デジタル
通信機器
2022/7/1 17:00

ポケット 型 WiFi無制限おすすめ!14社比較・失敗しない選び方も解説

ポケットWiFi 無制限

リモートワークの機会が増加し、持ち運びが可能なポケット型Wi-Fiを検討している人も多いのではないでしょうか。

開通工事も不要で手軽に利用できるポケット型Wi-Fiですが、データ通信量はできるだけ多く、できれば無制限に利用したいですよね。

ゲット君
ゲット君
通信制限がかかってしまって使えない!なんてことにならないようにデータ通信量無制限で使いたいな!

しかし結論からいうと、現在は完全に無制限で利用できるポケット型Wi-Fiはありません

ナビ博士
ナビ博士
以前は完全無制限のプランもあったんじゃが、現在はどのプランも制限があるプランになってしまったんじゃよ。

基本データ通信量は無制限であるものの、一定量の通信を行ったら速度制限がかかる決まりがあったり、月間で利用できるデータ容量が決まっているものなど、制限があるものしかないのが現状です。

今回は基本無制限で利用できるポケット型Wi-Fiと、月間で決まっているポケット型Wi-Fiをパターンごとにそれぞれ紹介します。

ゲット君
ゲット君
完全無制限で利用できるポケット型Wi-Fiはないけど…ほぼ無制限で利用できるプランや、データ容量が十分にあるプランを紹介するからきっとピッタリのプランが見つかるよ!
この記事の監修者
小川正人
新聞社が推薦する通信サービスに精通したコンサルタント。QUANTA代表。光回線や携帯電話・ポケット型WiFiなどのモバイルサービスの専門家。大手家電量販店で販売員を行っていたが光回線やモバイルサービスの種類や料金体系の複雑さを痛感。「お客様が最適なプランを選べるようにしたい」との思いから月間60万PVの通信サービスメディアサイト「XERA」を運営。一時期は光回線を3社、携帯電話を12社同時に契約していた。2019年には2019年度バリューコマースMVPを受賞。監修者について(マイベストプロ)
この記事でわかること
  1. 知っておきたい本当のこと!完全無制限のポケット型Wi-Fiは存在しない
    速度制限の条件がある「実質無制限」プラン
    データ容量の月間上限が決まっている「大容量」プラン
  2. 【実質無制限】基本無制限で使えるポケット型Wi-Fiおすすめ2選
    基本無制限で通信速度も速い「WiMAX」
    楽天回線エリアなら無制限の「Rakuten WiFi Pocket」
  3. 無制限級のポケット型Wi-Fiを選ぶときのポイント
    利用したいエリアで使えるか確認する
    自分に合ったデータ容量のプランを選ぶ
    速度制限の条件をチェックする
    実質料金を比較してお得なところを選ぶ
  4. 【14社比較】データ容量別でみる無制限級のおすすめポケット型Wi-Fi
    【小容量20GB】最安級の料金で利用できる「ゼウスWiFi」
    【中容量50GB】データチャージが便利で最安級の「MONSTER MOBIILE」
    【大容量100GB|契約期間あり】長期間利用するなら「ゼウスWiFi」
    【大容量100GB|契約期間なし】期間に縛られず利用するなら「AiR-WiFi」
    【超大容量200GB|契約期間あり】長期間利用するなら「hi-ho Let’s Wi-Fi」
    【超大容量200GB|契約期間なし】期間に縛られず利用するなら「どこよりもWiFi」
    【番外編】月間のデータ利用量が定まっていない場合も「どこよりもWiFi」がおすすめ
    【番外編】口座振込で申し込むなら「MUGEN WiFi」がおすすめ
  5. 無制限級のポケット型WiFiについて知っておきたい注意点
    契約期間の縛りがある場合は解約違約金に注意
    支払い方法がクレジットカードのみの場合がある
    端末を破損・紛失すると機器損害金が発生する
  6. 完全無制限のインターネットを利用したい場合は?
    自宅メインならポケット型Wi-Fiよりホームルーター
    開通工事が可能ならポケット型Wi-Fiより光回線がおすすめ
  7. 無制限級のポケット型Wi-Fiの利用方法【申し込み〜利用開始まで】
  8. 無制限級のポケット型Wi-Fiに関するよくある質問
    無制限級のポケット型Wi-Fiのおすすめは?
    ポケット型Wi-Fiで口座振替が利用できるところはある?
    無制限級のポケット型Wi-Fiは短期間だけの利用はできる?
    無制限級のポケット型Wi-Fiのお試し利用はできる?
    無制限級のポケット型Wi-Fiでオンラインゲームはできる?
  9. まとめ

知っておきたい本当のこと!完全無制限のポケット型Wi-Fiは存在しない

ポケット型Wi-Fiについてまず知っておきたいこととして、データ容量が完全無制限のポケット型Wi-Fiは存在しない、という点があげられます。

ゲット君
ゲット君
データ容量の制限なく利用したいけど、完全無制限のプランってないんだ…。

データ容量が基本的に無制限で、大容量通信を行った場合には通信制限がかかるなど、制限付きの無制限プランはありますが、制限なく無制限に使えるプランはないということをまず知っておきましょう。

そのため、契約可能なのは制限のある「実質無制限」のプランと、月間上限が決まっているプランが主体です。

ゲット君
ゲット君
速度制限の規定がある実質無制限のプランと、最初から利用できるデータ容量が決まっているプランがあるんだね。
でもこれって実質無制限のプランの方が上限がなくてお得じゃないの?
ナビ博士
ナビ博士
実質無制限の方がお得にみえるんじゃが、実際に自分が利用したいデータ容量がもし少なくても大丈夫な場合は、月間上限のあるプランの方がお得になる場合が多いんじゃよ。

実質無制限のプランは制限があるものの大容量通信が可能ですが、その分利用料金がデータ容量の少ないプランよりも高くなる場合が多くあります。

そのため、自分の利用したいデータ容量をしっかり把握して、ぴったりのプランを選ぶことが快適でお得に利用するコツですよ。

自分に必要なデータ容量については「自分に合ったデータ容量のプランを選ぶ」の項目で解説しているのでチェックしてみてくださいね。

ではまずポケット型Wi-Fiの「実質無制限」のプランと月間上限が決まっている「大容量」プランについてそれぞれの特徴をみていきましょう。

速度制限の条件がある「実質無制限」プラン

ポケット型Wi-Fiの「実質無制限」プランというのは、短期間に大量のデータ通信を行うなどあらかじめ決められた制限に達すると速度制限がかかってしまうプランのことをいいます。

ナビ博士
ナビ博士
速度制限の規定に引っ掛からなければ、通常の速度で制限なく使い続けることができるから「実質無制限」のプランとよばれているんじゃよ。

実質無制限プランの特徴をまとめると以下のとおり。

実質無制限プランとは?

