デジタル
通信機器
2021/7/17 20:15

格安SIMの全24社を比較したおすすめ3選!失敗しない選び方のポイントまで詳しく解説

【徹底比較】格安SIM容量別おすすめ回線ランキング!選び方まで詳しく解説

※ 2021年10月時点

スマホ料金が大手キャリアに比べて安い格安SIMですが、選ぶデータ容量や重視したいポイントによってオススメの契約先は大きく変わります。

今回は格安SIM全16社を比較し、あなたにとってもっともお得な会社はどこか解説していきますよ。

結論として、条件別におすすめの格安SIMは以下の通りです!

1GBまでなら!楽天モバイル

楽天モバイル

1GBまでの月額料金がなんと0円!

  • 自社の楽天回線を利用!
  • データ繰り越し可能!
  • 3GB:1,078円~
  • 楽天ポイントプレゼント実施中!

楽天モバイルの詳細をみる

3GBまでなら!NUROモバイル

nuroモバイル公式キャプチャ

3GBまで月額792円でおトク!

  • 3大携帯電話キャリアから選べる!
  • データ繰り越し可能!
  • ソニーグループが運営
  • 3GB:792円~
  • キャッシュバック実施中!

NUROモバイルの詳細をみる

20GB以上の大容量なら!exciteモバイル

選べる段階制or定額制プランで月額料金も安い!

  • au・ドコモ回線で高速通信!
  • データ繰り越し可能!
  • 3GB:月額880円~
  • 20GBの大容量プランも月額2,068円

exciteモバイルの詳細をみる

データが繰り越せる!無料お試しも可能なUQモバイル

SIMだけなら最大10,000円キャッシュバック!

  • au LTE回線で安定!
  • データ繰り越し可能!
  • 月額料金1,628円~
  • 15日間無料でお試し利用ができる

UQモバイルの詳細をみる

博士
今回はあなたにあわせた格安SIMの選び方を、3つのポイントから解説するよ!

キャリアスマホから格安SIMに乗り換える際に知っておきたい5つの注意点も解説するので、しっかり読んで本当にお得なサービスを見つけてくださいね。

格安SIM16社総合比較!選ぶ際に3つのポイントをチェックしよう

格安SIMはau・ドコモ・ソフトバンクの3大スマホキャリアの回線を借りて安い料金でスマホが使えるサービスです。

博士

月額料金やデータ容量、キャンペーンなどは格安SIM会社によって異なるのじゃ!

まずは主要16社の格安SIMサービスを、一挙比較してみましょう!

月額料金回線5G対応平均速度※1キャンペーン
楽天モバイル1GB:0円
3GB:1,078円
20GB:2,178円
20GB~:3,278円
楽天下り:29.01Mbps
上り:17.02Mbps
・機種購入で
楽天ポイント還元
・月額料金
3か月無料
・乗り換え
キャンペーン
LinksMate1GB:737円
3GB:902円
5GB:1,210円
10GB:1,870円
20GB:2,970円
30GB:3,905円
50GB:5,500円
ドコモ下り:53.75Mbps
上り:10.24Mbps
OCNモバイル
ONE
1GB:770円
3GB:990円
6GB:1,320円
10GB:1,760円
ドコモ下り:53.96Mbps
上り:11.24Mbps
・対象端末割引
・かけ放題オプション
12か月割引
BIGLOBE
モバイル
1GB:1,078円
3GB:1,320円
6GB:1,870円
12GB:3,740円
20GB:5,720円
30GB:8,195円
・ドコモ
・au
下り:25.63Mbps
上り:8.54Mbps
・3,000Gポイント
プレゼント
・家族割
・光回線との
セット割
・エンタメフリー
6か月無料
イオン
モバイル
1GB:1,078円
3GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:2,068円
20GB:2,398円
50GB:6,578円
・au
・ドコモ
下り:23.63Mbps
上り:7.3Mbps
・乗り換え
キャンペーン
・60歳以上割引
J:COM
モバイル
1GB:1,078円
5GB:1,628円
10GB:2,178円
20GB:2,728円
au下り:46.26Mbps
上り:10.68Mbps
・月額料金
12か月割引
・60歳以上割引
b-mobile 1GB:1,089円
3GB:1,529円
5GB:1,969円
10GB:3,069円
20GB:5,269円
・ドコモ
・ソフトバンク
下り:28.27Mbps
上り:8.91Mbps
mineo1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
・au
・ドコモ
・ソフトバンク
下り:29.67Mbps
上り:9.93Mbps
・端末購入で
電子マネー還元
・パケット放題Plus
2か月無料
・5Gオプション
6か月無料
IIJmio2GB:858円
4GB:1,078円
8GB:1,518円
15GB:1,848円
20GB:2,068円
・ドコモ
・au
下り:42.26Mbps
上り:9.64Mbps
・最大10、000円
電子マネー還元
・対象端末割引
・乗り換え
キャンペーン
BIC SIM2GB:858円
4GB:1,078円
8GB:1,518円
15GB:1,848円
20GB:2,068円
・au
・ドコモ
・ソフトバンク
下り:45.01Mbps
上り:9.21Mbps
・データ増量
3か月無料
・長期利用割引
・光回線との
セット割
NUROモバイル3GB:792円
5GB:990円
8GB:1,485円
・au
・ドコモ
・ソフトバンク
下り:19.59Mbps
上り:9.65Mbps
・対象機種で
4,000円
キャッシュバック
excite
モバイル
~3GB:880円
7GB:1,430円
12GB:1,980円
17GB:2,750円
25GB:3,245円
・au
・ドコモ
下り:66.8Mbps
上り:15.28Mbps
・3,000円分の
電子マネー還元
LINEMO3GB:990円
20GB:2,728円
ソフトバンク下り:19.41Mbps
上り:6.71Mbps
・10,000円相当
のPayPay還元
・通話オプション
1年間無料
UQモバイル3GB:1,628円
15GB:2,728円
25GB:3,828円
au下り:46.02Mbps
上り:9.49Mbps
・最大10,000円
キャッシュバック
・自宅セット割
・データ増量1年無料
・15日間無料お試し
ワイモバイル3GB:2,178円
15GB:3,278円
25GB:4,158円
ソフトバンク下り:50.97Mbps
上り:11.94Mbps
・最大10,000円相当
のPayPay還元
・データ増量1年無料
・家族割
・学割
・光回線とのセット割
FUJI SIM(ドコモ・au)
12GB:1,958円
30GB:2,860円
(ソフトバンク)
50GB:3,190円
100GB:4,290円
・au
・ドコモ
・ソフトバンク
下り:20.13Mbps
上り:14.85Mbps

