デジタル
通信機器
2020/11/18 17:30

【2020年最新】最も安いポケットWiFiはどれ?22種類の料金・キャンペーンを一斉比較した結果、最安はこれだ!

「ポケットWiFiを最安料金で利用するには、どの窓口から申し込めばいいのだろう…」と、お悩みではありませんか?

ポケットWiFiを最安で契約したい場合、月額料金の安さやキャッシュバック・割引キャンペーンは重視する方も多いでしょう。

安いポケットWiFiを選ぶには、さらに自分の利用するデータ容量に沿って、ちょうどいいプランを検討するのも大切ですよ。

月額料金が安く、そして自分にとって使いやすいポケットWiFiを見つけるポイントは、次の3つです。

この記事では、ポケットWiFi 22種類の料金・特徴を比較しつつ、それぞれどんな人にオススメかを解説します。

また、あわせてポケットWiFi契約時の注意点も詳しく解説するので、参考にしてくださいね。

博士

その前に、この記事で紹介するオススメのポケットWiFiをチラ見せしちゃいます!

<月間容量別おすすめポケットWiFi>
【月間容量20GB・40GBで最安】とにかく安いゼウスWiFi
ゼウスWiFi・20GBが月額1,980円、40GBが2,680円で最安
・ドコモ、au、Softbankの回線が使えてエリアが広い
・2年経過後は解約金無料
ゼウスWiFiの詳細はこちら
【月間容量100GBで最安】100GBの大容量ならMugen WiFi
MugenWiFi・月間容量100GBが月額料金3,150円で最安
・ドコモ、au、Softbankの回線が使えてエリアが広い
・2年経過後は解約金無料
Mugen WiFiの詳細はこちら
【月間容量210GBで最安】210GBの超大容量ならhi-ho Let’s WiFi
hi-ho Let's Wi-Fi トップ・月間容量210GB(7GB/日)が月額料金4,300円で最安
・ドコモ、au、Softbankの回線が使えてエリアが広い
hi-ho Let’s WiFiの詳細はこちら
【実質無制限】人気のWiMAXならGMOとくとくBBが最安
GMOとくとくBBWiMAX11月キャンペーン・最大31,000円のキャッシュバックが魅力
・最大速度1.2Gbpsの高速通信
GMOとくとくBB WiMAXの詳細はこちら

※この記事は2020年11月時点の情報です。

【容量別】最安のポケットWiFiはどれ?ポケットWiFi22種類の料金を比較してみた!

ポケットWiFiを選ぶときには、自身のインターネット利用量に基づいて検討するのがいいでしょう。

今回は22種類のサービスのポケットWiFiについて、比較調査しました。

その結果、月間データ容量別にそれぞれ最安のポケットWiFiは、以下の4つだと分かりましたよ。

上記のうち、ゼウスWiFi、Mugen WiFi、hi-ho Let’s WiFiの3つについてはクラウドSIMのポケットWiFiのため、提供エリアがWiMAXよりも広いのが特徴です。

クラウドSIMとは

SIMカードをクラウド化(仮想化)したもののこと
docomo、au、Softbankの3キャリアの4G LTEの中で、もっとも繋がりやすい回線に自動的に切り替えてくれる

クラウドSIMは、現在地に一番近い仮想SIMカードをクラウド上の専用サーバからその都度ダウンロードすることで通信を行っています。

そのため地方や山間部でも、携帯の電波が繋がる場所であれば、インターネットに接続できますよ。

ただしクラウドSIMは最近できたサービスな上に、月間データ容量の制限があります。

ですので使い放題で安定したサービスを選びたい方は、速度の速さに定評のある「WiMAX」がオススメですよ!

ここからはそれぞれのポケットWiFiについて、くわしく解説していきましょう。

あまり使わない人なら20GB・40GBの「ゼウスWiFi」で間違いない

ゼウスWiF11月キャンペーン
<ゼウスWiFi(縛りありプラン)>
月間データ容量20GB40GB・100GB
20GBでできること・YouTube動画視聴(SD):約32時間
・TikTok視聴:約40時間
・SNS閲覧:約70,000ページ
40GBでできること・YouTube動画視聴(SD):約65時間
・TikTok視聴:約80時間
・SNS閲覧:約140,000ページ
月額料金20Gプラン:1,980円
40Gプラン:2,680円
100Gプラン:3カ月まで2,980円
      :4カ月目から3,480円
最大速度(下り)150Mbps
契約期間2年
解約金1~2年目:9,500円
3年目~:無料

