デジタル
通信機器
2021/4/1 17:00

【25社比較】最もおすすめな無制限モバイルWiFiはこれだ!今選ぶべき契約先と完全無制限プラン終了の真相

【25社比較】最もおすすめな無制限モバイルWiFiはこれだ!今選ぶべき契約先と完全無制限プラン終了の真相

2021年は昨年よりも一層、モバイルWiFiが身近なものになるでしょう。

やはりインターネットのデータ上限を気にせずに、無制限でたっぷり楽しめるモバイルWiFiがあったらうれしいですよね。

博士

でも実は、現在は完全無制限のモバイルWiFiはサービスを停止しているんじゃ…

助手のジョン

ええー!そうなの!?

2021年5月時点の情報では、使い放題のモバイルWiFiとしてはWiMAXなどの「実質無制限」のみがサービスを提供しています。

WiMAXでは「3日で10GB」以上使用した場合にのみ、翌日に速度制限がかかりますが、月間データ容量としては無制限なので、「実質無制限」という表現をしています。

今回はWiMAXをはじめとした最新のモバイルWiFi25社の料金・サービスについて比較し、オススメのモバイルWiFiを厳選してご紹介していきます。

結論を先にお伝えすると、無制限のモバイルWiFiをお探しの方は、以下のいずれかを選ぶのが最もおすすめです。

モバイルWiFiを選ぶポイントや実質無制限のWiMAXより安く契約できるモバイルWiFi各社についても解説していくので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。

※この記事は、2021年5月時点での情報です。

【2021年最新】モバイルWiFi25社比較|無制限プランが契約できるのはここ!

結論として、現在無制限プランを契約できるのはWiMAXワイモバイルの2つだけです。

その中でもWiMAXの方が、通信速度・料金・端末性能の面で圧倒的に優れていますので、無制限モバイルWiFiを求めるならWiMAX一択といえます。

しかし、WiMAXとワイモバイルの双方とも速度制限ありの実質無制限プランになっている点には注意が必要です。

助手のジョン

1ヶ月のデータ上限・速度制限がない完全無制限プランで契約できるモバイルWiFiは今のところないんだね!

今では、月間100GBや200GBなどの大容量プランで人気のモバイルWiFiも増えているので、全25社を一挙比較しながら、無制限プラン・大容量プランでどこがお得なのかチェックしていきましょう。

助手のジョン

モバイルWiFiごとに1か月に利用できるデータ量や料金、実際に出る速度なども比較したよ!

博士

料金面では月額料金だけでなくキャッシュバックなどのキャンペーン額を含めた実質料金で比較しているから、本当にお得なモバイルWiFiがどこかひと目でわかりやすいぞ!

【25社の主要モバイルWiFi 比較一覧表】
サービス名月間データ
容量
実質月額
料金 ※1
平均速度
※2
ゼウスWiFi
(縛りあり)
20GB
2,022円
15.47Mbps
Ex Wi-Fi
50GB
3,080円

(データなし)
縛りなしWiFi
(3年縛りプラン)
実質60GB
2,830円
28.76Mbps
Mugen WiFi
100GB
3,450円
16.33Mbps
どこよりもWiFi
(縛りあり)
100GB
3,850円
17.67Mbps
THE WiFi
実質110GB
3,682円
13.33Mbps
限界突破
WiFi
実質150GB
3,850円
21.17Mbps
Broad WiMAX
実質無制限※3
3,876円
43.72Mbps
GMOとくとくBB
WiMAX(割引)
実質無制限※3
3,865円
43.72Mbps
GMOとくとくBB
WiMAX(CB)
実質無制限※3
3,903円
43.72Mbps
DTI
WiMAX
実質無制限※3
3,967円
43.72Mbps
カシモ
WiMAX
実質無制限※3
3,994円
43.72Mbps
So-net
WiMAX
実質無制限※3
4,414円
43.72Mbps
Tikiモバイル
WiMAX
実質無制限※3
4,401円
43.72Mbps
BIGLOBE
WiMAX
実質無制限※3
4,460円
43.72Mbps
hi-ho Let’s
WiFi
(通常プラン)
実質210GB
4,323円
14.95Mbps
KTWiMAX
実質無制限※3
4,803円
43.72Mbps
YAMADA
air mobile
WiMAX
実質無制限※3
4,803円
43.72Mbps
エディオン
ネット
実質無制限※3
4,803円
43.72Mbps
UQWiMAX
実質無制限※3
5,023円
43.72Mbps
DIS
mobile
実質無制限※3
4,803円
43.72Mbps
ワイモバイル
Pocket WiFi
実質無制限※3
5,228円
26.99Mbps
ワイヤレスゲート
Wi-Fi
実質無制限※3
4,803円
43.72Mbps
au モバイル
ルータープラン
実質無制限※3
5,349円
43.72Mbps
ドコモ
60GB
6,980円
82.45Mbps

※1:実質料金=(事務手数料+合計月額料金―キャッシュバック額)÷契約期間
※2:みんなのネット回線速度調べ
※3:3日で10Gの制限あり
※4:WiMAXは3年間で算出
※価格は税込
※2021年5月時点

実質無制限のWiMAXとワイモバイルを比べると、WiMAXのほうがキャッシュバックなどのキャンペーンを実施しているプロバイダが多く、実質料金が安いですね。

さらに速度面も、WiMAXは他社のモバイルWiFiより高速で通信可能だとわかります。

博士

WiMAXは平均44Mbps、ワイモバイルは平均27Mbpsと速度もWiMAXの方が断然おすすめじゃ

また、ワイモバイルは都市部をメインに利用可能なアドバンスモードでのみ、無制限プランを提供しています。

一方、WiMAXは独自のWiMAX2+回線を使って日本各地広いエリアで無制限利用でき、市街地以外でもつながりやすいので、エリア面でもWiMAXのほうがオススメですよ。

インターネットをたっぷり使える無制限のWiMAXを今契約するなら、実質料金が安くキャンペーン豊富なBroadWiMAXがおすすめです!