※価格はすべて税込
※各種キャンペーン適用前の音声通話プラン料金
※1:みんなのネット回線速度参照

格安SIMサービスはプランも料金も多様なので、自分にあったものを見つけるために以下の3つのポイントをチェックしてみるといいでしょう。

博士

契約先やプラン選びで重要なポイントだから、しっかり読んで自分に当てはまるサービスを見つけよう!

助手のジョン

格安SIM16社の中でとくにオススメの契約先ものちほど紹介するから、参考にしてね!

通話もするなら音声付きSIMを選ぶ

格安SIMのデータープランは、大きくジャンル分けすると「音声付きSIM」と「データー通信SIM」の2種類が存在します。

  • 音声付きSIM:電話番号付きで、大手キャリア同様に使用できるSIMカード
  • データー通信SIM:ネットだけ利用することができるSIMカード
    (LINEやSkypeなど通話アプリの利用は可能)

格安SIM会社全体の共通点として「データー通信SIM」より「音声付きSIM」の利用料金が若干高くなってしまいます。

「データー通信SIM」での利用も、LINEやSkypeなどの通話アプリを駆使することで従来通りのスマホとして使用することも可能ですよ。

博士
ただし、電話番号が必要な場面やSMS認証、LINEが引き継げないなど、音声付きSIMを選ばないとできない機能もあるから気をつけよう!

初めて格安SIMを利用する場合は「音声付きSIM」を利用した上で、徐々に慣れてから「データー通信SIM」への以降がおすすめです。

現在キャリアスマホでお使いの電話番号も「MNP(ナンバーポータビリティ)」という手続きをすれば、格安SIMでもそのまま使えますよ。

MNPについてはのちほど解説しているので、あわせて読んでみてくださいね。

どのキャリア回線を利用するか確認する

格安SIMを契約する際には、使用する回線がどのキャリアのものか事前に確認する必要があります

理由は格安SIMがメインで利用している使用回線によって、通信速度や提供エリア、契約できるプランが異なる場合があるためです

格安SIM会社は以下の大手3キャリアの回線をレンタルし、利用ユーザーへサービス提供を行っています。

  • docomo
  • ソフトバンク
  • au

引用:UQモバイル

博士
格安SIM会社はキャリアから回線を借りてサービスを提供することで、設備投資をしなくていい分料金を安く下げられるのじゃ。

また、今キャリアでお使いのスマホやタブレットなどのデバイスをそのまま使いたいなら、同じキャリアのSIMカードでなければ利用できないこともあります。

助手のジョン

お使いの端末に対応したキャリア回線かも、確認しておこう!

ちなみに、端末によっては「SIMロック解除」という手続きでほかのキャリア回線の格安SIMも使えるようになる場合があります。

SIMロック解除についてはのちほど、くわしく解説しますね。

自分にあったデータ容量を選ぶ

格安SIMで契約できるプランはキャリアスマホと同様、1か月のデータ容量によって月額料金が変わります。

当然、月に1~3GB程度の小容量なら料金は安く抑えられますが、たっぷりインターネットを使いたい人なら大容量のプランが必要ですよね。

博士
自分がどれくらいのデータ容量を必要としているか理解しておけば、料金もムダに支払うことなくぴったり使えるぞ!