※2020年11月時点での情報
※実質料金は「(2年間の月額料金+初期費用-キャンペーン還元額)÷24」で算出

月間データ容量20GBか40GBまででとにかく安いポケットWiFiをお探しの方は、ゼウスWiFiを選びましょう。

月額料金が他社と比較しても一番安く、利用できるエリアも広いので月間であまり使わない人にとっては選んで間違いないと言えるでしょう。

また、ゼウスWiFiには契約期間の縛りがない「縛りなしプラン」もあります。「縛りなし20GBプラン」でも月額2,380円で他社の20GBプランと比較しても最安なので、2年間の契約期間いっぱい利用するか不安な方にもオススメです。

ちなみに40GBの縛りなしプランだと月額2,980円です。

博士

ちなみにゼウスWiFiは縛りありプランであっても、契約から2年経過後からは、いつ解約しても違約金がかからないよ!

助手のジョン

しかも20GB・40GBのデータ容量を使い切っても、「2GB・500円」で追加購入できるから安心だね!

\20GB・40GBで安いポケットWiFi/

ゼウスWiFiの公式サイトはこちら

ゼウスWiFiの申し込みから開通までの流れ

ゼウスWiFiの申し込みから開通までの流れは、以下のとおりです。

ゼウスWiFiの申し込みから開通までの流れ

  1. ゼウスWiFi公式サイトを開き、「お申し込み」ボタンをクリックする
  2. 画面の指示に従い、支払い方法や氏名・住所などを入力する
  3. 最短翌日にルーターが発送される
  4. ルーターが届いたら電源を入れて、画面に表示されたパスワードをスマホ等のWi-Fi接続画面で入力すれば利用開始!

100GBの大容量で安く使うなら「Mugen WiFi」

MugenWiFi
<Mugen WiFi(格安プラン)の概要>
月間データ容量100GB
100GBでできること・YouTube動画視聴(SD):約163時間
・TikTok視聴:約200時間
・SNS閲覧:約349,000ページ
月額料金3,150円
実質料金 2年間で75,450円
実質月額3,144円
最大速度(下り)150Mbps
契約期間2年
解約金1年目:9,000円
2年目:5,000円
3年目~:無料

※2020年11月時点での情報
※実質料金は「(2年間の月額料金+初期費用-キャンペーン還元額)÷24」で算出

月間データ容量100GBの大容量ポケットWiFiのうち、もっとも安く利用できるのがMugen WiFiです。

Mugen WiFiの格安プランは、なんと月額3,150円で利用できます。

100GBは、YouTube動画(SD)を約163時間視聴できるレベルの大容量です。

ですのでプライベートでインターネット利用する分には、100GBもあれば十分といえますね。

博士

WiMAXがおよそ月額3,500円ほどかかることを考えたら、Mugen WiFiの方がお得といえるね!

またMugen WiFiは、契約3年目以降なら解約金が無料となるのもうれしいポイントですね。

\100GBの大容量プランが最安!/

MugenWiFiの公式サイトはこちら

Mugen WiFiの申し込みから開通までの流れ

Mugen WiFiでは30日間の無料お試しキャンペーンを実施しています。

Mugen WiFiの申し込みからキャンペーン適用による契約キャンセルまでの流れは、以下にまとめたとおりです。

キャンペーン適用までの流れ

  1. 公式サイトからMugen WiFiを申し込む
  2. ルーターを受け取り、利用を開始する
  3. サービスの継続が難しいと感じた場合は、お問い合わせフォームから連絡して解約を申し込む
  4. 指示に従ってルーターを返送する

Mugen WiFiの全額返金キャンペーンを利用すれば、以下の金額が無料になりますよ。

Mugen WiFiの無料キャンペーン
  • 解約費用
  • 月額料金
  • 事務手数料

ただしルーター返送料は自己負担で、返却処理手数料として別途1,000円(税抜)がかかってきます

助手のジョン

あと、50GB以上利用した場合は、9,000円の解約費用がかかってくるから、あくまでお試しとして利用してね!

