デジタル
通信機器
2022/5/5 18:30

ポケット 型 WiFiおすすめ比較ランキング29社|人気のデータ容量別・料金・速度・メリット・デメリットもすべて解説!

ポケットWiFi おすすめ

ポケット型Wi-Fiは、持ち運び可能で外出先でも利用できる便利なインターネット回線です。

ポケット型Wi-Fiには利用できるデータ容量の違いなどでさまざまなプラン選択肢があるため、ポイントをおさえて選ぶことが重要となります。

利用する場合メリットと注意点もあるため、事前にチェックしておくことが重要ですよ。

またポケット型Wi-Fiを選ぶ際には利用できるデータ容量を重視して選ぶのがおすすめ。

今回各社を比較してわかった、おすすめのポケット型Wi-Fiは以下のとおり。

【容量別】おすすめのポケット型Wi-Fi
どこよりもWiFi

【小容量|20GB】縛りあり・なしどちらも「どこよりもWiFi」が最安級!

  • 使ったデータ容量で月額料金が変化
  • 20GBなら縛りあり・なしとも最安級!
  • 月間データ容量の上限なし!
MONSTER MOBILE

【中容量|50GB】縛りあり・なしどちらも「MONSTER MOBILE」がおすすめ

  • キャンペーンで月額料金が6ヶ月割引
  • 50GBなら縛りあり・なしとも最安級!
  • データチャージが可能
ゼウスWiFi

【大容量|100GB】縛りありなら「ゼウスWiFi」がキャンペーンで最安!

  • キャンペーンで100GBのプランが10ヶ月54%OFF
  • 縛りありプランなら最安級!
  • おかわりギガで容量追加が可能
AiR-WiFi

【大容量|100GB】縛りなしなら「AiR-WiFi」がおすすめ

  • オプション追加で縛りなしで利用可能!
  • 端末保証オプションと同時加入でお得!
Broad WiMAX

【実質無制限】たっぷり利用したいなら「Broad WiMAX」でWiMAXを検討しよう

  • 月額割引やキャッシュバックで実質料金がお得!
  • 3日間の通信制限が撤廃され実質無制限に
  • 5Gも利用可能で通信速度も速い

実際の比較結果は「【容量別】おすすめのポケット型Wi-Fi!実質無制限や縛りなしのおすすめも!」の項目でくわしく解説しているのでチェックしてみてくださいね。

この記事の監修者
小川正人
新聞社が推薦する通信サービスに精通したコンサルタント。QUANTA代表。光回線や携帯電話・ポケット型WiFiなどのモバイルサービスの専門家。大手家電量販店で販売員を行っていたが光回線やモバイルサービスの種類や料金体系の複雑さを痛感。「お客様が最適なプランを選べるようにしたい」との思いから月間60万PVの通信サービスメディアサイト「XERA」を運営。一時期は光回線を3社、携帯電話を12社同時に契約していた。2019年には2019年度バリューコマースMVPを受賞。監修者について(マイベストプロ)
この記事でわかること
  1. そもそもポケット型Wi-Fiとは?持ち運びできるルーターのこと!
  2. ポケット型Wi-Fiをおすすめする4つのメリット
    持ち運び可能で外出先でも利用できる
    開通工事が不要!
    光回線と比べて利用料金が安い
    プランが豊富で柔軟に利用できる
  3. ここが重要!ポケット型Wi-Fiを選ぶときの5つのポイント
    実質料金を比較する
    適したデータ容量を選ぶ
    通信速度をチェックする
    契約期間をチェックする
    利用可能エリアに入っているかチェックする
  4. 【容量別】おすすめのポケット型Wi-Fi!実質無制限や縛りなしのおすすめも!
    【小容量|20GB】縛りあり・なしどちらも「どこよりもWiFi」が最安級!
    【中容量|50GB】縛りあり・なしどちらも「MONSTER MOBILE」がおすすめ
    【大容量|100GB】縛りありなら「ゼウスWiFi」がキャンペーンで最安!
    【大容量|100GB】縛りなしなら「AiR-WiFi」がおすすめ
    【実質無制限】たっぷり利用したいなら「Broad WiMAX」でWiMAXを検討しよう
    【番外編】月間のデータ容量が決まっていないなら「どこよりもWiFi」がおすすめ
    【番外編】口座振込で申し込むなら「MUGEN WiFi」を検討しよう
  5. 契約前に知っておきたい!ポケット型Wi-Fiの4つの注意点
    完全無制限のポケット型Wi-Fiはない
    通信速度は光回線と比べると遅い
    利用可能なエリアが限られている
    端末がレンタルの場合は返却が必要
  6. 【レンタル】短期間ポケット型Wi-Fiを利用したい場合のおすすめ2選
    【1日〜1ヶ月以内】数日単位で利用したいなら「どんなときもWiFi」が最安
    【1ヶ月以上】データ容量にあわせて縛りなしプランを選ぼう
  7. キャリアのポケット型Wi-Fiは実際どうなの?楽天モバイルとドコモは要チェック!
    【実質無制限】通信速度が速くたっぷり使える「ドコモ」は高額だが優秀!
    【エリア内無制限】月額料金が安い「楽天モバイル」はエリア内ならお得!
  8. ポケット型Wi-Fiに関するよくある質問
    完全無制限のポケット型Wi-Fiはある?
    ポケット型Wi-Fiは端末の返却は必要?
    ポケット型Wi-Fiでオンラインゲームはできる?
    パソコンやスマートフォンと接続することはできる?
    ドコモなどキャリアのポケット型Wi-Fiはおすすめ?
  9. まとめ

そもそもポケット型Wi-Fiとは?持ち運びできるルーターのこと!

引用:Broad WiMAX

ポケット型Wi-Fiとは、持ち運び可能なモバイルルーターを利用するインターネット回線のことをいいます。

種類的には「WiMAX」「キャリア系」「クラウドSIM系」の3種類があり、それぞれの特徴は以下のとおりです。

種類利用可能エリア通信速度利用料金
WiMAXWiMAX
auエリア

速い

普通
キャリア系ドコモドコモ
とても速い

高め
ソフトバンクソフトバンク
速い

高め
楽天モバイル楽天エリア
auエリア(制限あり)

やや遅い

安い
クラウドSIM系ドコモ
ソフトバンク
au

やや遅い

安い
ナビ博士
ナビ博士
auはWiMAXと同じサービスになるんじゃよ。

上記で比較したとおり、キャリア系は利用料金が高額な場合が多く基本的にはWiMAXもしくはクラウドSIMタイプがおすすめです。

ただし楽天モバイルの場合は楽天回線エリアなら無制限で利用できたり、ドコモの場合はデータ容量が無制限で利用できるプランがあるなど魅力的な部分もありますよ。

ポケット型Wi-Fiをおすすめする4つのメリット

ポケット型Wi-Fiについて基本的な情報をご紹介しましたが、実際にどういった点が魅力なのか、メリットを解説していきましょう。

ゲット君
ゲット君
メリットをみて、いいなと思ったらぜひ検討してみてね!

それではひとつずつみていきましょう。

持ち運び可能で外出先でも利用できる

ポケット型Wi-Fiの最大のメリットといえるのが、携帯端末を利用するため外出先でも使えるという点です。

光回線やホームルーターといったインターネット回線の場合は、自宅でしか利用できず外出先で利用できないため、外ではスマホのギガを利用するかフリーWi-Fiを利用する方法を取るしかありませんでした。

しかし格安SIMのスマホを利用している場合などは、利用できるギガ数が少ない場合が多く、外出先ではインターネット接続を控える、といった場合も多かったのではないでしょうか。

その点ポケット型Wi-Fiは超小容量の5GB〜実質無制限まで幅広いデータ容量のプランがあり、外出先でもたっぷりとインターネット接続ができるという点がメリットです。

ゲット君
ゲット君
ポケット型Wi-Fiを利用するなら、格安SIMで小容量の安いプランを契約しておいて、データ通信はポケット型Wi-Fiを通して行うと節約になる場合もあるよ!

