デジタル
通信機器
2021/8/9 12:00

【2021年最新】おすすめのWiMAXプロバイダはココ!18社徹底比較

WiMAX おすすめ

※ 2021年9月時点

WiMAXを選ぶときは主に3つのポイントを比較し、自分にあったものを選ぶのがおすすめです。

とくに、WiMAXのプロバイダをどこに決めるかで月額料金やキャンペーンなどのお得度が大きく異なりますよ。

WiMAXのプロバイダを比較し、料金の安さやキャンペーンの充実度でおすすめするのは以下です。

WiMAXで最安級!Broad WiMAX

BroadWiMAX キャンペーンサイト

料金割引&キャッシュバック5,000円!

  • 端末代金無料
  • 違約金負担キャンペーン
  • 初期費用0円キャンペーン

Broad WiMAXの申し込みはこちら!

短期間契約がいいなら!縛られないWiFi

縛られないWiFi
  • 最低契約期間がない
  • いつ解約しても違約金が0円
  • 契約期間、違約金がないWiMAXプロバイダの中ではもっとも安い

縛られないWi-Fiの申し込みはこちら!

なおWiMAXを利用する場合は機種を選べます。

以下の最新機種がおすすめです。

<モバイルルーターのおすすめ最新機種>

  • 通常のモバイルルーターなら「Speed Wi-Fi NEXT WX06」
  • 5G対応モバイルルーターは「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」
  • ホームルーターなら「WiMAX HOME02」
助手のジョン
WiMAXはプランも選べるけど、「ギガ放題プラン」がデータ利用量実質無制限で利用できるからおすすめだよ!
博士
より高速な通信を求めるなら、「ギガ放題プラスプラン」がおすすめ!

本記事ではBroad WiMAXがおすすめの理由や契約する前に知っておきたい注意点まで詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてくださいね。

※この記事は、2021年9月時点での情報です。

【18社比較】最新2021年版おすすめのWiMAXプロバイダをご紹介!

WiMAXを契約する際には、できるだけ料金が安いプロバイダを選んで契約することをおすすめします。

「プロバイダ」という単語を聞いたことのない、または聞き慣れない人は多いかもしれません。

では、プロバイダとは一体何なのでしょうか?

プロバイダとは、インターネット回線を運営する回線事業者とユーザーをつなぐ接続事業者のことです。

プロバイダが契約窓口となり、ユーザーがプロバイダに申し込むことでインターネット回線(この記事ではWiMAX)を利用できます。

下記の表で、WiMAXのプロバイダ全18社について比較してみました。

【WiMAX全18社窓口比較表】

窓口名契約期間契約期間内の
実質月額料金
月額料金キャンペーン内容
GMOとくとくBB
WIMAX
(割引)
3年3,865円0〜2ヶ月:2,849円
3〜24ヶ月:3,678円

25ヶ月目~:4,688円

・月額料金割引

・最大6,000円キャッシュバック

Broad
WiMAX
3年3,876円0〜2ヶ月:2,999円
3~24ヶ月:3,753円
25ヶ月目~:4,413円
・最大5,000円
キャッシュバック
・初期費用20,743円割引
・他社違約金補填最大19,000円
GMOとくとくBB
WiMAX
(キャッシュバック)
3年3,922円0〜2ヶ月:3,969円
3ヶ月目~:4,688円
最大30,000円
キャッシュバック
DTI
WiMAX
3年3,967円0~1ヶ月目:0円
2ヶ月目:2,849円
3ヶ月~:4,136円
カシモ
WiMAX
3年3,994円0ヶ月目:1,518円
1ヶ月目~:3,971円
EXWiMAX3年4,010円3,905円
hi-ho
WiMAX
3年4,241円0~12ヶ月目:4,158円
13~24ヶ月目:4,400円
25ヶ月目~:4,730円
最大10,000円
キャッシュバック
Tikiモバイル
WiMAX
3年4,401円0~35ヶ月目:4,389円
36ヶ月目~:4,818円
So-net
WiMAX
3年4,414円初月無料
1~12ヶ月目:3,700円
13ヶ月目~:4,817円
BIGLOBE
WiMAX
1年4,612円4,378円データ端末同時申込で
キャッシュバック
最大17,000円
縛られない
WiFi
4,874円4,620円
エディオン
ネット
3年4,803円4,268円
DIS mobile
WiMAX
3年4,803円4,268円
UQ
WiMAX
2年5,060円4,268円
YAMADA
air mobile
3年4,803円4,268円
KT
WiMAX
3年4,803円4,268円
ワイヤレスゲート
Wi-Fi
3年4,803円4,268円
縛りなしWiFi4,984円4,730円
Vision
WiMAX
3年5,008円0ヵ月:0円
1〜2ヶ月:1,529円
3〜24ヶ月:3,979円
25ヶ月目~:4,412円

※価格はすべて税込
※契約期間なしの場合は1年間の実質料金を記載

この表を見ると、GMOとくとくBB WIMAX(割引キャンペーン)の実質料金がもっとも安いことがわかります。

しかし、他社から乗り換えるケースがほとんどであることを考えると、他社からの乗り換え時に違約金補填があるBroad WiMAXがもっともおすすめです。

また、「縛られないWiFi」「カシモWiMAX」もおすすめです。

ここでは、以下のプロバイダについてそれぞれ詳しくご説明します。

<2021年9月追記>

現在、以下のプロバイダについて、WiMAX2+(ギガ放題プラン)が新規受付終了、または端末在庫なしとなっています。

そのため上記4社については、新しい通信規格である5Gプラン(ギガ放題プラスプラン)を検討するのをおすすめしますよ。

まずおすすめは実質料金の安い「Broad WiMAX」

BroadWiMAX

引用:Broad WiMAX

WiMAXを検討している人にもっともおすすめなのは、「Broad WiMAX」です。

【Broad WiMAXの概要】
契約期間3年
契約期間の実質月額料金3,876円
月額料金0〜2ヶ月:2,999円
3~24ヶ月:3,753円
25ヶ月目~:4,413円
初期費用事務手数料3,300円
端末代金20,743円
キャンペーン内容・月額料金割引
・初期費用20,743円割引
・他社違約金補填最大19,000円
・限定キャッシュバック最大5,000円

※価格はすべて税込

Broad WiMAXは月額料金の割引や初期費用負担キャンペーン、限定キャッシュバックなど、料金が安くなるキャンペーンが満載です。

さらに、他社回線から乗り換える際には、他社の違約金の補填キャンペーンを利用できます。

その結果、実質料金が最安です。

以下のような豊富なキャンペーンを実施しているのは、WiMAXのプロバイダではBroad WiMAXだけです!

