIBMOのメリットやデメリット、LIBMOがどんな人におすすめの格安SIMか解説していきます。

助手のジョン

実際にLIBMOを使っている人の評判や口コミも調査したから必見だよ!

 

いきなり結論ですが、LIBMOがおすすめなのは以下の人です。

 

LINEMOのメリットとデメリットは、以下の通りです。

さらに申込方法やよくある質問も解説するので、LIBMOや格安SIMに興味がある方はぜひご一読ください。

大容量プランを安く使うなら「LIBMO(リブモ)」

  • 株主優待で毎月850円割引
  • 大容量の料金プランが安い
  • データ容量のくりこしができる
  • 安心訪問サポートがある
  • 静岡には店舗がある

LIBMOで申し込む

 

この記事の監修者
小川正人
新聞社が推薦する通信サービスに精通したコンサルタント。QUANTA代表。光回線や携帯電話・ポケット型WiFiなどのモバイルサービスの専門家。大手家電量販店で販売員を行っていたが光回線やモバイルサービスの種類や料金体系の複雑さを痛感。「お客様が最適なプランを選べるようにしたい」との思いから月間60万PVの通信サービスメディアサイト「XERA」を運営。一時期は光回線を3社、携帯電話を12社同時に契約していた。2019年には2019年度バリューコマースMVPを受賞。監修者について(マイベストプロ)

LIBMOとは?

libmoサイト画像
引用元:【公式】LIBMO(リブモ)

LIBMO(リブモ)はエネルギー事業や情報通信サービス事業などを行うTOKAIホールディングスが提供している格安SIMサービスです。

NTTドコモのLTE回線を利用してサービスを提供しているので、提供エリアは日本全国の広い地域を網羅しています。格安SIMの中でも利用料金がかなり安いことが特徴です。

助手のジョン

LIBMOでは「データ通信専用SIM」か「音声通話機能付きSIM」のどちらかを選べるんだよ!

データ通信専用SIMではデータ通信のみ。音声通話機能付きSIMではデータ通信に加え、音声通話、SMS(ショートメッセージサービス)が利用可能です。

さらにそれぞれのSIMでライト・1GB・5GB・20GB・30GBとデータ容量別のプランを用意しています。

博士

毎月の使用量に合ったプランを選べるのじゃ!

 

LIBMOで申し込む

LIBMOの料金プラン

LIBMOで用意されている料金プランは以下の通りです。

【データ通信専用】

プラン名容量月額料金
なっとくプラン(ライト)容量無制限
(最大速度200Kbps)
528円
なっとくプラン(1GB)1GB748円
なっとくプラン(5GB)5GB1,265円
なっとくプラン(20GB)20GB1,991円
なっとくプラン(30GB)30GB2,728円

※すべて税込

【音声通話機能付きSIM】

プラン名容量月額料金
なっとくプラン(ライト)容量無制限
(最大速度200Kbps)
1,078円
なっとくプラン(1GB)1GB1,078円
なっとくプラン(5GB)5GB1,518円
なっとくプラン(20GB)20GB1,991円
なっとくプラン(30GB)30GB2,728円

※すべて税込

LIBMOの料金設定は格安SIMの中でも最安クラスで、なるべく毎月のスマホ料金を安くしたい人におすすめです。

さらに20GB、30GBの大容量プランが用意されているのも特徴となっています。

助手のジョン

高画質動画を見たり、ゲームをしたりして、通信量を多く使う人にピッタリだね!

また「なっとくプラン(ライト)」という、最大速度200Kbpsという低速だけど容量使い放題というのプランも用意されています。

博士

200KbpsはLINEのようなテキストメッセージや通話、音楽ストリーミング、ウェブラジオなどは問題ないが、動画視聴やゲームなどは厳しいという速度じゃ!

「低速でも問題ないけど、容量は無制限で使いたい」という方におすすめです。

LIBMOの通話料

ここからはLIBMOで音声通話機能付きSIMを選んだ場合の通話料と通話オプションをご紹介していきます。

音声通話機能付きSIMにした場合の国内通話料とSMS通信料は以下の通りです。

国内通話料22円30秒
SMS通信料国内送信:3.3円~
受信:無料

※すべて税込

助手のジョン

ある程度、電話を使うことがわかっている場合はオプションで通話定額に申し込むこともできるんだよ!