  • 短期間や一定の条件でデータ容量の上限に到達すると速度制限がかかる
  • 速度制限中の速度はおおむね1Mbps(標準画質での動画視聴などが行える速度)
  • 速度制限が短期間で解除されるサービスもある

速度制限の規定はありつつも、実質的にはデータ容量無制限で利用できる実質無制限プランですが、現時点で取り扱いがあるのは以下の2種類のみとなります。

それぞれの詳細は各項目でくわしく解説しますが、簡単に解説すると、「Rakuten WiFi Pocket」は楽天回線エリアでのみ無制限で利用できるポケット型Wi-Fiです。

「WiMAX」は、以前は3日間で15GBのデータ利用量上限がある実質無制限プランでしたが、2022年2月以降はプラン改定され、一定量の通信を行わない限りデータ容量無制限で利用できるプランになりました。

なお2種類のポケット型Wi-Fiに共通していえることですが、利用できるエリアが限定的であることに注意が必要です。

ゲット君
ゲット君
Rakuten WiFi Pocketは楽天回線以外だとパートナー回線としてauのエリアで利用できるけど、楽天回線エリアでしか無制限で利用できないんだよね。
ナビ博士
ナビ博士
WiMAXも全国的に利用はできるんじゃが、通信できないエリアもあるんじゃ。
移動が多い場合や中心街から離れた場所に住んでいる場合は、もっと広いエリアで利用できるクラウドSIMタイプのポケット型Wi-Fiもおすすめじゃよ。

クラウドSIMタイプのポケット型Wi-Fiについては、以下の項目で解説する「大容量」プランの多くが該当します。

【14社比較】データ容量別でみる無制限級のおすすめポケット型Wi-Fi」の項目でおすすめを紹介しているのでチェックしてみてくださいね。

データ容量の月間上限が決まっている「大容量」プラン

月間で利用できるデータ容量が決まっているプランが「大容量」プランですが、ほとんどがクラウドSIMタイプのポケット型Wi-Fiです。

ナビ博士
ナビ博士
クラウドSIMタイプのポケット型Wi-Fiは、ドコモ・au・ソフトバンクのSIMを搭載していて、自動的に最適なSIMへ接続して利用するプランのことじゃ。
実質的に大手3キャリアのエリアを利用できるから、使えるエリアが広いんじゃよ。

もともとクラウドSIMタイプのポケット型Wi-Fiには完全無制限のプランが多く存在していましたが、需要が高まり通信障害が多数発生したことを機に、完全無制限から制限ありのプランへ移行されました。

利用できる月間データ容量はプランによって異なり、5GBのプランもあれば200GBを超えるデータ通信を行えるプランもあり多種多様です。

大容量プランについて特徴をまとめると以下のとおり。

「大容量」プランってなに?

  • 1か月のデータ容量の上限に到達すると速度制限がかかる
  • 速度制限中の速度は最大128Kbpsの超低速状態で遅い
  • 速度制限は基本的に月末まで解除されない
ナビ博士
ナビ博士
たとえば月間100GB利用できるプランの場合、100GBに到達するまでは速度制限なく利用できるんじゃよ。

基本的に月間データ容量が少ないプランだとお得に利用できる場合が多いため、自分の利用したいデータ容量を把握して、ぴったりのプランを選ぶとお得に利用できますよ。

データ容量別にみるおすすめのポケット型Wi-Fiについても紹介しているので、以下からチェックしてみてくださいね。

また自分に必要なデータ容量は「自分に合ったデータ容量のプランを選ぶ」の項目で計算してみましょう。

【実質無制限】基本無制限で使えるポケット型Wi-Fiおすすめ2選

実質無制限のプランと、大容量プランについて解説したところで、次に実質無制限プランに該当する2種類のポケット型Wi-Fiをご紹介します。

ゲット君
ゲット君
速度制限の条件も解説するよ!

それではひとつずつみていきましょう。

基本無制限で通信速度も速い「WiMAX」

Broad WiMAX
引用:Broad WiMAX

まず先に紹介するのが、2022年2月1日から3日間のデータ通信制限がなくなったため、実質制限なしで利用できるようになった「WiMAX」です。

ナビ博士
ナビ博士
以前は3日間で15GB利用すると速度制限がかかっていたんじゃよ。
ゲット君
ゲット君
そうなんだ!じゃあ規制が緩くなって使いやすくなったんだね!

WiMAXはUQ WiMAXが提供するモバイル回線のことで、ポケット型Wi-Fiのほかにも置くだけWi-Fiも利用することができます。

3日間の通信制限が撤廃され、一定期間内に大量のデータ通信を行った場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合がある、という制限に変更となりました。

またWiMAXは申し込み窓口が複数ありますが、申し込む場合はBroad WiMAXがキャンペーンが豊富で、キャッシュバックも受け取れるためおすすめですよ。

まずはBroad WiMAXの基本情報をチェックしてみましょう。

Broad WiMAX
月額料金利用開始月:1,067円の日割り
1ヶ月目以降:4,367円
端末代金キャンペーンで0円
契約期間3年間
契約事務手数料3,300円
解約金12ヶ月以内:28,050円
13〜24ヶ月以内:21,450円
25〜36ヶ月以内:14,300円
更新月以降:10,450円
実測平均速度
(下り)
45.61Mbps
※Speed Wi-Fi 5G X11の場合
主なキャンペーン・18,000円キャッシュバック
もしくは他社違約金を19,000円まで負担
・月額割引
・端末代無料
・プラスエリアモード無料
・いつでも解約サポート
実質月額料金
(3年間)
3,906円
※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

Broad WiMAXでは現在、18,000円のキャッシュバックが受け取れるキャンペーンを開催中です。

キャッシュバックが受け取れるのは最短で開通月の半年後の月末になりますが、Broad WiMAXでは割引された月額料金で利用できるため、キャッシュバックも加味した実質料金は3,906円となり、お得に利用できますよ。

ナビ博士
ナビ博士
キャッシュバック額が18,000円になるのは、Get navi経由の申し込み限定じゃよ!

なお、キャッシュバックの受け取り条件は以下のとおり。

  • 「安心サポートプラス」「My Broadサポート」に初回加入
  • 利用開始から半年後の月末まで継続して利用する
  • 期日までに振込先の口座情報を伝える

Broad WiMAXでは、最新端末が無料でもらえるうえ、1ヶ月目以降の月額料金はずっと一律で変わらないので使いやすいプロバイダですよ。

また、もしBroad WiMAXの通信速度などに不満があった場合、解約違約金の負担なく指定のインターネット回線へ乗り換えできる「いつでも解約サポート」も開催中です。

またWiMAXを利用する場合、プランと端末の機種を選んで利用することができます。

くわしくは次の項目で解説しますが、プランは「ギガ放題プラス」プランを、機種は「最新機種」を選ぶのがおすすめですよ。

\18,000円キャッシュバック/

WiMAXを申し込むなら「最新機種」で「ギガ放題プラス」プランがおすすめ

Broad WiMAX

WiMAXを利用する場合、プランは「ギガ放題プラス」プランを、機種は「最新機種」を選ぶのがおすすめです。

プランに関して、ギガ放題プラスプランとは5Gサービスが利用できるプランのことをいいます。

5Gサービスが利用できないWiMAX2+のギガ放題プランもありますが、今後は5Gサービスが主体になっていくうえに、サービス内容自体もおすすめなため、プランは「ギガ放題プラス」プランがおすすめですよ。

また機種に関しては、常に最新機種を選ぶのがおすすめ。

ゲット君
ゲット君
最新機種を選んだほうが、機能も充実しているし通信速度も速い場合が多いからおすすめだよ!

なお現在の最新機種はポケット型Wi-Fiは「Speed Wi-Fi 5G X11」で、ホームルーターなら「Speed Wi-Fi HOME 5G L12」です。

楽天回線エリアなら無制限の「Rakuten WiFi Pocket」

Rakuten WiFi Pocket

実質無料で使えるポケット型Wi-Fiのひとつが、楽天回線エリア内限定で無制限で使える「Rakuten WiFi Pocketです。

楽天回線エリア内限定にはなりますが、通信速度制限の決まりもないためエリア内で利用する限り無制限で利用できますよ。

ゲット君
ゲット君
楽天回線は4つ目の携帯電話キャリアとして2020年4月からサービスを開始している楽天モバイルが提供しているんだよ!