ただしポケット型Wi-Fiはモバイルルーターを利用するため、充電が必要な点は注意が必要になりますよ。

開通工事が不要!

ポケット型Wi-Fiは持ち運びできるモバイルルーターを利用するため、開通工事が必要ないという点もメリットです。

光回線の場合は光ファイバーを引き込む開通工事が必要になりますが、ポケット型Wi-Fiなら電源を入れるだけで利用できますよ。

ナビ博士
ナビ博士
開通工事の必要がないということは、開通工事費用がかからないから初期費用も抑えられるんじゃよ。

また開通工事が不要のため、端末が届いたらすぐに利用できるのも嬉しいポイントですね。

光回線と比べて利用料金が安い

ポケット型Wi-Fiは光回線と比較して利用料金が安く利用できる点もメリットのひとつです。

光回線の場合開通工事費などの初期費用や月額料金がポケット型Wi-Fiより高い傾向にあるため、ポケット型Wi-Fiはお得にインターネット環境を作れるのがメリットといえます。

ゲット君
ゲット君
光回線の月額料金は戸建てプランで5,700円前後のところが多いんだけど、ポケット型Wi-Fiの場合はデータ容量にもよるけど980円〜4,000円台の料金で利用できるんだよ!

開通工事費も実質無料キャンペーンがない場合は40,000円近く必要な場合もあるため、開通工事が必要ないポケット型Wi-Fiはお得に利用できますよ。

なおポケット型Wi-Fiは後ほど実際に比較もしていますが、利用できるデータ容量によってプラン料金が大きく変わるため、容量を決めて検討するのがおすすめです。

実際の比較結果については「【容量別】おすすめのポケット型Wi-Fi!実質無制限や縛りなしのおすすめも!」の項目でチェックしてみてくださいね。

プランが豊富で柔軟に利用できる

ポケット型Wi-Fiは使えるデータ容量によってプランが豊富にあるため、適したプランを選びやすい点も魅力です。

光回線やホームルーターの場合は利用できるデータ容量が無制限や実質無制限なこともあり、プランが固定されている場合がほとんどですが、ポケット型Wi-Fiは柔軟な選択ができます。

ゲット君
ゲット君
ん?でもデータ容量が実質無制限や無制限で利用できる方がいいよね?いっぱい使えるから!
ナビ博士
ナビ博士
確かに大容量のデータ通信を継続的に行っている場合はそうじゃな。
しかし自分の使っているデータ容量が例えば100GBで十分な場合だと、ポケット型Wi-Fiでも十分に利用できて、かつお得に利用できるんじゃよ!

自分に必要なデータ容量については「「通信速度をチェックする」の項目で紹介していますが、大容量のデータ通信をたっぷり行っている場合以外は、月間100GBで足りる場合も多く、ポケット型Wi-Fiでも十分に利用することが可能です。

また小容量でも足りる場合は月間20GBで足りることもあり、プランによっては実質月額料金が2,000円台と安く利用できる場合もあるため、必要なデータ容量によって豊富なプランから自由に選ぶことのできるポケット型Wi-Fiはおすすめといえますよ。

ここが重要!ポケット型Wi-Fiを選ぶときの5つのポイント

ポケット型Wi-Fiのメリットをみてきましたが、実際に検討する際にチェックしておきたいポイントを解説します。

ポケット型Wi-Fiには豊富なプランがあるため、ポイントをチェックして自分にあったプランを選びましょう。

それではひとつずつみていきましょう。

実質料金を比較する

ポケット型Wi-Fiを選ぶときにもっとも重要といえるのが「実質料金」を比較することです。

実質料金とは?

契約期間中に支払う金額から、キャッシュバックや割引分を差し引いたトータルの費用のこと。
実質料金(実質月額料金)=(月額料金×契約月数+初期費用ーキャッシュバック・料金割引)÷契約月数

月額料金だけでなく、キャンペーン割引や端末代金を含めて計算した、実際に支払う必要のある金額を比較することで、本当にお得な窓口がわかります。

ゲット君
ゲット君
月額料金だけみていると、事務手数料が必要だったり、端末代金が別途必要だったり、キャンペーンでキャッシュバックが受け取れたり…って実際に必要な金額と違ってきちゃうんだね。

本記事では「【容量別】おすすめのポケット型Wi-Fi!実質無制限や縛りなしのおすすめも!」の項目で実際にポケット型Wi-Fiを比較していますが、実質料金も調査して記載しているのでチェックしてみてくださいね。

適したデータ容量を選ぶ

ポケット型Wi-Fiは月間で利用できるデータ容量によってプラン料金が大きく異なります。

データ容量が完全無制限のプランはないため、利用したいデータ容量に適したプランを選ぶことが大切ですよ。

ナビ博士
ナビ博士
実質無制限で利用できるポケット型Wi-Fiもあるんじゃが、大容量通信を行った場合に制限がかかる場合がある、と記載されているものしかないんじゃよ。
ゲット君
ゲット君
どれくらい使ったら制限がかかるか明記はされていないけど、無制限に利用できるわけではないんだね。

たとえば月間で50GBほどしか利用しない場合に、100GBのプランを契約してしまうと月間で500円ほど月額料金が違ってくる場合もあります。

ほとんどの場合、必要なデータ容量がちょうどよく利用できるプランがお得に利用できるため、データ容量の把握は大切ですよ。

次の項目で、どれくらいのデータ容量が必要なのか目安を紹介しているので、自分が日常生活でどれくらいのデータ容量を使っているのかチェックしてみてくださいね。

どれくらいのデータ容量が必要?1GBでできることを見てみよう

ポケット型Wi-Fiは月間で利用できるデータ容量が決まっているため、まずは自分が1ヶ月でどれくらいのデータ容量を使っているか把握しておくことが大切になります。

以下に1GBで利用できることをまとめてみたので、チェックしてみてくださいね。

利用目的1GBの目安
メール送信約2,000通
LINE通話約50時間
Twitter
(140文字でツイート)
約3,100回
YouTube
(低画質)
約3時間
YouTube
(高画質)
約1.5時間
オンラインゲーム
(SwitchやPS4)
約6時間
オンラインゲームのアップデート
(SwitchやPS4)
1回未満(1.5GB~10GB以上)
Hulu
(ハイビジョン画質)
約1時間
ZOOMでのビデオ通話約1.5時間

メール送信やTwitterでのツイートなどデータ通信量が少ない行動はたくさんの回数が可能ですが、Youtubeの閲覧などは高画質の場合1GBで約1.5時間視聴が可能です。

もし1日でYoutubeの動画を高画質で2時間ほどみている場合は、月間で40GB以上の容量が必要となり、他のデータ通信も考慮すると最低でも50GBほどは必要とわかります。

ゲット君
ゲット君
Youtubeを高画質で1日2時間くらい見ているくらいの利用頻度なら、月間50GBくらいのプランは必要で、20GBくらいのプランだと全然足りない!ってことになっちゃうんだね。

ほかにもLINE通話をどれくらいしているかなどでも変化しますが、おおよそでも1ヶ月にどれくらいのデータ通信を行っているか把握し、問題なく利用できるデータ容量のプランを選びましょう。

通信速度をチェックする

ポケット型Wi-Fiは各会社によって利用している回線や端末の種類が異なるため、実際の通信速度がそれぞれで異なります。

端末ごとの最大通信速度は理論上の通信速度のため、実際にその速度が出ることはほぼなく、実際の平均通信速度をチェックしておくことが大切ですよ。

実測平均速度は環境や時間帯にも左右されますが、おおよその指標にはなるため「【容量別】おすすめのポケット型Wi-Fi!実質無制限や縛りなしのおすすめも!」の項目で記載されている数値をチェックしてみてくださいね。

ゲット君
ゲット君
快適に利用したいなら、実測平均速度が速いところを選ぶのがおすすめだよ!

