デジタル
通信機器
2021/7/15 11:15

auのポケットサイズのWiFiを徹底解説! 料金・注意点・お得に契約できる方法をご紹介

auのポケットサイズのWiFiを徹底解説! 料金・注意点・お得に契約できる方法をご紹介

auでは、スマホや光回線だけではなく、ポケットサイズのWiFiのサービスも提供しており、専用の端末・プランが用意されています。

しかしauのポケットサイズのWiFiの実体は、WiFi大手の「WiMAX」と同じであることをご存じでしょうか?

さらに、端末のスペックやプランの内容は他社のWiMAXプロバイダとまったく同じなのに、auで契約すると割高になってしまうので要注意です!

今回はauのポケットサイズのWiFiについて、特徴や注意点を詳しく解説します。

本当にauでポケットサイズのWiFiを申し込んで問題ないのか、この記事でぜひ確かめてみてくださいね。

通信速度重視なら「Broad WiMAX」

BroadWiMAX

W06の契約で平均通信速度が30Mbps台!
初期費用&端末代無料が嬉しい!

  • 月間データ容量使い放題
  • 月額料金/2,999円~
  • 平均通信速度/33.87Mbps(W06)

Broad WiMAXの
詳細はこちらから

1年以内の短期利用なら「BIGLOBE WiMAX」

BroadWiMAX

契約期間が1年で短い!
17,000円のキャシュバックも受け取れる!

  • 契約期間中に解約しても違約金は1,100円
  • 月額料金/4,378円~
  • 平均通信速度/41.22Mbps(W06)

BIGLOBE WiMAXの
詳細はこちらから

50GBまでの小容量なら「MONSTER MOBILE」

MONSTER MOBILE(モンスターモバイル)

50GBが最安!
足りなくなったらギガを追加できる!

  • 20GBが月額2,090円、50GBが2,640円で最安
  • ドコモ、au、Softbankの回線が使えてエリアが広い
  • 容量不足になったら途中でプラン変更が可能

MONSTER MOBILEの
詳細はこちらから

縛りなし・中容量100GBなら「クラウドWiFi」

MONSTER MOBILE(モンスターモバイル)

100GBで解約金なし!
最新端末のU3を使える!

  • 100GBまで自由に使える
  • 海外利用OK、世界134ヶ国で使える
  • 最新端末のU3が無料

クラウドWiFiの
詳細はこちらから

料金重視・中容量100GBなら「Mugen WiFi」

Mugen WiFi(税込み

3大キャリアの回線を使える!
違約金もかかりにくい!

  • 月間容量100GBが月額料金3,718円で最安
  • ドコモ、au、Softbankの回線が使えてエリアが広い
  • 2年経過後は解約金無料

Mugen WiFiの
詳細はこちらから

縛りなし・大容量200GBなら「どこよりもWiFi」

どこよりもWiFi

段階定額制で使ったギガだけ支払うから無駄がない!
200GB使えて違約金0円!

  • 月間200GB使っても月額料金4,900円
  • ドコモ、au、Softbankの回線が使えてエリアが広い
  • 契約期間なしでいつ解約しても違約金0円

どこよりもWiFiの
詳細はこちらから

料金重視・大容量200GBならhi-ho Let’s WiFi

hi-ho Let’s Wi-Fi(税込み

200GBまで使い放題!
3大キャリア回線仕様で広範囲をカバー!

  • 月間容量210GB(7GB/日)が月額料金4,730円で最安
  • ドコモ、au、Softbankの回線が使えてエリアが広い

hi-ho Let’s WiFiの
詳細はこちらから

【結論】ポケットサイズのWiFiはau以外で契約したほうが安くなる

料金に関する画像

まず結論から述べてしまうと、auでのポケットサイズのWiFi契約はあまりおすすめではありません。

auのポケットサイズのWiFiは名称が異なるだけで、利用できる端末や内容はWiFi大手「WiMAX」とまったく同じです。

それにもかかわらず、他社WiMAXよりも料金は割高になります。

お得に利用するためには、au以外で契約したほうがおすすめですよ。

【auポケットサイズのWiFi・WiMAX比較】
au
ポケットサイズWiFi
WiMAX
使用回線・WiMAX 2+
・au 4G LTE
・WiMAX 2+
・au 4G LTE
利用端末・WX05
・W06
・W05
・WX05
・W06
・W05
最大通信速度
(W06の場合)
下り1.2Gbps下り1.2Gbps
月額料金4,721円平均4,000円程度