<Broad WiMAXのお得なキャンペーン>

  • 月額料金割引
  • 初期費用20,743円割引
  • 他社違約金補填最大19,000円
  • 限定キャッシュバック最大5,000円

月額料金割引なので、他社プロバイダのようにキャッシュバックのもらい忘れがないため、とても助かります。

また、他社の違約金を負担してもらえるので、乗り換え時の費用負担が大きく軽減されますよ。

もし、契約してみて使いづらかった、またはあとで光回線に乗り換える予定があるなどという場合は、「いつでも解約サポート」キャンペーンを使えば違約金なしで乗り換えられます。

博士
WiMAXを安く契約したいなら、Broad WiMAXがおすすめ!

Broad WiMAXの申し込みはこちら!

短期間契約におすすめな「縛られないWiFi」

縛られないWiFi

引用:縛られないWiFi

短期間だけ利用したい、解約するときに違約金を払いたくないという方には、最低契約期間がない「縛られないWiFi」がおすすめです。

【縛られないWiFiの概要】
縛られないコース1年おトクコース
契約期間なし1年
1年間の実質月額料金4,874円4,544円
月額料金4,620円4,290円
初期費用事務手数料3,300円
端末代金0円
キャンペーンなし

※価格はすべて税込

縛られないWiFiは、最低契約期間も違約金もないプロバイダです。

しかも、契約期間がないWiMAXのプロバイダの中ではもっとも安いので、短期間だけ使いたい、料金をできるだけ安くしたいという方におすすめですよ。

<縛られないWiFiのおすすめポイント>

  • 最低契約期間がない
  • いつ解約しても違約金が0円
  • 契約期間、違約金がないWiMAXプロバイダの中ではもっとも安い

同じようにWiMAXで契約期間がない回線の実質料金を比べてみましょう。

【縛られないWiFiと縛りなしWiFiの1年間の実質料金比較表】
縛られないWiFi縛りなしWiFi
4,874円4,984円

※価格はすべて税込

博士
短期間だけWiMAXを使いたい、違約金を0円にしたいという方には、縛られないWiFiがおすすめ!

縛られないWi-Fiの申し込みはこちら!

5Gプランなら「カシモWiMAX」

カシモWiMAX

引用:カシモWiMAX

「カシモWiMAX」の5Gプランもおすすめです。

【カシモWiMAX(5Gプラン)の概要】
契約期間3年
契約期間の実質月額料金4,704円
月額料金0ヶ月:0円
1ヶ月:4,500円
2ヶ月目~:4,750円
初期費用事務手数料3,300円
端末代金0円
キャンペーン内容・初月の月額料金が0円
・端末代金0円

※価格はすべて税込

カシモWiMAXは5Gプランを提供しています。

モバイルWi-Fiを高速通信で利用したい方におすすめですよ。

また、カシモWiMAXの5Gプラン「ギガ放題プラスプラン」では特別価格でサービスを提供しています。

現在、初月の月額料金が0円になるだけでなく、25,000円の端末代金まで0円です。

<カシモWiMAXの特別価格>

  • 初月の月額料金が0円
  • 端末代金0円
博士
5Gの高速通信を使いたい人には、カシモWiMAXがおすすめ!

カシモWiMAXの申し込みはこちら!

WiMAXを選ぶ際にチェックするべきたった3つのポイント

WiMAXを利用する際には、以下の点をチェックして選ぶことをおすすめします。

ここでは、WiMAXを利用する際にチェックすべき、プラン・端末・プロバイダの3つの重要ポイントについて、詳しくご説明したいと思います。

WiMAXの【プラン】は「ギガ放題プラン」がおすすめ

WiMAXのプランを選ぶ場合、もっともおすすめなのは「ギガ放題プラン」です。

WiMAXのプランには、ライトプラン/ギガ放題プラン/ギガ放題プラスプランの三種類があります。

博士
プロバイダによってそれぞれのプランの名称が違うから注意して!

それぞれのプランについて、詳しく見てみましょう。

【WiMAXのプラン表】
ライトプランギガ放題プランギガ放題プラスプラン
データ容量7GB/月WiMAX 2+:上限なし(100GB程度)

LTE:7GB/月

WiMAX 2+:上限なし(150GB程度)

LTE:15GB/月

通信制限7GB到達後

月末まで

3日間で10GB利用

翌18時頃~2時頃まで

3日間で15GB利用

翌18時頃~2時頃まで

通信制限後の速度128Kbps1Mbps1Mbps
5G対応なしなしあり
実質月額料金 ※13,086円3,876円4,895円

※価格はすべて税込

※1 実質月額料金はBroad WiMAXの場合

この表を見ると、ギガ放題プランは毎月100GB程度のデータを使えるので、もっともおすすめです。

もし5G通信を使いたいなら、使えるデータ量がより多くなったギガ放題プラスプランもおすすめですよ。

おすすめのギガ放題プラン、ギガ放題プラスプランについて詳しくご説明しましょう。

ほとんどの人はデータ容量制限なしの「ギガ放題プラン」がおすすめ

ほとんどの人は、データ容量の制限がない「ギガ放題プラン」を選んでいます。

上記の表を見てもわかるとおり、ライトプランでは毎月7GBまでしか使えず、通信制限後の速度も128Kbpsとほとんど何もできない厳しい制限です。

ほとんどネットを使わない場合は、ライトプランでも問題ありません。

しかし、スマホなどの接続端末は使っていない間にもバックグラウンドで通信している場合もありますし、動画視聴やSNSもしたい場合はデータ利用料の上限があると通信量を常に気にしなくてはいけません。

助手のジョン
ギガ放題プランが気になるけど、やっぱり迷っちゃうな〜
一度決めちゃったら変えられないのかな?
博士
ギガ放題プランとライトプランは途中でプランの変更ができるよ!
もし迷っているならギガ放題プランがおすすめだよ