契約期間をチェックする

ポケット型Wi-Fiには契約期間の縛りがあるプランと、ないプランがあります

短期間しか使わないのに契約期間の縛りがあるプランを選ぶと、途中解約した際に解約金が発生してしまうため、適した期間を選ぶことが大切です。

長期間利用する予定なら契約期間の縛りがあるプランの方がお得に利用できるため、縛りがあるプランの方がおすすめになりますが、どれだけ使うかわからない場合や、短期間だけ利用したい場合は契約期間の縛りがないプランや、縛りなしオプションがあるプランを選びましょう。

ゲット君
ゲット君
契約期間の縛りがないプランなら、いつ解約しても解約違約金は発生しないよ!
ナビ博士
ナビ博士
ただし縛りがないプランの場合でも、最低利用期間が1ヶ月と定められていることがほとんどじゃから注意するんじゃぞ!

もし1ヶ月未満の超短期間だけ利用したい場合は、契約期間の縛りがないプランよりも、1日単位で利用できるレンタルポケット型Wi-Fiの方がおすすめです。

レンタルのポケット型Wi-Fiについては「【レンタル】短期間ポケット型Wi-Fiを利用したい場合のおすすめ2選」の項目で紹介しているのでチェックしてみてくださいね。

利用可能エリアに入っているかチェックする

ポケット型Wi-Fiは電波を受信して利用するインターネット回線のため、希望する端末の通信可能範囲に入っているかが重要となります。

自宅やよく行く場所が通信可能エリアに入っているか、事前に確認しておくことが大切ですよ。

なおポケット型Wi-Fiのおもな通信可能範囲は以下のとおりで、都市部や地方によって繋がりやすさの違いもあるためチェックしてみてくださいね。

ポケット型Wi-Fi利用可能な回線提供エリア
都市部地方
Rakuten WiFi Pocket楽天回線
パートナー回線(au)

楽天回線の普及が狭い
WiMAXWiMAX+5G
WiMAX2+
au5G・4G LTE
PocketWiFiソフトバンク
docomoドコモ
クラウドSIMタイプau
ソフトバンク
ドコモ

大手キャリアの回線から
最適な回線へ自動で繋がる

クラウドSIMタイプのポケット型Wi-Fiは、ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアの回線から、都度最適な回線に自動的に接続してくれます。

ソフトバンク回線が繋がらないエリアではドコモに繋がるなど、広範囲での接続が可能になるため、地方で利用したい場合はクラウドSIMタイプのポケット型Wi-Fiもおすすめですよ。

【容量別】おすすめのポケット型Wi-Fi!実質無制限や縛りなしのおすすめも!

ポケット型Wi-Fiについてメリットや選ぶポイントを解説してきましたが、実際に各社を比較しおすすめを選定しました。

ポケット型Wi-Fiは基本的に月間で利用できるデータ容量によってプランを選ぶことがお得に利用できるポイントになるため、今回はデータ容量別におすすめをご紹介します。

ナビ博士
ナビ博士
それぞれの容量で、契約期間の縛りがある場合と、縛りがない場合のおすすめも選定しているぞ!
ゲット君
ゲット君
実質無制限で利用できるポケット型Wi-Fiも紹介しているから、チェックしてみてね!

なお実際にポケット型Wi-Fiを比較した表は以下のとおり。

データ容量別に比較しているので確認してみてくださいね。

会社データ容量契約期間実質月額
(2年間)
月額料金実測平均速度
(下り)
キャッシュバック
ゼウスWiFi20GB2年2,166円1〜6ヶ月目:980円
7ヶ月目以降:2,178円
18.46Mbps
20GB2,750円2,618円
MONSTER MOBILE20GB1年2,102円1〜6ヶ月目:1,590円
7ヶ月目以降:2,090円
27.9Mbps
20GB2,772円2,640円
どこよりもWiFi20GB2年2,032円1,900円32.06Mbps
20GB2,532円2,400円
THE WiFi20GB2年2,200円2,068円23.19Mbps
クラウドWiFi20GB2,712円2,580円19.4Mbps
ギガゴリWiFi
ワールドプラン
20GB2年2,299円2,167円18.9Mbps
バナナWiFi20GB1年2,882円2,750円
20GB3,304円3,190円
会社データ容量契約期間実質月額
(2年間)
月額料金実測平均速度
(下り)
キャッシュバック
MONSTER MOBILE50GB1年2,652円1〜6ヶ月目:2,140円
7ヶ月目以降:2,640円
27.9Mbps
50GB3,322円3,190円
縛りなしWiFi50GB3年3,157円3,025円9.64Mbps
50GB1年3,410円3,278円
50GB3,707円3,575円
縛られないWiFi
(25)
50GB1年3,652円3,520円9.11Mbps
50GB3,872円3,740円
クラウドWiFi50GB3,112円2,980円19.4Mbps
会社データ容量契約期間実質月額
(2年間)
月額料金実測平均速度
(下り)
キャッシュバック
MONSTER MOBILE100GB1年3,400円1〜6ヶ月目:2,888円7ヶ月目以降:3,388円27.9Mbps
100GB4,070円3,938円
ゼウスWiFi100GB2年3,221円1〜10ヶ月目:1,980円
11ヶ月目以降:3,828円
18.46Mbps
100GB4,840円4,708円
AiR-WiFi100GB1年3,740円3,608円19.29Mbps
100GB3,740円3,608円
Mugen WiFi100GB2年3,450円3,718円15.07Mbps10,000円
100GB4,110円4,378円10,000円
THE WiFi100GB2年3,304円1〜4ヶ月目:0円
7ヶ月目以降:3,828円
23.19Mbps
バナナWiFi100GB1年3,432円3,300円
100GB3,854円3,740円
どこよりもWiFi100GB2年3,532円3,400円32.06Mbps
100GB4,032円3,900円
クイックWiFi100GB2年3,530円3,718円16.96Mbps
クラウドWiFi100GB3,850円3,718円19.4Mbps
※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度」に投稿された測定平均値を記載

なお今回は、上記とは別にキャリアのポケット型Wi-Fiについても紹介しています。

通信速度を重視したい場合には「ドコモ」を、エリアは限定されるものの無制限で利用したい場合には「楽天モバイル」をぜひチェックしてみてくださいね。

それでは容量別のポケット型Wi-Fiのおすすめについて、ひとつずつみていきましょう。

【小容量|20GB】縛りあり・なしどちらも「どこよりもWiFi」が最安級!

どこよりもWiFi

月間データ容量が少なめの20GBほどで大丈夫な場合は、契約期間の縛りがある場合もない場合も「どこよりもWiFi」がおすすめです。

どこよりもWiFiは使ったデータ容量で月額料金が変化する従量制プランを導入していて、月間20GBの容量なら契約期間の縛りがある場合は1,900円、契約期間の縛りがない場合は2,400円の月額料金で利用できます。

どこよりもWiFi
引用:どこよりもWiFi

どこよりもWiFiの基本情報と、実質月額料金は以下のとおり。

どこよりもWiFi
月額料金【契約期間のある場合】
〜5GB:900円
〜20G:1,900円
〜50GB:2,900円
50GB以降:3,400円
【契約期間がない場合】
〜5GB:1,400円
〜20G:2,400円
〜50GB:3,400円
50GB以降:3,900円
実質月額料(2年間)【契約期間のある場合】
2,032円
【契約期間がない場合】
2,532円
データ容量(月間)制限なし
端末レンタル代金無料
契約期間2年間/縛りなし
契約事務手数料3,300円
解約違約金なし
平均通信速度
(下り)
32.06Mbps
その他特長・100GB以上は制限なし
・利用したデータ通信量によって月額料金が変わる
※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度」に投稿された測定平均値を記載

もし月間20GBも利用せず、5GB未満の超小容量でも足りる場合はさらに安い月額料金で利用できますよ。

ナビ博士
ナビ博士
どこよりもWiFiは使ったデータ容量で月額料金が変化する従量制プランを採用しているんじゃが、月間で利用できるデータ容量に制限を設けていないのも魅力のひとつなんじゃよ。
ゲット君
ゲット君
1日に4GBを超える通信を行った場合は翌日0時まで速度制限がかかっちゃう点は注意しようね!