実質無制限モバイルWiFiなら!「WiMAX」がおすすめ

BroadWiMAXのキャプチャ画像

WiMAXなら「BroadWiMAX」が安くておすすめ!

  • WiMAXのなかでも実質料金が安い!
  • 当サイト特別5,000円キャッシュバック
  • キャンペーン豊富で乗り換えにも強い

Broad WiMAXの公式サイトを確認する

ただし、WiMAXは3日で10GBを超えた場合に速度制限がかかるので、注意が必要です。

もし3日間で10GBの速度制限にかかりそうな人は、クラウドSIMを使った大容量プランも視野に入れて、考えてみましょう。

現在、月間100GBや200GBなどの大容量プランを打ち出しているモバイルWiFiが増えてきており、料金が比較的安いことから人気です。

博士

自分に合った容量を選べる点も人気の理由じゃ!

大容量プランでオススメのモバイルWiFiは以下の3社です。

【速度制限やエリアが不安なら大容量プランも】
月間100GBまでならMUGEN WiFi
月間150GBなら限界突破WiFi
月間210GBならhi-ho Let’s Wi-Fi

さらにくわしく各社のサービスを解説していきすよ。

無制限モバイルWiFiならWiMAXが断然オススメ!

今、無制限プランのモバイルWiFiを契約するならWiMAXの「ギガ放題」プランがオススメです。

博士

WiMAXの無制限プラン「ギガ放題」を契約するメリットをまとめたぞ!

WiMAXのメリット

  • 他社モバイルWiFiよりも速度が速い
  • 基本的に1か月無制限でインターネットができる
  • 速度制限がかかってもある程度の速度がでる
  • 独自のWiMAX2+回線が使えない場所などでauのLTE回線が併用できる

WiMAXは独自のWiMAX2+回線とauの4GLTE回線を使ってインターネットを接続し、機種によっては下り最大通信速度1.2Gbpsの高速通信が期待できます。

助手のジョン

他社のモバイルWiFiと比べても、高速通信できるのがうれしいね!

【主要ポケットWi-Fi 速度比較】
契約先最大通信速度平均速度
WiMAX
(W06)
下り:1.2Gbps
上り:75Mbps
下り:43.72Mbps
上り:6.4Mbps
ゼウスWiFi
下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:15.47Mbps
上り:12.21Mbps
Ex Wi-Fi
下り:150Mbps
上り:50Mbps

(データなし)
縛りなしWiFi
(機種はランダム)
機種による
下り:28.76Mbps
上り:5.2Mbps
どこよりもWiFi
(縛りあり)
下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:17.67Mbps
上り:10.61Mbps
MUGEN WiFi
下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:16.33Mbps
上り:9.56Mbps
限界突破WiFi
下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:21.17Mbps
上り:11.56Mbps
THE WiFi
下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:13.33Mbps
上り:8.87Mbps
hi-ho Let’s
WiFi
下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:14.95Mbps
上り:11.99Mbps
ワイモバイル
Pocket WiFi
(603HW)
下り:612Mbps
上り:37.5Mbps
下り:26.99Mbps
上り:5.66Mbps
ドコモ
(SH-52A)
下り最大4.1Gbps
上り最大480Mbps
下り:82.45Mbps
上り:16.27Mbps

※平均速度はみんなのネット回線速度調べ

モバイルWiFiの中ではドコモのdocomo Wi-Fi STATIONがもっとも高速ですが、ドコモユーザーしか契約できず、料金も割高です。

料金や速度、キャンペーンなど総合的にコスパがよいWiMAXを、ぜひ検討しましょう。

ただし、 WiMAXは無制限プランといえど、3日間で10GB以上のデータ通信を行うと速度制限がかかります。

【WiMAXの速度制】
速度制限の条件
3日間で10GB
制限期間
条件を満たした翌日18時~翌々日2時ごろまでの約8時間
制限後の速度
おおむね1Mbps

WiMAXの速度制限中は1Mbpsの速度が出るので、YouTubeの標準画質が楽しめる程度の使い方ができます。

実際に利用している人からも、WiMAXは速度制限があってもある程度問題なく使えるという声が聞かれます。

また、速度制限期間が夕方~深夜だけで、日中は速度制限を気にせず高速で無制限にインターネットができるので、時間帯によっては快適に利用できるのもポイントですね。

助手のジョン

それでも、あまりに速度制限にかかるようだと不便かもしれないし、3日間で10GBってどれくらいのことができるのか知りたいなぁ。

WiMAXの速度制限にかかる条件である3日間に10GB以上とは、主に以下の使い方をした場合に到達するデータ量です。

【10GBに到達するまでの目安】
利用目的10GB到達まで
YouTube
(低画質)
約28時間
YouTube
(高画質)
約15時間
オンラインゲーム
(SwitchやPS4)
約60時間
オンラインゲーム
のアップデート
(SwitchやPS4)
1回
(1.5GB~10GB以上)
Hulu
(ハイビジョン画質)
約10時間
Netflix
(UHD 4K画質)
約1.5時間
ZOOMでのビデオ通話
約15時間
博士

10GBのデータ量を消費しようと思ったら、YouTubeの高画質を1日5時間以上視聴したり、オンラインゲームを1日20時間以上してやっと到達するのじゃ。

ただし、HuluやNetflixなどオンデマンド配信サービスを長時間視聴したり、大容量のアップデートやダウンロードを頻繁に行ったりする方はWiMAXの速度制限にかかりやすいので、大容量プランが契約できるモバイルWiFi完全無制限で利用できるサービスを検討したほうがいいですよ。

また、WiMAXを検討する際に理解しておくべきことは、プロバイダによってエリアや速度は変わりませんが、毎月の料金や端末代金、キャッシュバックなどのキャンペーンが異なるという点です。

博士

WiMAXを契約するなら、ずばりBroadWiMAXがおすすめだよ!