ただし、ギガ放題プランでも4G LTEを利用するハイスピードプラスエリアモードで月間7GBを超えた場合、128kbpsの通信制限がかかってしまうことに注意しましょう。

・プラン選びの参考に!データ通信量の目安

WiMAXはギガ放題プランがおすすめと紹介してきましたが、実際に動画視聴やSNSなどを行うとどれくらいのデータ通信量が必要なのか気になりますよね。

ライトプランの上限である7GBでどれだけのことができるか、まとめてみました。

【データ使用量の目安(7GB)】
内容7GBでできること
インターネットYahoo! トップページを閲覧約31,010回表示
メール500万画素の画像を添付約2,310通
LINEトーク約931,000回送信
音声通話約385時間
ビデオ通話約23.1時間
Instagram閲覧・いいね約9.1時間
Youtube360p(中画質)で再生約28.7時間
Googleマップ表示と拡大約31,010回表示
助手のジョン
7GBでYoutubeの中画質だったら28時間くらい見られるんだね!
博士
LINE音声通話だと385時間くらい通話ができるよ。
7GBで足りるかどうか、目安にできるね!

上記の目安表を参考に、1ヶ月で利用できるデータ量を超えて使いそうならギガ放題のプランを選ぶことをおすすめします。

より高速な通信を求めるなら「ギガ放題プラスプラン」がおすすめ

より高速な通信を求めるなら、新登場の「ギガ放題プラスプラン」がおすすめです。

上記の表を見てもわかるとおり、5G通信が使えるだけでなく、3日間で15GBまで使えるようになり、月間150GB程度のデータ量を使えるようになりました。

博士
より高速で大容量のデータを使いたい人に、おすすめ!

ただし、5G通信が使えるエリアは限られているため、ご注意ください。

5G通信はどうでもいいけれど、3日間で15GBのデータを使いたい!という方にもおすすめのプランです。

また、このプランを提供しているプロバイダは、現時点で限られていることにもご注意ください。

なお、「Broad WiMAX」も5Gプランを提供しています。

WiMAXの【端末】は最新機種がおすすめ

WiMAXを契約する際には好きな「機種」を選んで契約できます。

持ち運び可能なモバイルルータータイプと自宅で使うためのホームルータータイプがありますが、どちらも最新機種を選ぶことをおすすめします。

機種比較表とおすすめ機種は以下のとおりです。

【機種比較表】
モバイルルーターホームルーター
機種★おすすめ★

Wi-Fi NEXT WX06

★おすすめ★

Galaxy 5G Mobile Wi-Fi

Speed Wi-Fi NEXT W06★おすすめ★

WiMAX HOME02

★おすすめ★

ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11

Speed Wi-Fi HOME L02
WX06Galaxy 5G Mobile Wi-FiSpeed Wi-Fi NEXT W06WiMAX HOME02ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11
メーカーNECSAMSUNGHUAWEINECZTEHUAWEI
最大通信速度440Mbps2.2Gbps1.2Gbps(※)440Mbps2.7Gbps1Gbps(※)
特徴・2.4GHzと5GHzの同時利用で

快適通信を実現

・QRコードでかんたんにWi-Fi接続可能

・クレードルの受信電波が強化され

室内でも高速通信が可能

・5G通信に対応

・最大速度2.2Gbpsの超高速通信を実現

・5000mAhの大容量バッテリーを搭載

・見やすい大画面ディスプレイ

・TXビームフォーミング機能対応で

安定性と通信速度が向上

・一部地域で最大1.2Gbpsの高速通信が可能

・コンパクトサイズで設置しやすい

・WiMAXハイパワー対応で

電波が弱い場所でも受信速度が向上        

・データ通信量や電波状態を

スマホで確認できる

・5G通信に対応

・最大速度2.7Gbpsの超高速通信を実現

・データ通信量や電波状態を

スマホで確認できる

・TXビームフォーミング機能対応で

安定性と通信速度が向上

・一部地域で最大1Gbpsの高速通信が可能

Bluetooth対応××××
同時接続台数16台10台16台21台30台42台

※ハイスピードプラスエリアモードでの最大通信速度。一部エリアで提供/USB有線接続時
※画像引用:Broad WiMAX公式サイト

用途別に、それぞれ以下の機種がおすすめです。

おすすめの機種について、詳しくご説明しましょう。

モバイルルーターは「WX06」がおすすめ

モバイルルータータイプの場合は「Speed Wi-Fi NEXT WX06」(以下WX06)がおすすめです。

<Speed Wi-Fi NEXT WX06の特徴>

  • 2.4GHzと5GHzの同時通信が可能で、安定した高速通信ができる
  • QRコード表示機能があり、WiFi接続が容易

WX06は国内メーカーの最新モデルです。

2.4GHzと5GHzの同時通信が可能なため、安定した高速通信を行える特徴があります。

2.4GHzは電波が遠くまで届きやすく、5GHzは干渉が少なく高速通信が可能な無線帯域を持っています。

WX06は、環境に応じて、2.4GHzと5GHzのどちらか最適な接続先を自動で選択し、接続してくれるのです。

また、ルーター端末を置くだけで充電できるクレードルを使うと、有線接続にしたときの通信速度を安定させられます。

クレードルを購入したら、速度が向上したとコメントしている人がいました。

自宅で有線接続を使いたい場合は、クレードルの購入をおすすめします。

博士
さらにQRコードを表示する機能が搭載されているから、接続端末のカメラでQRコードを読み取るだけでWiFi接続が可能な点も嬉しいポイント!

W06のほうが速度は速いですが、W06は製造中止が決まっています。

今ある在庫で販売が終了してしまうため、継続して利用するには保証面で不安が残ります。

そのため、最新機種であるWX06のほうがおすすめですよ。

5G対応モバイルルーターは「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」がおすすめ

5G通信をモバイルWi-Fiで使いたい場合は、「Galaxy 5G Mobile Wi-Fi」がおすすめです。

<Galaxy 5G Mobile Wi-Fiの特徴>

  • 5G通信に対応
  • 最大速度2.2Gbpsの超高速通信を実現
  • 5000mAhの大容量バッテリーを搭載
  • 見やすい大画面ディスプレイ

5Gエリアなら最大速度が2.2Gbpsと高速です。

博士
5000mAhの大容量バッテリーを搭載しているから、外出先で長い時間利用してもOK!
助手のジョン
5.3インチの大画面ディスプレイで、今月使ったデータ量やカレンダーなども確認できるよ!