またどこよりもWiFiでは利用開始して電波状況や通信速度に不満があった場合、初期費用・月額料金・解約金の支払いなく解約ができるサービスも提供中です。

どこよりもWiFi
引用:どこよりもWiFi

2年間の契約期間があるプランを申し込んだ場合のみ適用可能ですが、ちゃんと繋がるか不安だったり、満足いく通信速度が出るかで契約を迷っている場合にはおすすめ。

\月間20GBのプランで最安級!/

また今回は月間20GB利用する場合のおすすめとして「どこよりもWiFi」を紹介していますが、利用したデータ容量によって月額料金が変化する従量制プランのため、月間で利用するデータ容量が定まっていない場合にもおすすめのサービスとなります。

詳しくは「【番外編】月間のデータ容量が決まっていないなら「どこよりもWiFi」がおすすめ」こちらの項目で解説しているのでチェックしてみてくださいね。

【中容量|50GB】縛りあり・なしどちらも「MONSTER MOBILE」がおすすめ

MONSTER MOBILE
引用:MONSTER MOBILE

月間50GBほどの中容量が必要な場合は、契約期間の縛りがある場合も、ない場合も「MONSTER MOBILE」がおすすめです。

MONSTER MOBILE
引用:MONSTER MOBILE

現在MONSTER MOBILEでは現在キャンペーンを開催中で、1年間の契約期間の縛りがあるプランの月額料金が6ヶ月間500円引きになります。

MONSTER MOBILE
引用:MONSTER MOBILE

契約期間の縛りがないプランは割引にはなりませんが、それでも月間50GB利用できるプランの中では最安級の料金で利用可能です。

MONSTER MOBILEの基本情報は以下のとおり。

MONSTER MOBIILE
月額料金【契約期間の縛りがある場合】
1〜6ヶ月目:2,140円
7ヶ月目以降:2,640円
【契約期間の縛りがない場合】
3,190円
実質月額料金【契約期間の縛りがある場合】
2,652円
【契約期間の縛りがない場合】
3,322円
データ容量(月間)50GB
端末レンタル代金無料
契約期間1年間/縛りなし
契約事務手数料3,300円
解約違約金12ヶ月以内の解約:10,780円
13ヶ月以降の解約:3,300円
平均通信速度
(下り)
27.9Mbps
その他特長・海外利用可能
・容量チャージ可能
・契約期間の縛りがないプランもあり
※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度」に投稿された測定平均値を記載

またMONSTER MOBIILEでは月額料金割引のほかにもキャンペーンを開催していて、1年間の契約期間の縛りがあるプランを申し込んだ場合に限り、14日以内なら事務手数料・月額利用料・解約手数料の負担なく解約が可能です。

MONSTER MOBILE
引用:MONSTER MOBILE

自分が利用したい地域でちゃんと繋がるのか、通信速度が問題ないか不安な場合はキャンペーンをぜひチェックしてみてくださいね。

さらにMONSTER MOBIILEでは、月間データ容量が足りないと感じた場合にデータチャージを行って容量を増やすことができます

増やせる容量と有効期限、追加料金は以下のとおりで、500MBから30GBの幅広い容量を追加することが可能です。

データ容量有効期限料金
500MB1日225円
1GB7日330円
3GB30日665円
7GB30日979円
30GB60日3,450円
※すべて税込価格

月間データ容量を使い切ってしまったけど、あと1日だけデータ容量を追加して使いたい!という場合に225円追加して500MBを足すなど、柔軟な使い方ができますよ。

\月間50GBのプランで最安級!/

【大容量|100GB】縛りありなら「ゼウスWiFi」がキャンペーンで最安!

ゼウスWiFi
引用:ゼウスWiFi

月間100GBたっぷり利用したい場合は、契約期間の縛りがあっても大丈夫なら「ゼウスWiFi」がおすすめです。

現在ゼウスWiFiではキャンペーンを開催していて、月間100GBのプランが10ヶ月月額料金54%オフになり、お得に利用できます。

ゼウスWiFi
引用:ゼウスWiFi

10ヶ月間月額料金が半額以下になるため、実質月額料金が3,221円(税込)と100GB利用できるプランでは最安級。

また契約期間の縛りがあるプランで適用されるキャンペーンとなりますが、契約期間である2年が過ぎた後はいつ解約しても解約違約金は発生しませんよ。

ゲット君
ゲット君
契約更新月以外は解約違約金が発生してしまうプランとは違って、2年経過後はいつでも解約できるのは嬉しいポイントだね!

ゼウスWiFiの基本情報は以下のとおり。

ゼウスWiFi
月額料金1〜10ヶ月目:1,980円
11ヶ月目以降:3,828円
実質月額料金(2年間)3,221円
データ容量(月間)20GB
端末レンタル代金無料
契約期間2年間
契約事務手数料3,300円
解約違約金10,450円
※2年経過後は解約事務手数料なし
平均通信速度(下り)18.46Mbps
その他特長・海外利用可能
・容量チャージ可能
・契約期間の縛りがないプランもあり
※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度」に投稿された測定平均値を記載

また一般的に月間100GBあれば動画視聴や普段使いのインターネット利用では十分な容量と言われていますが、もしデータ容量が足りなくなった場合「おかわりギガ」を利用することでデータ容量を追加することが可能です。

ゼウスWiFi
引用:ゼウスWiFi

追加できるギガは3種類で、小容量の2GBからたっぷり10GBまで追加できます。

追加できるギガ2GB5GB10GB
追加料金(税込)550円1,100円1,980円

月の途中でギガを使い切ってしまっても、追加で申し込むことで通信制限なく利用できるのは嬉しいポイントですね。

\月間100GBで契約期間ありで大丈夫なら/

なお月間100GBで契約期間の縛りがあっても大丈夫な場合は「ゼウスWiFi」がおすすめですが、契約期間の縛りなく利用したい場合は、ゼウスWiFiよりも「AiR-WiFi」の方がお得に利用できます。

詳しくは次の項目でチェックしてみてくださいね。

【大容量|100GB】縛りなしなら「AiR-WiFi」がおすすめ

AiR-WiFi
引用:AiR-WiFi

月間100GBの利用で契約期間の縛りなく利用したい場合は「AiR-WiFi」がおすすめです。

AiR-WiFiは通常は契約期間の縛りがあるプランのみになりますが、追加で契約期間の縛りをなくすオプションを月間330円(税込)で申し込むことで、縛りなく利用できます

解約違約金0円
引用:AiR-WiFi

月間100GB利用できるプランのなかで、契約期間の縛りが最初からないプランと、AiR-WiFiの通常プランに契約期間の縛りなしオプションを有料で追加したプランを比較してみると、AiR-WiFiがお得に利用可能とわかるためおすすめですよ。

まずはAiR-WiFiの基本情報をみていきましょう。

AiR-WiFi
月額料金3,608円
実質月額料金3,740円
データ容量(月間)100GB
端末レンタル代金無料
契約期間
契約事務手数料3,300円
解約違約金
平均通信速度(下り)19.29Mbps
その他特長・海外利用可能
※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度」に投稿された測定平均値を記載