auでスマホを契約したり、機種変更をする際にポケットサイズのWiFiの同時契約をおすすめされたりすることもあるようですが、断ったほうが無難でしょう。

ここで、auのポケットサイズのWiFiと今回後述でおすすめするWiMAXプロバイダを、それぞれの契約期間をもとに算出した実質月額料金で比較してみました。

【WiMAX料金比較表】
au
ポケットサイズWiFi
Broad WiMAXBIGLOBE WiMAX
契約期間2年3年1年
契約期間での
実質月額
4,853円3,876円4,612円
3年間の
実質月額
4,810円3,876円4,460円
auモバイル
Wi-Fiとの差額
964円350円

※価格は税込

auのポケットサイズWiFiの場合、さらに上記の金額に端末代金が加わってきます。

そのため、上記表の差額よりもさらに差額は広がることになってしまいます。

なお、求める月間データ容量や用途によっては、WiMAX以外のポケットサイズのWiFiもおすすめです。

詳しくは、『【2021年最新】auのポケットサイズのWiFi(WiMAX)以外のお得なWiFi5社を紹介!』でご紹介していますので、ぜひ確認してみましょう。

auのポケットサイズのWiFiってどんなルーター?WiMAXとの違いはあるのか

auのポケットサイズのWiFi一覧

auのポケットサイズのWiFiは、使用する端末・内容ともに「WiMAX」とまったく同じものです

唯一違う点は、料金がau独自のプランであることで、他社WiMAXと比べると割高になります。

auのポケットサイズのWiFiを含むWiMAXには、そのほかのポケットサイズのWiFiと比較して以下のような特徴があります。

【WiMAXの特徴】

  • ポケットサイズのWiFiのなかでトップレベルの通信品質
  • 毎月の高速データ容量は無制限

WiMAXは速度を優先する人に大変おすすめで、実質使い放題の感覚で利用可能です。

auで契約した場合の料金

auでポケットサイズのWiFiを契約すると、以下の料金プランでの契約となります。

【au ポケットサイズのWiFiの料金】
月額料金4,721円
契約事務手数料3,300円
端末代金購入端末による

※価格は税込

この4,721円(税込)という月額料金は、他社WiMAXと比べると約500円〜1,000円ほど高めです。

さらにau ポケットサイズのWiFiの端末は、割引などがない正規価格での購入となります。

端末代金も含めると、よりかかる費用は高額です。

【WiMAX料金比較表】
au
ポケットサイズのWiFi
Broad WiMAXBIGLOBE WiMAX
契約期間2年3年1年
契約事務手数料3,300円3,300円3,300円
端末代金購入端末による0円21,120円
月額料金4,721円〜2ヶ月目:2,999円
〜24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目以降:4,413円
4,378円
キャッシュバック0円5000円 ※17,000円
契約期間での実質月額4,853円3,876円4,612円
3年間の実質月額4,810円3,876円4,460円

※当サイトから申し込みの場合

上記比較表のように、auのポケットサイズのWiFiのみ端末代金を除いた金額で比較しても、他社で契約したWiMAXの実質料金のほうが安いことがわかります。

博士

また、WiMAXではauスマホとのセット割である「auスマートバリュー mine」が適用できるよ。

auスマートバリュー mineでは、auスマホ1台までの料金が毎月最大1,100円(税込)割り引きされますが、au以外で契約したWiMAXも対象であるため、条件はauと他社どちらでも変わりません

ポケットサイズのWiFiのなかでトップレベルの通信品質

WiMAXの通信品質は、ポケットサイズのWiFiのなかでもトップレベルです。

ポケットサイズのWiFi選びの条件で速度が最重要という人は、ぜひWiMAXを検討しましょう。

ここで、ほかのポケットサイズのWiFi機種とWiMAXの平均速度を比較してみました。

【ポケットサイズのWiFi平均速度比較】
下り速度上り速度
WiMAX
(auポケットサイズWiFi)
36.93Mbps5.01Mbps
MONSTER MOBILE19.94Mbps11.72Mbps
Mugen WiFi12.95Mbps7.8Mbps
クラウドWiFi22.9Mbps13.95Mbps
hi-ho Let’s Wi-Fi17.41Mbps8.92Mbps
ChatWiFi14.75Mbps4.44Mbps