この機種を使って通信速度を計測したところ、40~75Mbpsの速度が出たと書き込んでいる人がいました。

通信速度が速く、サクサク利用できそうですね。

ホームルーターは「HOME 02」がおすすめ

またホームルータータイプの場合は「WiMAX HOME02」(以下HOME02)がおすすめです。

<WiMAX HOME02の特徴>

  • WiMAXハイパワー機能搭載で、電波が届きにくいエリアでも快適
  • スマホアプリの利用で、データ通信量や電波状態を確認できる

HOME02も国内メーカーの最新モデルです。

WiMAXハイパワーという機能が搭載されているため、電波が届きにくいエリアでも快適に利用できます。

HOME02に変えたところ、通信速度が速いとコメントしている人がいました。

スマホアプリを利用すれば、データ通信量や電波状態をスマホで確認でき、最適な置き場を探すための電波レベルも確認できるので便利です。

助手のジョン
でも比較表を見たらL02のほうが速いよね?
博士
L02は製造が終わっていて、今ある在庫で販売が終わってしまうんだ。
だから最新機種のほうが保証の不安もなくておすすめだよ

モバイルルーターもホームルーターも、どの機種にするか迷ったら最新機種を選ぶと間違いありません。

5G対応ホームルーターは「ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11」がおすすめ

5G対応のホームルーターを使いたい方には、「ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11」がおすすめです。

<ZTE Speed Wi-Fi HOME 5G L11の特徴>

  • 5G通信に対応
  • 最大速度2.7Gbpsの超高速通信を実現
  • データ通信量や電波状態をスマホで確認できる

5G通信エリア内なら、最大速度が2.7Gbpsと向上しています。

同時接続台数な30台と十分で、パソコンやタブレット、ゲーム機などから家族みんなで接続して使えますよ。

助手のジョン
スマホのアプリを使えば、データ通信量や電波状況を確認できるよ!

ネットワークの無線化を検討している人が、この機種を候補に挙げているようです。

通信速度の向上を狙うなら、5G対応の機種も検討したほうがよさそうですね。

WiMAXの【プロバイダ】は実質料金がポイント!

プロバイダを選ぶ際は「実質料金」を重視して選ぶことをおすすめします。

WiMAXはプロバイダによってさまざまなキャンペーンが開催されています。

たとえばA社はキャッシュバック、B社は月額料金割引などキャンペーンが異なる場合、どの窓口がもっともお得か判断しづらいものです。

窓口を比較する際は、契約期間内で実際に払う金額を月で割った実質料金(実質月額)を計算しましょう。

(月額料金×契約月数+契約事務手数料など初期費用)÷契約月数=実質月額
博士
記事の前半でWiMAXのプロバイダ18社を比較した結果、実質月額はBroad WiMAXがもっとも安かったよ!

・WiMAXはプロバイダが違うと何が違う?

WiMAXではプロバイダを選べますが、プロバイダが変わることで通信品質や通信速度に違いは出ません。

しかし、プロバイダによってキャッシュバックや割引が異なるので、実質料金が大きく変わってきます。

プロバイダの違いで変わること
  • 実質料金
  • キャンペーン
  • 端末代の有無
  • 契約期間
  • 支払い方法
  • 利用できる端末の種類
変わらないこと
  • 通信品質
  • 通信速度
  • 通信回線

また、プロバイダによっては端末代無料や事務手数料無料、2台同時に申し込むとキャッシュバックがもらえるキャンペーンなどのお得なキャンペーンが開催されているので、チェックしてみてください。

契約期間や支払い方法、端末の種類など、個人の用途・好みによってもプロバイダ選びのポイントが変わってきます。

おすすめのプロバイダは、以下のとおりです。

WiMAXがおすすめの人はこんな人!

WiMAXのプロバイダについて見てきましたが、ではWiMAXはどんな人におすすめなのかを見ていきましょう。

WiMAXは工事不要ですぐに利用でき、外出先でも使えることにメリットを感じる人におすすめです。

博士
さらに詳しくWiMAXのメリットを解説しながら、光回線などと比較してみよう。

インターネットの月額料金を安く抑えたい人

WiMAXの利用料金は、光回線と比べて安く利用できます。

たとえば、光回線の大手フレッツ光とWiMAX最安値のBroad WiMAXで3年間利用した場合のトータル料金(=実質料金)を比較してみましょう。

【フレッツ光とBroad WiMAXの料金比較】
光回線

(フレッツ光東日本)

Broad WiMAX
初期費用19,800円0円 ※1
事務手数料880円3,300円
月額料金6,270円 ※20〜2ヶ月目:2,999円

3〜24ヶ月目:3,753円

25ヶ月目以降:4,413円

3年間の実質料金合計266,200円143,424円

※価格は税込 ※2021年9月時点

※1:クレジットカード払いの場合

※2:戸建て、プロバイダSo-netの料金含む

博士
Broad WiMAXはフレッツ光より、3年間で約120,000円も安くなるぞ!

さらに光回線は初期費用として開通工事費が必要ですが、WiMAXは開通工事が不要のためかかりません。

Broad WiMAXの窓口では初期費用が20,743円(税込)発生しますが、クレジットカード払いの場合にキャンペーンの適用で無料にできます。

工事不要で安く利用できるWiMAXは気軽に使いたい場面でおすすめです。

ただし、のちほど注意点の項目でも解説しますが、光回線は速度制限なしでデータ容量が無制限なのに対し、WiMAXは無制限プランでも3日間で10GB以上通信すると速度制限がかかってしまいます。

また、WiMAXは工事なしで無線の電波を使いインターネットをつなげるので、有線接続する光回線より速度が遅くなりやすいですよ。

博士
光回線とWiMAXどちらを契約しようか迷ったら、自分にとってもっとも重視すべきポイントは何か考えてみてね!