あなたにあったデータ容量の目安を見極めるために、以下の3パターンにわけておすすめできる人などを解説していきます。

助手のジョン

自分はどのパターンに当てはまるのか、考えながら読んでみてね!

【通信容量1GB】外出する機会が少ない方に最適

外出先でインターネットを使用する機会が少ないユーザーは、「〜1GB」のデータ容量で十分でしょう。

【1GBの利用目安】

平均月額料金1,000円前後
ホームページ閲覧約3,000ページ
LINE電話約50時間
SNS約3,100回
(Twitter/テキストのみ)
YouTube視聴(標準画質)約3時間

各格安SIM会社では1GBプランを、毎月1,000円前後という破格の利用料金で契約することが可能です。

特に家に光回線などのWi-Fi環境があり、外出する機会の少ない在宅ワークや、専業主婦の方であれば真っ先に視野に入れておきたい通信容量になります。

【データ容量1GBプラン】格安SIM16社比較へジャンプ!

【通信容量3GB】外出先では動画などの大容量通信を行わない方に最適

適度な通信量を使用するバランスの取れた料金プランで、ある程度スマホを利用をしたい方に最適なのが「通信容量3GB」のプランです。

【3GBの利用目安】

平均月額料金1,500円前後
ホームページ閲覧約9,000ページ
LINE電話約150時間
SNS約10,000回
(Twitter/テキストのみ)
YouTube視聴(標準画質)約9時間

格安SIMならではの低価格な利用料金体制にも関わらず、適度なデータ通信量があるので利便性が高いですね。

博士

ほぼ毎日外出先でスマホを使うけど、動画再生などデータ消費が大きいコンテンツは利用せず、SNSやネット閲覧が中心の方におすすめできる通信量だよ!

【データ容量3GBプラン】格安SIM16社比較へジャンプ!

【20GB以上の大容量】時々外出先で動画視聴や画像コンテンツを楽しむ方に最適

毎日YouTubeなどで動画を1時間以上視聴する方は大容量通信の格安SIMがおすすめです。

【20GBの目安】

平均月額料金2,500円以上
ホームページ閲覧約60,000ページ
LINE電話約1,000時間
SNS約62,000回
(Twitter/テキストのみ)
YouTube視聴(標準画質)約300時間
博士
キャリアスマホでしょっちゅうデータ容量が足りずに速度制限になる方も、格安SIMなら安い料金で大容量プランが契約できるぞ!

ただし通信量を増やせば増やすほど月額料金が高くなってしまう点に注意が必要です。

【20GB以上の大容量】格安SIM16社比較へジャンプ!

【データ容量1GBプラン】低価格の格安SIM会社を比較・人気のサービスランキング

「音声SIM」のデーター容量1GBで人気の格安SIM会社やプランを比較検討した場合、ランキングで順位掲載すると以下の通りになります。

【音声1GBプラン利用料ランキング】

順位格安SIM会社利用料金
1位★楽天モバイル0円
2位LinksMate737円
3位ocnモバイル770円
4位NUROモバイル792円(3GB)
5位IIJmio858円(2GB)
5位BIC SIM858円(2GB)

上の表からもわかるように、1GBプランの音声通話SIMを検討している人は月額料金がなんと0円の楽天モバイルを選んでおいて間違いないです。

博士

現在は、利用エリアも拡大しており多くのところで利用することができるぞ!

また、2番目に1GBプランが安いLinksMateは、ゲームやSNSのデータ容量がカウントされない「エンタメフリーオプション」が魅力ですよ。

それでは、1GBプランの格安SIM会社でオススメ2社の概要や料金プランの詳細を深堀りしていきます。

助手のジョン

ひとつずつ詳しく見ていこう!

1GBまで月額0円!楽天モバイル

楽天モバイル

引用:楽天モバイル

『楽天モバイルの特徴』
  • 1GB未満は、驚異の利用料0円
  • 毎月の利用通信量によって料金が決定
  • 国内通話かけ放題(専用アプリ利用時)
  • 5Gオプションを利用できる
  • 2021年夏よりキャリアメールも利用可能
  • 自社基地局が拡大中

格安SIM業界に衝撃を与えたのが、2021年4月より開始された楽天モバイルの新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」です。

「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」は、あらかじめ自分で必要なデータ容量を選んで契約する従来型の格安SIMのプランと異なり、自動で毎月使った分だけの利用料金が算出されます。

引用:楽天モバイル

毎月1GB未満の利用であれば利用料金が0円になる料金体制を採用しているため、スマホの利用料金そのものを無くすことが可能です。

助手のジョン

ほとんどスマホを使わなかった月は0円なんて、びっくりだね!