参考:みんなのネット回線速度
※ WiMAXの速度はW06の場合

とくに注目すべきは「下り速度」です。

動画の視聴やWebサイト・SNSの閲覧などの作業には、この下り速度がかかわります。

上記表からは、WiMAXが圧倒的な下り速度であることが一目瞭然です。

毎月の高速データ容量は無制限

WiMAXの高速データ容量は、月間で無制限となっています。

そのため、動画視聴やSNSなどで毎月たくさんのデータを利用する人でも問題なく、実質使い放題で利用可能です。

ただし、WiMAXには後述する短期間の速度制限条件があるため、完全な使い放題ではありません

3日間で10GB使うとゆるい速度制限

速度制限がかかるご利用イメージ

引用:UQ WiMAX

WiMAXには、「直近3日間で10GB以上の利用」という短期間での速度制限条件があります。

この条件に達してしまった場合、超過日の翌日18時から翌々日2時までの約8時間のあいだは速度が制限されてしまうので注意しましょう。

なお、制限期間中の速度は「最大1Mbps」とそこまで遅い速度ではありません。

1Mbpsという速度はYouTubeの標準画質(360p)程度であればスムーズに視聴でき、ストレスを感じるほどではないでしょう。

auのポケットサイズのWiFi「WiMAX」をもっともお得に申し込みできる窓口

おすすめ窓口に関する画像

冒頭でも述べたように、auで契約できるポケットサイズのWiFiは「WiMAX」と同じであり、端末の性能や通信品質も他社WiMAXと変わりません。

しかし、料金はauのほうが割高であるため、WiMAXを契約するのであれば、au以外の他社から申し込みをしたほうがお得です。

WiMAXの申し込みでおすすめである窓口は、以下のとおりです。

料金やサポートの内容、どのくらい契約を継続できるかなどで申込窓口を選ぶとよいでしょう。

料金が安くサポートも手厚い「Broad WiMAX」

BroadWiMAX
【Broad WiMAX概要】
提供エリア全国
使用回線・WiMAX 2+
・au 4G LTE
契約期間3年
セット割対象キャリアau
セット割割引額1,100円/月
月額料金〜2ヶ月目:2,999円
〜24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目以降:4,413円
契約事務手数料3,300円
端末代金0円
キャッシュバック5,000円
契約期間での実質月額3,876円
契約期間での実質合計143,424円
キャンペーン・キャッシュバック5,000円
・端末代金無料
・違約金最大19,000円還元
・指定回線への乗り換え無料

※価格は税込

「Broad WiMAX」の特徴は、WiMAX各社のなかでも実質料金が最安級になる、高額な月額料金割引とサポートの手厚さです。

なお、最大19,000円まで他社違約金を還元してもらえるキャンペーンがあるため、他社からの乗り換え先としてWiMAXを検討している人にもおすすめできます。

また、Broad WiMAXから指定の固定回線に無料で乗り換えられる「いつでも解約サポート」があり、速度や使い勝手に問題があった場合にも安心です。

今なら特設サイトから申し込み限定の、5,000円キャッシュバックキャンペーンも実施しています。

Broad WiMAXの詳細はこちらから

1年以内の短期利用なら「BIGLOBE WiMAX」

BIGLOBE WiMAX
【BIGLOBE WiMAX概要】
提供エリア全国
使用回線・WiMAX 2+
・au 4G LTE
契約期間1年
セット割対象キャリアau
セット割割引額1,100円/月
月額料金4,378円
契約事務手数料3,300円
端末代金21,120円
キャッシュバック17,000円
契約期間での実質月額4,612円
契約期間での実質合計59,956円
キャンペーン・キャッシュバック17,000円