工事なしですぐにインターネットを使いたい人

WiMAXの最大のメリットは「工事不要で使える」ということです。

光回線は自宅まで回線を引き込む必要があるので、必ず開通工事が必要です。

一方で、WiMAXは開通工事が不要で、機器が届けばすぐに利用可能なため、工事を行いにくいマンションなどに住んでいる人はとくにおすすめだといえます。

モバイルルーターなら届いて電源を入れれば利用でき、ホームルーターなら電源コンセントにつなげれば使えます。

では、光回線と比べると、初期費用や利用開始までの日数はどう違うのか、比較してみましょう。

【光回線とモバイルルーターの比較】
光回線モバイルルーター
初期費用0円~4万円0円~2万円程度
利用開始までの日数1~3ヶ月かかることも数日

モバイルルーターは開通工事が不要なので、工事までインターネットが使えないこともなく、待たずにすぐ使えるのが大きなメリットです。

助手のジョン
工事がいらないから工事費も必要ないね!

建物の構造や地域によって開通工事ができない場合や、一人暮らしで固定回線は不要と思っている人、また引っ越しが多い場合でもおすすめできます。

モバイルWi-Fiの中でも速度を重視したい人

WiMAXはモバイルWi-Fiの中でも速度が安定しているため、速度を重視したい人におすすめです。

インターネット回線の通信速度投稿サイト「みんなのネット回線速度」のデータで、モバイルWi-Fiの通信速度を比較してみましょう。

ここでは、クラウドSIM系モバイルWi-Fiの「どこよりもWiFi」とWiMAXの通信速度を比較してみました。

【モバイルWi-Fiの通信速度比較】
モバイルWi-Fi全体WiMAX

(Speed Wi-Fi NEXT W06)

どこよりもWiFi
下り平均速度34.2Mbps34.58Mbps14.31Mbps

みんなのネット回線速度の2021年9月時点のデータより

助手のジョン
WiMAXの通信速度が他回線よりも速いことがわかるね!

モバイルWi-Fiで通信速度を求めるなら、WiMAXがおすすめですよ。

外出先でもインターネットを使いたい人

WiMAXにはモバイルルーターとホームルーターがあります。

モバイルルーターなら持ち運べるため、外出先でもWiFi通信が使えます。

ホームルーターは自宅のみの利用ですが、モバイルルーターは使う場所を選ばないのでどこでもインターネットを使いたい方におすすめです!

一方、ホームルーターはモバイルルーターよりも出力が強く、室内での電波強度が強いため、ほぼ自宅でしかインターネットを利用しない、という方に適しています。

博士
外出先でも使うか自宅だけで使うかによって、モバイルルーターかホームルーターのどちらにするか選ぼう!

WiMAXは、全国主要都市の実人口カバー1億人、屋外基地局が20,000局あります。

実人口カバー率は90%を超えていて、現在もエリア拡大中です。

WiMAX電波の送信出力向上など、つながりやすさと速度向上が進んでいるため、外出先のどこでも快適にインターネットが利用できますよ。

ただし、WiMAXは他モバイルWi-Fiと比べるとエリアは少し狭い傾向にあるため、エリアを重視するならクラウドSIM系モバイルWi-Fiがおすすめです。

詳細は『WiMAXが提供エリア外の場合はクラウドSIMのモバイルWi-Fiがおすすめ』をご覧ください。

契約前に知っておきたいWiMAXの3つの注意点

WiMAXは利用料金も安く工事不要で手軽に利用できますが、契約する前に知っておきたい注意点もあります。

注意事項について一つずつ見ていきましょう。

提供エリア外の地域もある

WiMAXは全国で利用可能ですが、一部提供エリア外の地域もあります。

提供エリア外だと利用できないため、利用前に提供エリアチェックが必須です。

WiMAXの提供エリアBroad WiMAXのトップページから確認できます。

博士
エリア判定が△または×だった場合でも、調査次第で利用できる場合があるよ!

また、5Gの対応エリアはさらに狭くなるため、ご注意ください。

Broad WiMAXでは、エリアに不安を感じた場合もスタッフへ問い合わせができるので、問い合わせてみましょう。

博士
もしWiMAXがエリア外だったら、3大スマホキャリアのLTE回線を使ったクラウドSIMのモバイルWi-Fiがおすすめだよ!

「ギガ放題プラン」「ギガ放題プラスプラン」でも速度制限がある

WiMAXには「ギガ放題」「ギガ放題プラス」「7GBプラン」の3種類のプランがあります。

ギガ放題プランとギガ放題プランプラスはデータ量の上限なしですが、一定以上のデータ量を消費すると速度制限がかかります。

それぞれのプランの速度制限や月額料金は以下の表のとおりです。

【WiMAXのプラン表】
ライトプランギガ放題プランギガ放題プラスプラン
データ容量7GB/月WiMAX 2+:上限なし(100GB程度)
LTE:7GB/月
WiMAX 2+:上限なし(150GB程度)
LTE:15GB/月
月額料金 ※10~24ヶ月目:2,999円
25ヶ月目~:3,659円
0~2ヶ月目:2,999円
2~24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目~:4,413円
0~24ヶ月目:4,763円
25ヶ月目~:5,313円
通信制限7GB到達後3日間で10GB利用3日間で15GB利用
制限時の条件月末まで翌18時頃~2時頃まで翌18時頃~2時頃まで
通信制限後の速度128Kbps1Mbps1Mbps
メリット使うデータ量が少ない場合は料金が安く済む月間100GB程度の大容量データを使える・月間150GB程度の大容量データを使える
・高速の5G通信を使える
注意点7GBを超えると月末までまったく使えない速度になる通信制限がかかると中速に速度が落ちる・通信制限がかかると中速に速度が落ちる
・5G通信が使えるエリアは限られている
・月額料金が高額


