デジタル
通信機器
2021/7/1 20:00

auひかりのマンションプランを申し込みしたい人必見!料金や速度など初心者でもわかるように徹底解説します

auひかりマンショ

現在お住まいのマンションで、「auひかりを使いたいな」と考えている方は多いと思います。

auひかりのマンションプランは、沖縄県以外ならどの都道府県でも契約可能です。
しかし、建物によっては使えない場合もあるため、申し込みを検討している人は、まずご自身のマンションで利用できるかを確認しましょう!

博士

申し込みをしたあとにエリア外とわかった場合は、無駄に時間と手間を失う羽目になるよ

助手のジョン

だから、後悔しないためにしっかり確認をしなければいけないんだね!

auひかりマンションの平均速度は、2021年7月時点で201.7Mbpsです。
また料金も2,585円から利用することが可能です!
auひかりのマンションプランは、料金も安く、速度も速い回線なので、おすすめですよ。

今回は、auひかりのマンションタイプのプランや料金、注意点などについて、わかりやすく解説していきます。

auひかりマンションプランなら「フルコミット」からの申し込みがおすすめ

auひかりマンションプラン フルコミット(代理店フルコミットの場合)
  • auスマホとのセット割と適用ができる
  • 最高60,000円の高額キャッシュバック
  • 他社違約金を最大30,000円まで負担してくれる

代理店フルコミットから申し込む

マンションによって変わるauひかりの料金

auひかり ロゴ

auひかりマンションタイプは、建物によって契約できるプランが決められています
ユーザー自身が自由にプランを選べないので、申し込み前に各プランの料金を確認しておきましょう。

【各プランの料金】
プラン名最大速度月額料金
タイプG8契約以上664Mbps4,510円
16契約以上4,180円
タイプV8契約以上100Mbps
(一部70Mbps)
4,510円
16契約以上4,180円
都市機構西日本16M(R)16Mbps3,465円
西日本16M(B)2,585円
東日本16M(R)3,025円
東日本16M(B)2,585円
東日本/西日本DX100Mbps
(一部70Mbps)
4,180円
都市機構G西日本16M(R)16Mbps3,465円
西日本16M(B)3,025円
東日本16M(R)3,025円
東日本16M(B)2,585円
DX-G664Mbps4,180円
タイプE8契約以上100Mbps4,070円
16契約以上3,740円
タイプF100Mbps4,290円
ギガ1Gbps4,455円
ミニギガ1Gbps5,500円

※価格はすべて税込

ここでauひかり以外の他社と比較をしてみましょう。

実質月額料金(2年)実質総額(2年)
auひかり ※12,273円56,820円
So-net光プラス ※3,279円81,972円
ソフトバンク光4,273円106,820円
ドコモ光4,538円108,900円

※実質月額料金と総額料金は、割引後の金額となります
※1:フルコミットから申し込みをした場合

このように他社と比較をしても、auひかりは安いことが分かります。

auひかりマンションプランが申し込める窓口は多くありますが、そのなかでもフルコミットが断トツでおすすめです!
フルコミットは契約時の電話で申請すれば、マンションタイプでも戸建てタイプと同額の60,000円を最短翌月に振り込んでもらえます。

もしauひかりのマンションプランを申し込む際は「フルコミット」から申し込みましょう。

フルコミットの詳細はこちらから

気になるauひかりマンションの速度を口コミから分析

吹き出し

auひかりマンションプランの速度を、「みんなのネット回線速度」で調査してみました。
2021年7月1日から直近30件の平均値は、以下のとおりです。

【平均速度】
接続方法IPv4接続IPv6接続
平均速度191.885Mbps193.027Mbps
最高値845.99Mbps815.12Mbps
最低値17.14Mbps0.03Mbps

auひかりのマンションタイプはプランによって最大速度が大きく変わるため、最高値と最低値に差が生まれます。
しかし、平均値は191~193Mbpsとじゅうぶんに出ているため、Twitterの口コミを見ても多くの方が満足しているようです。