楽天回線エリアはまだ都市部に集中していて、全国どこでも利用できる訳ではないので以下のリンク先から自分がエリア内に入っているかどうか確認してから利用しましょう。

ナビ博士
ナビ博士
楽天回線とパートナー回線(au)のエリアで使えるんじゃが、パートナー回線で利用する場合は5GB利用すると以降最大1Mbpsの通信速度制限がかかるんじゃよ。
Rakuten WiFi Pocket
月額料金1GBまで:0円
3GBまで:1,078円
20GBまで:2,178円
20GB以降無制限(※1):3,278円
※1楽天回線以外は最大1Mbpsの通信速度
端末代金実質0円
契約期間なし
契約事務手数料0円
解約金なし
実測平均速度(下り)21.64Mbps
主なキャンペーン・端末代金実質無料
・Rakuten UN-LIMIT VI申し込みで楽天ポイント5,000ptプレゼント
※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

Rakuten WiFi Pocketの速度制限の規定をまとめると以下のとおり。

楽天回線パートナー回線(au)
速度制限の条件なし月5GBまで
制限期間なし月末まで
制限後の通信速度なし最大1Mbps

またRakuten WiFi Pocketは端末代金が実質0円で利用でき、Rakuten UN-LIMIT VIの申し込みで楽天ポイントが5,000pt受け取れるのも魅力のひとつです。

Rakuten WiFi Pocket

さらに月額料金が利用したデータ容量によって変化するため、もし月に1GB未満のデータ利用量だった場合、月額料金が0円で利用できますよ。

Rakuten WiFi Pocket

Rakuten WiFi Pocketは契約事務手数料も無料なため、端末代金も実質0円と考えると初期費用をかけずに利用が可能です。

ゲット君
ゲット君
Rakuten WiFi Pocketは契約期間の縛りもないから、お得に利用できるね!

Rakuten WiFi Pocketの特徴をまとめると以下のとおり。

Rakuten WiFi Pocketの特徴
  • 端末代金が実質無料
  • 契約事務手数料が無料
  • 楽天回線エリア内であればデータ通信無制限
  • 楽天ポイントが5,0000pt受け取れる

Rakuten WiFi Pocketは現在のところ5Gには対応していませんが、楽天回線エリア内でデータ通信を無制限で利用したい場合はおすすめですよ。

\契約期間・初期費用なし!/

無制限級のポケット型Wi-Fiを選ぶときのポイント

実質無制限で利用できるポケット型Wi-Fiの紹介をしましたが、大容量のポケット型Wi-Fiも含めて、無制限級のポケット型Wi-Fiを選ぶときのポイントをご紹介します。

ゲット君
ゲット君
ポイントをおさえておかないと、そもそも使えなかったり、お得に使えなかったりするからしっかりチェックしてみてね!

それではポイントをひとつずつチェックしていきましょう。

利用したいエリアで使えるか確認する

ポケット型Wi-Fiを利用する場合にまず最初に確認すべきポイントは、利用したいエリアで使えるかどうかという点です。

ポケット型Wi-Fiは契約した回線の電波を受信して利用するため、自宅やよく行く場所が提供エリア内である必要があります。

ポケット型Wi-Fiの利用できる回線と、地域ごとの繋がりやすさをまとめたものは以下のとおり。

ポケット型Wi-Fi利用可能な回線(エリア検索ページ)提供エリア
都市部地方
Rakuten WiFi Pocket楽天回線
パートナー回線(au)
WiMAXWiMAX2+
au5G・4G LTE
PocketWiFiソフトバンク
docomoドコモ
クラウドSIMタイプau
ソフトバンク
ドコモ

なおクラウドSIMタイプは、au・ソフトバンク・ドコモのSIMを搭載しているポケット型Wi-Fiのことで、3つのキャリアから最適な回線に自動的に接続してくれるため、広範囲で利用できますよ。

自分に合ったデータ容量のプランを選ぶ

ポケット型Wi-Fiには大きく分けてデータ容量を実質無制限で利用できるプランと、月間で利用できるデータ容量が決まっている大容量プランの2種類があります。

大容量プランの場合月間データ容量ごとにプランがあるため、自分が利用したいデータ容量にあったプランを選ぶことが重要です。

ナビ博士
ナビ博士
月間データ容量は超小容量の5GBや小容量の20GB、大容量の100GBなどいろいろな種類があるんじゃよ。

たとえば毎月20GB程度利用している場合、100GBのプランを選んでしまうと当然月額料金も高くなるうえに、80GBも毎月余ってしまいます。

利用できる月間データ容量が小さい方が月額料金もお得なため、利用したいデータ容量にあったプランを選ぶことが大切ですよ。

ゲット君
ゲット君
でも自分がどれくらいデータ容量を使っているのかわからないよ?

自分にあったデータ容量はなかなかわかりづらいため、次の項目でデータ容量の目安を解説しますね。

どれだけのデータ容量が必要?1GBでできること目安

ポケット型Wi-Fiを利用する際、月間データ容量を決めて利用するなら自分にあったデータ容量を把握しておくことが大切です。

そこで1GBでどんなことができるかまとめてみたので、以下の表をチェックしてみましょう。

利用目的1GBの目安
メール送信約2,000通
LINE通話約50時間
Twitter
(140文字でツイート)
約3,100回
YouTube(低画質)約3時間
YouTube(高画質)約1.5時間
オンラインゲーム
(SwitchやPS4)
約6時間
オンラインゲーム のアップデート
(SwitchやPS4)
1回未満
(1.5GB~10GB以上)
Hulu
(ハイビジョン画質)
約1時間
ZOOMでのビデオ通話約1.5時間

もしYoutubeで高画質の動画を1日2時間以上視聴している場合、1日で2GB程度は利用しているということになるため、1ヶ月で60GB以上あった方が良いとわかります。

月間で利用できるデータ容量が決まっているプランだと、規定のデータ通信量に到達すると以降はデータ通信が行えないことがほとんどのためぴったりすぎるデータ容量よりは、余裕をもったデータ容量のプランを選ぶのがおすすめですよ。

ナビ博士
ナビ博士
プランによってはデータ容量を使い切ってしまっても、追加料金を支払ってデータチャージが可能なところもあるんじゃよ。

速度制限の条件をチェックする

ポケット型Wi-Fiはどのプランを選んだ場合でも、速度制限の条件があります。

一定量のデータ通信を超えてしまうと通信制限がかかり、データ通信が行えなくなったり、一定期間超低速になってしまうなどパターンはそれぞれです。

速度制限にかかってしまうと、そもそも利用できなかったり、利用にストレスを感じてしまうので、自分にあった条件のポケット型Wi-Fiを選ぶようにしましょう。

短期間速度制限がかかるタイプ長期間速度制限がかかるタイプ
速度制限の特徴1日でデータ通信量の上限を超過すると
短期間の制限がかかる
1ヶ月でデータ通信量の上限を超過すると
長期間(月末まで)の制限がかかる
向いている人・毎日のデータ通信量が条件以下の人
・日によってデータ通信量があまり変化しない人
・一度に大容量のデータ通信を行う可能性がある人
・1日単位の速度制限を気にしたくない人
おもな契約先・どこよりもWiFi:1日4GB
・hi-ho Let’s Wi-Fi:1日7GB
・Rakuten WiFi Pocket
(楽天回線以外)
・Chat WiFi
・AiR-WiFi
・THE WiFi
・クラウド WiFi
・MONSTER MOBILE
・ゼウスWiFi
ナビ博士
ナビ博士
短期間の速度制限のあるポケット型Wi-Fiは、低速になる時間も短く、制限中もある程度の速度が出るんじゃよ。