追加オプションを有料で申し込むことで契約期間の縛りがなくなるため、料金が増加してしまうと思いがちですが、他社と比較しても追加したプランでの利用料金はお得になります。

また端末保証オプション(月額660円)と一緒に縛りなしオプション(月額330円)を申し込むと、縛りなしオプションが0円になるお得なキャンペーンも開催されているのもメリットのひとつです。

引用:AiR-WiFi
ナビ博士
ナビ博士
端末保証オプションは、破損や水濡れの際に発生する機器損害金を負担してくれるオプションになるから、不安な場合おすすめなオプションじゃよ。

\月間100GBで契約期間なしなら/

【実質無制限】たっぷり利用したいなら「Broad WiMAX」でWiMAXを検討しよう

Broad WiMAX
引用:Broad WiMAX

ポケット型Wi-Fiを月間データ容量実質無制限で利用したいなら「WiMAX」がおすすめです。

WiMAXとはUQコミュニケーションズが提供するインターネット回線のことで、月間で利用できるデータ容量が実質無制限である点が最大のメリットといえます。

ゲット君
ゲット君
あれっでもWiMAXって3日間で15GB利用すると速度制限がかかるんじゃなかった?
ナビ博士
ナビ博士
実は2022年2月から3日間制限が撤廃されていて「一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合がある」というという記載に変わったんじゃ。
実質的に速度制限が緩和された形になるんじゃよ。

3日間制限が撤廃されたことに加えて、WiMAXは5Gサービスが利用できるようになり、通信速度の向上やau 4G LTEのエリアが通常エリアに追加され広範囲で利用可能になったためおすすめのポケット型Wi-Fiですよ。

ゲット君
ゲット君
WiMAXは実測平均速度もポケット型Wi-Fiの中では速い方だよ!
(2022年4月時点で下り実測平均速度は49.87Mbps ※Speed Wi-Fi 5G X11の場合)

またWiMAXは申し込み窓口として複数のプロバイダが存在します。

プロバイダによって通信速度は変わりませんが、実施しているキャンペーンの違いにより実質料金が異なってくるため、お得な窓口を選ぶことが大切です。

実際にWiMAXの主要プロバイダを比較した表は以下のとおりですが、比較からもわかるとおりおすすめは実質料金も安く、キャンペーンも豊富に開催されている「Broad WiMAX」です

WiMAXデータ容量契約期間実質月額
(3年間)
月額料金キャッシュバック端末代金
Broad WiMAX実質無制限3年3,847円利用開始月:2,090円の日割り
1〜2ヶ月目:2,090円
3〜36ヶ月目:3,894円
37ヶ月目以降:4,708円
22,000円(半年後)21,780円
GMOとくとくBB実質無制限3年3,913円利用開始月:2,079円の日割り
1〜2ヶ月目:2,079円
3〜36ヶ月目:4,389円
37ヶ月目以降:4,444円
14,000円(12ヶ月後)
BIGLOBE WiMAX実質無制限1年4,471円〜24ヶ月目:4,191円
25ヶ月目以降:4,928円
19,500円
(翌月)
21,912円
UQ WiMAX実質無制限2年4,762円〜24ヶ月目:4,268円
25ヶ月目以降:4,950円
15,000円
(4ケ目以降)
21,780円
カシモWiMAX実質無制限3年4,462円1ヶ月目:1,408円
2ヶ月目以降:4,455円
Vision WiMAX実質無制限3年4,592円1ヶ月目:0円
2〜12ヶ月目:4,400円
13ヶ月目以降:4,950円
5,000円
実質無制限1年5,167円1ヶ月目:0円
2〜12ヶ月目:5,973円
13ヶ月目以降:5,478円
10,000円
※すべて税込価格

おすすめであるBroad WiMAXの基本情報は以下のとおり。

Broad WiMAX
月額料金利用開始月:2,090円の日割り
1〜2ヶ月目:2,090円
3〜36ヶ月目:3,894円
37ヶ月目以降:4,708円
端末代金21,780円
契約期間3年間
契約事務手数料3,300円
解約金12ヶ月以内:20,900円
13〜24ヶ月以内:15,400円
25ヶ月目以降:10,450円
実測平均速度(下り)49.87Mbps
※Speed Wi-Fi 5G X11の場合
実質月額料金(3年間)3,847円
※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度」に投稿された測定平均値を記載

Broad WiMAXで開催しているキャンペーンは複数ありますが、22,000円の現金キャッシュバックが受け取れたり、他社インターネットサービスから乗り換えた場合の違約金を負担してくれるキャンペーンは特にお得でおすすめです。

引用:Broad WiMAX
Broad WiMAXの開催キャンペーン
  • 現金22,000円キャッシュバック
  • 他社から乗り換え時の違約金最大19,000円キャッシュバック
  • 月額料金割引
  • 初期費用割引
  • プラスエリアモード無料
  • 2台同時申し込みで5,000円キャッシュバック
  • いつでも解約サポート

なお22,000円のキャッシュバックについては以下の手順で受け取りになります。

Broad WiMAXのキャッシュバック受け取り方法
  1. Webフォームから申し込み
  2. 開通した月の翌月5日までに登録メールアドレスに申請メールが届く
  3. メールが到着した月の末日までに、振込先を登録する
  4. 最短で開通した月の半年後の月末にキャッシュバックが振り込まれる

上記のとおり、キャッシュバックの振り込みは半年後になる点は注意しておきましょう。

また端末代金も必要になる点も覚えておくといいですね。

\実質無制限で利用したいなら/

【番外編】月間のデータ容量が決まっていないなら「どこよりもWiFi」がおすすめ

どこよりもWiFi
引用:どこよりもWiFi

ここまで月間で利用するデータ容量によっておすすめのポケット型Wi-Fiを紹介してきましたが、毎月のデータ利用量が定まっていない場合もあるかと思います。

毎月のデータ利用量が変化する場合は、使用したデータ容量によって月額料金が変わる「どこよりもWiFi」がおすすめですよ。

どこよりもWiFi
引用:どこよりもWiFi

どこよりもWiFiならデータ容量によって、その月毎に最適なプランになるため通信量が少なかった場合は安く、たっぷり使った場合でも月額料金に上限が設定されているため高くなりすぎるということもありません。

\データ利用量によって月額が変化/

ただしどこよりもWiFiは1日に4GB利用すると通信速度制限がかかってしまうため、大容量のデータ通信を毎月行っているなら実質無制限で利用できるWiMAXがおすすめですよ。

【番外編】口座振込で申し込むならMUGEN WiFi

クレジットカードではなく、口座振替を利用したい方にはMUGEN WiFiがおすすめです。

Mugen WiFi
月額料金100GB:3,988円(口座振替オプション料金を含む)
端末代金0円
契約期間2年
契約事務手数料3,300円
解約金1年未満:9,900円
2年未満:5,500円
実測平均速度(下り)15.75Mbps
主なキャンペーン
※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度(タップでみんなのネット回線速度確認サイトへジャンプします)」に投稿された測定平均値を記載