WiMAXの中でもとくに安い!豊富なキャンペーンでお得なBroad WiMAX

BroadWiMAXのキャプチャ画像

Broad WiMAXは、月額割引をはじめとしたキャンペーンが充実しているモバイルWiFiです。

<Broad WiMAXの基本情報>
初期費用端末料金
0円
契約手数料
初期費用20,743円
キャンペーンで0円に割引可能
+契約事務手数料3,300円
月額料金
1~2ヶ月目:2,999円
3〜24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目以降:4,413円
キャンペーン
・月額料金割引
・他社違約金を最大19,000円まで負担
・初期費用20,743円が無料
・端末代金無料
・いつでも解約サポート
・5,000円キャッシュバック
・2台目以降10,000円キャッシュバック
実質料金
(3年)
3,876円
契約期間
3年
平均通信速度(W06)
43.72Mbps
速度制限
(無制限プラン)
3日間で10GB
解約金
1~12か月目:20,900円
13~24ヶ月目:15,400円
(Web割を利用で24か月以内の解約)
+キャンペーン違約金:10,450円
25ヶ月目以降:10,450円
契約更新月(37ヶ月目):0円

※価格は税込
※2021年5月時点

Broad WiMAXは2年目までの月額料金が安く、無制限プランが2,999円から利用できます。

さらに他社から乗りかえの方は違約金負担として最大19,000円まではキャッシュバックしてもらえますよ!

19,000円違約金負担キャンペーンの適用条件

  • ギガ放題プラン・ライトプランのいずれかを申し込む
  • クレジットカード払いを選択する
  • 申込時に安心サポートプラス(月額605円)、
    MyBroadサポート(月額997円)に加入する
  • 申込時に「お乗換えキャンペーンを希望する」にチェックを入れる

初期費用の20,743円については、以下の条件を満たせば0円に抑えられます。

  • WEBフォームから申し込む
  • クレジットカード払いで、ギガ放題プラン・ライトプランのいずれかを契約する
  • 安心サポートプラス(月額605円)、
    MyBroadサポート(月額997円)に加入する
    (端末到着後に解約してもOK)

キャンペーン適用のためには、有料オプションの加入が必要ですが、どちらも無料期間中に解約すれば費用はかかりません

また、モバイルWiFiでは支払い方法はクレジットカードのみという会社が多いですが、Broad WiMAXでは口座振替も選択できます。

博士
BroadWiMAXは、キャンペーンを受けてお得に契約したい人や口座振替で支払いたい人にオススメといえるのじゃ!

また現在、BroadWiMAXではGetnavi特別5,000円キャッシュバックを行っています。

助手のジョン

当サイトからBroadWiMAXを申し込むと半年後に5,000円のキャッシュバックが受け取れるよ!

\豊富なキャンペーンでお得に契約!/

Broad WiMAXの申し込みはこちら

速度制限やエリアが不安なら大容量プランもオススメ!

WiMAXは広いエリアで高速の無制限プランが契約できるのでオススメですが、3日間で10GB以上通信すると速度制限がかかります。

WiMAXの速度制限はYouTubeの標準画質が楽しめるほどのゆるいものですが、1日3.3GB以上インターネットを使う人や日によって大容量のデータ通信をするなど、WiMAXの速度制限がかかりやすい人は少し不安ですよね。

また、独自のWiMAX2+回線は地方にいくとつながらないこともあるので、移動が多い人はもっとエリアの広いモバイルWiFiがないか気になりますね。

WiMAXの速度制限やエリアが不安なら、無制限ではありませんが大容量プランも選択肢にいれましょう。

【大容量プランとは】

1ヶ月のデータ容量の上限が決まっている契約プランのこと。
大容量のデータ通信を行っても速度制限がかかりにくい。
ただし、WiMAXやワイモバイルは速度制限がかかっていない時間帯に無制限で高速のインターネットができるが、大容量プランは基本的に高速で通信できるデータ量を超えると低速状態になり利用できない。

大容量プランを提供するモバイルWiFiは最新のクラウドSIMという技術を使い、トリプルキャリアの回線を切り替えながら大容量のデータ通信ができるサービスが多いです。

助手のジョン

クラウドSIMはドコモ・ソフトバンク・auの3大携帯電話キャリアの電波を今いる場所にあわせて自動的に切り替え、1番つながりやすい回線で接続してくれるよ!

博士

クラウドSIMのモバイルWiFiを使うメリットをまとめてみたぞ!

クラウドSIM系モバイルWiFiのメリット

  • トリプルキャリアで日本全国つながりやすい
  • 1つの回線に縛られないので大容量のデータ通信が可能
  • 海外でも同じ端末で利用が可能

ただし、クラウドSIMのモバイルWiFiはWiMAXに比べて最大通信速度も実際に出る速度も遅い傾向があります。

助手のジョン

速度を重視するか、大容量のデータ通信を重視するかを考えてみてね。

クラウドSIMのモバイルWiFiを検討するなら、容量別に以下の3つがオススメです。

【速度制限やエリアが不安なら大容量プランも】
100GBまでならMUGEN WiFi
実質150GBの限界突破WiFi
実質210GBのhi-ho Let’s Wi-Fi
助手のジョン

1ヶ月にどれくらいのデータ量があればいいのかわからない人は、 10GBに到達するまでの目安もチェックしてみてね!

100GBまでならMUGEN WiFi

Mugen WiFi

WiMAXは1ヶ月実質無制限のデータ通信ができますが、3日間で10GB以上の通信で速度制限がかかりますね。

もし、短期間での速度制限が気になるなら、月間100GBまでは無制限で使える大容量プランで実質料金がもっとも安いMUGEN WiFiがオススメですよ。

助手のジョン

MUGEN WiFiはクラウドSIMのモバイルWiFiで細かい速度制限がないから、たまに大容量のデータ通信を行っても100GBを使い切るまでは高速で利用できるよ!