※価格は税込

「BIGLOBE WiMAX」は契約期間が1年間で、1年以降はいつでも無料で解約できます

1年以内での解約でも違約金が1,100円(税込)と、解約のハードルが低い点が特徴です。

他社のWiMAXでは契約期間が2年・3年と長期間であることが多く、違約金も数万円かかるので、短期利用をお考えの人はBIGLOBE WiMAXがおすすめですよ。

端末代金に対しては割引がなく全額かかってしまいますが、17,000円のキャッシュバックキャンペーンによって実質料金も抑えられます。

BIGLOBE WiMAXの詳細はこちらから

auのポケットサイズのWiFi「WiMAX」の注意点

注意点

先述したように、auのポケットサイズのWiFiとWiMAXは同じものであるため、以下のような注意点も共通しています。

通信環境によっては速度が遅くなることもある

WiMAXは通信品質に優れているポケットサイズのWiFiです。

しかし以下のような環境は苦手としており、速度が遅くなることがあります。

【WiMAXが苦手な環境】

  • 地下
  • コンクリート造の建物の内部
  • 窓のない建物の内部
  • エレベーター
  • ビルやマンションの高層階

上記のような状況で速度が遅いと感じる場合は、窓際や屋外など通信環境のよい場所に移動することで対処できます。

ただし根本的な解決とはならないので、WiMAXの回線がつながりにくい場所でよく利用する人は、『【2021年最新】auのポケットサイズのWiFi(WiMAX)以外のお得なWiFi5社を紹介!』でご紹介している、WiMAX以外のポケットサイズWiFiがおすすめです。

後述の5社は、ドコモ・au・ソフトバンクのスマホ回線を利用した「クラウドSIM」という種類のポケットサイズのWiFiです。

つながりやすさに関しては、WiMAXよりも優れていますよ。

サービス対象外のエリアもいまだに多い

WiMAXは日本全国を提供エリアとするポケットサイズのWiFiですが、サービス対象外のエリアもいまだに多く、速度が遅い、またはつながらない場所もあります。

提供エリアの詳細は、WiMAXサービスエリアマップから確認可能です。

自宅や職場など、よく利用する場所がエリア内であるかを申し込み前に必ず確認しておきましょう。

なお、WiMAXのサービス対象外地域がおもな利用場所になってしまう人は、先述した「クラウドSIM」のポケットサイズのWiFiがおすすめです

クラウドSIMは、ドコモ・au・ソフトバンクの大手スマホキャリア回線を利用しており、WiMAXよりも広い地域が提供エリアとなっています。

ハイスピードプラスエリアモードで7GB使うと厳しい速度制限がかかる

WiMAXには通常の通信モードとは異なる、「ハイスピードプラスエリアモード」の使用が可能です。

速度は速くなりますが、このモードで月7GB以上データ利用してしまうと、厳しい速度制限にかかります。

ハイスピードプラスエリアモードとは、通常使用されるWiMAX回線と同時に、auの4G LTE回線を利用できるモードのことです。

これにより通常よりもさらに高速、かつ広い範囲で通信が行えるようになります。

ただし、先述のとおり月7GB以上ハイスピードプラスエリアモードを利用してしまうと、以下のような厳しい速度制限になってしまうため注意が必要です。

【ハイスピードプラスエリアモードの速度制限】

  • 制限中の速度が128kbps
  • 速度制限の解除は翌月の1日

128kbpsとは、Webサイトの閲覧でさえも時間がかかってしまうほど遅い速度です。

ハイスピードプラスエリアモードで速度制限になってしまうと、通常モードでも翌月まで速度制限が解除されません。

使用する際は、通常モード(WiMAX回線)でつながらない場合の緊急用に留めておきましょう。

なお、モードの切替はWiMAX端末から行うので、ハイスピードプラスエリアモード利用後の切り忘れにも要注意です。

また、auのポケットサイズのWiFiでこのハイスピードプラスエリアモードを利用すると、月額1,105円(税込)の別途オプション料金がかかります

多くの他社WiMAXでは無料であることを考慮すると、この点もauのポケットサイズWiFiの大きなデメリットといえるでしょう。

毎月のデータ使用量が少ない人は、WiMAXが最安にならない場合もある

20〜50GB以下など月間のデータ使用量が少ない人は、WiMAX以外のポケットサイズのWiFiを選んだほうがお得になる場合があります。

現時点のWiMAX最安は、『料金が安くサポートも手厚い「Broad WiMAX」』でご紹介した「Broad WiMAX」です。

しかし他社ポケットサイズのWiFiと実質料金で比較すると、以下のようにBroad WiMAXより安いサービスがあることがわかります。

【Broad WiMAX・他社ポケットサイズのWiFi料金比較】
月間データ容量容量契約期間契約期間での実質月額3年間の実質月額
Broad WiMAX100GB
(10GB/3日)
3年3,876円3,876円
MONSTER MOBILE20GB1年2,344円2,179円
ギガゴリWiFi
ワールドプラン
40GB2年3,069円3,026円
MONSTER MOBILE50GB1年2,894円2,729円
縛りなしWiFi60GB
(2GB/日)
1年3,554円3,389円
Mugen WiFi100GB2年3,450円3,537円
限界突破WiFi150GB
(5GB/日)
2年3,850円3,850円

※価格は税込

WiMAXはあくまで通信品質に比べて価格が安いという状況です。

何よりも料金の安さを重視したい人や、月間データ容量が少なめな人は、『【2021年最新】auのポケットサイズのWiFi(WiMAX)以外のお得なWiFi5社を紹介!』ご紹介している、クラウドSIMのポケットサイズのWiFiがおすすめです。

【2021年最新】auのポケットサイズのWiFi(WiMAX)以外のお得なWiFi5社を紹介!