MUGEN WiFiは、通常料金に月額550円を追加すると「口座振替オプション」に加入できます。

クレジットカード以外の方法で大容量月間100GBのWiFiを持ちたい方におすすめですよ。

\口座振替にも対応/

契約前に知っておきたい!ポケット型Wi-Fiの4つの注意点

データ容量別におすすめのポケット型Wi-Fiを紹介しましたが、実際に契約する前には知っておきたい注意点もあります。

事前に知っておくと、よりよい選択肢を取れる場合もあるため、ぜひチェックしてみてくださいね。

それではひとつずつみていきましょう。

完全無制限のポケット型Wi-Fiはない

ポケット型Wi-Fiは利用できるデータ容量がそれぞれ決まっていますが、完全無制限で利用できるプランはありません

実質無制限のプランや、月間や1日で利用できるデータ容量が決まっているプランしかないことに注意しましょう。

ゲット君
ゲット君
ただ、自分で必要なデータ容量がわかっていれば、求めるデータ容量のプランを選択してお得にも利用できるよ。

また完全無制限と実質無制限は、言葉としては似ていますが制限内容が異なっています。

完全無制限はどれだけデータ通信を行っても速度制限はかからず利用できますが、現時点でポケット型Wi-Fiには完全無制限のプランはありません。

実質無制限のプランは存在しますが、次の項目で解説するような制限があることに注意が必要ですよ。

大容量通信を行うと通信制限がかかってしまう

ポケット型Wi-Fiの「実質無制限」のプランは、明確な速度制限の規定は示されていない場合がほとんどですが、大容量通信を行うと速度制限がかかります

例えばWiMAXは3日間の通信制限が撤廃され実質無制限のポケット型Wi-Fiになりましたが「一定期間内に大量のデータ通信のご利用があった場合、混雑する時間帯の通信速度を制限する場合がある」と記載があるため、ある程度のデータ通信を行うと制限がかかるようです。

上記はWiMAXの例ですが、楽天モバイルの場合は楽天回線エリア内でのみ無制限で利用でき、エリア以外での通信ではパートナー回線(au)での通信を行うため、月間5GBまでと制限がかかります。

ドコモの場合も実質無制限ではあるものの大容量通信で制限の可能性ありと記載があるため、完全に無制限で利用することはできません。

また月間データ容量が決まっているプランの場合は、月間規定量を超えると通信ができなくなる場合がほとんどのため注意しましょう。

通信速度は光回線と比べると遅い

ポケット型Wi-Fiは持ち運び可能で外出先でも利用でき、また開通工事も不要なためおすすめのインターネット回線ですが、光回線と比較すると通信速度は遅いことに注意が必要です。

電波を受信して利用するポケット型Wi-Fiは、物理的に光ファイバーを引き込んでいる光回線と比較するとどうしても通信速度や安定性は劣ってしまいます。

実際に主な光回線と、ポケット型Wi-Fiの下り実測平均速度を比較すると以下のとおり。

回線実測平均速度(下り)
光回線フレッツ光270.79Mbps
ドコモ光270.71Mbps
auひかり422.96Mbps
ソフトバンク光319.48Mbps
NURO光500.6Mbps
ポケット型Wi-FiWiMAX49.87Mbps
※Speed Wi-Fi 5G X11の場合
ゼウスWiFi
(クラウドSIMタイプ)
18.46Mbps
ドコモ170.04Mbps
※Wi-Fi STATION SH-52Bの場合
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度」に投稿された測定平均値を記載

ドコモのポケット型Wi-Fiは、ポケット型Wi-Fiのなかでも通信速度が速いのが特徴ですが、WiMAXやクラウドSIMタイプのポケット型Wi-Fiは50Mbpsに届かないことがほとんどで、光回線と比較すると速度は遅くなってしまいます。

そのため、オンラインゲームを快適に行いたかったり、大容量の通信を速く行いたい場合にはポケット型Wi-Fiではなく、光回線を検討するのがおすすめですよ。

利用可能なエリアが限られている

ポケット型Wi-Fiは電波を受信して利用する特性上、利用できるエリアが適合している電波(回線)の利用可能範囲に限られるという注意点があります。

WiMAX、クラウドSIMタイプ、楽天回線など、回線によって利用できるエリアは異なるため、利用したいプランは自分の希望するエリアで使えるかどうか確認することが大切です。

それぞれの利用可能エリアは以下のとおり。

ポケット型Wi-Fi利用可能な回線提供エリア
都市部地方
Rakuten WiFi Pocket楽天回線
パートナー回線(au)

楽天回線の普及が狭い
WiMAXWiMAX+5G
WiMAX2+
au5G・4G LTE
PocketWiFiソフトバンク
docomoドコモ
クラウドSIMタイプau
ソフトバンク
ドコモ

大手キャリアの回線から
最適な回線へ自動で繋がる

とくに注意しておきたいのが楽天モバイルで、楽天モバイルは楽天回線エリアでのみデータ通信量が無制限で利用可能で、楽天回線エリア以外だとパートナー回線(au)に繋がり通信自体は可能ですが、月間5GBまでという上限があります。

パートナー回線での通信が5GBを超えてしまうと、通信速度制限がかかってしまうため、自分が利用したいエリアが楽天回線エリア内に入っているかは必ず確認しましょう。

端末がレンタルの場合は返却が必要

ポケット型Wi-Fiは携帯型の端末を利用して通信を行いますが、端末をレンタルしている場合、利用が終了した際には返却が必要になります。

端末を購入して利用する場合や、端末が贈与される場合には返却は不要です。

端末をレンタルしていて返却が必要な場合、返却時に端末が破損していたり、紛失してしまった場合は機器損害金が発生してしまうので注意しましょう。

ゲット君
ゲット君
機器損害金は1万円を超えてしまうこともあるから、レンタルして利用する場合は注意しなくちゃね!

また万が一破損や紛失などが発生してしまっても、申し込み時に端末保証オプションに申し込んでいれば機器損害金を負担してくれます。

端末保証オプションは有料で、プランを申し込むタイミングでしか追加できず、すでに利用開始している場合は申し込めないので注意しましょう。

【レンタル】短期間ポケット型Wi-Fiを利用したい場合のおすすめ2選

ポケット型Wi-Fiには契約期間の縛りがあるプランと、ないプランがありますが、他にも最短1日から利用できるレンタルのポケット型Wi-Fiも存在します

数日間など短期間しか利用を希望していない場合などは、1日単位で利用できるポケット型Wi-Fiの方が安く利用が可能ですよ。

短期間レンタルできるポケット型Wi-Fiは、利用したい期間を重視して選ぶのがおすすめ。

ナビ博士
ナビ博士
今回はレンタル期間別におすすめポケット型Wi-Fiを選定しているぞ!

また実際に短期間のポケット型Wi-Fiを比較した結果は以下のとおり。

会社データ容量2泊3日6泊7日13泊14日30泊31日89泊90日必要になる費用
どんなときもWiFi
(D1)
1日3GB990円2,310円4,620円4,950円14,850円往復送料:1,100円
1日5GB1,320円3,080円6,160円6,600円19,800円往復送料:1,100円
NETAGE
(FS030W)
無制限1,485円3,465円6,930円6,930円20,790円送料:550円
返却時:550円
WiFi東京
(501HW)
1日3GB1,320円3,080円3,850円7,480円18,150円往復送料:1,100円
e-ca
(E5383)
1日3GB1,485円3,465円6,930円7,425円22,275円送料:550円
返却時:550円
Wi-Fiレンタル屋さん
(WX05)
3日10GB1,470円3,430円6,860円7,350円18,300円往復送料:1,100円
Wi-Fiレンタル
どっとこむ(E5383)
1日3GB1,488円3,472円6,944円7,430円22,290円受取手数料:550円
送料:517円~
WiFiレンタルJapan
(601HW)
月間100GB3,360円6,720円7,450円22,350円往復送料:990円~1,100円
どこよりもWiFi
(縛りなしプラン)
月間20GB
(1日4GB制限)
2,400円7,200円事務手数料:3,300円
AiR-WiFi
(縛りなしプラン)
月間100GB3,608円10,824円事務手数料:3,300円
DMMいろいろレンタル
(501HW)
月間50GB4,200円8,640円往復送料:1,100円
縛られないWiFi3日10GB4,620円13,860円事務手数料:3,300円
月間30GB3,190円9,570円事務手数料:3,300円
月間50GB3,740円11,220円事務手数料:3,300円
どこよりもWiFi
(縛りなしプラン)
月間100GB〜
(1日4GB制限)
3,900円11,700円事務手数料:3,300円
クラウドWiFi月間100GB3,718円11,154円事務手数料:3,300円
Mugen WiFi月間100GB4,098円12,294円事務手数料:3,300円
ゼウスWiFi月間20GB2,618円7,854円事務手数料:3,300円
月間100GB4,708円14,124円事務手数料:3,300円
MONSTER MOBILE月間50GB3,190円9,570円事務手数料:3,300円
月間100GB3,938円11,814円事務手数料:3,300円
※すべて税込価格