ただし1日単位の制限がある場合、たとえば1日4GBの制限だとYoutubeで高画質動画を6時間ほど視聴すると上限に達してしまいます。

普段から動画を継続的に視聴している場合は短期間制限に引っかかる可能性が高いため、実質無制限のプランを選ぶか、月間200GBなど超大容量のプランを選ぶのがおすすめです。

ポケット型Wi-Fiを選ぶ際は、速度制限の条件をしっかり把握し、短期間に大容量通信を行うか、1日で消費するデータ容量にムラがないかなど考慮したうえで選びましょう。

実質料金を比較してお得なところを選ぶ

ポケット型Wi-Fiは申し込む窓口によっては、大幅な料金割引やキャッシュバックが受け取れる場合があります。

窓口によって実際に支払う金額が大きく変わってくるため、ポケット型Wi-Fiを申し込む場合は「実質料金」を比較して選ぶことが大切ですよ。

実質料金とは?

契約期間中に支払う金額から、キャッシュバックや割引分を差し引いたトータルの費用のこと。
実質料金(実質月額料金)=(月額料金×契約月数+初期費用ーキャッシュバック・料金割引)÷契約月数

ナビ博士
ナビ博士
利用する回線や端末が同じなら速度やエリアは変わらないから、もっともお得な窓口をしっかり比較したうえで申し込むのが大切じゃ!

高額キャッシュバックに注目していると、月額料金が割高になっていて他の窓口より結果的に実質料金が高くなってしまう場合があったりと、一点にだけ注視せず実質料金を比較するようにしましょう。

なお次の項目でポケット型Wi-Fi14社を比較したおすすめをご紹介しますが、すべて実質料金を比較しているため参考にしてみてくださいね。

【14社比較】データ容量別でみる無制限級のおすすめポケット型Wi-Fi

大容量のポケット型Wi-Fiは、利用できるデータ容量によって実質料金が大きく異なります。

今回は大容量で使えるポケット型Wi-Fi14社を比較し、データ容量ごとにおすすめの窓口をご紹介。

また番外編として月間で利用するデータ容量が変化しやすい人のためのおすすめ窓口も紹介します。

なお実際に14社を比較した表は以下のとおりのため、実際のデータを確認したい方はぜひチェックしてみてくださいね。

ポケット型WiFiデータ容量
(月間)
契約期間実質月額料金
(2年間)
月額料金実測平均速度
(下り)
THE WiFi100GB2年間3,304円1〜4ヶ月目:0円
5ヶ月目以降:3,828円
25.48Mbps
Mugen WiFi100GB2年間3,310円3,438円10.63Mbps
縛りなしオプション3,970円4,098円
ゼウスWiFi20GB2年間2,022円1〜5ヶ月目:980円
6ヶ月目以降:2,178円
17.59Mbps
2,750円2,618円
40GB2年間2,776円1〜5ヶ月目:1,680円
6ヶ月目以降:2,948円
3,410円3,278円
100GB2年間3,221円1〜10ヶ月目:1,980円
11ヶ月目以降:3,828円
4,840円4,708円
MONSTER MOBILE20GB1年間2,102円1〜6ヶ月目:1,590円
7ヶ月目以降:2,090円
27.55Mbps
2,772円2,640円
50GB1年間2,652円1〜6ヶ月目:2,140円
7ヶ月目以降:2,640円
3,322円3,190円
100GB1年間3,400円1〜6ヶ月目:2,888円
7ヶ月目以降:3,388円
4,070円3,938円
どこよりもWiFi〜20GB2年間2,032円
(20GB利用時)
1,900円24.15Mbps
2,532円
(20GB利用時)
2,400円
〜50GB2年間3,032円
(50GB利用時)
2,900円
3,532円
(50GB利用時)
3,400円
〜100GB2年間3,532円
(100GB利用時)
3,400円
4,032円
(100GB利用時)
3,900円
縛りなしWiFi40GB3年間3,058円2,926円24.46Mbps
1年間3,322円3,190円
3,498円3,366円
50GB3年間3,157円3,025円
1年間3,410円3,278円
3,707円3,575円
60GB
(2GB/日)
3年間3,212円3,080円
1年間3,432円3,300円
3,762円3,630円
100GB
(10GB/3日)
3年間4,092円3,960円
1年間4,510円4,378円
4,862円4,730円
AiR-WiFi100GB1年間3,410円3,278円24.91Mbps
3,740円3,608円
hi-ho Let’s Wi-Fi120GB
(4GB/日)
2年間3,300円1〜23ヶ月目:3,278円
24ヶ月目以降:3,828円
20.12Mbps
210GB
(7GB/日)
2年間4,033円1〜11ヶ月目:3,278円
12ヶ月目以降:4,730円
クラウドWiFi100GB3,850円3,718円22.58Mbps
縛られないWiFi100GB
(10GB/3日)
1年間4,422円4,290円9.11Mbps
4,752円4,620円
それがだいじWiFi30GB2年間2,717円2,585円47.52Mbps
3,102円2,970円
100GB2年間3,399円3,267円
3,784円3,652円
地球WiFi3GB/日3年間3,410円3,278円
Chat WiFi20GB3,035円2,860円6.41Mbps
200GB5,103円4,928円
ギガゴリWiFiワールド20GB2年間2,299円2,167円21.52Mbps
40GB2年間3,069円2,937円
100GB2年間3,905円2ヶ月目まで:3,267円
3ヶ月目以降:3,817円
200GB2年間6,182円6,050円
※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

それではおすすめの窓口をひとつずつみていきましょう。

【小容量20GB】最安級の料金で利用できる「ゼウスWiFi」

月間20GBまでの小容量で足りる場合は、2年間の契約期間があるプランでも、契約期間の縛りがないフリープランでも最安級の「ゼウスWiFi」がおすすめです。

ゼウスWiFiは現在セール開催中で、20GBプランの場合1〜5ヶ月目までは月額料金が980円(税込)と安く、実質月額料金も2,022円(税込)とお得に利用できますよ。

まずはゼウスWiFiの基本情報をみてみましょう。

ゼウスWiFi
月額料金【契約期間の縛りがある場合】
1〜5ヶ月目:980円
6ヶ月目以降:2,178円
【契約期間の縛りがない場合】
2,618円
実質月額料金【契約期間の縛りがある場合】
2,022円
【契約期間の縛りがない場合】
2,750円
データ容量(月間)20GB
端末レンタル代金無料
契約期間2年間
契約事務手数料3,300円
解約違約金10,450円
平均通信速度(下り)17.59Mbps
その他特長・海外利用可能
・容量チャージ可能
・契約期間の縛りがないプランもあり
※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

またゼウスWiFiでは2年間の契約期間があるプランだけでなく、契約期間の縛りがないフリープランも提供しています。

2年間の縛りがあるプランと比較すると割高にはなってしまいますが、それでも月間20GB利用できる契約期間の縛りがないプランの中では最安級で、いつ解約しても解約違約金が発生しないので気軽に利用が可能です。

さらにもしゼウスWiFiを契約中にデータ容量が足りなくなった場合、おかわりギガを利用することでデータ容量を追加することができます

ゼウスWiFi

追加できるギガは2GB・5GB・10GBから選ぶことができ、マイページからいつでも追加できるため、データ容量を使い切ってしまって通信ができないという場合に便利に利用可能ですよ。