超大容量!月間データ容量210GBなら「hi-ho Let’s WiFi」

hi-ho Let's Wi-Fi トップ
<hi-ho Let’s WiFi>
月間データ容量210GB
(1日7GBで30日間)
210GBでできること・YouTube動画視聴(SD):約342時間
・TikTok視聴:約420時間
・SNS閲覧:約732,900ページ
月額料金4,300円
実質料金 2年間:98,900円
実質月額:4,121円
最大速度(下り)150Mbps
契約期間2年
解約金0~11ヶ月目:18,500円
12ヶ月目~:9,500円

※2020年11月時点での情報
※実質料金は「(2年間の月額料金+初期費用-キャンペーン還元額)÷24」で算出

ひとつきあたり210GBのような大容量でインターネットを利用したい方には、「hi-ho Let’s WiFi」がオススメです。

hi-ho Let’s WiFiは、通常プランで「1日7GB」までインターネットが利用できます。

7GBは、YouTube動画なら約11時間も視聴できるほどのデータ容量です。

普段の生活で1日に7GB以上も利用することはそうそうないので、実質ほぼ使い放題ともいえますね。

\月間210GBの超大容量ポケットWiFi!/

hi-ho Let’s WiFiの公式サイトはこちら

hi-ho Let’s WiFiの申し込みから開通までの流れ

hi-ho Let’s WiFiの申し込みから開通までの流れは、以下のとおりです。

hi-ho Let’s WiFiの申し込みから開通までの流れ

  1. hi-ho Let’s WiFi公式サイトを開き、「お申し込み」ボタンをクリックする
  2. 画面の指示に従い、支払い方法や氏名・住所などを入力する
  3. 最短3日でルーターが配送される
  4. ルーターが届いたら電源を入れて、画面に表示されたパスワードをスマホ等のWi-Fi接続画面で入力すれば利用開始!

実質無制限で速度が速い!「GMOとくとくBB WiMAX」

GMOとくとくBBWiMAX11月キャンペーン
<WiMAX(GMOとくとくBB)の概要>
月間データ容量無制限
(※10GB/3日 以上使用すると速度制限で1Mbpsに)
月額料金
ギガ放題プラン
1~2ヶ月目:3,609円
3ヶ月目~:4,263円
キャンペーン情報最大31,000円キャッシュバック
実質料金2年間:69,741円
実質月額:2,906円
最大速度(下り)1.2Gbps
契約期間3年
解約金1年目:19,000円
2年目:14,000円
3年目~:9,500円

※2020年11月時点での情報
※実質料金は「(2年間の月額料金+初期費用-キャンペーン還元額)÷24」で算出

実質無制限で速度の速いポケットWiFiを契約したいという方は、WiMAXを選びましょう。

月間データ上限なしの「ギガ放題プラン」なら、実質無制限で使えます。

ただし、3日間で10GBを超えると、その翌日の18時頃から翌々日2時頃までの約8時間ほど最大1Mbpsに通信速度が制限されますので、ご注意ください。

その時間帯が過ぎると、また通常通りの速度で利用できるようになります。

博士

しかもWiMAXは下り速度が最大1.2Gbpsと、とても速いんだよ!

助手のジョン

使い放題で速度の速いポケットWiFiなら、WiMAXで決まりだね!

WiMAXは契約するプロバイダによって料金やキャンペーンが異なってきます。

プロバイダ「GMOとくとくBB」から申し込むと、最大31,000円のキャッシュバックがもらえるので、実質的な料金はWiMAXの中でもっとも安くなります。

「高額キャッシュバックが欲しい!」という人は、ぜひGMOとくとくBB WiMAXを検討してくださいね。

\最大31,000円キャッシュバック実施中/

GMOとくとくBB WiMAXの公式サイトはこちら

GMOとくとくBBの申し込みからキャッシュバック受け取りまでの流れ

GMOとくとくWiMAXの申し込みから利用開始までの流れは、以下のとおりです。

GMOとくとくBBの申し込みから利用開始までの流れ

  1. 事前にUQ WiMAXのエリアマップ開き、自宅等で使えることを確認する
  2. 公式窓口から申し込み手続きを開始する
  3. 画面の指示に従って、氏名・住所や支払い方法などを入力して申し込みを終える
  4. 最短即日にルーターが発送され、佐川急便で自宅に配送される
  5. 同梱のマニュアルに従い、設定をして利用開始!
  6. 後日、キャッシュバックの受け取り申請をすれば指定した口座へ金額が振り込まれる
博士

ちなみに、キャッシュバックの受け取り方法は、以下のとおり!メモなどでキャッシュバック申請月を忘れないよう対策をしてね!

キャッシュバック受け取りの流れ

  1. 端末発送月を含む11ヶ月目に、GMOとくとくBBで発行された「基本メールアドレス」へ振込口座指定メールが届く
  2. メールから振込口座を登録する
  3. 翌月末営業日までにキャッシュバックが振り込まれる

受け取り漏れがないよう、申請月はスマホのリマインダーやメモを使って申請月を覚えて置くようにしましょう。

【最新】おもなポケットWiFi 22種を一挙比較!