それではおすすめをひとつずつみていきましょう。

【1日〜1ヶ月以内】数日単位で利用したいなら「どんなときもWiFi」が最安

どんなときもWiFi
引用:どんなときもWiFi

1日からの数日単位でポケット型Wi-Fiを利用したい場合は「どんなときもWiFi」が最安級の料金で利用できます

どんなときもWiFi
引用:どんなときもWiFi

1日3GB利用できるプランであれば、1日330円(税込)という安値で利用可能で、1日5GB利用できる大容量プランであっても1日440円(税込)で利用可能です。

どんなときもWiFiの基本情報は以下のとおりですが、月額料金の他に必要な費用は基本的に往復送料の1,100円(税込)のみで、端末保証オプションを入れなければ最低限の費用で利用できますよ。

選べる機種の種類クラウドSIMタイプ
レンタル料金1日3GB:330円
1日5GB:440円
その他費用往復送料:1,100円
レンタル安心補償オプション:44円/日
支払い方法クレジットカード
受け取り方法宅配受け取り
返却方法郵便局窓口で手続き、またはポスト返却
(レターパック)
その他特徴・返却日の指定なしで必要なだけレンタル可能
・1ヶ月単位のマンスリータイプもあり
(1ヶ月:4,950円~)
※すべて税込価格
引用:どんなときもWiFi

またどんなときもWiFiは利用開始時に返却予定日を決めなくて良いという点がメリットのひとつです。

1日単位で利用できるポケット型Wi-Fiは、ほとんどが利用期間を事前に選んで、3泊4日など決められた日数だけ利用する形になります。

一方でどんなときもWiFiは返却日を決めずに利用開始が可能で、端末を返却した日が利用終了日となるため、申告した日数を超えてしまって延滞料金が発生してしまうということもありません。

ゲット君
ゲット君
返却が遅くなってしまって長期間借りてしまった!っていう場合でも、どんなときもWiFiは月間利用料に上限が定められているから、高額になりすぎるということもないんだよ!

月間の利用料金に上限があるため、短期間の在宅勤務のためや、光回線が開通するまでのつなぎとしてなどさまざまな用途で利用可能です。

また端末を返却する際にポスト投函で返却が可能な点も、気軽に利用できて嬉しいメリットのひとつといえますね。

\1日単位で利用したいなら/

【1ヶ月以上】データ容量にあわせて縛りなしプランを選ぼう

ポケット型Wi-Fiを短期間利用したいけど、1ヶ月以上は利用したい場合は、使いたいデータ容量に合わせて「契約期間の縛りがないプラン」を検討しましょう

1日単位で利用できるポケット型Wi-Fiは、1ヶ月以上利用すると高額になってしまうため、最低利用期間が1ヶ月間あったとしても縛りなしプランのポケット型Wi-Fiを検討した方がお得です。

データ容量別で見る、契約期間の縛りがないおすすめのポケット型Wi-Fiは以下のとおり。

どこよりもWiFiとMONSTER MOBILEに関しては契約期間の縛りがないプランが用意されていますが、AiR-WiFiの場合は契約期間の縛りをなくす有料オプションに加入することで、縛りなく利用が可能ですよ。

キャリアのポケット型Wi-Fiは実際どうなの?楽天モバイルとドコモは要チェック!

ここまでデータ容量別のおすすめと、短期間利用のおすすめとしてWiMAXとクラウドSIMタイプのポケット型Wi-Fiをご紹介してきましたが、ポケット型Wi-Fiには他にも「キャリア系のポケット型Wi-Fi」が存在します。

キャリア系のポケット型Wi-Fiはドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイルがありますが、それぞれの特徴を簡単にまとめると以下のとおりです。

  • ドコモ…5Gギガホプレミアプランの契約で実質無制限で利用可能
  • au…モバイルルータープラン5Gの契約で実質無制限
    (ただしWiMAXと同じサービスのため、WiMAXを検討する方がお得になりおすすめ)
  • ソフトバンク…月間50GB制限のプランのみで月額5,280円
  • 楽天モバイル…楽天回線エリア限定で無制限で利用可能

上記でまとめたとおり、auはそもそもWiMAXと同じサービスとなるため、お得に利用できるWiMAXを検討する方がおすすめ。

ナビ博士
ナビ博士
auは独自のサービス提供を行っているわけではなくて、WiMAXを取り扱う窓口のひとつなんじゃが、本家であるUQ WiMAXと比較しても月額料金が高くおすすめできないんじゃよ。

WiMAXについては「【実質無制限】たっぷり利用したいなら「Broad WiMAX」でWiMAXを検討しよう」の項目で解説しているのでチェックしてみてくださいね。

またソフトバンクの場合は月間50GBという上限が設定されているため、キャリア系のポケット型Wi-Fiでは「ドコモ」と「楽天モバイル」をチェックするのがおすすめです。

ドコモと楽天モバイルにはそれぞれメリットがあるため、以下をチェックして利点を感じたらぜひ検討してみてくださいね。

それではひとつずつメリットをみていきましょう。

【実質無制限】通信速度が速くたっぷり使える「ドコモ」は高額だが優秀!

ドコモ
引用:ドコモ

ドコモのポケット型Wi-Fiは5Gギガホプレミアプランを利用することで、月間データ容量を実質無制限で利用することができます

ドコモ
引用:ドコモ

データ利用量の上限が定められておらず「ネットワーク混雑時・大量通信時などに通信制限がかかる場合があります。」とだけ記載されているため、たっぷりとデータ通信を行うことが可能です。

また一番のメリットといえるのが通信速度の速さで、5Gに対応しているギガホプレミアプランで、かつ5G対応の機器(Wi-Fi STATION SH-52Bで計測)の場合、実測平均速度が170.04Mbpsと光回線並みの通信速度を記録しています

ドコモ
引用:ドコモ
ナビ博士
ナビ博士
ドコモの5G回線を利用しているから通信速度が速いんじゃな!

また人口カバー率が高く、今後も5Gが利用できるエリアを拡大予定のため、より快適に速くデータ通信が行えるようになります。

ドコモの基本情報は以下のとおりで、気になる点としては月額利用料金が高めという点です。

ほぼ無制限で使えますが月額料金は7,000円を超えてしまうため、料金が高くても安定した通信や大容量通信を行いたい場合におすすめとなりますよ。

ドコモ(5Gギガホプレミアプラン)
月額料金~3GB:5,665円
実質無制限:7,315円
※5Gギガホプレミアプラン
端末代金35,640円
※Wi-Fi STATION SH-52Bの場合
契約期間なし
解約金なし
実測平均速度(下り)170.04Mbps
※Wi-Fi STATION SH-52Bの場合
※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度」に投稿された測定平均値を記載
ドコモ
引用:ドコモ

なおドコモのポケット型Wi-Fiの端末で最新機種は「Wi-Fi STATION SH-52B」で5Gに対応しています。

受信時最大4.2Gbpsと速度が速く、実測通信速度も170.04Mbpsと速いためおすすめですよ。

\通信速度が早く実質無制限で利用できる!/

【エリア内無制限】月額料金が安い「楽天モバイル」はエリア内ならお得!