ナビ博士
ナビ博士
データ容量を追加するには追加料金が必要じゃが、データ量を使い切ってしまって一切通信ができない場面を回避できるからおすすめじゃよ。

\月間20GBで最安級/

【中容量50GB】データチャージが便利で最安級の「MONSTER MOBIILE」

MONSTER MOBIILE

月間50GBの中容量で利用したい場合は、契約期間の縛りがある場合もない場合も「MONSTER MOBIILE」がおすすめです。

MONSTER MOBIILEでは現在月額料金の割引キャンペーンを開催しており、50GBのプランが契約期間(1年)縛りがある場合は実質料金が2,652円(税込)、契約期間の縛りがない場合も3,322円(税込)とお得に利用できます。

MONSTER MOBIILE
月額料金【契約期間の縛りがある場合】
1〜6ヶ月目:2,140円
7ヶ月目以降:2,640円
【契約期間の縛りがない場合】
3,190円
実質月額料金【契約期間の縛りがある場合】
2,652円
【契約期間の縛りがない場合】
3,322円
データ容量(月間)50GB
端末レンタル代金無料
契約期間1年間
契約事務手数料3,300円
解約違約金12ヶ月以内の解約:10,780円
13ヶ月以降の解約:3,300円
平均通信速度(下り)27.55Mbps
その他特長・海外利用可能
・容量チャージ可能
・契約期間の縛りがないプランもあり
※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

またMONSTER MOBIILEはデータ容量が不足した場合データチャージが可能です。

データ容量有効期限料金
500MB1日225円
1GB7日330円
3GB30日665円
7GB30日979円
30GB60日3,450円

データ容量ごとに有効期限は決まっていますが、容量が大きいほど有効期限も長く、柔軟に利用できますよ。

\月間50GBで最安級/

【大容量100GB|契約期間あり】長期間利用するなら「ゼウスWiFi」

月間で100GBほどの大容量を利用したい場合、契約期間の縛りがあっても大丈夫な場合は「ゼウスWiFi」がおすすめです。

ゼウスWiFiは20GBでもおすすめでしたが、現在セールを開催していて、100GBのプランが初月から10ヶ月間54%オフの値段で利用できます。

ゲット君
ゲット君
キャンペーンでの月額割引分を考慮すると、実質料金は3,221円(税込)で最安級の料金で利用できるんだよ!

ゼウスWiFiの100GBプラン料金は以下のとおり。

ゼウスWiFi
月額料金1〜10ヶ月目:1,980円
11ヶ月目以降:3,828円
実質月額料金3,221円
※すべて税込価格

また20GBでのおすすめ紹介でも解説したとおり、ゼウスWiFiはデータ容量が足りなかった場合データチャージで都度データ量を追加することができます。

100GBプランがもっとも容量の大きいプランにはなりますが、それでも不足してしまった場合は追加料金でデータ量を増やすことも可能ですよ。

\月間100GBで契約期間ありならおすすめ/

またゼウスWiFiの100GBプランは契約期間の縛りがあるプランが割引が適用されるためおすすめですが、長期間の利用が難しい場合は、他の会社で契約期間の縛りがないプランを選ぶ方がお得になります。

くわしくは次の項目でご紹介しますね。

【大容量100GB|契約期間なし】期間に縛られず利用するなら「AiR-WiFi」

AiR-WiFi

月間100GBほど利用したいけど契約期間に縛られたくない場合は「AiR-WiFi」がおすすめです。

AiR-WiFiは月額330円(税込)で契約期間なしオプションを追加することができるため、解約違約金など気にせず利用することができますよ。

AiR-WiFi
月額料金サクッとプラン:3,608円
(契約期間なしオプション330円を含む)
実質月額料金3,740円
データ容量(月間)100GB
端末レンタル代金無料
契約期間
契約事務手数料3,300円
解約違約金
平均通信速度(下り)24.91Mbps
その他特長・海外利用可能
※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

またAiR-WiFiで注目したいキャンペーンのひとつに、縛りなしオプションと端末保証オプションを同時に申し込むと、縛りなしオプションが無料になるというキャンペーンがあります。

AiR-WiFi オプション

縛りなしオプションは通常月額330円(税込)、端末保証オプションは通常月額660円(税込)必要なため、契約期間の縛りなく利用したい場合は両方のオプションに加入するのがおすすめですよ。

またAiR-WiFiには30日間お試しモニターというキャンペーンもあり、30日間の月額料金と初期事務手数料が0円、また不満があった場合は返金対応をしてくれますが、契約期間の縛りがあるプランを申し込む場合に限るので注意しましょう。

\月間100GBで契約期間に縛られたくないなら/

【超大容量200GB|契約期間あり】長期間利用するなら「hi-ho Let’s Wi-Fi」

hi-ho Let’s Wi-Fi

月間200GBほどたっぷり利用したい場合はhi-ho Let’s Wi-Fi」がおすすめです。

hi-ho Let’s Wi-Fiは1日に7GB利用できるため約210GBほど利用できますよ。

hi-ho Let’s Wi-Fiの基本情報は以下のとおり。

hi-ho Let’s Wi-Fi
月額料金1〜11ヶ月目:3,278円
12ヶ月目以降:4,730円
実質月額料金4,033円
データ容量(月間)210GB(7GB/日)
端末レンタル代金無料(贈与)
契約期間2年間
契約事務手数料3,300円
※「もっと!鬼コスパキャンペーン」の特典で0円
解約違約金〜11ヶ月目まで:19,800円
12ヶ月目〜:10,450円
※更新月は0円
平均通信速度(下り)20.12Mbps
その他特長・海外利用可能
※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

hi-ho Let’s Wi-Fiのおすすめポイントは、月間200GB利用できるプランの中では最安級という点もありますが、端末を贈与してくれるため利用が終了したあとも返却が不要という点もあげられます。

ナビ博士
ナビ博士
ポケット型Wi-Fiは端末を購入する場合を除くと、利用が終了したら端末の返却が必要な場合がほとんどじゃが、hi-ho Let’s Wi-Fiは端末をもらえるから返却が不要なんじゃよ。

\月間200GBたっぷり使いたいなら/

またhi-ho Let’s Wi-Fiは契約期間の縛りがあるため、契約期間に縛られたくない場合はどこよりもWiFiがおすすめですよ。

【超大容量200GB|契約期間なし】期間に縛られず利用するなら「どこよりもWiFi」

どこよりもWiFi

契約期間の縛りなく月間200GB利用したい場合はどこよりもWiFi」がおすすめです。

どこよりもWiFiはデータ通信量が100GBを超えると、通信量の上限なく利用できるため選出しています。

どこよりもWiFi 料金プラン

ただし、1日4GBの通信制限はあるため注意は必要ですよ。

まずはどこよりもWiFiの基本情報をチェックしてみましょう。

どこよりもWiFi
月額料金〜5GB:1,400円
〜20G:2,400円
〜50GB:3,400円
50GB以降:3,900円
実質月額料金4,032円(100GB利用時)
データ容量(月間)制限なし
端末レンタル代金無料
契約期間
契約事務手数料3,300円
解約違約金なし
平均通信速度(下り)24.15Mbps
その他特長・100GB以上は制限なし
・利用したデータ通信量によって月額料金が変わる
※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