WiFi

auのポケットサイズWiFi・WiMAX以外のWiFiを検討するのであれば、月間で利用するデータ容量を基準に以下の5社からの検討がおすすめです。

また、これらはスマホのキャリアを利用して提供される「クラウドSIM」のポケットサイズのWiFiです。

WiMAXが提供エリア外、またはWiMAXがつながりにくい場所で利用したい人におすすめできます。

小容量50GBまでなら「MONSTER MOBILE」

MONSTER MOBILE

MONSTER MOBILE」は、20GB・50GBの2種類の月間データ容量プランがあるクラウドSIM WiFiです。

契約期間も「1年間」と「なし」の2種類から選べます。

【MONSTER MOBILEの基本情報】
エリアau・ドコモ・ソフトバンクのLTEエリア内
契約期間1年または、なしから選択
容量と料金縛りなし20GB/月:2,640円
50GB/月:3,190円
縛りあり20GB/月:2,090円
50GB/月:2,640円
最大速度150Mbps
初期費用3,300円
実質料金縛りなし20GB/月:2,772円
50GB/月:3,322円
縛りあり20GB/月:2,222円
50GB/月:2,772円
キャンペーンNTTファイナンス タイアップキャンペーン

※価格はすべて税込
※2021年7月時点

20~50GB帯のポケットサイズのWiFi各社の中で、MONSTER MOBILEが最安となっています。

他社と比較しても端末性能も良質なので、月間50G以下の小容量のポケットサイズWiFiを探している人におすすめです。

また少々月額料金は高くなりますが、契約期間なしプランもあり、短期で契約したい人にもおすすめできます。

なお、MONSTER MOBILEは、20GBプランから50GBプランへであれば契約途中でもプラン変更が可能です。

まずは試しに20GBプランで契約して、足りなければ50GBプランにすることもできます。

さらに、契約期間についても契約期間「なし」から「1年間」へであれば、契約途中での変更が可能です。

ここで、MONSTER MOBILEと近い容量帯のポケットサイズのWiFiの料金を以下で比較してみました。

【20GB・50GB・60GB帯 WiFi料金比較】
月間データ容量契約期間契約期間での実質月額2年間の実質月額
MONSTER MOBILE20GB1年2,344円2,222円
ギガゴリWiFi
ワールドプラン
2年2,299円2,299円
ゼウスWiFi2年2,118円2,118円
どこよりもWiFi2年2,032円2,032円
MONSTER MOBILE50GB1年2,894円2,772円
Ex Wi-Fi2年3,080円3,080円
どこよりもWiFi2年3,032円3,032円
縛りなしWiFi60GB3年3,169円3,212円

上記のとおり、MONSTER MOBILEは契約期間ありプランであれば、同容量帯で最安であることがわかります。

公式サイトで詳しく見る

縛りなし・中容量100GBなら「クラウドWiFi」

クラウドWiFi

縛りなし&中容量100GBのポケットサイズのWiFiではクラウドWiFiがおすすめです。

クラウドWiFiは縛りなし&100GBプランのなかでは最安で、いつ解約しても違約金がかかりません。

また、最新端末の「U3」を利用できることもメリットです。

【クラウドWiFiの基本情報】
月額料金3,718円
実質月額(3年)3,807円
キャンペーン
平均通信速度21.63Mbps(※1)
通信制限月間100GBまで使い放題
解約金なし

※1:みんなのネット回線速度の下り平均速度を記載
※実質月額は「3年間の月額料金+契約事務手数料+端末代-キャッシュバック額」÷36にて算出
※価格は税込

クラウドWiFiは世界134ヶ国から接続できます。

普段から使い慣れている端末をそのまま使えるので、海外でも安心ですね。

公式サイトで詳しく見る

料金重視・中容量100GBなら「Mugen WiFi」

Mugen WiFi(税込み

月間100GのクラウドWiFiを低価格で探すならMugen WiFiがオススメです。

【Mugen WiFiの基本情報】
月額料金3,718円
実質月額(3年)3,537円
キャンペーン
  • 30日間全額返金キャンペーン
  • 端末無料レンタル
  • 10,000円キャッシュバック
平均通信速度13.34Mbps(※1)
通信制限月間100GBまで使い放題
解約金1年目:9,900円
2年目:5,500円
3年目~:0円