自宅にWi-Fi環境があり、外ではあまりスマホのデータ通信を利用しない方であれば、楽天モバイルへ乗り換えなければ損とも言える内容になっています。

利用回線は楽天の自社回線とパートナー回線と呼ばれるau回線が入り混じっている状況ですが、今後全て楽天の回線に移行する予定です。

引用:楽天モバイル

博士
楽天の基地局拡大が随意進んでおり、今後は更に快適に利用できるエリアが増える予定じゃ!

楽天モバイルの公式サイトはこちら

スマホ料金を抑えてゲームもたっぷり楽しみたいならLinksMate

LinksMate公式キャプチャ

引用:LinksMate

『LinksMateの特徴』
  • 豊富な料金プラン
  • 5Gオプションを利用できる
  • カウントフリーオプション付き
  • 最低利用期間違反による違約金などの縛りなし
  • 対象コンテンツと連携機能で特典獲得可能

2021年3月18日に新料金プランを導入した、docomo回線利用の格安SIM業者が「LinksMate(リンクスメイト)」です。

「LinksMate」ではスマホゲームなど、指定コンテンツであれば通信量のカウントが行われないカウントフリーオプションが魅力ですよ。

博士

カウントフリーオプションは月額550円だけど、データ容量を大幅に抑えられるから小容量プランで節約できるぞ!

引用:LinksMate

カウントフリーの指定コンテンツであるスマホゲームの一例としては、以下のようなものがあげられます。

  • ウマ娘プリティーダービー
  • ワールドフリッパー
  • 釣り★スタ
  • エレメンタルストーリー
  • プリンセスコネクト!Re:Dive
  • シャドウバース
  • グランブルーファンタジー

加えてゲームとサービスアカウントを連携することにより、限定アイテム配布などの特典を受けることが可能です。

また音声付きSIMであれば、近年拡大中の5Gオプションも利用することが可能なのも嬉しいポイント

助手のジョン

対象コンテンツのファンで、毎月の通信量を大幅に利用するユーザーであれば特に利用価値の高い格安SIM会社だね!

LinksMateの公式サイトはこちら

【データ容量3GBプラン】低価格の格安SIM会社を比較・人気のサービスランキング

「音声SIM」のデーター容量3GBで人気の格安SIM会社やプランを比較検討した場合、ランキングで順位掲載すると以下の通りになります。

【音声3GBプラン利用料ランキング】

順位格安SIM会社利用料金
1位★NUROモバイル792円
2位exciteモバイル880円
3位LinksMate902円
4位ocnモバイル990円
4位LINEMO990円
5位楽天モバイル1,078円

ある程度外でスマホは使うけど、家の中では光回線などがあるという方は、月間3GBまでのプランを契約しておくと安心です。

博士

月間3GBあれば通勤通学の10~15分ほどなら、毎日YouTubeの標準画質を視聴できるぞ!

3GBまでの格安SIMを安くお得に契約できるのはNUROモバイルで、月額料金は792円です。

助手のジョン

1GBで2番目に安いLinksMateは月額737円だったから、3GBで700円台のNUROモバイルは安いね!

また、2番目に安いexciteモバイルは1か月に利用したデータ容量にあわせて毎月の料金が決まります。

3GBまでなら月額880円なので、1GB~3GBの間でデータ消費量にムラがある方はexciteモバイルを選ぶと安心ですよ。

では、3GBまでの格安SIMのオススメ2社をくわしく解説していきましょう。

安くて魅力!3GBまでの格安SIMでならNUROモバイル

nuroモバイル公式キャプチャ

引用:NUROモバイル

『NUROモバイルの特徴』
  • 3GBで最安価格
  • エントリーパッケージで初期費用を節約可能
  • 違約金縛りなし
  • 10分以内の通話かけ放題オプション有り
  • データー繰越機能付き

プロバイダや光回線事業者として信頼の厚いソニーネットワークコミュニケーションズが提供する格安SIMが「NUROモバイル」です。

「NUROモバイル」では、大手3キャリア回線に対応しているため、利用回線に囚われず契約先を選べます

引用:nNUROモバイル

利用データー通信量3GBで月額利用料金800円を下回る数少ない格安SIM会社で、安価にも関わらず速度が早い通信品質の高さも魅力です。

さらに、指定端末の購入とあわせて申し込めば、4,000円のキャッシュバックが受け取れますよ。

引用:NUROモバイル

またデーター繰越し機能や同じ「NUROモバイル」利用ユーザーであればギフト機能でデーター通信を分け合えるのも、嬉しいメリットでしょう。

NUROモバイルルの公式サイトはこちら

~3GBまで定額の料金設定が安心!exciteモバイル

引用:exciteモバイル

『exciteモバイルの特徴』
  • 料金は使った分だけ支払う段階性も選べる
  • 追加オプション豊富
  • 余ったデーター容量は翌月に繰越可能
  • 低速、高速の使い分けができる

2021年4月からの料金体制変更により、exciteモバイルは3GBの利用プランが数ある格安SIM会社でもトップレベルの安さを実現しました。

博士

exciteモバイルでは6段階で利用通信量に応じて支払額が変化する「Fit」と、定額料金プラン「Flat」プランの2種類が選べるようになったぞ!