<MUGEN WiFiの基本情報>
初期費用端末料金
0円
事務手数料
3,300円
月額料金
3,718円~
キャッシュバック
0円
実質料金
(2年)
3,450円
契約期間
2年
(3年目以降は縛りなし)
平均通信速度
16.33Mbps
速度制限
100GB以上
海外利用
134か国
(海外利用料金:1日1,320円~1,760円)
解約金
1~12ヶ月目:9,900円
13~24ヶ月目:5,500円
25ヶ月目以降: 0円

※価格は税込
※2021年5月時点

MUGEN WiFiの速度制限の条件も、みてみましょう。

【MUGEN WiFiの速度制限】
速度制限の条件
100GB以上
制限期間
月末まで
制限後の速度
下り上り:最大128Kbps

MUGEN WiFiは100GBまで無制限でたっぷりとインターネットができますが、100GBに到達してしまうと月末まで低速状態が解除されません。

助手のジョン

契約しているデータ量を使い切ると速度制限がかかるっていうルールはわかりやすいね!

また、MUGEN WiFiは契約期間が2年ですが、25ヶ月目以降はいつ解約しても解約金が0円で、端末も返却する必要はありません。

さらに、使用感に不安がある人は30日間おためし全額返金キャンペーンも実施しているので、安心して申し込んでくださいね。

博士

MUGEN WiFiを使ってみて不便を感じた場合、端末到着から30日以内でなおかつ50GB以下のデータ利用量のうちに端末を返却すれば、返却処理手数料1,100円と送料だけで解約できるのじゃ!事務手数料と月額料金は返金されるぞ!

\100GBまで無制限!/

MUGEN WiFiの詳細をみる

実質150GBの限界突破WiFi

限界突破WiFi

限界突破WiFiもクラウドSIMを使ったサービスで、専用の液晶画面付端末が無料でレンタルできますよ。

助手のジョン

限界突破WiFiの専用端末は最大15時間連続使用できるバッテリーや5.7インチの大画面液晶、地図や翻訳アプリまで搭載されていて使いやすいよ!

<限界突破WiFiの基本情報>
初期費用端末料金
0円
事務手数料
0円
月額料金
3,850円
キャッシュバック
0円
実質料金
(2年)
3,850円
契約期間
2年
(3年目以降は1年ごと)
平均通信速度
21.17Mbps
速度制限
1日5GB
海外利用
107か国
(海外利用料金:1日1,089円~)
解約金
1~23ヶ月目:19,800円
25ヶ月目以降:5,500円
契約更新月(24ヶ月目):0円

※価格は税込
※2021年5月時点

限界突破WiFiの速度制限は2段階になっており、まずは1日5GB以上を超えると10GBまで中程度の速度制限がかかります。

博士

最初の速度制限では下り4Mbps、上り1Mbpsの速度がでるから、ある程度安心して使えるぞ!

【限界突破WiFiの速度制限】
速度制限の条件制限後の速度
1日5GB以上
下り:最大4Mbps
上り:最大1Mbps
1日10GB以上
下り上り:最大128kbps
制限期間
条件到達~当日24時まで

もし1日に10GB以上使ってしまっても、その日の24時には低速状態が解除されるので、速度制限にかかっても少しの我慢で済みますよ。

助手のジョン

1日どれくらいまでインターネットができるかも大事だけど、速度制限後の速度や解除のタイミングも重要だね!

また、モバイルWiFiの提供会社は基本的にインターネット窓口のみですが、限界突破WiFiは格安スマホショップのX-mobileが運営しており、全国100店舗以上の実店舗があります。

モバイルWiFi選びでサポートを重視したい方も、限界突破WiFiなら安心ですね。

\実質150GBまで無制限!/

限界突破WiFiの詳細をみる

実質210GBならhi-ho Let’s Wi-Fi

hi-ho Let’s Wi-Fiお試しキャンペーン

hi-ho Let’s Wi-FiはクラウドSIMを使ったモバイルWiFiで、1日7GBまでは制限なしでインターネットが楽しめます。

助手のジョン

1か月なら7GB×30日間で実質210GBも速度制限なしで使えるね!

<hi-ho Let’s Wi-Fiの基本情報>
初期費用端末料金
0円
事務手数料
0円
月額料金
(※210Gプラン)
1~2ヶ月目:3,278円
3ヶ月目以降:4,730円
キャッシュバック
Let’sお試しキャンペーン
→事務手数料0円
→30日お試しキャンペーン月額割引
実質月額料金
(2年)
4,323円
契約期間
2年
(3年目以降は1年ごと)
平均通信速度
14.95Mbps
速度制限
1日7GB
海外利用
100か国以上
(海外利用料金:1日1,067円~1,760円)
解約金
1~11ヶ月目:20,350円
12ヶ月目以降:10,450円
契約更新月(25ヶ月目):0円

※価格は税込
※2021年5月時点

hi-ho Let’s Wi-Fiの速度制限についても、確認しておきましょう。

【hi-ho Let’s Wi-Fiの速度制限】
速度制限の条件
1日7GB以上
制限期間
条件到達の翌々日0時~24時まで
制限後の速度
下り上り:最大128Kbps

hi-ho Let’s Wi-Fiは1日あたりの速度制限がかからないデータ量が7GBと多いですが、速度制限にかかってしまったときは丸一日ほぼインターネットが使えないレベルの低速状態に陥ってしまうので注意しましょう。

博士

最大128Kbpsの速度まで低下した場合、出来ることを表でまとめてみたぞ。

<128kbpsでできること>
利用可能レベル利用に必要な速度
メールやSNS送受信
約100kbps~1Mbps
ホームページ観覧
×
約200kbps~2Mbps
動画視聴144p最低画質
×
約300kbps以上
360p低画質
×
約500kbps以上
480p標準画質
×
約1Mbps程度
720p高画質
×
約1~2Mbps
テレビや最高画質動画視聴
×
約3~5Mbps

hi-ho Let’s Wi-Fiを契約する際には、以下のデータ通信量の目安もチェックしながら、1日7GB以上通信することがないかしっかり考えたうえで申込みましょう。

hi-ho Lets Wi-Fi│7GBの目安

引用:hi-ho Let’s Wi-Fi

博士

ただ、30日間お試しキャンペーンを行っているので容量が不安な人は試してみるのもひとつの手じゃ!