この方の実測値は上の平均値より低めですが、常に84Mbps前後の速度が出ているとツイートしていますね。
auひかりは独自回線なので、ネットユーザーが増える18時以降(ゴールデンタイム)でも、速い速度が安定的に供給される点は大きな特徴です。

この方は最大1Gbpsのマンションギガを契約しており、実測値は633Mbpsも出ていますね!
auひかりマンションタイプのうち、ギガとミニギガは共有部分から各戸まで光ファイバーを通してくれるため、マンションプランのなかでも速い実測値を出せます。

このあとのツイートで「161MBのゲームアプリを2秒でダウンロードできた!」とあるので、633Mbpsはかなり速いことがわかりますね。

この方は最大100MbpsのタイプVを契約していますが、18時以降にもかかわらず50Mbpsが出ています。
上限100Mbpsと聞くとかなり遅いイメージがありますが、auひかりは独自回線で光コラボより利用者が少ないため、ゴールデンタイムでもじゅうぶんな速度が出せるんですね。

ユーザーの口コミを見ると、auひかりマンションタイプは独自回線のよさが光る内容となっていました。
ただし、平均値の表を見ると、最低値にかなり低い数値も出ています。

そこで次の項目では、独自回線と光コラボの違いや、速度が遅い場合の対処法について見ていきたいと思います。

auひかりは独自回線で安定&速度が速く安心!

インターネットには、光コラボ回線と独自回線の2種類があり、それぞれ以下の違いがあります。

【光コラボ回線と独自回線の違い】
独自回線光コラボ回線
使用回線自社回線フレッツ光回線
速度どの時間帯も安定して速い昼間や18時以降など、ネットユーザーが増える時間帯になると遅くなりやすい
提供エリア限定的日本全国

このうち、auひかりは独自回線です。

独自回線は、自社回線を自社のみで使用できる点が大きなポイントとなります。
光コラボ回線は、フレッツ光が所有する回線を多数の事業者で共有するため、どうしても1社当たりの速度が遅くなりがちです。
しかし、auひかりなら自社がもつ回線をauひかり単体で使用できるため、光ファイバーの稼働率も高く、速度を保ちやすいというわけです。

博士

だから、auひかりはどの時間帯でも速度が速く安定しているんだね!

もし速度が遅いと感じた場合の対処法

マンションのauひかりが遅いと感じたときは、原因をもとに以下の対処法を試してみましょう。

【原因と対処法】
原因対処法
マンションの利用者が多い使用時間帯を変える
契約プランがVDSL方式になっているプランを変更する
※タイプG(V契約)または都市機構G契約者のみ可能
機器の不具合再起動させる
機器周辺に障害物がある家電製品や家具、壁など、
電波を遮断するものがない場所へ機器を移動させる

auひかりはいくら独自回線でも、共有部分まで引き込んだ光ファイバーを契約者全員で共有するため、マンション内の利用者が多いと速度が落ちやすくなります。
ですが、上記の対処法を試すことでいくらか速度は速くなりますので、ぜひ参考にしてみましょう。

auひかりが自分のマンションで使えるか確認しよう!

チェックマーク

auひかりは限定地域で使えるインターネット回線なので、お住まいのマンションが提供エリアから外れていると、契約そのものができません。
したがって、マンションでauひかりを使いたいと考えている人は、申し込み前にご自身のマンションでauひかりが使えるか、下記手順で確認しておきましょう。

【確認方法】

  1. au公式サイトにアクセスする
  2. 「提供エリアを調べる」にて、郵便番号を入力後、居住タイプは「マンション・アパートなど」を選ぶ
  3. 「提要タイプと料金プランの確認」をタップする
  4. 細かい住所やマンション名を選択する

次のページでプラン名が表示された人はauひかりを契約できますが、「お客さまの地域で提供可能なマンションがありません。」と表示された人は、マンションタイプを契約できません。

博士

マンションタイプが対応していない建物でも、「戸建てタイプ」なら契約できる可能性があるよ!

エリア外なら「戸建てタイプ」で申し込み&利用しよう!