どこよりもWiFiの大きな特徴として、利用したデータ通信量によって月額料金が変わるという点があげられます。

1日4GB以上利用すると、翌日0時まで速度制限がかかる場合もありますが、月間のデータ通信量の上限は設定されていないので便利に利用できますよ。

また番外編でもご紹介しますが、利用したデータ通信量に応じて月額料金が変化するため、どこよりもWiFiは月間のデータ通信量が定まっていない人にもおすすめです。

\月間200GBで契約期間に縛られたくないなら/

【番外編】月間のデータ利用量が定まっていない場合も「どこよりもWiFi」がおすすめ

ポケット型Wi-Fiは利用するデータ通信量に応じたプランを選ぶのがおすすめですが、月間で利用するデータ通信量が定まっていない場合は「どこよりもWiFi」がおすすめです。

どこよりもWiFiは利用したデータ容量によって月額料金が変わるため、毎月のデータ利用量が変わる場合でもお得に利用できますよ。

もし月間で5GBしか利用しなかった場合、契約期間の縛りがある場合は900円、契約期間の縛りがない場合でも1,400円で利用可能です。

またどこよりもWiFiを利用していて、電波状況や通信速度に不満があった場合は初期費用・月額料金・解約金を0円で利用できるキャンペーンも開催しています。

2年間の契約期間のあるプランの場合のみ利用できるキャンペーンですが、万が一使い心地に満足しなかった場合の保証があるのは嬉しいポイントですね。

【番外編】口座振込で申し込むならMUGEN WiFi

月々の料金を口座振替で支払いたい方へのおすすめは「MUGEN WiFi」です。

月間100GBのプランを口座振替オプション料金を含めて月額3,988円で利用できますよ。

Mugen WiFi
月額料金100GB:3,988円(口座振替オプション料金を含む)
端末代金0円
契約期間2年
契約事務手数料3,300円
解約金1年未満:9,900円
2年未満:5,500円
実測平均速度(下り)15.75Mbps
主なキャンペーン
※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

初回引き落としの完了後に端末が発送され、その後は毎月27日に料金が指定口座から引き落とされます。

クレジットカード以外の方法で大容量月間100GBのWiFiを持ちたい方におすすめですよ。

無制限級のポケット型WiFiについて知っておきたい注意点

おすすめのポケット型Wi-Fiについてご紹介してきましたが、利用する際には知っておきたい注意点もあります。

ナビ博士
ナビ博士
事前に知っておかないと、契約した後に後悔してしまう可能性があるから注意するんじゃぞ!

それでは注意点をひとつずつみていきましょう。

契約期間の縛りがある場合は解約違約金に注意

ポケット型Wi-Fiのなかには、数年間利用し続ける必要がある契約期間の縛りがあるプランがあります。

契約期間の縛りがあるプランの場合、契約期間中に解約した場合「解約違約金」が発生することに注意が必要です。

契約期間の縛りがない場合や、縛りなしオプションをつけて縛りをなくしている場合は解約違約金は発生しません。

ゲット君
ゲット君
実質無制限で利用できるポケット型Wi-FiのなかではRakuten WiFi Pocketが契約期間の縛りなく利用できるよ!
ナビ博士
ナビ博士
月間データ容量が決まっている大容量プランの場合は、契約期間の縛りをなくすオプションや、縛りがあるプランとないプランの両方提供している窓口が多いんじゃよ。

自分がどれくらいの期間利用したいか検討し、長期間利用しない場合は縛りがないプランを検討するといいですね。

支払い方法がクレジットカードのみの場合がある

ポケット型Wi-Fiを利用する場合、支払い方法が限られていることが多いことに注意が必要です。

口座振替が使えない場合が多く、クレジットカード払いしか使えない場合が多くあります。

ナビ博士
ナビ博士
もしクレジットカードを持っていない場合、ポケット型Wi-Fiの窓口によっては利用できない場合があるから注意するんじゃぞ。

ポケット型Wi-Fiを利用する場合は、自分が利用したい支払い方法が使えるかどうか事前に確認しておくことが大切ですよ。

端末を破損・紛失すると機器損害金が発生する

ポケット型Wi-Fiは持ち運びできる携帯端末を用いて利用しますが、端末を購入して利用するか、レンタルして利用するかは窓口によって異なります。

ナビ博士
ナビ博士
実質無料で利用できるWiMAXやRakuten WiFi Pocketは、端末を購入して利用するんじゃが、月間データ量が決まっている大容量プランの場合は端末をレンタルして利用することが多いんじゃよ。

端末をレンタルして利用する場合、利用が終了すると端末の返却が必要ですが、返却の際に端末が破損していたり紛失してしまったりすると、機器損害金が発生してしまうことに注意が必要です。

機器損害金はプランによっては1万円を超えることもあるため、レンタル中は破損や紛失をしないよう注意しておきましょう。

また万が一破損や紛失をしてしまった時のために、利用開始時に「端末保証オプション」へ加入しておくことがおすすめですよ。

ゲット君
ゲット君
端末保証オプションは、ポケット型Wi-Fiを申し込むタイミングでしか加入できないから注意しようね!

完全無制限のインターネットを利用したい場合は?

無制限級に利用できるポケット型Wi-Fiをご紹介してきましたが、実質無制限のプランは利用可能でも、完全無制限のプランは今後も難しいのが現状です。

ゲット君
ゲット君
でもデータ通信量を気にして利用はしたくないな…。

どうしても完全無制限で利用したい場合は、光回線またはホームルーターを検討しましょう

インターネット 比較

光回線とホームルーターの特徴と、それぞれのおすすめ窓口をあわせてご紹介しますね。

それではひとつずつみていきましょう。

自宅メインならポケット型Wi-Fiよりホームルーター

インターネットを自宅メインで利用している場合は「ホームルーター」がおすすめです。

ホームルーターは持ち運びができないため外出先で利用はできませんが、データ通信量をほぼ無制限で利用できるため、たっぷりとインターネットを利用したい場合に検討しましょう。

ナビ博士
ナビ博士
ホームルーターはコンセントにさして利用するから、電源コンセントがある場所じゃないと使えないんじゃよ。

なおドコモ home 5Gとソフトバンクエアーは登録した住所のみでしか利用できず、自宅以外で使おうとすると利用停止になってしまいますが、WiMAXは利用住所が指定されていないため自宅以外でも電源コンセントがあれば利用可能ですよ。

またホームルーターには「ドコモ home 5G」「ソフトバンクエアー」「WiMAX」の3種類がありますが、それぞれに特徴があるため、おすすめの人も含めて紹介しますね。

料金重視で選ぶならソフトバンクエアーを最安級で使える「モバレコエアー」

モバレコエアー

ホームルーターを料金重視で選びたいなら、最安級の料金で利用できる「モバレコエアー」がおすすめです。

モバレコエアーはソフトバンクエアーが契約可能ですが、月額料金が割引され、17,000円のキャッシュバックも受け取れるため実質月額料金は3,078円(税込)とお得に利用できますよ。

また現在モバレコエアーから申し込むと、動画配信サービス「U-NEXT」の6ヶ月プランが無料で利用できる特別無料トライアルも実施中です。

U-NEXTは220,000本以上の動画が見放題で、動画だけでなく書籍も取り扱っている配信サービスなので、ホームルーターの契約を機に動画配信サービスを検討している場合にもおすすめ。