LIBMOで用意されている通話定額オプションは以下の3通りです。

オプション名10分かけ放題かけ放題ダブル通話パック30
月額料金935円/月1,430円/月968円/月
国内通話料11円/30秒11円/30秒22円/30秒

※すべて税込

「10分かけ放題」は1回10分までの国内通話が何度でも無料になるオプション。よく電話をするけど1回あたりの通話時間が10分以内ばかり、という方におすすめです。

「かけ放題ダブル」は「10分かけ放題」の内容に加え、当月の国内通話料上位3番号の国内通話料金が無料となるオプション。電話の頻度が高く、特定の人と10分以上通話することが多い、という方におすすめです。

「通話パック30」は月額932円(税込)で、毎月1,320円分(税込)の通話が可能になるオプション。毎月の通話時間が20~30分の方におすすめです。

助手のジョン

今の自分がどんな感じで通話しているのかで選ぶのがおすすめだよ!

LIBMOのオプション

LIBMOでは通話定額以外にもオプションが用意されています。LIBMOで用意されているオプションと料金は以下の通りです。

オプション名データ通信専用音声通話機能付き
データリチャージ(1GB)330円/回330円/回
10分かけ放題935円/月
かけ放題ダブル1,430円/月
通話パック30968円/月
スマート留守電®
※最大2ヶ月無料
319円/月
留守番電話330円/月
割込通話220円/月
TOKAI SAFE
※最大3ヶ月無料
440円/月440円/月
つながる端末保証 by LIBMO550円/月550円/月
LIBMO端末保証418円/月418円/月
安心訪問サポート8,580円/月8,580円/月
LIBMO WiFi by エコネクト398円/月398円/月
雑誌読み放題 タブホ®
※最大2ヶ月無料
550円/月550円/月

※すべて税込

博士

用途に応じて、必要なオプションに申し込むんじゃ!

LIBMOのメリットを評判・口コミと一緒に解説!

ここからはインターネット上のLIBMOの評判や口コミと一緒に、LIBMOのメリットやデメリットをご紹介していきます。

まずはLIBMOのメリットについてです。メリットは以下の通り。

それぞれ解説していきます。

株主優待で毎月850円割引

株主優待の850円引きを利用して、2017年末から4年間合計支払金額が20,000円以下という方や、月々の平均料金が570円という方がいらっしゃいました。

博士

株主優待を利用すると、圧倒的に低価格じゃ!

TOKAIホールディングスの株をお持ちの方や、株の購入を検討されている方はLIBMOを検討してみるのおすすめです。

大容量の料金プランが安い

20GBや30GBのプランがお得という方がいらっしゃいました。格安SIMで大容量プランをカバーしているところは少ない上、LIBMOの30GBプランはかなりお得です。

助手のジョン

大容量プランはデータ通信専用SIMでも音声通話機能付きSIMでも料金が同じなのも特徴だよ!

毎月使用するデータ量が大きい方で、スマホ代を節約したい方は、LIBMOがぴったりです。

データ容量のくりこしができる

 

データ容量のくりこしが便利という方もいらっしゃいました。毎月使用するデータ量はばらつきが出るものです。そんなときに未使用分を翌月にくりこせると、翌月はその分、ゲームをしたり、動画を見たりできます

博士

LIBMOだとデータ量が無駄になることはないから、通信費を無駄なく使いたい方におすすめじゃ!

 

安心訪問サポートがある

インターネット上では「安心訪問サポート」があるのは、スマホ初心者にとってメリットという意見も見られました。

格安SIMは店舗がないところがほとんどです。

大手キャリアでは店舗でスタッフが設定などを代行してくれますが、格安SIMではできないところがほとんどのため、自分で設定できない人が格安SIMを避ける理由の一つになっています。

助手のジョン

LIBMOの安心訪問サポートは専任スタッフが自宅まで来てくれて、スマホやタブレットの設定を行ってくれるから、設定が苦手な高齢者の方も安心だよ!

訪問エリアは離島以外の日本全国と、どこでも利用できます。

オプションを利用すれば、アプリのインストールやデータ移行などもやってもらえるので、どんなにスマホが苦手な人でもきっちりのりかえ可能です。

静岡には店舗がある

ネット上では口コミは見つけられませんでしたが、「静岡に店舗がある」ことは静岡にお住まいの人にとって大きなメリットです。

LIBMOは静岡県内に10店舗以上を展開しており、店舗では契約や乗り換えなどができます。

博士

オンライン受付と違って、SIMカードの到着などを待つ必要がないため、当日中にスマホが使用可能じゃ!