\実質210GBまで無制限!/

hi-ho Let’s Wi-Fiの詳細をみる

モバイルWiFiの無制限プランは2種類!ただし完全無制限プランは現在停止中

モバイルWiFiの無制限プランと呼ばれるものはおもに2種類あります。

ただし、2021年5月時点で完全無制限プランのモバイルWiFiはありません!

なぜ完全無制限プランは契約できなくなったのか、今契約するならどのプランを選べばいいのか、くわしく解説していきますよ。

【新規受付停止】基本的に1か月のデータ上限や速度制限がない完全無制限プラン

2019年ごろからクラウドSIMを使った、完全無制限プランのモバイルWiFiが登場しました。

これまで無制限プランといえば、WiMAXやワイモバイルのように「速度制限ありの実質無制限プラン」が当たり前だったので、画期的なサービスとして多くのユーザーが注目し、契約者を増やしていきましたよ。

しかし、昨年2020年は新型コロナウイルスの影響からリモートワークや外出自粛でインターネットを利用する人が増え、完全無制限プランのモバイルWiFi を提供するサービスで大規模な通信障害が相次ぐようになりました。

さらに、新型コロナウイルスの余波による海外での工場閉鎖や申込者の急増を受け、クラウドSIMのモバイルWiFi端末が在庫切れとなり、発送遅延なども発生するトラブルも続出します。

博士

完全無制限プランを提供していた会社に総務省の行政指導が入るなど、クラウドSIMのモバイルWiFi各社は対応に追われていったのじゃ。

結果、クラウドSIMのモバイルWiFiを提供する各社では、完全無制限プランから大容量プランへ順次移行をしていったのです。

助手のジョン

もともと完全無制限プランを提供していたゼウスWiFiやMUGEN WiFi、限界突破WiFiなども、プランの見直しを行った上で現在の契約内容になったんだね。

しかし、クラウドSIMはそもそもモバイルWiFiを完全無制限で利用するためのサービスではありません。

クラウドSIMのモバイルWiFiが完全無制限でインターネットが利用できていた仕組みとして、3つのキャリアLTE回線を自由に切り替えることで1つの回線では限られていたデータ容量に縛られなくなった点があります。

どんなときもWiFiの秘密|【公式】どんなときもWiFi

引用:どんなときもWiFi

ただし、クラウドSIMで注目すべきは国内ではトリプルキャリアを、海外へ渡航した際には電源を入れるだけで現地の回線をキャッチし、そのままインターネットを楽しめる点です。

契約している回線のみでは提供エリアに不安があった方でも、今いる場所で最適なLTE回線に切り替えてくれて安心できるのがクラウドSIMの技術ですよ。

完全無制限プランが契約できるクラウドSIM系モバイルWiFiは今ありませんが、大容量プランが契約できたりトリプルキャリアを利用できたりするメリットがあると覚えておいてくださいね。

速度制限ありの実質無制限プラン

今すぐ無制限プランを契約したいなら、速度制限はありますが実質無制限で契約できる以下のモバイルWiFiを検討しましょう。

速度制限ありの実質無制限プラン
  • WiMAX
  • ワイモバイル

基本的には1か月間無制限でインターネットが可能ですが、条件を超えてデータ通信すると短期間だけの速度制限がかかるのが実質無制限プランです。

WiMAXやワイモバイルは速度制限が夕方~深夜までで、利用内容によってはある程度問題なくインターネットが楽しめる速度がでますよ。

助手のジョン

日中メインでインターネットする人からは、夜間のみの速度制限を問題視していないという声も聞かれるよ!

速度制限がかかる条件や時間帯が自分にとって問題ないものなら、実質無制限プランのモバイルWiFiを選びましょう。

データ容量によっては大容量プランも選択肢に含めよう!

今すぐモバイルWiFiを契約するなら、クラウドSIMを使った大容量プランのモバイルWiFiもオススメですよ。

実質無制限プラン大容量プラン、どちらを選ぶのがあなたにとって向いているのか、表でまとめてみました。

実質無制限プラン・大容量プラン比較

実質無制限プラン大容量モバイルWiFi
向いている人
  • 毎日のデータ量が速度制限の条件以下の人
  • 日によってデータ通信量があまり変化しない人
  • 速度も重視したい人
  • 基本的に市街地で利用する人
  • 一度に大容量のデータ通信を行う可能性がある人
  • 日単位の速度制限を気にしたくない人
  • 広いエリアを移動することが多い人
主な契約先
  • WiMAX
  • ワイモバイル
  • hi-ho Let’s Wi-Fi
  • 限界突破WiFi
  • 縛りなしWiFi
  • MUGEN WiFi
  • ゼウスWiFi
  • Ex Wi-Fi
  • どこよりもWiFi
博士

実質無制限プランのモバイルWiFiは高速通信ができ、速度制限期間中もある程度の速度が出るぞ!ただし、速度制限がかかるデータ容量が少なく、人によってはすぐに引っかかってしまうのだ。提供エリアも市街地中心だから注意じゃ!

助手のジョン

クラウドSIMやLTE回線を使った大容量プランはデータ上限に到達すると低速になってしまうけど、WiMAXよりもたっぷりとデータ通信ができる会社が多いよね。携帯電話が使える場所なら提供エリア内なのもうれしいポイント!

それぞれのメリットや注意点が自分にとって重視したいポイントか考えたうえで、どの会社を契約するか考えてみてくださいね。

のちほど、無制限のモバイルWiFiを選ぶポイント6つを解説しているので、ぜひ参考にしてください!

どうしても完全無制限のモバイルWiFiは契約できない?