モバレコエアー
月額料金1〜2ヶ月目:2,167円
3〜24ヶ月目:3,679円
25ヶ月目以降:5,368円
端末代金購入の場合割引で実質無料
レンタルの場合は月額539円
契約期間なし
契約事務手数料3,300円
解約金10,450円
実質平均速度(下り)54.54Mbps
主なキャンペーン・17,000円キャッシュバック
・U-NEXTの特別無料トライアルを利用できる
・月額料金割引
・ソフトバンクスマホとのセット割適用可能
・SoftBankあんしん乗り換えキャンペーン(他社違約金・撤去工事費還元)
・おうち割 光セットスタートキャンペーン(他社携帯解約違約金還元)
・U-25限定SoftBank Air 割引
・SoftBank Airスタート割
実質月額料金(2年間)3,078円
※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

ソフトバンクエアーはデータ通信量に制限がないため無制限に利用できますが、利用者が集中する時間帯(夜間など)は、サービス安定提供にともなう速度制限がかかる場合があるため注意しておきましょう。

ナビ博士
ナビ博士
ゴールデンタイムで通信速度が遅くなる可能性がある、ということじゃな。

またソフトバンクエアーは実質料金がお得なことに加えて、ソフトバンクの公式で開催しているキャンペーンもあわせて適用できる点も魅力のひとつです。

他社インターネット回線から乗り換えした場合、発生した解約違約金や撤去費用を満額還元してくれたり、満25歳以下の場合割引が受けられたりとお得に利用できますよ。

モバレコエアーで適用できるキャンペーン
  • 17,000円キャッシュバック
  • U-NEXTの特別無料トライアルを利用できる
  • 月額料金割引
  • ソフトバンクスマホとのセット割適用可能
  • SoftBankあんしん乗り換えキャンペーン(他社違約金・撤去工事費還元)
  • おうち割 光セットスタートキャンペーン(他社携帯解約違約金還元)
  • U-25限定SoftBank Air 割引
  • SoftBank Airスタート割

\最安級で使えるホームルーター/

速度重視で選ぶなら「ドコモ home 5G」×GMOとくとくBB

通信速度を重視してホームルーターを選びたい場合は、ドコモが提供している「ドコモ home 5G」がおすすめです。

ドコモ home 5Gは5Gに対応していて、最大通信速度が4.2Gbpsと速く、実際の平均通信速度も204.89MbpsとソフトバンクエアーやWiMAXと比較しても速いのが特徴です。

ドコモ home 5Gの基本情報は以下のとおり。

ドコモ home 5G
月額料金4,950円
端末代金39,600円
※月々サポート割引適用で実質無料
契約期間なし
契約事務手数料3,300円
解約金なし
実質平均速度(下り)204.89Mbps
主なキャンペーン・18,000円分のAmazonギフト券プレゼント
・月々サポート割引(端末代金実質無料)
・ドコモスマホとのセット割あり
実質月額料金(2年間)4,362円
※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

ドコモ home 5Gはドコモの公式からも申し込みが可能ですが、GMOとくとくBBから申し込むと18,000円分のAmazonギフト券がもらえるのでお得に利用できますよ。

また端末は本来39,600円必要ですが、月々サポート割引を適用することで実質無料で利用可能です。

ゲット君
ゲット君
ドコモのスマートフォンとのセット割も利用できるから、ドコモユーザーにもおすすめのホームルーターだよ!

なおドコモ home 5Gはデータ通信量が実質無制限で、直近3日間のデータ利用料がとくに多い場合速度制限の可能性があると明記されてはいますが、詳細な基準は公開されていません。

\速度重視で選ぶなら/

キャンペーン重視で選ぶなら「Broad WiMAX」

Broad WiMAX
引用:Broad WiMAX

ホームルーターをキャンペーン重視で利用したい場合はBroad WiMAXがおすすめです。

Broad WiMAXでは現在18,000円のキャッシュバックが受け取れたり、最新端末が無料でもらえるといったキャンペーンが豊富に開催されています。

まずはBroad WiMAXの基本情報をチェックしてみましょう。

Broad WiMAX
月額料金利用開始月:1,067円の日割り
1ヶ月目以降:4,367円
端末代金キャンペーンで0円
契約期間3年間
契約事務手数料3,300円
解約金12ヶ月以内:28,050円
13〜24ヶ月以内:21,450円
25〜36ヶ月以内:14,300円
更新月以降:10,450円
実測平均速度(下り)45.61Mbps
※Speed Wi-Fi 5G X11の場合
主なキャンペーン・18,000円キャッシュバック
もしくは他社違約金を19,000円まで負担
・プラスエリアモード無料
・いつでも解約サポート
実質月額料金(3年間)3,906円
※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

以前までWiMAXは3日間で15GB利用すると速度制限がかかってしまいましたが、2022年2月以降3日間制限が撤廃され実質無制限の規制が緩和されました。

Broad WiMAXからWiMAXを契約すると、以下のキャンペーンが適用できるためおすすめです。

  • 18,000円キャッシュバック
    もしくは他社違約金を40,000円まで負担
  • 月額料金割引
  • 端末代無料
  • プラスエリアモード無料
  • いつでも解約サポート

キャッシュバックと他社違約金負担キャンペーンの2つは併用できないので、どちらか好きな方を選びましょう。

ナビ博士
ナビ博士
基本的には、受取金額が満額18,000円に決まっているキャッシュバックを選ぶのがおすすめじゃ!

\キャンペーン重視で選ぶなら/

開通工事が可能ならポケット型Wi-Fiより光回線がおすすめ

自宅でインターネットを利用することがほとんどであれば、ホームルーターがおすすめとご紹介しましたが、光回線の開通工事が可能であれば、ポケット型Wi-Fiやホームルーターよりも光回線の方がおすすめです。

光回線は利用したデータ量によって月額料金が変わるプランなどを除いて、ほとんどの場合データ通信量が無制限で利用できます。

ゲット君
ゲット君
光回線を利用するには開通工事が必要になるけど、開通工事が可能だったらたっぷりインターネットを楽しめる光回線がおすすめだよ!

また光回線を検討する場合は、スマートフォンとのセット割がある回線を選ぶことで、月々のスマホ代が割引され、通信費全体を節約できるためお得です。

スマホ別にみるおすすめの光回線は以下のとおり。

ドコモユーザーなら「ドコモ光」がおすすめ
GetNavi

スマホセット割で最大3,850円割引!
セット割が適用できる唯一の光回線。

  • 20,000円のキャッシュバック
  • 新規工事料無料
  • dポイント2,000ptプレゼント
  • 実測平均速度:268.44Mbps
auユーザーなら「auひかり」がおすすめ
GetNavi

独自回線で通信速度が速い!
スマホセット割もあり、キャッシュバックもお得。

  • 最大65,000円のキャッシュバック
  • 開通工事費実質無料
  • 他社から乗り換えで最大55,000円のキャッシュバック
  • 実測平均速度:426.16Mbps
auユーザーで、auひかりが提供エリア外なら「So-net光プラス」
GetNavi

高額キャッシュバックが受け取り可能!
最大60,000円のキャッシュバック!スマホセット割が適用でき、開通工事費も実質無料に。

  • 最大60,000円のキャッシュバック
  • 開通工事費が実質無料
  • Wi-Fiルーターを無料レンタル可能
  • 実測平均速度:291.74Mbps
ソフトバンクユーザーなら「NURO光」がおすすめ
GetNavi

最大通信速度が2Gbps!セット割も適用可能。
高額キャッシュバックで実質料金が安い。

  • 45,000円のキャッシュバック
  • 開通工事費実質無料
  • 設定サポートが1回無料
  • 実測平均速度:505.39Mbps
ソフトバンクユーザーで、NURO光が提供エリア外なら「ソフトバンク光」
GetNavi

光コラボ回線で全国で利用可能!
開通工事費も実質無料最大37,000円のキャッシュバックも!