また店舗ではスタッフに相談したり、購入するスマホを実際に手にとって確認したりもできます

助手のジョン

静岡に住んでいる人なら、他の地域の人よりも、LIBMOを便利に利用可能だよ!

LIBMOのデメリットを評判・口コミと一緒に解説!

次にLIBMOのデメリットをインターネット上の評判や口コミと一緒に解説していきます。

デメリットは以下の通りです。

それぞれ解説していきます。

ドコモ回線のみ

ネット上にはドコモ回線のみしか選べないことにネガティブな意見も見られました。

「ドコモがつながりにくい地域だと、ドコモ回線を借りているLIBMOもつながりにくいので、auやソフトバンクの回線がないのは厳しい。」といった意見です。

ドコモは日本全国を網羅しているので、つながりにくい地域はあまりないと思いますが、万が一つながりにくいと不便になります。

博士

不安な場合は、ドコモを使っている知人・友人につながり具合を聞いてみるのがおすすめじゃ!

 

時間と場所によっては通信速度が遅くなる場合がある

 

お昼の時間帯で通信速度が遅くなるという口コミがありました。

助手のジョン

回線が混雑する時間帯に弱いみたいだよ!

お昼休みに動画を見たい方など、ある程度の通信速度が必要な方は、事前にWi-Fi環境で動画をダウンロードしておくなどの対策が必要ですね。

低容量のプランは割高

ネット上で「LIBMOの低容量プランは割高」という意見も見られました。

LIBMOでは1GB、3GBという低容量プランがありますが、他の格安SIMと比べて特別安いというわけではありません。

博士

例えばデータ通信専用の容量1GBまでで比較すると、LIBMOは748円、イオンモバイルは528円、楽天モバイルにいたっては0円じゃ!

低容量プランでの契約を検討しているのなら、他の格安SIMをも検討してみるのもいいかもしれません。

助手のジョン

逆に大容量プランは他の格安SIMと比べても割安なので、スマホをたくさん使いたい人はLIBMOがおすすめだよ!

通信制限時の速度が128kbps

 

契約したデータ量を使い切って通信制限がかかったときの速度に不満がある人もいらっしゃいました。LIBMOは通信制限時の速度が128kbpsですが、他社では200kbpsのところもあるので、比較すると遅くなります。

博士

128kbpsはLINEのようなテキストメッセージは問題ないけど、Google検索やマップの使用はストレスがあって、動画視聴やゲームは厳しい、という感じじゃ!

使い切った場合はオプションのデータリチャージを利用すると、1回330円(税込)で1GB分を元の通信速度で使用できます

「通信速度が128kbpsだとかなり困る」という方はデータ量を節約したり、リチャージしたりしながら、上手く利用していきましょう。

【結論】LIBMOがおすすめな人

ではここからはLIBMOとの契約がおすすめな人をご紹介していきます。
おすすめな人の特徴は以下の通りです。

それぞれ詳しく解説していきます。

TOKAIホールディングスの株を持っている人

TOKAIホールディングスの株を持っている人は株主優待制度でLIBMOを割引料金で利用できる株主優待Eコースが用意されています。

TOKAIホールディングスはLIBMOを運営しているエネルギー事業や情報通信サービス事業などを行う企業です。

博士

TOKAIホールディングスの株を持っている株主は、保有株数に応じて、毎月の利用料金から割引を受けられるんじゃ!

割引内容は以下の通りです。

保有株数月額割引額割引期間割引額合計
100~299株350円/月6ヶ月間2,100円
300~4,999株850円/月6ヶ月間5,100円
5,000株以上1,880円/月6ヶ月間11,280円

割引内容をLIBMOの料金プランに当てはめてみると、以下の通りになります。

プラン名なっとくプラン
(ライト)
なっとくプラン
(1GB)
なっとくプラン
(5GB)
なっとくプラン
(20GB)
なっとくプラン
(30GB)
通常料金1,078円1,078円1,518円1,991円2,728円
100~299株728円728円1,168円1,641円2,378円
300~4,999株228円228円668円1,141円1,878円
5,000株以上0円0円0円111円848円

※価格はすべて税込み
※プランは音声通話機能付きSIM

助手のジョン

株をたくさん持っていたら、0円で使えるプランもあるね!