今回オススメのポケットWiFiを調査するにあたって、おもなポケットWiFiサービス22種類について比較しました。

主要なポケットWiFi 22種の、「料金」「速度」「キャンペーン」など、気になる情報を比較したのが以下の表になります。

横にスクロールできます。

<ポケットWiFi 22種比較>
サービス名月額料金データ容量2年間の実質総額特長
ゼウスWiFi(縛りあり)1,980円20GB48,540円2年経過後は解約金なし
ゼウスWiFi(縛りなし)2,380円20GB57,740円
どこよりもWiFi
(縛りあり)
2,480円20GB60,040円
ゼウスWiFi(縛りあり)2,680円40GB64,640円2年経過後は解約金なし
Ex Wi-Fi2,780円50GB66,940円
縛りなしWiFi
(縛っちゃう
・通常プラン)
2,800円2GB/日67,400円
どこよりもWiFi
(縛りなし)
2,980円20GB71,540円
GMOとくとくBB
WiMAX
1〜2か月:3,609円
3〜36か月:4,263円
実質無制限69,741円最大31,000円CB
ゼウスWiFi(縛りなし)2,980円40GB71,540円
Mugen WiFi
(格安プラン)
3,150円100GB75,450円2年経過後は解約金なし
どこよりもWiFi
(縛りあり)
3,180円100GB76,140円
Ex Wi-Fi3,250円100GB77,750円
それがだいじWi-Fi3,250円100GB77,750円
縛りなしWiFi
(縛りなし
・通常プラン)
3,300円2GB/日78,900円
ゼウスWiFi
(縛りあり)
1~2ヶ月:2,980円
3ヶ月~:3,480円
100GB82,040円2年経過後は解約金なし
どこよりもWiFi
(縛りなし)
3,480円50GB83,040円
hi-ho Let’s WiFi4,300円7GB/日98,900円
THEWiFi
(ライト)
4,280円4GB/日101,440円
UQ WiMAX3,880円実質無制限107,240円端末代金:15,000円
DIS mobile WiMAX3,880円実質無制限107,240円端末代金:15,000円
KT WiMAX3,880円実質無制限107,240円端末代金:15,000円
エディオンネット3,880円実質無制限107,240円端末代金:15,000円

※2年間の実質総額は「2年間の月額料金+契約事務手数料+端末代-キャッシュバック額」にて算出

冒頭でもお伝えしましたが、ポケットWiFi 22種の料金を比較した結果、データ容量ごとに最も安いポケットWiFiは以下の4つだとわかりました。

2020年現在、月額費用が最も安いポケットWiFiはゼウスWiFiの20GBプランです。

しかし、ゼウスWiFiの20GBプランは非常に安いですが、月間で使用量が20GBまでなので動画をたくさんみたりゲームするという方は月の途中で速度制限にかかってしまいます。

そのためポケットWiFiを選ぶ際には、①あなたの使用に合った容量のポケットWiFiを選ぶこと②その中でもっとも安いものを選ぶことが重要です。

ここで使用方法別での通信料の目安をおさらいしてみましょう。

<1GBの通信量の目安>
webサイト閲覧約3207回
LINE約950送受信
Instagram1時間
写真のメール送信約333通
YouTubeで4分40秒の動画(360p)約86回
Google マップ約4430回
インターネット電話約1103分
(18時間程度)

hi-ho公式ページより引用

博士

いまいちど自分の通信データ量を確認して、ぴったりのポケットWiFiを契約しよう!

助手のジョン

オススメポケットWiFiの項目でも、およその通信量の目安を記載しているから、参考にしてね!

まずは知ってほしい!ポケットWiFiの選び方

キャンペーン

ポケットWiFiを選ぶ際は、以下の3点に注意しましょう。

それぞれの内容について、解説します。

安いポケットWiFiを契約するためのポイントを理解する

助手のジョン

安いポケットWiFiを選ぶ時は、月額料金の安さはもちろんとして、他にも以下の3点に注目する事が大事だよ。

ポケットWiFiを安く契約するコツ

  • 実質費用が安いポケットWiFiか確認する
  • 初期費用が安いか確認する
  • 割引・キャッシュバックを実施しているか確認する

 