段階制で料金が設定されている「Fit」では音声SIMを利用している場合、1か月のデータ容量によって月額料金は以下の表のとおり変動します。

データ使用量月額料金
~0GB495円
~3GB880円
~7GB1,430円
~12GB1,980円
~17GB2,750円
~25GB3,245円

利用する通信量が少なければ少ないほど、オトクに利用することができるのもExciteモバイルの魅力。

特に7GBまでの利用であれば、他社格安SIMサービスより利用料金が最安値近くに設定されています。

引用:exciteモバイル

助手のジョン
3GBまでのデータ容量で毎月おさまる人は、exciteモバイルをぜひ検討しよう!

exciteモバイルの公式サイトはこちら

【20GB以上の大容量】低価格の格安SIM会社を比較・人気のサービスランキング

外出先でもインターネットをよく使う方や、家にWi-Fi環境がない方は、月間20GB以上の大容量プランを契約しましょう。

20GB以上の大容量通信が可能な格安SIM会社を比較した場合、オトクに利用できる契約先のランキングは以下の通りです。

【音声付き大容量通信利用料ランキング】

順位格安SIM会社利用料金
1位★exciteモバイル(20GB)2,068円
1位IIJmio(20GB)2,068円
1位BIC SIM2,068円
2位mineo(20GB)2,178円
2位楽天モバイル(20GB)2,178円
3位イオンモバイル2,398円
4位LINEMO(20GB)2,728円
4位J:COMモバイル(20GB)2,728円
5位楽天モバイル(無制限)3,278円

データ容量が増えると当然月額料金も高くなりますが、格安SIM会社によっては2,000円ほどで20GBまで使える会社も存在します。

とくに、exciteモバイルは20GBまでのプランを定額制で申し込むと、月額2,068円と最安値で利用できますよ。

mineoも大容量プランが安く契約できるうえに、データが余っても繰り越しサービスが充実しているのでオススメです。

exciteモバイルの定額制プランなら20GBの大容量が安い!

引用:exciteモバイル

『exciteモバイルの特徴』
  • 料金プラン、オプションが豊富
  • 2種類のプランから選択可能
  • エキモバ電話で通話料半額
  • 通信モード切り替え可能

利用通信量に応じて支払額が変化する「Fit」と、定額料金プラン「Flat」プランの2種類が存在するexciteモバイル。

引用:exciteモバイル

exciteモバイルでは20GBの大容量通信を定額制の「Flat」で申し込むと、月額2,068円という安さで利用できます。

助手のジョン

小容量だとFitプランのほうがお得だったけど、大容量になるとFlatのほうが安いんだね!

格安SIM会社を複数比較した中でもトップクラスの安さを誇っており、毎月定額で使いすぎる心配がない点が魅力です。

家庭用Wi-Fiがなく、大容量のデーター通信が利用できる格安SIM会社を検討している方は有力候補として考えてみてくださいね。

>exciteモバイルの公式サイトはこちら

データ繰り越し可能で大容量プランでも安心のmineo

引用:mineo

『mineoの特徴』
  • 余ったパケットを翌月へ繰越可能
  • 利用制限や違約金は一切なし
  • トリプルキャリア回線対応
  • 大容量通信でも低価格

トリプルキャリア通信に対応した数少ない格安SIM会社であるmineoは、月20GBの大容量プランを月額税込2,178円で利用可能です。

博士
mineoは余ったデータ容量を翌月まで持ち越しが可能だから、ムダがないぞ!

さらに、mineoはパケットシェア機能「フリータンク」から毎月1GBまで無料で利用できます。

引用:mineo

つまり、20GBのデータープランで契約した場合、繰り越しとフリータンクの利用で最大42GB近くの通信量までのデータ通信を使える可能性がありますよ。

格安SIMへの切り替えを検討しているものの、データ容量があまったり逆に足りなかったりすることが不安な方はmineoで上手にスマホを利用しましょう。

>mineoの公式サイトはこちら

外出先で「ギガ食い」するユーザーには…

格安SIMなら大容量のデータプランも安く契約できるのでお得ですが、自宅にインターネット環境がなく、スマホのデータ容量がすぐになくなってしまう方もいらっしゃるでしょう。

大容量の格安SIMを利用したスマホ料金は、データ容量によっては大手キャリアと変わらないくらい高額になってしまうこともあります。

助手のジョン

外でもっとたくさんインターネットができて、なおかつ通信費を抑える方法はないかな?