株主優待の割引適用期間は半年ですが、株主優待は3月と9月の年2回のため、毎回適用すると常に割引料金で利用することも可能です。

博士

TOKAIホールディングスの株を持っている人にとって、LIBMOは非常にお得なサービスなんじゃ!

 

安くたくさんスマホを使いたい人

LIBMOは安くたくさんスマホを使いたい人にもおすすめです。
LIBMOは大容量通信プランが用意されており、20GBや30GBプランの料金は、他の格安SIMと比較しても安くなっています。

助手のジョン

特に30GGBプランを提供している格安SIM自体が少なくて、LIBMOが最安値だよ!

またLIBMOの20GBと30GBの月額料金はデータ通信専用SIMでも音声通話機能付きSIMでも料金が変わりません。音声通話機能付きSIMで比較すると、LIBMOが最安値となります。

毎月安く、20GB以上の通信量をスマホで使いたい方にLIBMOはぴったりです。

博士

動画やゲームでデータ量をよく使う人に便利じゃな!

 

データ量を無駄なく使いたい人

LIBMOの「なっとくプラン」では、余ったデータ量を翌月にくりこせます。当月のデータが余ったら、簡単な手続きをするだけで翌月にくりこせるため、データ量を無駄なく使えます。

博士

例えば「なっとくプラン」の5GBを契約していて3GBしか使用しなかった場合、2GBを翌月にくりこして、翌月は7GB利用できるんじゃ!

また契約している通信容量の上限を超えた場合に、使う分だけデータ量を追加できる「データリチャージサービス」も提供されています。データ量の追加は1GBあたり330円(税込)と格安なので、必要に応じて調整しながら利用可能です。

スマホ初心者の人

LIBMOには専門スタッフが自宅に訪問して、スマホやタブレットの設定やデータ移行などを行う「安心訪問サポート」が用意されています

格安SIMは店舗が少なく、直接設定してもらえない地域が多いことから初心者が敬遠することも少なくありません。ですがLIBMOの安心訪問サポートなら、直接自宅まで来て、さまざまな設定を行ってくれます。

助手のジョン

スマホ初心者も安心だね!

安心訪問サポートは予約制で、離島以外ならどこでも利用可能です。

利用料金は8,580円(税込)~で、サポート内容やMNPかどうかなどで料金が変わります。

博士

サポート内容が増えると、料金も高くなるんじゃ!

アプリのインストールや電話帳・写真などのデータ移行といったオプションサービスも充実しているので、スマホ初心者の方には心強いサービスです。

静岡にお住まいの人

LIBMOは静岡県内にのみ店舗を展開しているため、静岡にお住まいの方にもおすすめです。

助手のジョン

お店では契約申し込みや機種変更などを行えるんだよ!

店舗で申し込みを行えば、申し込み日からすぐにサービスを利用可能です。

博士

オンラインで申し込むとSIMカードの送付に1週間程度かかってしまうんじゃ!

また何かあったときのために、近くに店舗があると安心できる初心者も多いのではないでしょうか。

静岡にお住まいの方はLIBMOの申し込みを検討してみるのがおすすめです。

LIBMOのキャンペーン一覧

ここからはLIBMOで実施されているキャンペーンをご紹介します。

2022年1月現在、行われているキャンペーンは以下の通りです。

キャンペーン内容
スマホ大特価セール【内容】LIBMO指定のスマホを特別価格(1円~)で購入できる
※他のキャンペーン、プログラムと併用不可
【対象】音声通話機能付きSIMを新規契約し、セール対象のスマートフォンを同時に購入する方
端末割引プログラム【内容】データ通信の月額利用料から最大24ヶ月間550円(税込)/月を割引
【対象】なっとくプラン(20GB)/(30GB)を新規申し込みし、端末をセットで購入する方
最大12,000円相当還元プログラム【内容】プランに応じてTLCポイントをプレゼント
なっとくプラン(20GB):10,000TCL
なっとくプラン(30GB):12,000TCL
【対象】音声通話機能付きSIMで、なっとくプラン(20GB)/(30GB)の新規申し込みをする方
初期費用0円プログラム【内容】契約事務手数料3,300円が無料
【対象】