※価格はすべて税込
※1 月額料金はBroad WiMAXの場合

WiMAXはデータ容量が実質無制限のギガ放題プランと、さらに5G通信が使えるギガ放題プラスプランがおすすめです。

しかし、ギガ放題プランは3日間で10GB、ギガ放題プラスプランは3日間で15GB利用すると通信制限がかかります。

博士
3日間で使用できるデータ利用量を超えると、翌18時頃〜2時頃までおおむね1Mbpsの通信速度に制限されてしまうから注意しようね。

高速かつ広いエリアで利用できるハイスピードプラスエリアモードを利用した場合は、月間7GB利用すると128kbpsの通信制限がかかります。

ハイスピードプラスエリアモードを利用する場合は、データ容量に気をつけながら使う必要があることを覚えておきましょう。

キャッシュバックをもらい忘れてしまう可能性がある

キャンペーン特典で高額キャッシュバックをもらえるプロバイダもありますが、キャッシュバックをもらい忘れる可能性があるので注意が必要です。

WiMAXプロバイダのキャッシュバックの受け取り時期や方法などについて、表にまとめました。

【WiMAXプロバイダのキャッシュバック受け取り時期と方法】
窓口名キャッシュバック額受け取り時期受け取り方法
GMOとくとくBB WIMAX(割引)最大6,000円12ヶ月後メール申込
口座振込
GMOとくとくBB WiMAX(キャッシュバック)最大30,000円12ヶ月後メール申込
口座振込
Broad WiMAX最大5,000円6ヶ月後メール申込
口座振込
hi-ho WiMAX最大10,000円要問い合わせ要問い合わせ
BIGLOBE WiMAXデータ端末同時申込でキャッシュバック最大17,000円契約時WEB申込
口座振込

表を見るとわかるとおり、キャッシュバックの受け取り時期が1年後の場合もあり、申請を忘れる可能性が十分あります。

博士
もらい忘れが心配な人は、キャッシュバックの受け取りまでが早い「Broad WiMAX」がおすすめだよ!

WiMAXの申し込みから利用開始までの手順

WiMAXの申し込みから利用開始までの手順についてまとめました。

これからWiMAXの申し込みを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.エリア確認をする

Broad WiMAXのトップページからエリア確認して、お住まいの場所や勤務先などが対応エリアであることを確認しましょう。

2.Web申込をする

Broad WiMAXからWeb申し込みをします。

助手のジョン
Web申込なら、限定キャッシュバックキャンペーンを利用できて、24時間いつでも申し込むことができるので便利!

キャンペーンを利用してお得に申し込むために、必ずWebサイトから申し込みをしましょう。

3.モバイルルーターが届き利用開始

自宅にモバイルルーターが届いたら、端末を起動します。

そして、パソコンやスマホ、タブレットなどでネットワーク設定をしたら、利用開始です。

4.限定キャッシュバックの申し込み

開通月の翌月5日までにキャンペーン申請メールが送られてくるので、メールが到着した月の月末までに振込先口座登録などの手続きをしましょう。

最短で開通月の半月後の月末に、指定した口座にキャッシュバックが振り込まれます。

WiMAXが提供エリア外の場合はクラウドSIMのモバイルWi-Fiがおすすめ

WiMAXが提供エリア外の場合は、以下のクラウドSIMのモバイルWi-Fiがおすすめです。

クラウドSIM系モバイルWi-Fiは、3大キャリアの回線を使えます。

もっともつながりやすい回線を自動で選択するため、>WiMAXよりもネットワークのつながる範囲が広い点が特徴です。

それぞれのクラウドSIM系モバイルWi-Fiについて、詳しくご説明しましょう。

小容量(50GBまで)プランなら「MonsterMOBILE」

引用:MONSTER MOBILE

毎月のデータが少なくてよいという場合は、「MonsterMOBILE」がおすすめです。

【MONSTER MOBILEの概要】
マンスリープランデイリープラン
20GB50GB2GB/日3GB/日5GB/日
対応エリア日本全国
使用回線クラウドWiFi
契約期間1年
スマホセット割なし
初期費用事務手数料3,300円
端末代金0円
月額料金2,090円2,640円2,728円3,278円3,828円
1年間実質料金合計30,470円37,620円38,764円45,914円53,064円
1年間実質月額料金2,344円2,894円2,982円3,532円4,082円
キャンペーン内容端末代金0円


※価格はすべて税込

MonsterMOBILEは月間20GBから150GBまで、またマンスリープランとデイリープランが選べるモバイルWi-Fiです。

自分に合ったデータ量を選べて、しかも実質料金が安いのでおすすめですよ。

月間データ量が20GB、40~50GB、60GBのクラウドSIM系モバイルWi-Fiの料金を比較してみましょう。

【クラウドSIM系モバイルWi-Fiの料金比較表(20GB~60GB)】
回線名月間データ容量契約期間契約期間中の実質料金月額料金
どこよりもWiFi20GB2年2,032円1,900円
ゼウスWiFi2年2,118円0〜3ヶ月目:980円
4ヶ月目以降:2,178円
MONSTER MOBILE1年2,344円2,090円
ギガゴリWiFi ワールドプラン2年2,299円2,167円
どこよりもWiFi2,654円2,400円
ゼウスWiFi2,872円2,618円
MONSTER MOBILE2,894円2,640円
ゼウスWiFi40GB2年2,877円0〜3ヶ月目:1,680円
4ヶ月目以降:2,948円
ギガゴリWiFi ワールドプラン2年3,069円2,937円
THEWiFi2年2,728円2,596円
ゼウスWiFi3,532円3,278円
MONSTER MOBILE50GB1年2,894円2,640円
どこよりもWiFi2年3,032円2,900円
Ex Wi-Fi2年3,080円2,948円
それがだいじWi-Fi2年3,080円2,948円
MONSTER MOBILE3,444円3,190円
どこよりもWiFi3,654円3,400円
MONSTER MOBILE60GB1年2,982円2,728円
縛りなしWiFi3年3,169円3,080円
MONSTER MOBILE3,532円3,278円
縛りなしWiFi1年3,554円3,300円
縛りなしWiFi3,884円3,630円

l※価格はすべて税込

※契約期間なしの場合は1年間の実質料金を記載

MONSTER MOBILEは、月間データ量が50GBと60GBの場合、契約期間ありとなし両方でもっとも安いことがわかります。

次のような人におすすめですよ。

<MONSTER MOBILEがおすすめの人>

  • 小容量のデータを安く契約したい人
  • 自分に合ったデータ量のモバイルWi-Fiを使いたい人
  • WiMAX以外のモバイルWi-Fiを使いたい人

MONSTER MOBILEの申し込みはこちら!