外で動画視聴やストリーミング再生などをたっぷり行いたい方におすすめなのが「小容量プランの格安SIM」+「ポケット型Wi-Fi」の併用です。

ポケット型Wi-Fiであれば低価格で大容量通信を外出先でも行え、複数の通信機器を接続することもできますよ。

また光通信のように開通工事も必要がないので、賃貸に住んでいる利用者でも気軽に契約できるのもポケットWi-Fiのメリットです。

格安SIMとポケットWi-Fiの併用を検討したい方には、以下の記事でおすすめの契約先を紹介しているので参考にしてみてください。

目的別おすすめの格安SIM会社3選

格安SIM会社は自分にあったデータ容量でもっとも安く契約できるところを選ぶのが大前提ですが、快適にスマホを利用する上で重視したいポイントもありますよね。

以下の3つの目的別におすすめしたい格安SIM会社もまとめました。

博士

とくにこだわりがある人はぜひチェックしてね!

データ容量が繰り越しできる格安SIMを契約したい

1か月にどれくらいインターネットをするか分からない人や、月によって使い方に差がある人は、契約したデータ容量をムダなく繰り越せればうれしいですよね。

データ容量を翌月に繰り越して使えるかどうかは、契約する格安SIM会社によって異なります。

引用:UQモバイル

博士

主要格安SIM16社でデータの繰り越しができるか、調査してみたぞ!

現在、ほとんどの格安SIMがデータ容量の繰り越しができます。

ただし、データ容量の繰り越しはどの会社も翌月までしかできないので、2か月以内に使いきってしまいましょう。

データ繰り越し可能で信用度も◎!UQモバイル

UQモバイル公式

引用:UQモバイル

『UQモバイルの特徴』
  • 余ったパケットを翌月へ繰越可能
  • auのサブキャリアで高速通信
  • 最大10,000円キャッシュバック
  • 全国に実店舗あり
  • 15日間無料お試しキャンペーン実施中

UQモバイルでは余ったデータ容量が翌月まで繰り越せるので、あまりインターネットを使わなかった月でも損をしません。

引用:UQモバイル

UQモバイルは3つのデータ容量からプランを選べますが、15GBと25GBプランなら万が一データ容量を使いきってしまっても最大1Mbpsの速度で月末まで利用できます。

助手のジョン

1MbpsはYouTubeも標準画質で見られる程度の速度だから安心だね!

引用:UQモバイル

また、UQモバイルは携帯電話キャリアのauを親会社に持ち、自社のau回線を利用できるので、速度も安定していますよ。

日本全国に実店舗があり、15日間無料でお試し利用ができるなど、安心して契約できるポイントがたくさんあるので、初めて格安SIMを利用する方にもオススメです。

博士
さらに、他社回線からの乗り換えでSIMだけプランを契約すると、最大10,000円のキャッシュバックがもらえるぞ!

引用:UQモバイル

乗り換えを検討中の方も、UQモバイルでぜひお得に格安SIMを契約しましょう。

UQモバイルの公式サイトはこちら

速度重視の格安SIMを契約したい

格安SIMの通信速度は利用する回線や、会社ごとに割り当てられた回線の太さによっても異なります。

博士

格安SIMごとに実際に出ている速度をみんなのネット回線速度を参考にまとめてみたぞ!

格安SIM各社で利用している回線とあわせて、比較してみましょう。

回線平均速度※1
exciteモバイル・au
・ドコモ
下り:66.8Mbps
上り:15.28Mbps
OCNモバイル
ONE
ドコモ下り:53.96Mbps
上り:11.24Mbps
LinksMateドコモ下り:53.75Mbps
上り:10.24Mbps
ワイモバイルソフトバンク下り:50.97Mbps
上り:11.94Mbps
J:COMモバイルau下り:46.26Mbps
上り:10.68Mbps
UQモバイルau下り:46.02Mbps
上り:9.49Mbps
BIC SIM・au
・ドコモ
・ソフトバンク
下り:45.01Mbps
上り:9.21Mbps
IIJmio・ドコモ
・au
下り:42.26Mbps
上り:9.64Mbps
mineo・au
・ドコモ
・ソフトバンク
下り:29.67Mbps
上り:9.93Mbps
楽天モバイル楽天下り:29.01Mbps
上り:17.02Mbps
b-mobile ・ドコモ
・ソフトバンク
下り:28.27Mbps
上り:8.91Mbps
BIGLOBEモバイル・ドコモ
・au
下り:25.63Mbps
上り:8.54Mbps
イオンモバイル・au
・ドコモ
下り:23.63Mbps
上り:7.3Mbps
FUJI SIM・au
・ドコモ
・ソフトバンク
下り:20.13Mbps
上り:14.85Mbps
NUROモバイル・au
・ドコモ
・ソフトバンク
下り:19.59Mbps
上り:9.65Mbps
LINEMOソフトバンク下り:19.41Mbps
上り:6.71Mbps

格安SIM16社でもっとも実測速度が速かったのは、exciteモバイルです。

速度重視なら!exciteモバイル

選べる段階制or定額制プランで月額料金が安い!