※1:みんなのネット回線速度の下り平均速度を記載
※実質月額は「3年間の月額料金+契約事務手数料+端末代-キャッシュバック額」÷36にて算出
※価格は税込

1ヶ月100GBという通信量は、YouTube標準画質の動画視聴(スマホで見た場合)に換算すると約400時間です。

これだけの容量があればたっぷりインターネットを楽しめますね。

さらに、使用感に不安がある人は30日間おためし全額返金キャンペーンも実施しているので、安心して申し込んでくださいね。

公式サイトで詳しく見る

縛りなし・大容量200GBなら「どこよりもWiFi」

どこよりもWiFi

月間200GBの大容量で縛りなしのポケットサイズWiFiなら、「どこよりもWiFi」の通常料金プランがおすすめです。

どこよりもWiFiは、通常料金プランを選べば契約期間の縛りなく利用できます。

【どこよりもWiFiの基本情報】
月額料金1,400~4,900円
実質月額(3年)~4,989円
キャンペーン
平均通信速度12.59Mbps(※1)
通信制限月間200GBまで使い放題
解約金なし

※1:みんなのネット回線速度の下り平均速度を記載
※実質月額は「3年間の月額料金+契約事務手数料+端末代-キャッシュバック額」÷36にて算出
※価格は税込

どこよりもWiFiは、クラウドSIMのポケットサイズWiFiではめずらしく、「段階定額制」の料金プランです。

博士

毎月使った分だけ、50GBずつ料金があがる仕組みなので、まったく使わない月はその分安くできるよ。

最大量の200GBを使っても月額4,900円ですが、たとえば5GBしか使わなかった月はなんと1,400円しか請求されません。

月によってデータ使用量は違うけど、足りなくなるのは困るといった方にも向いているといえますね!

公式サイトで詳しく見る

料金重視・大容量200GBなら「hi-ho Let’s Wi-Fi」

hi-ho Let’s Wi-Fi

大容量200GBのポケットサイズWiFiを安く契約するならhi-ho Let’s Wi-Fiがおすすめです。

契約途中で解約すると違約金はかかりますが、実質料金を見れば格安で契約できますよ。

【hi-ho Let’s Wi-Fiの基本情報】
月額料金1~12ヶ月目:3,278円
13ヶ月目以降:4,730円
実質月額(3年)4,259円
キャンペーン
  • 30日間全額返金キャンペーン
  • 事務手数料0円
  • 12ヶ月目まで月額料金割引
平均通信速度17.41Mbpss(※1)
通信制限月間200GBまで使い放題
解約金1年目:19,800円
2年目:19,800円
3年目~:10,450円

※1:みんなのネット回線速度の下り平均速度を記載
※実質月額は「3年間の月額料金+契約事務手数料+端末代-キャッシュバック額」÷36にて算出
※価格は税込

hi-ho Let’s Wi-Fiでは現在、先着1,000台限定の「もっと鬼コスパキャンペーン」を実施していて、月額割引にくわえて事務手数料が無料で済みます。

また、30日間返金保証がついてくることもメリットです。

30日以内に申請すれば無料で解約できるので、契約したあとに自宅に電波が届かないことがわかっても自己負担無しで解約できます。

公式サイトで詳しく見る

auのポケットサイズのWiFiを申し込む手順

申し込む手順

ここからは、auでポケットサイズのWiFi(WiMAX)を申し込む際の手順について詳しく解説していきます。

auのポケットサイズWiFiの申し込みは、以下の2ステップで完了します。

【auのポケットサイズWiFiの申し込み手順】

  1. WiMAXの提供エリア確認
  2. 近くのauショップで申し込み

なお、auのポケットサイズWiFi(WiMAX)は取り扱いの問題上、現在auのオンラインショップでは申し込めません。

①WiMAXの提供エリア確認

auのポケットサイズWiFiはWiMAXと内容がまったく同じなので、提供エリアについても共通です。

まずは、WiMAXサービスエリアマップから、自宅や職場などがWiMAXの利用できるエリアであるかどうかを、必ず確認しておきましょう。

②近くのauショップで申し込み

auのポケットサイズのWiFiは、auショップなどの店舗のみで取り扱いされています。

お近くの店舗を、auショップ検索から確認し、店舗で申し込みを行いましょう。

申し込みの際に必要なものは以下のとおりです。

【申し込みに必要なもの】

  • 契約者情報(指名・住所・連絡先など)
  • 支払い情報(口座情報、クレジットカードなど)
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)