① 実質費用が安いポケットWiFiか確認する

ポケットWiFiを選ぶ際は月額料金の安さだけでなく、契約期間内のトータル費用(以後、実質費用)の安さにも注目しましょう。

博士

2年間や3年間といった、使う予定の期間に総額いくらかかるかを比較すれば、本当にお得な選択肢がどこか判断できるよ。

一見お得に見えても、実質費用を確認しないと、3年間などの長期レンタルをした際に他社より高額な負担になってしまう可能性がありますよ。

 

② 初期費用が安いか確認する

ポケットWiFiを契約する際に発生する初期費用は、各社で異なります。

契約事務手数料などの名称で設定されている初期費用を各社で比較し、割高になっていないか確認しましょう。

またポケットWiFiの通信に使うルーター端末は、契約先によって無料だったり、数千円~数万円の購入代金がかかったりと金額がバラバラです。

助手のジョン

できるだけ安くサービスを活用したい場合は、端末代が無料の申込窓口を選ぶのがおすすめだよ。

 

③ 割引・キャッシュバックを実施しているか確認する

ポケットWiFiの料金を安く契約するには、月額割引やキャッシュバックといったキャンペーンを利用することが大事です。

申込時はキャンペーンを利用して、今後の負担を削減しましょう。

なお、同じサービスでも、窓口によって特典が異なっていることがありますので注意してくださいね。

博士

たとえばGMOとくとくBB WiMAXの場合、月額料金割引の窓口とキャッシュバック窓口の2つがあるよ!

auユーザーはauスマートバリューmineが利用できるWiMAXがオススメ

WiMAXユーザーは、auスマートフォンの月額料金を毎月最大1000円(税抜)割引にできる「auスマートバリューmine」を申し込めます。

auを使っている人はポケットWiFiをWiMAXにして、セット割引を活用しましょう。

助手のジョン

ただし、一部WiMAXでは、auスマートバリューmineが使えないから注意してね!

 

auスマートバリューmineを使いたいという人は、以下のプロバイダの中から契約先を見つけてください。

auスマートバリューmine

引用:【公式】au

また、対応している端末は、以下のとおり。

auスマートバリューmineの対応機種

  • Speed Wi-Fi NEXT W06
  • Speed Wi-Fi NEXT WX05
  • Speed Wi-Fi NEXT W05
  • Speed Wi-Fi NEXT W04
  • Speed Wi-Fi NEXT W03
  • Speed Wi-Fi NEXT WX04
  • Speed Wi-Fi NEXT WX03
  • Speed Wi-Fi NEXT WX02
  • Speed Wi-Fi NEXT W01
  • Speed Wi-Fi HOME L01s
  • Speed Wi-Fi HOME L01

最新機種のWX06はauスマートバリューmineを利用できないので注意しましょう。

「最大〇円キャッシュバック」の表記には注意!

WiMAX等で展開されているキャッシュバックキャンペーンは、必ずしもうたわれている満額を受け取れるとは限りません。

以下のような条件により、もらえる金額が変動する可能性があります。

金額が変動する条件の例

  • 選ぶルーター
  • 選ぶプラン(契約期間、通信容量など)

また、キャンペーン適用のためにオプション契約などが必要になり、出費が増えてあまりお得にならない場合もあります。

博士

キャッシュバックキャンペーンを利用する際は、細かく条件をチェックしよう!
自分はいくらもらえるかを必ず確認・納得したうえで申し込んでね。

使い放題のポケットWiFiにするかどうか

ポケットWiFiには、WiMAXの「ギガ放題」など使い放題になっているものもあれば、「~20GBプラン」など上限が決まっているものもあります。
自分の普段のインターネット利用量を踏まえて、使い放題にするかどうか検討してみましょう。

助手のジョン

あまり使わないなら、上限ありのサービスを選ぶのもいいね。

使い放題のポケットWiFiでも通信制限の可能性がある

WiMAXやPocket WiFiの使い放題プランには、「3日間で10GB」の制限があります。

助手のジョン

直近3日間に10GB以上通信していると、夜18時~翌1時(WiMAXは2時)の夜間に速度が制限されるといった内容だよね。

動画の視聴などで1日の通信量が多い人は、クラウドSIMのポケットWiFiなど、月間データ容量の範囲では使い放題のポケットWiFiも検討してみてください。

ただし、容量や通信制限なしを謳うポケットWiFiでも「著しくネットワークを専有するレベルの大容量通信時」は通信制限になる可能性があるので注意しましょう。

博士

ちなみに、「著しくネットワークを専有するレベルの大容量通信時」がどの程度の容量を利用した場合かは明記されていないんだ。

エリアの広さは十分?場所によっては使えない場合も!