  • au・ドコモ回線で高速通信!
  • データ繰り越し可能!
  • 3GBが880円~と安い
  • 20GBの大容量プランも月額2,068円

exciteモバイルの詳細をみる

助手のジョン

下り平均66.8Mbpsのexciteモバイルは、高画質の動画やゲームでも快適にサクサク楽しめるよ!

5G対応の格安SIMを契約したい

3大携帯電話キャリアでは2020年から5Gに対応した通信サービスが提供されるようになりました。

5Gとは第5世代移動通信システムと呼ばれ、従来の100倍以上の速度でよりたくさんのデータを送受信できる最新の通信規格です。

格安SIMでも会社によっては、5Gに対応していますよ。

5G対応5Gオプション料金
UQモバイル無料
楽天モバイル無料
LinksMate無料
J:COMモバイル無料
mineo220円
IIJmio無料
BIC SIM無料
LINEMO無料
ワイモバイル無料
NUROモバイル
OCNモバイル
ONE
BIGLOBEモバイル
イオンモバイル
b-mobile
exciteモバイル
FUJI SIM

5G対応の格安SIM各社ではオプション料金無料で、利用できるところがほとんどです。

mineoだけ唯一、5Gオプション料金として月額220円がかかりますよ。

助手のジョン

ただし、mineoは新規の5G利用申込者は6ヶ月間オプション料金が無料になるキャンペーン中だよ!

5G対応端末をお使いの方は、5Gに対応したSIM カードを契約できる会社を選んで、より高速でインターネットを楽しみましょう。

ただし、5Gに対応したエリアはまだ限られているので、お住まいの地域やよく行く場所が提供エリアになっているかもチェックしておいてくださいね。

格安SIMに乗り換える上での5つの注意点

料金を抑えてお得に契約できる格安SIMですが、キャリアから乗り換える際には以下の5点に注意をしましょう。

格安SIMは注意点を押さえておかなければ料金が安くならないだけでなく、最悪の場合スマホが使用できなくなってしまいますので、必ずチェックしてくださいね。

使用予定のデバイスがSIMロック解除端末か確認する

大手キャリアで購入したスマホをそのまま使う場合、指定のキャリア回線以外が利用できないよう「SIMロック」が施されています。

「SIMロック」が施された端末で、ほかのキャリア回線を使うためには「SIMロック解除」と呼ばれる処置を行わなれければいけません

引用:UQモバイル

博士

格安SIMを利用する際には、SIMロックの解除を行い「SIMフリー端末」と呼ばれる状態にしておくと安心じゃ!

ただし、「SIMロック」は大手キャリア解約後には、解除することができないこともあるので事前に確認を行っておきましょう。

使用端末のSIMカードの種類を確認する

格安SIMを利用する場合、使用予定のデバイスに適応したSIMカードを適切に選択する必要があります。

スマートフォンに挿入するSIMカードは大きく分けて3種類あり、適応外のSIMカードを選択した場合は利用できませんよ。

  • 標準SIM
  • micro SIM
  • nano SIM

最近のスマホはnano SIMを利用する端末が殆どですが、中には例外的な製品も存在します。

SIMカードの対応サイズを調べる方法は、各格安SIM会社の公式HPより「動作確認端末一覧」などで確認することが可能です。

博士
利用したい端末が希望の格安SIMと対応しているか、しっかりと事前確認を行っておこう!

電話料金が高くなりがち

格安SIMを利用する際は、電話番号を使用した通話を行うとキャリアより料金が高くなることがあります。

そのため仕事の都合上など、頻繁に音声通話を利用する機会のある方は格安SIMでかけ放題オプションなどのサービスが利用できる会社を選びましょう。

助手のジョン
SkypeやLINEなどの無料音声通話アプリでなら、無料で電話ができるよ!
博士
もともと、電話番号を利用した音声通話を行っていない人にとっては、問題ではないかもしれないね!

キャリアメールが使えなくなる

大手キャリアのように格安SIMでは、キャリアメールを使用することができない業者が数多く存在します。

また以前まで使用していた大手キャリアメールのアドレスは、残念ながら使用することができなくなってしまう場合も

格安SIMへの乗り換えを決定した場合は、キャリアメールで受信していたメールの転送先を新たに変更しておきましょう。

博士
Gmailなどを利用してフリーメルアドレスを作成しておくと、スマホを乗り換えても困らないよ!

電話番号を引き継ぐためにはMNP予約番号の発行が必要

大手キャリアと同じようにスマホを使用したい場合、格安SIMへ移行した後でも電話番号を使用し続けるためには「MNP」と呼ばれる手続きが必要です。

「MNP」とは同じ電話番号を引き続いて使用するための手続きの総称で、転出するためにはMNP予約番号を発行する必要があります。

助手のジョン
MNP予約番号の発行方法は、現在契約している通信会社によって異なるので公式HPで手順を確認しておこう!