  • なっとくプラン(1GB)、なっとくプラン(5GB)のいずれかで新規申し込みする方
  • 音声通話機能付きSIMを、なっとくプラン(ライト)で新規申し込みする方
  • データ通信専用SIMを、なっとくプラン(20GB)またはなっとくプラン(30GB)で新規申し込みし、LIBMO取り扱い端末を購入しない方
データ増量プログラム【内容】利用開始から12ヶ月間は毎月3GBまでのデータリチャージを無料で利用可能
【対象】なっとくプラン(5GB)を申し込みで、音声通話機能付きSIMを利用する方
お友達紹介プログラム【内容】LIBMOユーザーの紹介で友達や家族がLIBMOを始めると、紹介した方と紹介を受けた方もお得にLIBMOを利用できる
【対象】

  • すでにLIBMOを利用中で、新たにLIBMOを契約する友達・家族を紹介した方(紹介者特典)
  • LIBMOユーザーからの紹介を受けて、新たにLIBMOと契約した方(非紹介者特典)

音声通話機能付きSIMを新規契約し、LIBMO指定のスマホの中にほしいスマホがある場合は、「スマホ大特価セール」を利用するのがおすすめです。

助手のジョン

安いものだと1円で端末を購入できるから、かなりお得だよ!

また20GB・30GBなど、たくさんのデータ通信を新規申し込みする方で端末を購入するなら、「端末割引プログラム」の適用もお得です。最大24ヶ月×550円の割引になるので、最大13,200円(税込)割引になります。

端末を購入しないなら、「初期費用0円プログラム」の適用がおすすめです。契約事務手数料3,300円(税込)が無料になります。

ご紹介したキャンペーンはすべて終了日未定です。キャンペーンは新しいものが開始されたり、既存のものが終了したりしていきます。契約前に利用できるキャンペーンがないか、一度チェックしてみるのがおすすめです。

博士

自分の契約内容に合わせて、1番お得なキャンペーンを適用するのじゃ!

LIBMOで詳しく見てみる

LIBMOの申し込み方法

ここからはLIBMOの申込方法をご紹介します。自分で申し込めるか不安な方は、ぜひ参考にしてください。

LIBMOに申し込みする前に、以下の4つを準備しておきましょう。

【申し込み前に準備しておくもの】
  • クレジットカード
  • 本人確認書類(運転免許証やパスポートなど)
  • 連絡用メールアドレス
  • MNP予約番号(番号乗り換えの場合)

MNP予約番号は他社から乗り換えた際、乗り換え前に利用していた電話番号をそのまま使いたい場合に必要になります。予約番号は乗り換え前に使っていた大手キャリアや格安SIMにて取得可能です。

申し込みの流れは以下の通りです。

それぞれ解説していきます。

1.LIBMO公式サイトから「お申し込み」ボタンをタップ

 

まずは公式サイトで「お申し込み」ボタンをタップして、申し込み手続きに入ります。

2.適用されるプログラムを確認

 

画面の指示に従い、自分が契約する予定の容量やプランなどを選択していくと、適用されるプログラムを確認できます。

適用されると思っていたプログラムが適用されていない、ということがないように、ここでしっかり確認しておくのがおすすめです。

3.容量やプラン、購入する端末などを選択する

次に容量やプラン、端末も購入する場合は、ほしい端末などを選んでいきます。

MNPの有無や利用したいオプションサービスなどもここで選択します。

4. 契約者情報と支払い方法を入力

次に契約者の個人情報と支払い方法を入力していきます。

個人情報は名前や住所、連絡先などです。

支払い方法は以下の2通りです。

【支払い方法】

  • クレジットカード
  • ISPまとめて請求

 

「ISPまとめて請求」はTOKAIホールディングスのISPサービス「TNC」または「@T COM」の請求に一本化する支払い方法なので、ほとんどの人はクレジットカードになると思います。

支払い方法を入力したら、以下の設定と確認をすると完了です。

【残りの設定と確認事項】

  • 端末支払回数の設定
  • 「つながる端末保証」の加入・未加入選択
  • 広告メール配信設定
  • TLC会員サービス
  • 契約書面の確認
  • 利用規約の確認

 

5.本人確認書類をアップロード

以下のいずれかの方は本人確認が必要になります。

【本人確認が必要な方】

  • 音声通話機能付きSIMに申し込む
  • LIBMO 取り扱い端末を新規購入する

本人確認する場合は、申し込みが完了すると申し込み時に入力したメールアドレスに本人確認書類をアップロードするための案内メールが送付されます。

博士

メールに従い、本人確認書類をアップロードするんじゃ!