ポケットWiFiはそれぞれ提供エリアが異なっていて、場所によっては繋がらない場合もあります。

ポケットWiFiを申し込む前には、必ずエリア検索を行い、自宅や使用場所で使えることを確認してから申し込みましょう。

短期間だけ使いたい人に!もっとも安いレンタルポケットWiFiはこれだ!

短期間の利用では、ポケットWiFiをレンタルするという選択肢もあります。

期間別にオススメのレンタルポケットWiFiとしては、それぞれ以下の通りですよ。

まずは国内向けのレンタルポケットWiFiについて、一覧で比較してみましょう。

<レンタルポケットWiFi 比較一覧>
データ容量2泊3日4泊5日6泊7日9泊10日13泊14日30泊31日89泊90日その他費用
NETAGE
(FS030W)
無制限
(1日3GB)
1,110円
1,850円
2,590円
3,700円
5,180円
6,800円
18,000円
往復送料:
1,000円
Wi-Fiレンタル どっとこむ
(601HW)
無制限
(1日1GB)
1,200円
2,000円
2,800円
4,000円
5,600円
6,000円
17,387円
受取手数料:
500円
送料:
470円~
WiFi東京
(501HW)
無制限
(1日3GB)
1,200円
2,000円
2,800円
3,500円
6,000円
16,500円
往復送料:
1,000円
e-ca
(601HW)
無制限
(1日1GB)
1,200円
2,000円
2,800円
4,000円
5,600円
6,000円
17,387円
送料:
500円
返却時:
500円
ワイマックスレンタル.com
(W05)
無制限
(3日10GB)
1,750円
3,500円
5,990円
17,970円
往復送料:
990円~
1,100円
Wi-Fiレンタル屋さん
(WX05)
無制限
(3日10GB)
1,470円
2,450円
3,430円
4,900円
6,860円
7,350円
18,300円
往復送料:
1,100円
MONTER MOBILE
(Macaroon M1)
無制限
(1日2GB)
2,980円
8,940円
事務手数料:
3,000円
縛りなしWiFi
(FS030W)
無制限
(1日2GB)
3,300円
9,900円
事務手数料:
3,000円
SPACE WiFi
(WiMAX)
無制限
(3日10GB)
3,680円
11,040円
なし
MONTER MOBILE
(Macaroon M1)
無制限
(1日5GB)
3,980円
11,940円
事務手数料:
3,000円
DMMいろいろレンタル
(WX05)
無制限
(3日10GB)
4,430円
10,320円
往復送料:
1,100円
HUNDRED Wi-Fi
(U3)
100GB
4,450円
13,350円
事務手数料:
3,000円
FujiWiFi
(H01)
実質150GB
(1日5GB)
4,450円
13,350円
事務手数料:
3,000円
WiFiレンタルJapan
(JT101)
45GB
6,500円
19,500円
往復送料:
990円~
1,100円
博士
ここからは期間別にオススメの3社のレンタルポケットWiFiについて、くわしく説明していくぞ。

【5日以内の短期なら】ワイマックスレンタル.com

ワイマックスレンタル.comトップページ

4泊5日までの短期間なら、ワイマックスレンタル.com が最安値で契約できます。

ワイマックスレンタル.comは、UQ WiMAXの独自回線を使ったWiMAXがレンタルできますが、月間データ容量無制限のプランが利用できるので、動画やゲームなどもたっぷり楽しめますよ。

たとえば下り最大通信速度708Mbpsの高速通信が期待できる機種・W05をレンタルした場合、レンタル料金は以下のとおりです。

レンタル料金(無制限プラン※)
2泊3日
4泊5日
1,750円
6泊7日
9泊10日
3,500円
13泊14日
30泊31日
5,990円
89泊90日
17,970円
その他費用
往復送料:990円~1,100円

※10GB/3日以上利用すると速度制限がかかる可能性があります

助手のジョン

無制限のポケットWiFiを安くレンタルしたい人にもオススメだね!