また予約番号発行時には電話での手続きとなる利用会社が大半ですが、利用者の流出を防ぐため引き止め営業が行われる場合があります。

キャンペーンで利用し続けたほうがオトクに聞こえるよう誘導されることもありますが、どちらがお得かを事前にしっかり検討して、乗り換えを決めたのならはっきりと伝えましょう。

格安SIMでよくある質問

格安SIMを利用する上で、多数の人が疑問に思うよくある質問をまとめました。

それぞれくわしく解説していきましょう。

格安SIMの料金相場はどれくらい?

格安SIMの料金相場は、月間データ容量ごとに大きく異なります。

博士

月間データ容量ごとの月額料金相場をまとめたからチェックしてね!

【月間データ容量ごとの料金相場】

  • 月間1GBまで:0円~1,000円
  • 月間3GBまで:800円~1,500円
  • 月間20GBまで:2,000円~3,000円
  • 無制限:3,200円~

普段、主にLINEなどしか使わない人という人は、月間1GBもしくは月間3GBのプランで十分でしょう。

助手のジョン

自宅にWiFi環境がある人なども月間3Gのデータ容量で十分なケースが多いね!

1GBのデータ容量でできることのリストをまとめたのでご自身の容量プランを選ぶ際の参考にしてみてください。

項目できること
Webサイト閲覧約3200ページ
YouTube(標準画質)約3時間
LINE通話約50時間
LINEビデオ通話約3時間

月間データ容量別でおすすめの格安SIMを紹介しているので是非参考にしてみてください。

データ容量1GBプランの比較結果へジャンプ
データ容量3GBプランの比較結果へジャンプ
大容量20GBプランの比較結果へジャンプ

通信速度は大手キャリアより遅い?

結論から言うと格安SIMの速度は、解約する会社と回線によって異なるので一概には言えません。

ただし、格安SIMは大手キャリアの回線をレンタルしているので、大手キャリアユーザーと比べて回線を利用できる優先度が低くなってしまいます。

特に平日の12:00〜13:00等、利用者が集中しやすい時間帯は回線が込み合ってしまうため通信速度が遅くなる場合がありますよ。

博士

ただし、今後は高速通信システムである5Gの普及に伴い、回線の混雑も解消されていくことが予想されているぞ!

今回は格安SIM16社で速度比較も行ったので、高速通信できる会社で契約したい方は参考にしてくださいね。

格安SIMは5Gに対応している?

格安SIMでも、5Gに対応している会社があります。

格安SIMで5Gが使えるサービスでは、オプション料金も無料で快適なインターネットを提供している会社がほとんどですよ。

5G対応格安SIM会社の比較結果も解説していますので是非参考にしてみて下さい。

大手キャリアで2年契約の期間が残っている場合は、待ったほうが良い?

結論として大手キャリアで2年縛りによる違約金の発生する場合でも、早めに乗り換えたほうが得する可能性が高いです。

例えば残り1年半以上の契約で縛りが発生している大手キャリアを利用し続けている場合と、格安SIM会社の利用を続けた場合で比較してみましょう。

大手キャリア利用時格安SIM会社
月々の利用料5,000円1,500円
1年間利用額60,000円18,000円

それぞれの例で比較した場合、年間で42,000円に及ぶ利用額の差が発生する計算となります。

そのため例え2年間の縛りによる、1〜2万円近くの違約金が発生する場合でも早めに格安SIMへ乗り換えなければ数万円以上の損失に繋がることも。

博士

早めに違約金を払って乗り換えたほうが元を取れてしまう場合もあるため、料金比較を行ってみよう!

まとめ

今回は格安SIM16社を徹底比較し、データ容量や希望にあわせて以下の契約先をオススメしました。

1GBまでなら!楽天モバイル

楽天モバイル

1GBまでの月額料金がなんと0円!

  • 自社の楽天回線を利用!
  • データ繰り越し可能!
  • 3GB:1,078円~
  • 楽天ポイントプレゼント実施中!

楽天モバイルの詳細をみる

3GBまでなら!NUROモバイル

nuroモバイル公式キャプチャ

3GBまで月額792円でおトク!

  • 3大携帯電話キャリアから選べる!
  • データ繰り越し可能!
  • ソニーグループが運営
  • 3GB:792円~
  • キャッシュバック実施中!

NUROモバイルの詳細をみる

20GB以上の大容量なら!exciteモバイル

選べる段階制or定額制プランで月額料金も安い!

  • au・ドコモ回線で高速通信!
  • データ繰り越し可能!
  • 3GB:月額880円~
  • 20GBの大容量プランも月額2,068円

exciteモバイルの詳細をみる

データが繰り越せる!無料お試しも可能なUQモバイル

SIMだけなら最大10,000円キャッシュバック!

  • au LTE回線で安定!
  • データ繰り越し可能!
  • 月額料金1,628円~
  • 15日間無料でお試し利用ができる

UQモバイルの詳細をみる

格安SIMは適切な利用プランを選択すれば毎月の通信費を削減できるので、以下のポイントにも注目しながら選びましょう。