本人確認書類は以下のいずれかです。

【本人確認書類】

  • 運転免許証
  • 日本国パスポート
  • 身体障がい者手帳
  • 被保険者証
  • 在留カードまたは特別永住証明書

 

助手のジョン

これらをスマホなどで撮影かスキャンして、メールに記載されたアップロード用ページでアップロードするんだよ!

 

6.SIM カード・端末到着後、初期設定

自宅にSIMカード、購入した場合は端末が郵送されるのを待ちます。

博士

通常1週間程度で到着じゃ!

SIM到着後は初期設定を行います。LIBMOのAPN設定ページの案内に従い、設定が完了すると、スマホが使えるようになります。

博士

APNはAccess Point Name(アクセスポイント名)の略で、スマホとインターネットを接続するための中継点のことじゃ!

各携帯電話会社のAPNからユーザーをインターネットに接続するので、APN設定をしないとインターネットが使えません。

APN設定はOSごとに設定方法が異なるので、LIBMOのAPN設定ページの指示に従って設定して下さい。

【LIBMOのAPN設定ページ】

 

助手のジョン

LIBMOで端末を購入した場合は、iPhone以外の端末はAPN設定済みの状態で送られてくるから、iPhone以外の端末は自分で設定する必要はないんだよ!

 

7.MNPの場合はMNP手続き

他社からMNPでのりかえた場合は、MNP手続きが必要です。
手続きの流れは以下の通りで行います。

【MNP手続きの流れ】
  1. のりかえ前の携帯電話会社でMNP予約番号を取得
  2. LIMBMOに申し込み
  3. SIMカード到着後、0120-27-1146」へ電話して、音声ガイダンスに従って開通手続き

MNP予約番号の有効期限は発行日から15日で、LIBMO申し込み時に有効期限8日以上残っている必要があるので、注意が必要です。

博士

ほとんど画面の指示に従うだけだから簡単じゃよ!

初期費用については契約事務手数料3,300円(税込)が必要ですが、初期費用0円プログラムを利用すると0円になります。

助手のジョン

他にもエントリーパッケージを使うと契約事務手数料が0円になるんだよ!

エントリーパッケージには以下の2つの特典があります。

【エントリーパッケージの特典】

  • 契約事務手数料0円
  • 最大440円(税込)×3ヶ月割引

購入価格は440円(税込)ですが、利用料金割引が3ヶ月適用されれば、合計4,620円の割引となるので、大変お得です。

博士

エントリーパッケージはAmazonや楽天など、大手通販サイトで購入できるんじゃ!

ただしエントリーパッケージを使って契約すると、公式プログラムの対象外となってしまいます。「端末割引プログラム」や「最大12,000円相当還元プログラム」など、割引額やポイント還元額が大きい場合は、公式サイトから申し込む方がお得になるので、注意が必要です。

一方、「初期費用0円プログラム」と比べるとエントリーパッケージのほうがお得になります。

博士

「初期費用0円プログラム」のみに適合する方は、エントリーパッケージのほうがお得じゃ!

ただし「初期費用0円プログラム」で音声通話機能付きSIMの「なっとくプラン(5GB)」で契約する場合は、「データ増量プログラム」も適用されます。

データ量をそれほど使わない場合は、エントリーパッケージの方がお得ですが、「データ量が5GBじゃ足りない」という方は「初期費用0円プログラム」で申し込むほうがいいかもしれません。

助手のジョン

自分の契約方法に合わせて選ぼうね!

 

LIBMOの解約方法

ここからはLIBMOの解約方法を解説していきます。

LIBMOの解約方法は以下の2通りです。

【LIBMOの解約方法】
  • 解約のみ
  • 他社への乗り換え(MNP)

解約のみの場合は、LIBMOのお客様センターへ電話をかけるだけです。
お客様情報がわかる登録通知などを手元にご用意の上、LIBMOのお客様センターまでお問い合わせくださいますようお願いします。お問合せフォームからは受付できないため、ご注意ください。

【LIBMOお客様センター】

電話番号:0120-27-1146(通話料無料)
受付時間:10:00~18:00

博士

オペレーターの指示に従って手続きをすれば、簡単に解約できるんじゃ!