ただし、WiMAXを使ったレンタルポケットWiFiは無制限プランとはいえ、短期間で大容量のデータ通信を行うと速度制限がかかるので覚えておきましょう。

WiMAXの速度制限とは

  • 速度制限の条件:3日間で10GB以上のデータ通信
  • 速度制限期間:条件に達した翌日18時~翌々日2時の約8時間
  • 速度制限中の速度:おおむね1Mbps

WiMAXは速度制限にかかってしまっても夕方から深夜だけで、おおむね1Mbpsの速度が出ます。

おおむね1Mbpsの速度があればYouTubeの標準画質で動画が見られる程度ですので、安心してくださいね。

WiMAXについてはこちらの記事でも解説していますので、あわせてチェックしておきましょう。

\短期間レンタルにオススメ!/

ワイマックスレンタル.comの詳細はこちら

【2週間以内の中期なら】WiFi東京

WiFi東京トップページ

レンタル期間が2週間ほどなら、WiFi東京が安く契約できますよ。

WiFi東京でレンタルできるのはソフトバンクのLTE回線を使ったPocketWiFiの501HWです。

こちらもデータ容量は無制限ですが、1日に3GB以上通信すると速度が低下することもあるので使いすぎには注意しましょう。

WiFi東京のレンタル料金は以下のとおりです。

レンタル料金(無制限プラン※)
2泊3日
1,200円
4泊5日
2,000円
6泊7日
2,800円
9泊10日
3,500円
13泊14日
30泊31日
6,000円
89泊90日
16,500円
その他費用
往復送料:1,000円

※3GB/日以上利用すると速度制限がかかる可能性があります

助手のジョン

2週間のレンタルなら他社と比べても安く契約できるよ。平日17時までに申込めば当日発送してくれるのもうれしいポイント!

\中期間レンタルにオススメ!/

WiFi東京の詳細はこちら

【1ヶ月単位の長期なら】MONTER MOBILE

MONSTER MOBILEトップ

1ヶ月以上の長期レンタルをするのであれば、契約期間の縛りのないMONSTER MOBILEがもっとも安く利用できます。

レンタル料金(2GB/日プラン)
30泊31日
2,980円
89泊90日
8,940円
その他費用
事務手数料:3,000円

※縛りなしプラン・2GB/日 の場合の金額

MONSTER MOBILEは月単位で料金が発生するので1~2週間程度利用したい方にはオススメできませんが、1ヶ月を超える場合は日単位のレンタル会社より割安にできます。

4泊5日6泊7日9泊10日13泊14日30泊31日89泊90日その他費用
WiFi東京
(501HW)
2,000円
2,800円
3,500円
6,000円
16,500円
往復送料:
1,000円
ワイマックス
レンタル.com
(W05)
1,750円
3,500円
5,990円
17,970円
往復送料:
990円~
1,100円
MONSTER MOBILE
(Macaroon M1)
2,980円
8,940円
事務手数料:
3,000円

ワイマックスレンタル.com、WiFi東京のレンタル料金は、9泊10日を超えるとMONSTER MOBILEの月額2,980円を上回ります。

博士

月額のポケットWiFiは長期間レンタルするほど、短期間のレンタルに比べてお得になるといえるよ!

MONSTER MOBILEは、1日のデータ容量が2GB・3GB・5GBの3つのプランから選ぶことができます。

助手のジョン

2GB/日でデータ容量が足りない場合は、プラン内容の変更もできるから安心だね!

また端末はクラウドSIMですので、WiMAXがエリア外でも繋がる可能性が高いというのもうれしいポイント。

解約の際は、毎月15日までに電話窓口やWebフォームで解約の旨を伝えれば、当日末に解約完了できます。

\長期間レンタルにオススメ!/

MONSTER MOBILEの詳細はこちら

博士

レンタルポケットWiFiについて、もっと詳しく知りたい方はレンタルポケットWiFiについての記事も参考にしてみてね!

7社を比較!海外で使える料金が安いポケットWiFiは?

ポケットWiFiサービスの中には、国内だけでなく海外利用にも対応しているものがあります。主な海外対応サービス7社の料金を比べてみました。

<ポケットWiFi 7社の海外料金比較>
海外での利用料金
よくばりWiFi1日:1250円(1GB)
ゼウスWiFi1日プラン:161円(300MB)
7日プラン:430円(1GB)
30日プラン:1076円(3GB)
めっちゃWiFi1日:1250円(1GB)
限界突破WiFi1日プラン:380円(300MB)
7日プラン:980円(1GB)
30日プラン:1880円(3GB)
イモトのWiFi500MBプラン:340円/日
1GBプラン:790円/日
無制限プラン:1040円/日
グローバルWiFi300MBプラン:670円/日
600MBプラン:970円/日
1.1GBプラン:1170円/日
無制限プラン:1870円/日
Wi-Ho!300MBプラン:750円/日
500MBプラン:1050円/日
1GBプラン:1250円/日
無制限プラン:1750円/日

見てのとおり、各社で金額はバラバラです。そんな中、当サイトがおすすめするポケットWiFiは以下の2つです。

海外使えるおすすめポケットWiFi
  • 料金が安い&国内でも使いたい人におすすめ:ゼウスWiFi
  • 無制限で料金が安いポケットWiFiを使いたい人におすすめ:イモトのWiFi
博士

それぞれどんなポケットWiFiか紹介するから気になる人は、ぜひチェックしてみてね!