エリア検索でNGが出た人も、大家さんやオーナーの許可が下りれば戸建てタイプを契約できます
マンションタイプと戸建てタイプの違いは、次のとおりです。

【マンションタイプと戸建てタイプの違い】
マンションタイプ戸建てタイプ
提供エリア沖縄県以外関西・東海・沖縄県以外
料金2,585円~5,500円5,610円
工事内容共有部分へ引き込まれた光ファイバーを、各室内まで棟内LANや電話線、光ファイバーで引き込む
(共有部分からの引き込み配線はプランによって異なる)
壁に穴を開け、近くの電柱から直接室内へ光ファイバーを引き込む

※価格はすべて税込

この表からもわかるとおり、戸建てタイプはマンションタイプより料金が高くなります。
しかし、関西・東海・沖縄県以外のマンションであれば、マンションタイプがエリア外と判定された建物でもauひかり導入可能です!
エリア外のマンションでもauひかりを使いたい人は、ぜひ戸建てタイプも検討してみましょう。

auひかりマンションの申し込み前に確認したい注意点

ビックリマーク

auひかりマンションタイプを申し込む際は、事前に次の点を確認しておきましょう。

マンションが対応エリアに入っているかどうか

冒頭でもお話したとおり、マンションタイプは基本的に沖縄県以外で契約できますが、建物によっては契約できない場合があります。
必ず申し込み前に「au公式サイト」でお住まいのマンションを検索し、auひかりのマンションタイプが契約できるかチェックしておきましょう。

auひかり未導入の場合は工事許可を取らなければならない

マンションが提供エリア内にあっても、建物にauひかりの設備が入っていない場合は、原則auひかりを契約できません
ただし、マンションのオーナーや管理会社から開通工事の許可が下りれば、戸建てタイプの契約が可能になります。
マンションは勝手に壁へ穴を開けると大問題になってしまいますので、このケースに当てはまる場合は、必ず申し込み前に許可を取ってくださいね。

悪質な申込窓口ではないか今一度条件を確認しよう

auひかりのマンションタイプは公式サイトから申し込むより、代理店窓口から申し込んだほうがお得です。
しかし、代理店によっては次のように悪質な窓口もあるため、窓口を選ぶ際は契約条件をよく確認しておきましょう。

【悪質な窓口の特徴】

  • キャッシュバックが10万円など非常に高額
  • キャッシュバックの受取申請が複雑
  • auひかりへの回線切替が義務であるかのように伝えてくる

実際に、上のような窓口からauひかりを契約してしまった方は、以下のようなツイートをしています。

この方が利用した窓口は、契約から10ヶ月後の1ヶ月間にご自身で専用URLへアクセスし、その後も書類を送るなど受け取りまでの行程が複雑ですね。
キャッシュバックがもらえる点は魅力的ですが、auひかりには後日申請不要でさらに高いキャッシュバックをもらえる窓口があります。
代理店を利用する際は、キャッシュバックの申請方法まで細かくチェックしておくと安心ですよ。

この方は、auひかりを名乗る代理店から電話勧誘を受けたようですが、「auひかりに乗り換えないと危険だ!」と不安をあおられています。
auひかり代理店のなかには、執拗な電話で不安をあおり、auひかりの契約を無理にすすめてくるところもあるようです。
このツイートにあるような事実は一切ありませんので、もし同じような電話がかかってきたとしても無視をしましょう。

また、10万円など超高額キャッシュバックを実施している代理店は、内訳に公式の割引が含まれているケースがほとんどです。
auひかりマンションタイプの場合、どの窓口から申し込んでも以下の公式特典は適用されます。

【公式特典】

  • 工事費割引:最大33,000円
  • 他社解約違約金負担:最大30,000円

上記だけでも63,000円ですから、10万円のなかに上記の特典を含んでいるところは、実際3万円程度しか還元されないことになりますね。

auひかりには、公式特典を含めなくても5万円以上の現金還元をしてくれる窓口があるので、申し込む際は、そのような場所を利用しましょう。

工事費を無料にするなら必ず2年以上利用する

auひかりマンションタイプの工事費は33,000円となっており、1,375円を24回分割で支払っていきます
しかし、ネットとひかり電話を同時契約すると、自動的に24ヶ月間1,375円が毎月引かれていくため、2年間契約し続けることで工事費は実質無料になります。

博士

2年以内に解約してしまうと、残りの工事費は一括で支払わなくてはないといけなくなる…!