2021年5月時点、完全無制限プランのモバイルWiFiで新規受付中だったり、端末の遅延が発生していない会社はありませんでした。

もともと完全無制限プランを提供していた会社も次々と大容量プランへ移行しており、今後も契約できるめどはありませんよ。

もし、どうしても完全無制限のインターネット回線がいいなら、光回線やホームルーターも検討すべきです。

それぞれの特徴を簡単にまとめたので、みてみましょう。

【モバイルWiFi・ホームルーター・光回線比較】
モバイルWiFiホームルーター光回線
月額料金
3,500円前後
4.000円前後
5,000円前後
速度の安定度
工事の有無
なし
なし
あり
持ち運び
最大接続台数
10台前後
64台
無制限

モバイルWiFiだけを視野に入れて検討していた人も、それぞれのメリットや導入方法を簡単に説明するので、少し考えてみてくださいね。

自宅メインならモバイルWi-Fiよりホームルーター

ソフトバンクエアー

もし、自宅メインでの利用を考えており、速度制限のない完全無制限プランを契約したいなら、ホームルーターのソフトバンクAirがオススメですよ。

ソフトバンクAirなら、3日間で10GBなどの速度制限がなく、完全無制限で利用できます。

仕組みはモバイルWiFiと同じで専用の端末で電波を受信し、インターネット環境を作るので、光回線の工事が自宅でできない方も安心です。

モバイルWiFiとの違いとしてコンセント接続式で持ち運びはできず、据え置き型の端末です。

ホームルーター 画像

ただし、大型のアンテナを内蔵しているので自宅内の広い範囲に電波を飛ばせますし、同時に接続できる機器の台数が最大64台と非常に多いので、家族やシェアハウス、小規模なオフィスなどで使いたい場合も便利ですよ!

ソフトバンクAirはソフトバンクの公式窓口からも申込みできますが、キャッシュバックや独自割引が受けられる窓口もいくつかあります。

ソフトバンクAirをもっともお得に契約するなら、アライアンスモデルを提供するモバレコAirがオススメですよ。

くわしくはモバレコAirの解説をした記事を用意しているので、読んでみてくださいね。

ソフトバンクエアー(モバレコAir)のキャンペーンCTA(モバレコエアーの場合)

完全無制限のホームルーターなら!モバレコエアーがおすすめ

  • 月額料金/2,167円~
  • キャッシュバック/最大17,000円
    ∟受け取り時期:最短翌月
  • 平均通信速度/24.43Mbps

モバレコエアーを詳しく見る

工事可能ならモバイルWiFiより光回線もオススメ

もし、自宅メインでインターネットをする人で光回線の工事が可能なら、モバイルWiFiやホームルーターよりも光回線がオススメです。

モバイルWiFiは持ち運びが可能で外出先でも使えるのが、光回線やホームルーターにはない唯一の特徴です。

しかし、完全無制限プランがなく速度制限があることや、速度もエリアによっては安定しないという注意点がありますね。

光回線はおうちの中に直接引込んだ回線を使って接続するので、無線でインターネットをつなげるモバイルWiFiやホームルーターよりも高速で通信できます。

モバイルWiFiから光回線に乗りかえると、その速度の違いに驚く人も多いですよ。

また、実質無制限のモバイルWiFiでも大容量のデータ通信を行うオンラインゲームのダウンロードをすると、3日間で10GB以上の速度制限に引っかかってしまう可能性が高く、ジレンマを感じている人もいます。

光回線なら高画質の動画配信サービスやオンラインゲームのダウンロードなどを行っても、速度制限なしに高速で処理してくれるのがうれしいですね。

光回線を選ぶならお使いのスマホとのセット割が利用できる回線を選ぶと、よりお得ですよ!

【セット割別】オススメの光回線

オススメの光回線やお得なキャンペーンは以下の記事でくわしく紹介しているので、あわせて参考にしてくださいね。

無制限のモバイルWiFiを選ぶポイント6つ

実質無制限や大容量プランのモバイルWiFiを実際に選ぼうと思ったら、以下の6つのポイントに注目しながら検討すれば失敗しませんよ!

ぜひ、参考にしながら自分にぴったりのサービスを見つけてくださいね。

同じサービスでも契約先によってお得度は違う

モバイルWiFiは同じ端末やサービスでも、契約する先によって料金やキャンペーンなどが異なる場合があります。

たとえば、WiMAXなら回線や端末を提供するUQWiMAX以外にも契約できるプロバイダが数多くありますが、提供エリアや速度は同じでも、端末代金の有無や月額料金、キャンペーン内容はまったく違います。

WiMAXなら豊富なキャンペーンを用意するBroad WiMAXキャッシュバックがあるGMOとくとくBB WiMAXのほうが他WiMAXプロバイダよりも安く契約できます。

また、ワイモバイルやソフトバンク、縛りなしWiFiも利用する端末はすべてPocketWiFiの機種ですが、実質無制限プランが契約できるのはワイモバイルだけです。

博士

利用する回線や端末が同じだからこそ、もっともお得な窓口をしっかり比較する必要があるのじゃ!

記事の冒頭でもモバイルWiFi最新25社を比較しているので、キャンペーンなどを含めた実質料金がもっとも安い窓口を選んでくださいね。

よく行く場所でつながるか提供エリアを確認しておこう

モバイルWiFiは端末で契約した回線の電波を受信してインターネットをつなげるので、よく行く場所が提供エリア内でなければ利用できません。

モバイルWiFiの提供エリアは契約先ではなく利用する回線によって決まるので、それぞれにチェックしてみましょう。

モバイルWiFiの種類利用する回線
(エリア検索ページ)
提供エリア
(都市部)
提供エリア
(地方)
WiMAX
PocketWiFi
docomo
クラウドSIM
助手のジョン

提供エリアは携帯電話大手のドコモと、3つのキャリア回線を使えるクラウドSIMのモバイルWiFiが比較的広いんだね!