また、上記auショップ検索ページから、各店舗への来店予約が可能です。

店舗での受付は待ち時間が長くなりやすいため、事前に来店時間を予約しておけばスムーズに案内を受けられます。

auのポケットサイズのWiFiを解約する手順

解約する手順

auのポケットサイズWiFiの解約は契約時と同じように、auショップなど店舗での受付のみです。

必ず店舗まで足を運ばなくてはなりません。

【au ポケットサイズのWiFiの解約手順】

  1. 必要なものをそろえる
  2. auショップで解約を申し込む

①必要なものをそろえる

auのポケットサイズのWiFi解約に必要なものは、以下の3つです。

これらを忘れてしまうと手続きができないことがあるので、必ず用意しておきましょう。

【解約に必要なもの】

  • 印鑑
  • 本人確認書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)
  • 契約中のauのポケットサイズWiFi本体

②auショップで解約を申し込む

上記3つを持参し、お近くのauショップで解約の申し込みをします。

契約の手順でも述べましたが、auショップでは待ち時間が長く発生する可能性があります。

事前に来店予約をしておくことがおすすめです。

auのポケットサイズWiFiの解約費用

auのポケットサイズWiFiの解約には、解約費用がかかる可能性があります。

ただし、解約するタイミングを選ぶことで軽減または無料にすることが可能です。

【au ポケットサイズWiFiの解約費用】
費用名金額費用が無料になるタイミング
解約違約金1,100円更新月
(解約から24〜26ヶ月目、48〜50ヶ月目など)
端末代金残債購入した端末によるすべての分割代金を支払い終えたあと

なお、端末を一括で購入した場合は、上記表の端末代金残債は発生しません。

auのポケットサイズのWiFiに関するよくある質問

よくある質問

最後に、auにポケットサイズのWiFiに関してのよくある質問と、その回答についてご紹介します。

auのポケットサイズのWiFiはどんな機種が使えるの?

auのポケットサイズのWiFiで使える機種は、発売が新しいものから順に以下のとおりです。

  • WX05
  • W06
  • W05

上記は、他社のWiMAXとも同じラインナップです。

auのポケットサイズのWiFiは無制限に使える?

auのポケットサイズのWiFiは、月間のデータ容量は無制限になっています。

ただし、以下のように短期間での速度制限の条件があることに、注意が必要です。

  • 直近3日間で10GB以上の利用で速度制限
  • 制限期間は10GB超過日の翌日18時から翌々日2時までの8時間
  • 制限時速度は最大1Mbps

auのポケットサイズのWiFiはお得に使える?

auのポケットサイズのWiFiは利用する機種・サービスの内容がWiMAXとまったく同じですが、料金が割高に設定されているのでお得ではありません

同じWiMAXを契約するのであれば、他社プロバイダからの申し込みがおすすめです。

auのポケットサイズのWiFiはどこで申し込める?

auのポケットサイズのWiFiの申し込みができるのは、auショップなどの店舗のみとなっています。

オンラインショップからの申し込みはできないため、注意しましょう。

まとめ

auのポケットWiMAXは、利用する機種やサービス内容すべて含めて「WiMAX」とまったく同じです。

しかし、料金に関しては他社WiMAXよりも割高に設定されているのでお得ではなく、率直に申し上げておすすめではありません。

WiMAXを検討しているのであれば、以下の他社プロバイダから申し込むことをおすすめします。

auポケットサイズのWiFiを含め、WiMAXは通信品質においてWiFiのなかでもトップレベルです。

月間データ容量も無制限という特徴があります。

ただし以下のような注意点もあるため、申し込み前によく確認しておきましょう。

とくにつながりづらさや提供エリアが気になる人、そこまでデータ使用量が多くない人は、WiMAX以外の以下のポケットサイズのWiFiがおすすめです。

ぜひこの記事を参考にして、お得にポケットサイズのWiFiを契約してくださいね。