助手のジョン

工事費を無料にしたいのであれば、最低でも2年は使い続けなければいけないんだね。

戸建てプランと料金プランやキャンペーンが異なる

auひかりは、戸建てタイプとマンションタイプで料金や使用できるキャンペーンが異なります

【料金プランと利用できるキャンペーンの違い】
戸建てタイプマンションタイプ
月額料金1年目:5,610円
2年目:5,500円
3年目~:5,390円
4,180円
利用できる公式キャンペーン解約違約金負担最大30,000円最大30,000円
工事費割引最大41,250円
※60ヶ月で相殺
最大33,000円
※24ヶ月で相殺
高速サービス割引5ギガ・10ギガプランの料金から
550円/月×36ヶ月間割引

※価格はすべて税込

窓口によっては、戸建てタイプとマンションタイプを別ページで掲載していることもあります。
窓口独自のキャッシュバックなども、戸建てタイプとマンションタイプで金額に差があることもあるので、注意して確認をしましょう。

auひかりマンションなら「フルコミット」からの申し込みがおすすめ!

auひかりマンションプラン フルコミット

auひかりマンションタイプは、以下のようにさまざまな窓口から申し込めますが、利用するなら「フルコミット」です。
フルコミットは契約時の電話で申請すれば、マンションタイプでも戸建てタイプと同額の60,000円を最短翌月に振り込んでもらえます

【マンションタイプが申し込める窓口の比較表】
窓口名2年間の実質金額キャッシュバック
総額月額金額受取時期申請方法オプション契約
フルコミット56,820円2,273円60,000円代理店:翌月
プロバイダ:4ヶ月後
電話ひかり電話
GMOとくとくBBキャッシュバック52,620円2,105円51,000円1年後と2年後メールひかり電話
割引66,940円2,678円5,000円1年後メールひかり電話
NEXT56,820円2,273円60,000円代理店:4ヶ月後
プロバイダ:5ヶ月後
電話ひかり電話
So-net71,412円2,856円
25150,574円6,023円50,000円12ヶ月後Web+郵送ひかり電話
トータル・ネットセキュリティ
BIGLOBEお助けサポート
あんしんバックアップ
エンジョイプラス
暮らしのあんしん相談
生活かけつけレスキュー

※価格はすべて税込

フルコミットからマンションタイプを申し込むと、実質料金などは次のようになります。

【フルコミットの概要表】
エリア沖縄以外の日本全国
セット割キャリアau
最大割引額1,100円/月
対象台数最大10台
最大速度最大1Gbps
月額料金4,180円
初期費用契約事務手数料3,300円
工事費実質無料
キャンペーン内容公式・他社違約金負担:最大30,000円
・工事費割引:最大33,000円
フルコミット・他社違約金負担増額:最大25,000円
・60,000円キャッシュバック
2年間の実質金額56,820円
2年間の実質月額2,273円

※価格はすべて税込

そんなフルコミットのおすすめポイントはこちらです!

フルコミットの詳細はこちらから

おすすめポイント①:最大60,000円のキャッシュバックの受け取りが簡単

フルコミット最大の独自特典は、ネット+ひかり電話の申し込みだけでもらえる60,000円キャッシュバックです!
申請は申し込み後、折り返しかかってくる電話で振込先をオペレーターに伝えるだけなので、とても簡単に受け取れますよ。

おすすめポイント②:キャッシュバックが最短翌月とスピーディー

現金は2回に分けて振り込まれるものの、1回目は翌月、2回目も4ヶ月と半年以内に全額受け取れる点もポイントです!
同じく2回に分けてキャッシュバックが振り込まれる「GMOとくとくBB」は、1回目1年後、2回目2年後とすべて受け取れるまで2年もかかるので、その差は歴然といえるでしょう。

キャッシュバックはもらい忘れると結局実質料金が高いままのため、フルコミットのように短期間ですぐにもらえるところが最適です。

おすすめポイント③:サポート対応が親切

フルコミットはサポートセンターの対応も高評価を得ています。

この方も、フルコミットの対応はよかったとツイートしています。
代理店のなかには契約をすすめることに必死で、ユーザーの質問や疑問をないがしろにするところもあります。
フルコミットならこちらが疑問に思う点もきちんと対応してくれるため、ユーザーからすると安心感が高いですね!