快適に利用できるかは実測速度をチェックすべし

インターネットは高速で通信できるほど、快適に利用できます。

博士

通信速度が遅いとオンラインゲームや動画視聴などでたびたび止まってしまい、ストレスがたまってしまうぞ。

モバイルWiFiの速度は利用する回線の通信速度と端末のスペックによって左右されると覚えておきましょう。

ただし、モバイルWiFiで速度を重視するときは、回線速度や端末のスペックとして記載されている最大通信速度よりも実際に出る速度=実測速度を調べるのがオススメです。

なぜなら、最大通信速度はベストエフォート型といって、理論上の数値で実際に出る速度ではないからです。

実測速度はユーザーが測定した速度や口コミから調べられますが、速度測定サイトみんなのネット回線速度では実測値を平均速度として集計しているのでぜひチェックしましょう。

さきほどWiMAXの項目で紹介した、モバイルWiFiごとの平均速度をもう一度みてみましょう。

【主要モバイルWi-Fi 速度比較】
契約先最大通信速度平均速度
WiMAX
(W06)
下り:1.2Gbps
上り:75Mbps
下り:43.72Mbps
上り:6.4Mbps
ゼウスWiFi
下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:15.47Mbps
上り:12.21Mbps
Ex Wi-Fi
下り:150Mbps
上り:50Mbps

(データなし)
縛りなしWiFi
(機種はランダム)
機種による
下り:28.76Mbps
上り:5.2Mbps
どこよりもWiFi
(縛りあり)
下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:17.67Mbps
上り:10.61Mbps
MUGEN WiFi
下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:16.33Mbps
上り:9.56Mbps
限界突破WiFi
下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:21.17Mbps
上り:11.56Mbps
THE WiFi
下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:13.33Mbps
上り:8.87Mbps
hi-ho Let’s
WiFi
下り:150Mbps
上り:50Mbps
下り:14.95Mbps
上り:11.99Mbps
ワイモバイル・
ソフトバンク
(603HW)
下り:612Mbps
上り:37.5Mbps
下り:26.99Mbps
上り:5.66Mbps
ドコモ
(SH-52A)
下り最大4.1Gbps
上り最大480Mbps
下り:82.45Mbps
上り:16.27Mbps
助手のジョン

WiMAXやdocomo Wi-FiSTATIONは、とくに高速通信で利用できるモバイルWiFiなんだね!

端末が選べるなら最新機種がオススメ

モバイルWiFiでは契約先によって、端末が選べることがあります。

端末が選べる場合は、よりスペックやバッテリー容量が優れている最新機種がオススメですよ。

ワイモバイル、ソフトバンクで契約できるPocketWiFiや、WiMAXの最新機種を紹介しましょう。

PocketWiFiは2019年8月発売の803ZTが、もっとも新しい機種です。

803ZT- ワイモバイル

引用:ワイモバイル

USBケーブルで接続すれば下り最大988Mbpsの速度が期待でき、バッテリーも大容量なので最長12時間連続使用ができますよ。

また、WiMAXでは国内家電メーカーNECから2020年1月に発売されたWX06が最新機種です。

WX06 - 【公式】Broad WiMAX

引用:Broad WiMAX

WX06はモバイルWiFiで初めて、2.4GHzと5GHzの2つの周波数を自動で切り替える新技術を搭載しており、よりつながりやすさにこだわりました。

助手のジョン

Broad WiMAXやGMOとくとくBBからWiMAXを申し込むと、最新端末でも無料でもらえるよ!

また、大容量プランを提供するモバイルWiFiではクラウドSIM対応の端末・U2sを提供する会社が多いですよ。

U2s端末スペック MUGENWiFi

引用:MUGEN WiFi

限界突破WiFiやゼウスWiFiは液晶付の独自端末を無料レンタルしており、デザインなどもそれぞれ異なるので、好みやスペックにあわせて希望する端末が契約できる会社を選んでくださいね。

モバイルWiFiは口座振替対応が少ない!

モバイルWiFiは支払い方法として、クレジットカード払いの会社がほとんどです。

助手のジョン

クレジットカードを持っていない人はモバイルWiFiを契約できないの?

博士

クレジットカードがない人は、口座振替にも対応したモバイルWiFiを選ぶのじゃ!

モバイルWiFiで口座振替も選択できる主な会社をまとめましたので、確認してくださいね。

【口座振替対応のモバイルWiFi】
  • Broad WiMAX
  • BIGLOBE WiMAX
  • UQWiMAX
  • ワイモバイル
  • ソフトバンク
  • ドコモ
  • 縛りなしWiFi

たとえばWiMAXのプロバイダでは口座振替に対応しているのが3社だけで、中でもBroad WiMAXが最安値で契約できますよ。

BIGLOBE
WiMAX
UQWiMAXBroad
WiMAX
初期費用
0円
20,743円
事務手数料
3,300円
端末代金
21,120円
16,500円
0円
月額料金
4,378円
4,268円
1~2か月:2,999円
3〜24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目以降:4,413円
口座振替手数料
220円
0円
220円
キャッシュバック
17,000円
0円
2年間の実質料金
(ギガ放題)
112,492円
132,000円
90,468円

※価格は税込
※2021年5月時点

口座振替の場合はクレジットカード払いとキャンペーン内容が違う場合もあるので、契約前によく確認してから申し込んでくださいね。

\口座振替対応WiMAXで最安値!/

BroadWiMAXのキャンペーンをみる

契約更新月以外の解約は解約金が必要!