楽天モバイル
引用:楽天モバイル

楽天モバイルは楽天回線エリア内であればデータ通信量が無制限で利用できるポケット型Wi-Fiです。

どれだけ使っても月額料金が3,278円(税込)から変わらないため、楽天回線エリアに住んでいる場合はお得に利用できますよ。

ナビ博士
ナビ博士
楽天回線エリア外だとパートナー回線(au)を使って通信するんじゃが、パートナー回線の通信は月間5GBと上限があって、到達後は最大1Mbpsの通信速度で使い放題になるんじゃよ。

最大1Mbpsの通信速度だと、Youtubeの標準画質での視聴やメール送受信などは行えますが、少し画質の良い動画の視聴などは難しくなる通信速度です。

楽天モバイル
引用:楽天モバイル

また楽天モバイルはもし1GB未満のデータ通信だった場合、月額料金が0円で利用できます。

インターネット通信は自宅の光回線をメインとして、楽天モバイルのポケット型Wi-Fiは緊急用でほとんど使わない、などの場合は月額料金を安く抑えられる可能性があるので覚えておくといいですね。

楽天モバイル
月額料金〜1GB:0円
〜3GB:1,078円
〜20GB:2,178円
20GB以降:3,278円
端末代金プラン申し込みと同時にWi-Fi購入で1円
契約期間なし
解約金なし
実測平均速度(下り)11.07Mbps
※すべて税込価格
※平均通信速度は「みんなのネット回線速度」に投稿された測定平均値を記載

また楽天モバイルは端末代金がRakuten UN-LIMIT VIを申し込むことで1円になる点も魅力といえます。

楽天モバイル
引用:楽天モバイル

Rakuten UN-LIMIT VIは楽天モバイルのプラン名で、プラン申し込みと同時に楽天モバイルのポケット型Wi-Fiを購入することで本体代金が1円になり、かつ初めて申し込む場合は5.000ポイントが還元されるため実質0円で利用が可能です。

楽天モバイル
引用:楽天モバイル

また楽天モバイルでは契約事務手数料が0円で、契約期間の縛りもないため解除料なしで利用できるのもメリットといえますよ。

\楽天回線エリアなら無制限!/

ポケット型Wi-Fiに関するよくある質問

ポケット型Wi-Fiに関するよくある質問をまとめてみました。

完全無制限のポケット型Wi-Fiはある?

データ容量を完全無制限で利用できるポケット型Wi-Fiは、現時点ではありません

以前までは完全無制限のプランがありましたが、通信障害が相次いだため現在では完全無制限のプランは無くなってしまいました。

大容量通信を行うと通信制限がかかるものか、月間や1日での利用上限が決まっているプランしかないため、利用したいデータ容量にあったプランを選ぶことが大切です。

また大容量通信を行うと制限がかかる実質無制限のポケット型Wi-Fiは、明確な制限基準が示されていない場合がほとんどのため注意しましょう。

ポケット型Wi-Fiは端末の返却は必要?

ポケット型Wi-Fiをレンタルして利用する場合は、利用が終了した際に端末の返却が必です。

端末返却時に万が一破損や紛失してしまった場合、機器損害金が発生してしまうため注意しましょう。

端末を購入して利用する場合や、端末を贈与されている場合は返却は不要です。

ただしキャリア系のポケット型Wi-FiとWiMAX、hi-ho Let’s Wi-Fi以外はほとんどの場合端末はレンタルになるため、破損や紛失が不安な場合は申し込みの際に端末保証オプションに加入するのがおすすめになります。

端末保証オプションに加入すると、破損や紛失の際に発生する機器損害金を負担してくれるため安心して利用できますよ。

ポケット型Wi-Fiでオンラインゲームはできる?

ポケット型Wi-Fiでもオンラインゲームは可能ですが、快適にプレイするなら光回線の方がおすすめです。

オンラインゲームを快適に遊ぶためには通信速度と、反応速度であるpingが良好であることが大切ですが、ポケット型Wi-Fiの場合どちらも光回線と比較すると遅く、ラグが起きる可能性があります。

比較的通信速度の速いポケット型Wi-Fiのpingを調査したところ、光回線と比較すると以下のとおりでした。

  • ドコモ(ポケット型Wi-Fi/Wi-Fi STATION SH-52B)…48.91ms
  • WiMAX(ポケット型Wi-Fi/Speed Wi-Fi 5G X11)…62.6ms
  • ドコモ光(光回線)…21.65ms
  • フレッツ光(光回線)…21.36ms
  • ソフトバンク光(光回線)…17.11ms
  • NURO光(光回線)…13.37ms
  • auひかり(光回線)…20.43ms

一般的にpingが30ms以上になるとラグが起きたり、プレイにストレスを感じる場合があります。

ポケット型Wi-Fiでは通信速度の速いドコモやWiMAXでも40msを超えているため、快適にラグもなく利用したい場合は光回線を検討するのがおすすめですよ。

パソコンやスマートフォンと接続することはできる?

ポケット型Wi-Fiをパソコンやスマートフォンに接続することはもちろん可能ですが、端末によって接続可能台数が異なるため、事前に確認しておくことが大切です。

同時接続可能台数が5台前後の場合もあるため、家族で利用したり接続機器が多い場合は注意しましょう。

あらかじめ接続したい機器を確認し、同時に接続が可能な端末を扱っている会社を選ぶのが大切です。

なお、同時接続台数が増えれば増えるほど、同じ回線を共有して利用していることになるため、通信速度は落ちやすいという点も覚えておきましょう。

ドコモなどキャリアのポケット型Wi-Fiはおすすめ?

キャリア系のポケット型Wi-Fiにも種類がありますが、通信速度が速くデータ通信量を実質無制限で利用できるドコモや、楽天回線エリア内は無制限で利用できる楽天モバイルはおすすめです。

ただしドコモは同じく実質無制限で利用できるWiMAXと比較すると利用料金が高く、楽天モバイルもエリアが限定的のため、自分の希望する条件や利用エリアも考慮して検討しましょう。

自分の利用したいデータ容量が定まっていて、月間100GB未満で足りる場合はクラウドSIMタイプのポケット型Wi-Fiを検討する方がお得に利用が可能です。

しかしドコモの場合はポケット型Wi-Fiの中でも通信速度が速く実質無制限で利用可能なため、開通工事ができない環境でもとにかく通信速度を重視したい場合におすすめ。

楽天モバイルも楽天回線エリア内で利用するなら無制限で使えるため、住んでいるエリアが該当地域の場合はおすすめになりますよ。

まとめ

ポケット型Wi-Fiは開通工事が必要なく、持ち運んで外出先でも利用できるため気軽に利用できるインターネット回線です。

メリットが4つあるため、魅力を感じた場合はぜひ検討してみてくださいね。

またポケット型Wi-Fiは豊富なプランがありますが、自分の利用したいデータ容量にあったプランを選ぶことがお得に利用するポイントです。

自分にあったデータ容量については「適したデータ容量を選ぶ」の項目で解説していますが、データ容量別にみるおすすめのポケット型Wi-Fiは以下のとおりとなります。

また上記で紹介した以外にも、キャリア系のポケット型Wi-Fiや、短期間だけ利用できるポケット型Wi-Fiもあり、それぞれにメリットがあるため気になった方はチェックしてみてくださいね。

ポケット型Wi-Fiにはさまざまなプランがあり迷ってしまいますが、本記事を参考に自分にあったプランを見つけてみてくださいね。

参考サイト

総務省
消費者庁
国民生活センター
日本データ通信協会
電気通信事業者協会
電気通信消費者相談センター
電気通信サービス向上推進協議会
一般財団法人 インターネット協会
一般社団法人 無線LANビジネス推進連絡会
みんなのネット回線速度
UQ WIMAX
Broad WiMAX
Rakuten WiFi Pocket
どこよりもWiFi
MONSTER MOBILE
ゼウスWiFi
AiR-WiFi
どんなときもWiFi

関連動画

記事一覧

サイトマップはここをクリック