中容量(100GB程度)の縛りなしプランなら「クラウドWiFi」

引用:クラウドWiFi

100GB程度のデータ容量で契約期間のないプランがいいなら、「クラウドWiFi」がおすすめです。

【クラウドWiFiの概要】
契約期間なし
スマホセット割なし
下り平均速度 ※124.72Mbps
初期費用事務手数料3,300円
端末代金0円
月額料金3,718円
2年間実質料金合計96,250円
2年間実質月額料金3,850円
キャンペーン内容端末代金0円
解約金0円

※価格はすべて税込
※1 みんなのネット回線速度より

クラウドWiFiは月間で100GB程度のデータを使える、クラウドSIM系のモバイルWi-Fiです。

以下のような人におすすめですよ。

<クラウドWiFiがおすすめの人>

  • 月間100GB程度のデータを短期間使いたい人
  • WiMAX以外のモバイルWi-Fiを使いたい人

クラウドWiFiの申し込みはこちら!

中容量プラン最安なら「Mugen WiFi」

引用:Mugen WiFi

100GB程度のデータ容量で少しでも安く契約したいなら、「Mugen WiFi」がおすすめです。

【Mugen WiFiの概要】
契約期間2年
スマホセット割なし
下り平均速度 ※112.35Mbps
初期費用事務手数料3,300円
端末代金0円
月額料金3,718円
2年間実質料金合計82,750円
2年間実質月額料金3,310円
キャンペーン内容・端末代金0円

・キャッシュバック13,500円

・30日間おためし全額返金キャンペーン

※価格はすべて税込
※1 みんなのネット回線速度より

Mugen WiFiは月間100GBのデータを使えるクラウドSIM系の中でも、実質料金が安いモバイルWi-Fiです。

月間データ量が100GBのクラウドSIM系モバイルWi-Fiの料金を比較してみましょう。

【クラウドSIM系モバイルWi-Fiの実質料金比較表(月間100GB)】
回線名契約期間契約期間内の実質料金
THEWiFi(通常プラン)2年3,304円
AiR-WiFi1年3,532円
Mugen WiFi2年3,310円
クイックWiFi2年3,530円
どこよりもWiFi2年3,532円
ポケットモバイル2年3,850円
Ex Wi-Fi2年3,850円
それがだいじWi-Fi2年3,850円
AiR-WiFi(まるっとプラン)1年3,862円
AiR-WiFi(サクッとプラン)3,862円
Mugen WiFi(縛りなしオプション)3,593円
ゼウスWiFi2年3,894円
ギガゴリWiFi ワールドプラン2年3,905円
クラウドWiFi3,972円
AiR-WiFi1年3,631円
どこよりもWiFi4,154円
ゼウスWiFi4,962円

※価格はすべて税込
※契約期間なしの場合は1年間の実質料金を記載

以下のような人におすすめですよ。

<Mugen WiFiがおすすめの人>

  • 月間100GB程度のデータを少しでも安く使いたい人
  • WiMAX以外のモバイルWi-Fiを使いたい人

Mugen WiFiの申し込みはこちら!

大容量(150~200GB)の縛りなしプランなら「どこよりもWiFi」

どこよりもWiFi

引用:どこよりもWiFi

150GBから200GB程度の大容量のデータを、しかも、契約期間を気にせず使いたい場合は、「どこよりもWiFi」がおすすめです。

【どこよりもWiFiの概要】
契約期間なし
スマホセット割なし
下り平均速度 ※114.31Mbps
初期費用事務手数料3,300円
端末代金0円
月額料金4,900円
1年間実質料金合計67,000円
1年間実質月額料金5,154円
キャンペーン内容端末代金0円

※価格はすべて税込
※1 みんなのネット回線速度)より

どこよりもWiFiは、月に200GBもの大容量のデータを使えるのに、契約期間を気にせず使えるモバイルWi-Fiです。

次のような人に、おすすめですよ。

<どこよりもWiFiがおすすめの人>

  • 月間200GBの大容量データを使いたい人
  • データを使わない月もある人
  • 契約期間を気にせず使いたい人

どこよりもWiFiの申し込みはこちら!

大容量プラン最安なら「hi-ho Let’s WiFi」

引用:hi-ho Let’s Wi-Fi

200GB程度の大容量のデータをできるだけ安く使いたいなら、「hi-ho Let’s WiFi」がおすすめです。

【hi-ho Let’s WiFiの概要】
契約期間2年
スマホセット割なし
下り平均速度 ※117.14Mbps
初期費用事務手数料0円
端末代金0円
月額料金0~11ヶ月目:3,278円
12ヶ月目~:4,730円
2年間実質料金合計100,826円
2年間実質月額料金4,033円
キャンペーン内容・Let’sお試しキャンペーンで30日返金保証
・端末代金0円

※価格はすべて税込
※1 みんなのネット回線速度より

hi-ho Let’s WiFiは、毎月200GBもの大容量のデータを使えるのに、実質料金がとても安いモバイルWi-Fiです。

次のような人におすすめですよ。

<hi-ho Let’s WiFiがおすすめの人>

  • 月間200GBの大容量データを使いたい人
  • 長期間使う予定がある人

hi-ho Let’s WiFiの申し込みはこちら!

安定した速度を求めるなら契約期間なしの光回線もおすすめ!

安定した速度でネットを使いたいけれど、契約期間が決まっていないほうがよいという人におすすめなのは、次の光回線です。

光回線はモバイルWi-Fiとは違い、固定回線を自宅まで引いているため、通信速度が安定しています。

博士
毎月使えるデータ量に制限がなくて無制限に使えるというのも、モバイルWi-Fiと違うところだね!