モバイルWiFiでは契約期間が定められているサービスが多く、契約が満了する更新月以外に解約すると違約金がかかることもありますよ。

モバイルWiFi主要各社の契約期間と違約金額を、調べておきましょう。

契約期間契約更新月契約期間内の
解約時違約金
縛りなしWiFi
なし
なし
なし
どこよりもWiFi
PocketWiFi
(ワイモバイル)
BIGLOBE WiMAX
1年
13か月目以降
1,100円
それがだいじWi-Fi
2年
25ヶ月目
~24ヶ月目:4,950円
26ヶ月目~:4,950円
THEWiF
25ヶ月目
~24ヶ月目:10,780円
25ヶ月以降:0円
ゼウスWiFi
Mugen WiFi
EXWiFi
3年
37ヶ月目
1ヶ月目~36ヶ月目
:4,950円
+端末代金の残債
37か月目:0円
38か月目~:4,950円
GMOとくとくWiMAX※
~12ヶ月目:20,900円
13~24ヶ月目:15,400円
26ヶ月以降:10,450円
DTI WiMAX
Broad WiMAX
カシモWiMAX
So-net WiMAX

実質無制限のWiMAXではBIGLOBE WiMAXが最低利用期間1年ともっとも短い契約期間で利用でき、13ヶ月目以降はいつ解約しても違約金0円です。

また、100GB上限の大容量プランを提供する縛りなしWiFiやどこよりもWiFiは契約期間なしのプランがあり、いつでも違約金0円なので、モバイルWiFiを利用してもすぐ解約する可能性があるならオススメですよ。

博士

長期契約だと月額料金は安くなるけど解約時は高額の違約金が発生することもあるから、自分がどれくらいの期間利用する可能性があるかも考えておくべきじゃ!

無制限のモバイルWiFiを申込んで利用開始する流れ

モバイルWiFiの申込みを決めたら、利用開始までの流れも調べておきましょう。

博士

モバイルWiFiの申込みは基本的にインターネットからできるぞ。以下の流れで手続きしていこう!

モバイルWiFi 利用開始までの流れ
  1. モバイルWiFiの申込サイトにアクセスする
  2. 申込みフォームから契約者情報を入力する
  3. 申込み後、最短翌日に端末が届く
  4. 簡単な設定をして利用開始

端末は在庫があれば、最短当日に発送してくれるところもありますよ。

ただし、無制限のモバイルWiFiは端末の供給がまだ不安定な可能性もあるので、すぐに利用を開始したいなら契約時に発送予定を確認しておきましょう。

博士

端末が届いたらモバイルWiFiとスマホやパソコンを接続して、すぐに利用できるぞ!光回線のように開通工事も不要だから、気軽に利用を開始できるのもメリットじゃ!

無制限のモバイルWiFiにまつわる質問

最後に無制限のモバイルWiFiにまつわる、よくある質問に答えていきましょう。

助手のジョン

モバイルWiFiの契約でわからないことや不安なことが解決するといいな!

無制限モバイルWiFiのおすすめは?

無制限モバイルWiFiのおすすめはずばりWiMAXです。

現在、無制限WiFiはWiMAXとワイモバイルの2つだけですが、特にWiMAXは他モバイルWiFiと比較しても通信速度が圧倒的に速く、快適に利用することができます。

助手のジョン

だから無制限のモバイルWiFiならWiMAXがおすすめだよ

おすすめの無制限モバイルWiFiについては、上で詳しく解説しているので気になる方は再度確認してみてください。

詳細はこちら

★ 詳しい解説にジャンプします

無制限モバイルWiFiを選ぶ時のポイントは?

無制限モバイルWiFiを選ぶときは以下の6つのポイントに注目しましょう。

上記のポイントに注目して選ぶと損することなく契約することができますよ。

詳しくは、上で説明しているので再度確認したい方は下のボタンから解説にジャンプすることができます。

詳細はこちら

★ 詳しい解説にジャンプします

無制限モバイルWiFiを短期間だけレンタルできる?

もし1ヶ月前後の短期間だけ無制限のモバイルWiFiを利用したいなら、レンタル会社を利用しましょう。

レンタルモバイルWiFiで無制限プランを用意している主な会社は、以下のとおりです。

博士

レンタルできる無制限モバイルWiFiについてはこちらの記事で比較したうえで安い会社を紹介しているぞ!

無制限モバイルWiFiのお試し利用はできる?

モバイルWi-Fiでは、基本的に8日以内なら解約金なしで解約できる「初期契約解除制度」が用意されています。

さらに窓口によっては、8日以上のお試し期間を設けているものもありますよ。

博士

たとえばGMOとくとく WiMAXなら、お試しキャンペーンの期間は20日以内だよ!

「性能をしっかり見てから、契約を続けるかどうか決めたい」という方は、お試し期間の長さも考慮して契約してみてくださいね。

また、WiMAXの回線や端末の提供元であるUQ WiMAXでは、契約前に15日間無料で希望の機種をお試し利用できる「Try WiMAX」を実施しています。

WiMAXはどのプロバイダから契約しても機種や速度、提供エリアなどが変わりませんので、Try WiMAXで使用感を試して、キャンペーンが豊富なBroad WiMAXやGMOとくとくBB WiMAXで改めて契約しましょう。

\WiMAXが15日間無料レンタル!/

Try WiMAXの詳細をみる

無制限モバイルWiFiは法人契約できる?

基本的にほとんどのモバイルWiFiが、法人契約可能です。

申込みフォームで法人契約を選択する欄がある場合も多いので、画面上の操作に従って手続きしましょう。

ちなみに、ソフトバンクには法人向けのモバイルWiFi端末も用意されており、ビジネス用にレンタルも行っていますよ。

法人向け- Pocket WiFi 809SH - モバイルデータ通信

引用:ソフトバンク

まとめ

現在、速度制限なしで完全無制限のインターネットができるモバイルWiFiはありません。

今すぐモバイルWiFiを契約するなら、速度制限はありますが実質無制限のWiMAXか、大容量プランのクラウドSIM系モバイルWiFiがオススメですよ。

今回、モバイルWiFi全25社を比較し、メリットが多かったのは以下のサービスです。

【速度制限やエリアが不安なら大容量プランも】

あなたにあったモバイルWiFiがどれか迷ったら、以下の6つのポイントにも注目しながら選びましょう。

どうしても完全無制限のインターネットを契約したい方は、ホームルーターや光回線も視野に入れて検討してくださいね。