MNPの場合は電話での手続きではなく、LIBMO公式サイトのお問い合わせページよりMNP予約番号の発行が必要です。

MNPで他社にのりかえる場合は以下の流れになります。

【MNPで他社にのりかえる流れ】
  1. 公式サイトのMNP予約番号発行依頼フォームにユーザーIDや契約者名義などを入力
  2. SMSでMNP予約番号が通知されるため、メモなどして控えておく
  3. MNP転出先に予約番号を伝える

MNPで他社にのりかえる手順は以上です。

解約後はSIMカードをLIBMOへ返送します。

助手のジョン

返送先は以下の場所だよ!

【SIMカード返送先】

〒420-0034 静岡県静岡市葵区常磐町2丁目6番地の8 TOKAIビル9F
(株)TOKAIコミュニケーションズ
LIBMO SIM返却係行

解約の流れは以上になります。

博士

SIMカードの返送を忘れないようにするんじゃぞ!

ちなみLIBMOで音声通話機能付きSIMを利用開始から1年以内に解約した場合、違約金として10,450円(税込)が必要です。

またMNPの場合もMNP転出手数料として3,300円(税込)がかかるのを認識しておきましょう。

助手のジョン

これ以外の場合は違約金などはかからないよ!

 

LIBMOのよくある質問

最後にLIBMOについてのよくある質問をご紹介します。

質問は以下の4つです。

それぞれ回答していきます。

LIBMOにキャンペーンはありますか?

LIBMOでは新規で申し込む方向けと、現在利用中の方向けのキャンペーンが用意されています。詳しくは、「LIBMOのキャンペーン一覧」で解説しています。

どのキャンペーンも終了日は未定です。

博士

利用する場合は事前にキャンペーンが継続しているか確認しておくのがおすすめじゃ!

LIBMOの株主優待とは?

LIBMOを提供しているTOKAIホールディングスの株を持っている人は、株主優待制度でLIBMOを割引料金で利用できる「株主優待Eコース」が用意されています。

詳しくは、「TOKAIホールディングスの株を持っている人」で解説しています。

 

LIBMOは5G対応している?

LIBMOは5Gには対応していません。

ですがLIBMOはドコモのネットワークを利用しているため、通信範囲や安定性はドコモと変わりません。

助手のジョン

通信速度は昼間の回線混雑時には遅くなるけど、それ以外では快適だよ!

 

登録事務手数料や解約金は発生する?

LIBMOを契約する際は、3,300円(税込)の契約事務手数料が発生します。

助手のジョン

ただし「エントリーパッケージ」や「初期費用0円プログラム」を利用することで、契約事務手数料0円で契約できるんだよ!

次に解約金についてですが、LIBMOはデータ専用通信プランなら解約金は発生しません。

ですが音声通話機能付きプランの場合、契約後1年以内に解約すると、10,450円(税込)の解約金が発生してしまいます。

博士

LIBMOは格安SIMの中でも利用料金が安いんじゃが、1年以内の短期で解約してしまうと、デメリットが大きくなるんじゃ!

LIBMOを契約する際には、1年以上使う前提で契約するのがおすすめです。

また他社乗り換えの場合はMNP転出手数料3,300円(税込)も必要になります。

まとめ

この記事では、LIBMOの評判や口コミをもとに、メリットやデメリット、おすすめできる人、さらにキャンペーン情報や申込方法なども詳しくご紹介しました。

LIBMOは格安SIMの中でも安い格安SIM。特に大容量プランがお得です。

助手のジョン

毎月のスマホ代を節約したいけど、データ量はたくさん使いたいという人は、LIBMOがおすすめだよ!

LIBMOがおすすめの人は、以下の通りです。

その理由は、以下のメリットがあるからです。

また以下のようなデメリットもあるので、確認しておきましょう。

より安く、たくさんスマホを使える格安SIMに乗り変えたい方に、LIBMOは非常におすすめです。

【LIBMOを詳しく見てみる】

参考サイト

総務省
消費者庁
国民生活センター
日本データ通信協会
電気通信事業者協会
電気通信消費者相談センター
電気通信サービス向上推進協議会
一般財団法人 インターネット協会
一般社団法人 無線LANビジネス推進連絡会
LIBMO公式サイト

記事一覧

サイトマップはここをクリック