ここでは、上記の光回線についてご説明しましょう。

契約期間なしの光回線で最安:enひかり

enひかりは、契約期間がない光回線の中でもっとも安い回線です。

【enひかりの概要】
戸建てマンション
契約期間なし
スマホセット割UQ mobile、ahamoユーザーはenひかり月額料金が110円割引
初期費用事務手数料3,300円
工事費用16,500円16,500円
月額料金4,620円3,520円
2年間実質料金合計143,880円117,480円
2年間実質月額料金5,995円4,895円
キャンペーン内容・Wi-Fiレンタルがいつでも3泊4日無料

※価格はすべて税込

少しでも安く、しかも契約期間を気にせず光回線を契約したい方におすすめですよ。

データ通信量30GB未満でおすすめの光回線:BB.excite光 Fit

そこまで大容量のデータを使わない、契約期間を気にせず使いたいという方におすすめなのは、「BB.excite光 Fit」です。

【BB.excite光(30GB未満)の概要】
戸建てマンション
契約期間なし
スマホセット割なし
初期費用事務手数料4,400円
工事費用19,800円16,500円
月額料金3,520円2,640円
2年間実質料金合計121,880円97,460円
2年間実質月額料金5,078円4,061円
キャンペーン内容

※価格はすべて税込

BB.excite光 Fitは月間データ量が30GB未満であるかわりに、月額料金が安く、しかも契約期間を気にせず使える光回線です。

大容量の通信をすることが少ない人におすすめです。

WiMAXに関するよくある質問

WiMAXについてよくある質問をまとめたので見ていきましょう。

※タップで、記事内の詳しい解説へジャンプします

助手のジョン

WiMAXの気になるポイントをしっかり確認しておこう!

WiMAXのオススメプロバイダは?

WiMAXはプロバイダによって料金やキャッシュバックの有無、端末代金などが変わります。

WiMAXをよりお得に契約したいなら、プロバイダをしっかり比較してもっとも実質料金が安い会社を選びましょう。

今回、14社のプロバイダでもっとも実質料金が安かったのはBroad WiMAXでした。

くわしい解説は【14社比較】 WiMAXのプロバイダでもっともオススメは「Broad WiMAX」!の項目をチェックしてくださいね。

WiMAXの解約には解約金はかかる?

WiMAXは契約期間内に解約すると解約金が発生します

契約期間と解約金はプロバイダによって異なるため、申し込む前には必ず「契約期間」と「解約金」をチェックしてから申し込みましょう。

契約期間1か月~12か月目13か月目~24ヶ月目25か月目以降
BIGLOBE WiMAX1年1,100円0円
UQ WiMAX2年1,100円
KT WiMAX3年10,450円
GMOとくとくBB WiMAX20,900円15,400円10,450円
カシモWiMAX
DTI WiMAX
So-net WiMAX
Tiki モバイル WiMAX24,200円18,700円13,750円
Broad WiMAX31,350円25,850円10,450円

※すべて税込価格

なお、契約更新月に解約する場合は解約金はかかりません。

博士

長期の契約期間が気になるなら、最低利用期間が1年のBIGLOBE WiMAXや、契約期間なしのクラウドSIM系モバイルWi-Fiを検討よう!

BIGLOBE WiMAXを詳しく見る

WiMAXの無料お試しはできる?

Try WiMAX 15日間無料

引用:Try WiMAX

WiMAXはUQ WiMAX公式で「Try WiMAX」という無料お試しサービスを開催中です。

WiMAXを15日間試すことができるので、実際に利用したい場所で電波が通るか、速度や接続状況など問題ないか試せます。

利用したいエリアが提供エリア外に近かったり、しっかり試してから利用したい場合にはオススメですよ。

Try WiMAXを詳しく見る

モバイルルーターとホームルーターはどちらがオススメ?

WiMAXにはモバイルルータータイプとホームルータータイプの機器がありますが、持ち運びたいならモバイルルーター一択です。

自宅でしか使わない場合は、電源コンセントにさすだけで利用でき、充電も不要なホームルーターがオススメ。

ただホームルーターは当然自宅のみでしか利用できないので、少しでも持ち歩く可能性があるならモバイルルーターを選びましょう。

通信エリアはどうやって調べるの?

WiMAXの提供エリアは「UQ WiMAXエリア確認」から確認できます。

ピンク色になっているエリアが利用可能範囲かエリア判定が○であれば利用でき、エリアに色がついていなかったりエリア判定が△か×の場合は利用が難しいでしょう。

ただ提供エリア外でも問い合わせすると詳細な地域で確認してくれるので、利用を希望する場合は問い合わせてみるといいですね。

速度が遅いときはどうするといい?

WiMAXの速度が遅い場合はクレードルを使うことで、改善する可能性もあります。

クレードルとはスタンド型の充電器のことで、利用すると機器を有線LAN接続ができるため速度が速くなります。

博士

ただし、クレードルに対応した機種は現在、WX06のみじゃぞ!

自宅でのインターネットがメインなら、より大型のアンテナが内蔵されたホームルーターのほうが、モバイルルーターより安定した速度で接続できますよ。

簡単な方法ですが、電波は屋外から飛んでくるので機器を窓際に置いてみることもオススメの方法です。

助手のジョン

実際に置き場所を変えただけで、WiMAXの速度が速くなったという人も多いよ!

WIMAXの部屋内の置き場所を試しに変えて見たら、あら不思議(´・ω・`)
あんなに調子悪かったんが解消した様な気がする。。。
ちょっと充電などの運用が面倒やけど、通信安定するのは有難い!

— 夢の吹く頃@~北宇治高校吹奏楽部 第5回定期演奏会 5周年記念公演~ (@Ymnfkkr) February 26, 2021

WiMaxルーターの置き場所を配線が不恰好でもリビングの窓側に移動してから通信速度がすこぶるいい。
現在速度制限中だけどブログへ画像のアップロードも普通にできるしYoutubeも480Pなら途切れずに再生できるし有能。
自室に電波が入らなさすぎたんやね・・・。

— Yotchan (@Gadget_Nyaa) September 12, 2020

同じ建物によっても電波の入りやすい場所があったり、障害物のない高い場所に置くと安定するという声もありますよ。

また、LTEオプションのハイスピードプラスエリアモードを利用すると速度アップを見込めますが、月間7GBのデータ利用制限があることに注意しましょう。

まとめ

この記事では、WiMAXについて詳細にご説明しました。

WiMAXがおすすめなのは、次のような人です。

また、おすすめのプロバイダは、以下のとおりです。

WiMAXが自分に合っていないと感じた場合は、以下のクラウドSIM系モバイルWi-Fiがおすすめですよ。

この記事を読んで、あなたに合ったインターネット回線を探してみてくださいね。