  • 最大37,000円のキャッシュバック
  • 乗り換え時解約違約金を還元!
  • 開通工事費が実質無料
  • 実測平均速度:314.12Mbps

ドコモ光やソフトバンク光、So-net光プラスといった光コラボレーション回線の場合は、全国のエリアで利用できますが、NURO光やauひかりは独自回線で利用できるエリアが限られているので注意しましょう。

独自回線とは?

フレッツ光の回線を利用した光コラボレーション回線とは異なり、自社で回線を提供している光回線のことをいいます。
フレッツ光や光コラボ回線より利用者が少ないため、混雑しにくく通信速度が出やすいのが特徴です。
ただし全国どこでも利用できるわけではなく、利用できない地域もあることに注意しましょう。

提供エリア内であれば、独自回線は通信速度も速くキャッシュバックもお得な場合が多くあるためおすすめですよ。

無制限級のポケット型Wi-Fiの利用方法【申し込み〜利用開始まで】

ポケット型Wi-Fiをチェックして、申し込みたいプランが見つかったら、まずは事前情報を見て利用開始するまでの手順を調べておきましょう。

ゲット君
ゲット君
ポケット型Wi-Fiは開通工事が必要ないから、端末を申し込んで手元に届いたらすぐに利用できるんだよ!

ポケット型Wi-Fiの利用手順をまとめると以下のとおりです。

ポケット型Wi-Fiの利用方法
  1. 希望するポケット型Wi-Fiの申し込みサイトにアクセスする
  2. 申し込みフォームから契約者情報を入力する
  3. 申し込み後、最短で翌日に端末が届く
  4. 簡単な設定をして利用開始

手順3については端末の在庫や、申し込みを行った日時にもよりますが、在庫があり当日発送が可能な時間帯であれば最短で翌日に端末を受け取れますよ。

ただし現在ポケット型Wi-Fiの需要が高まっていることもあり、会社によっては端末が在庫切れになっている場合もあるので注意しましょう。

ナビ博士
ナビ博士
もし急ぎでポケット型Wi-Fiが必要な場合はとくに在庫状況をチェックしておくんじゃぞ!

無制限級のポケット型Wi-Fiに関するよくある質問

無制限級で利用できるポケット型Wi-Fiをご紹介してきましたが、ここではよくある質問をまとめてみました。

それでは質問をひとつずつみていきましょう。

無制限級のポケット型Wi-Fiのおすすめは?

無制限級のおすすめポケット型Wi-Fiは以下の通りです。

くわしくは【実質無制限】基本無制限で使えるポケット型Wi-Fiおすすめ2選で解説しています。

ポケット型Wi-Fiで口座振替が利用できるところはある?

ポケット型Wi-Fiではクレジットカード払いしかない場合が多くありますが、口座振替が可能な窓口もあります。

今回の記事で比較した実質無制限で利用できる2社と、大容量プランの14社のうち、口座振替が可能な窓口は以下のとおりです。

  • Rakuten WiFi Pocket
  • Broad WiMAX
  • THE WiFi(法人のみ可)
  • Mugen WiFi
  • 縛られないWiFi(1年おトクコースのみ)

なかには法人のみ口座振替が可能だったり、利用可能なコースが限られている場合もあるので注意しましょう。

なお口座振替と同様に、銀行振込での支払いも対応しているところはほとんどありません。

無制限級のポケット型Wi-Fiは短期間だけの利用はできる?

ポケット型Wi-Fiのなかには1日単位で利用できるレンタルサービスがあります

端末やプランごとに利用できるデータ容量が異なりますが、短期間だけ利用したい場合は1ヶ月単位でしか利用できない大容量プランよりお得に利用できる場合が多いのでおすすめですよ。

なおポケット型Wi-Fiの短期間レンタルを行っているおもな会社を紹介しますね。

  • WiFiレンタルどっとこむ
  • Wifiレンタル屋さん
  • WiFi東京レンタルショップ
  • NETAGE

レンタルで1日単位で利用する場合は、レンタル料金として日数分の料金と往復送料が最低限必要になりますが、長期間のレンタルをしないため解約違約金などが発生せずお得ですよ。

無制限級のポケット型Wi-Fiのお試し利用はできる?

ポケット型Wi-Fiをお試しで使いたい場合、初期契約解除制度の利用や、30日間お試しキャンペーンを活用すること、またWiMAXのお試しキャンペーンである「Try WiMAX」を利用する方法があります。

初期契約解除制度は契約してから8日以内であればキャンセルが可能な制度で、利用を開始して通信状況などに不満があった場合に利用できる制度です。

そのため、最初からお試しで利用したいという場合には向いていません。

ポケット型Wi-Fiのなかには30日間お試しキャンペーンなど、指定された期間のうちは不満があった場合全額返金してくれるキャンペーンを行っているところがあるので、お試しキャンペーンを活用するのがおすすめですよ。

またWiMAXでは公式でTry WiMAXという15日間無料でWiMAXを試すことができるキャンペーンを開催しているので、WiMAXを検討している場合は、利用したいエリアで繋がるかどうか、持っている機器と接続できるかどうかなどチェックができますよ。

無制限級のポケット型Wi-Fiでオンラインゲームはできる?

ポケット型Wi-Fiでオンラインゲームを遊ぶことは可能ですが、快適に利用するのは難しいのが現状です。

オンラインゲームを快適に遊ぶ場合、速い通信速度や利用できるデータ容量よりは、回線の反応速度(時間的な遅延)であるPingが重要になります。

通信指示を行ってから実際に指示が実行されるまでの時間がPingの値といわれますが、Pingが小さいほど反応速度が速く、ラグが少ない状況です。

ポケット型Wi-Fiは光回線と比較してもPingが大きく、ラグが起きる可能性が高いため、オンラインゲームを遊ぶことはできますが、より快適に利用するなら光回線の方が向いています。

もしポケット型Wi-Fiでオンラインゲームを楽しみたい場合は、pingを確認して利用するのがおすすめですよ。

まとめ

ポケット型Wi-Fiには完全無制限で利用できるプランはなく、一定量の通信を行うと速度制限のかかる「実質無料」のプランか、月間で利用できるデータ容量が決まっている「大容量プラン」の2種類に分かれます。

実質無制限のプランは現在2種類で、3日間制限が撤廃されたWiMAXと、楽天回線内では無制限にデータ通信が可能なRakuten WiFi Pocketがあります。

また無制限プランではなくても、月間100GBほどなど利用するデータ容量がわかっている場合は、自分にぴったりのデータ容量を使えるプランを選ぶのがおすすめです。

ポケット型Wi-Fiを選ぶポイントは以下のとおりですが、自分の使いたいデータ容量を把握してくことが大切になりますよ。

ポケット型Wi-Fiには完全無制限で利用できるプランはありませんが、自分にあったプランを選ぶことで無制限級に利用することが可能です。

最適なプランを選んで、便利なインターネット環境を作りましょう。

参考サイト

総務省
消費者庁
国民生活センター
日本データ通信協会
電気通信事業者協会
電気通信消費者相談センター
電気通信サービス向上推進協議会
一般財団法人 インターネット協会
一般社団法人 無線LANビジネス推進連絡会
みんなのネット回線速度
Broad WiMAX
UQ WIMAX
Rakuten WiFi Pocket

関連動画

記事一覧

サイトマップはここをクリック