契約時に困ったことがあったら、下記サポートセンターへ気軽に相談してみましょう。

【フルコミットサポートセンター】

  • 電話番号:0120-588-075
  • 受付時間:10:00~20:00(年中無休)

おすすめポイント④:工事費が実質無料

auひかり公式の工事費無料特典は、フルコミットから申し込んでも適用されます。

マンションタイプの場合、工事費は33,000円で、1,375円を24分割で払います。
しかしひかり電話を一緒に契約すれば、毎月1,375円が24ヶ月間割引され、2年間の継続利用で実質無料になるわけです!

ただし、2年以内に解約してしまうと残りの工事費を一括で払わなければならないので、2年以内の解約はおすすめしません

おすすめポイント⑤:他社違約金を最大30,000円まで負担してくれる

auひかり公式の違約金負担特典も、もちろん使えます!
公式だと負担額は最高30,000円ですが、フルコミットを通すだけで上限がさらに55,000円まで上がるため、違約金が30,000円以上になる人も安心です。

こちらの特典は、下の条件を満たすだけで必ず適用されますよ。

【適用条件】

    • auひかり申し込み月を含む12ヶ月以内に申請書を送付
    • 申請書送付前に、au PAYプリペイドカードを申し込む
    • ネット+ひかり電話+電話オプションパック*を24ヶ月継続利用
    • *タイプG(G契約)/都市機構GデラックスGは、電話オプションパックEX

auひかりマンションを申し込む手順

チェックボックス

auひかりマンションを申し込む手順は、次のとおりです。

1.au公式サイトにアクセスし、「エリア確認」をする
まずはお住まいのマンションの対応状況をチェックしましょう。
このとき契約できるプランも確認できるので、事前に見ておくといいですよ。
2.フルコミットにアクセスし、「Webお申し込みする」をタップする
auひかりのマンションタイプをもっともお得に申し込めるのは、フルコミットです。
申し込みボタンタップ後は、住所氏名などを入力し、希望連絡日に電話がかかってくるのを待ちましょう。
3.折り返しかかってくる電話で、現金の振込先を伝える
2で入力した日時にオペレーターから電話がかかってきます。
申し込み内容を再度確認し、最後に現金の振込先を伝えましょう。
以上でキャッシュバック申請は完了です!
4.工事日を調整する
建物によって工事内容や施行時間は変わりますが、およそ2時間で完了します。
ただし、auひかりは工事に立ち会いが必要なので、日程調整を行いましょう。
5.工事完了後、ネットが開通する
工事が完了した直後からネットが使えるようになります。
パソコンやスマホなどをネットにつないでみましょう。
6.翌月に最大40,000円、4ヶ月後に20,000円が振り込まれる
フルコミットのキャッシュバックは、2回に分けて振り込まれます。
ただし、すでに申請は完了しているので、ユーザーは待つだけです!

まとめ

auひかりのマンションタイプは、沖縄県以外ならどの都道府県でも申し込めます。
しかし、建物によっては使えない場合もあるため、申し込みを検討している人は、まず公式サイトでエリア確認を行いましょう。
エリア外と表示されても、管理会社の許可が下りればマンションで戸建てタイプを契約することも可能です。
許可を得ることは簡単ではありませんが、可能性はゼロでないので、エリア外でも一度交渉してみましょう。

マンションタイプは建物によって契約できるプランが割り振られており、自由にプラン変更はできません。
とはいえ、いずれも口コミを見る限り快適に利用できていますので、どのプランになっても問題ないでしょう。

申し込む際はフルコミットを窓口に指定し、ぜひ60,000円の現金をもらってくださいね!

フルコミットの詳細はこちらから