とにかく料金を安くしたい・国内でも使いたいという人は「ゼウスWiFi」

ゼウスWiF11月キャンペーン

「徹底的に安く海外利用をしたい」「国内でも同じルーターを使って普段の通信をしたい」

という方には、ゼウスWiFiの利用がおすすめです。ゼウスWiFiは1日プランの料金が安く、最安だと161円から使えます!30日で3GBのプランでも1,076円と低価格設定なので、短期~長期間の海外利用において頼れる存在です。

 

気になる人は、ぜひゼウスWiFiの詳細を以下の公式サイトでチェックしてみてください!

\国内外で使えて安い/

ゼウスWiFiの公式サイトはこちら

ただし無制限プランはないので、毎日の通信量は限られてくることに注意してね。

無制限で料金が安いポケットWiFiを使いたい人は「イモトのWiFi」

イモトのWiFi

イモトのWi-Fiは、海外旅行向けのポケットWiFiレンタルを行っています。

助手のジョン

1日1,040円(韓国)と、一見高いように見えるけど、毎日無制限で使えるので仕事でも旅行でも不便な思いをすることがないんだよ!

 

同じ海外レンタル専用会社の、グローバルWiFiやWI-hoと比べても安価な料金設定なので、海外でのみポケットWiFiを使いたいという人は、イモトのWiFiがおすすめです。気になる人は、ぜひイモトのWiFiの公式サイトで詳細をチェックしてみてください!

\毎日無制限で使える/

イモトのWiFiの公式サイトはこちら 

ポケットWiFiを契約する際に注意したいポイント3つ

最後に、ポケットWiFiを契約するにあたって注意したいポイントを3つ解説します。

詳しく解説するので、気になる人は、ぜひチェックしてみてください。

 

無制限でも「3日間で10GB以上使うと速度制限」などの規約がある

ワイモバイルやWiMAXでは、ポケットWiFiルーターでの使い放題プランを利用するにあたり、直近3日間に10GB以上使うと夜間に速度制限がかかります。

通信量自体はたしかに無制限ですが、速度が制限されると動画再生やネットサーフィンなどの用途は読み込みが長くなり、快適に通信できなくなるのでご注意ください。

 

ポケットWiFiは途中解約で違約金が発生する

ポケットWiFiは契約期間が決まっていて、中途解約時は違約金がかかります。たとえばWiMAX回線で通信できるUQ WiMAXでは、以下の料金が発生します。

<UQ WiMAXの解約違約金>
契約解除料(税抜)
~13ヶ月目19,000円
14~25ヶ月目14,000円
26~37ヶ月目9,500円

※WiMAXプロバイダごとに、解約違約金は異なります

無料で解約したい場合は、契約を満了したタイミングで解約手続きを行いましょう。

博士

たとえば、UQ WiMAXの3年契約プランは、契約満了翌月の38か月目が無料で解約できる更新月だよ。ポケットWiFiによって更新月が違いますので注意してくださいね。

ポケットWiFiはオンラインゲームにはあまり向かない……

オンラインゲームを快適に遊ぶためには、サーバーからの応答速度を試す「ping値」を小さくする必要があります。50ms以下だとオンラインゲームでもラグが起きず、ストレスなく通信できますよ。

しかし、ポケットWiFiは光回線ほど通信の安定性がないため、ping値が大きくなりやすく、オンラインゲームには不向きです。

通信の安定性は次のとおりです。

安定した通信ができる回線順位

光回線>ホームルーター>ポケットWiFi(モバイルルーター)

助手のジョン

オンラインゲームを楽しみたい人は、光回線の契約がオススメだよ!

まとめ

ポケットWiFiにはさまざまな種類があり、それぞれ料金やキャンペーンの内容が異なります。そのため、自分にはどれがあうのか以下のポイントをチェックしてから契約しましょう。

 

上記のポイントをふまえ、当サイトで22種類のサービスを比較したところ、以下5つのポケットWiFiの料金が安いということがわかりました。

自分にとって最安料金のポケットWiFiを見つけて、お得にインターネット通信を楽しんでくださいね。