デジタル
通信機器
2022/9/17 5:45

NURO光は代理店でなく公式がおすすめ! 一番お得に申し込める方法を紹介

NURO光 代理店

NURO光を契約するなら、キャッシュバックやキャンペーンを利用して、最も得に申し込みたいですよね。

光回線をお得に申し込みたいときに選択肢にあがるのが代理店の存在。公式の窓口だけでなく代理店から申し込むことで、公式窓口とは違った特典を受けられることがあります。

ナビ博士
ナビ博士
じゃが実は、NURO光は公式からの申し込みが一番オトクなんじゃ!

そこで今回は、NURO光のおすすめ代理店・キャンペーンについてご紹介いたします!

ゲット君
ゲット君
代理店や受けるキャンペーンを選ぶ際のポイントについても詳しく解説しているよ!
NURO光は代理店でなく公式がおすすめ!
GetNavi

NURO光は代理店でなく公式が一番お得な理由とは?

  • NURO光の代理店は新規受付がほとんど終了済み
  • NURO光の公式窓口から申し込むと、45,000円もの高額なキャッシュバック!
  • 公式なら6か月間NURO光を契約しているだけで受け取れる!
この記事の監修者
小川正人
新聞社が推薦する通信サービスに精通したコンサルタント。QUANTA代表。光回線や携帯電話・ポケット型WiFiなどのモバイルサービスの専門家。大手家電量販店で販売員を行っていたが光回線やモバイルサービスの種類や料金体系の複雑さを痛感。「お客様が最適なプランを選べるようにしたい」との思いから月間60万PVの通信サービスメディアサイト「XERA」を運営。一時期は光回線を3社、携帯電話を12社同時に契約していた。2019年には2019年度バリューコマースMVPを受賞。監修者について(マイベストプロ)

NURO光は代理店ではなく公式から申し込むのが最もお得な2つの理由

出典:nuro.jp

NURO光を最もお得に申し込むには、代理店からではなく公式窓口から申し込むのがベストです。

なぜ公式窓口から申し込むのが最もお得なのか、明確な2つの理由があります。

理由1.NURO光の代理店はほとんど終了済み

実は、2022年8月現在、NURO光の代理店窓口からの新規受付がほとんど終了しています。

そもそも代理店からの申し込みができないため、NURO光にいたっては公式窓口から申し込むしか選択肢がありません。

ゲット君
ゲット君
前はたくさん代理店によるプレゼントが多かったけど、今は少ないようだね。

そのため、NURO光の申し込みはほぼ公式窓口一択となっています

理由2.代理店よりも、公式から申し込むほうがお得

2つ目の理由は、代理店から受けられる特典よりも、公式窓口から申し込んで受けられる特典のほうがお得だからです

NURO光の公式窓口から申し込むと、45,000円もの高額なキャッシュバックが受けられます。キャッシュバックを受け取れられる半年後までNURO光を契約しているだけでキャッシュバックを受けられます。

45,000円でもかなり高額なキャッシュバックなため、なかなか他の代理店ではこれ以上の額のキャッシュバックは受けられません。
仮に45,000円以上のキャッシュバックがあったとしても、有料オプションへの加入・電話やテレビの契約も必須といった厳しい条件つきがほとんどです

「高額なキャッシュバック」「条件の緩さ」2つの理由により、NURO光は代理店よりも公式窓口から申し込むほうが断然お得となっています。

\最大45,000円キャッシュバック/

NURO光の代理店とはそもそも何なのか

ここまで、NURO光は代理店ではなく公式窓口からの申し込みがおすすめと解説してきました。

しかし、そもそも代理店と公式窓口では受けられるサービスに違いはないのかといった疑問も出てきますよね。ここでは、NURO光の公式窓口と代理店の違いについて解説していきます。

代理店・公式のどちらから申し込んでもサービスに違いはない

NURO光は代理店から申し込んでも公式窓口から申し込んでも、受けられるサービスに違いはありません。

ナビ博士
ナビ博士
特定の代理店から申し込んでも、結局受けられるサービスは同じなんじゃ。

代理店は、ただNURO光の申し込み窓口として存在するだけです。
代理店で申し込みをしたとしても、その後の開通手続きなどはNURO光公式が請け負います。

そのため、代理店・公式窓口どちらから申し込んだとしても、ネット回線や月額料金などに違いはなく、受けられるサービスは同じです。

違いがあるのはキャッシュバックなどの特典のみ

代理店と公式窓口に違いがあるのは、キャッシュバックなどの受けられる特典のみです。

特典以外に違いはないので、特典に興味がない人は代理店でも公式窓口でもどちらで申し込みをしても問題ありません。

キャッシュバックや特典を受け取って少しでもお得に申し込みたい人は、特典を吟味することでよりお得にNURO光を申し込めます。

\最大45,000円キャッシュバック/

NURO光の代理店を選ぶ4つのポイント

2022年8月現在、NURO光の代理店からの受付はほぼ終了しています。しかし、今後復活する可能性は0ではありません。ここでは、NURO光の代理店選びに役立つ4つのポイントを紹介します。

紹介する4ポイントを意識するだけで、後悔のない代理店選びができるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

1.キャッシュバックなどの特典は豪華か

まずはキャッシュバックなどの特典が豪華かを確認しましょう。

代理店での特典は以下のようなものがよくあります。

  • キャッシュバック
  • 月額料金割引
  • プレゼント
ゲット君
ゲット君
ルーターのプレゼントや、初期設定不要キャンペーンを行っているところもあるよ!

2.特典を受け取る条件は厳しくないか

後悔しないためには、無理に条件をクリアして特典を受けるのではなく、無理のない条件で代理店から特典をもらうようにしましょう。

良い特典の代理店を見つけたら、次は特典を受け取るための条件を見てみましょう。特典を受け取るためには、代理店各社ある程度条件が設けられていることがよくあります。

例えば、「キャッシュバックを受け取るためには、有料オプション数か月分加入が必須」「光回線ではなく、テレビの契約も必須」といった条件です。

どれだけ特典がよくても、受け取るための条件が厳しい場合は注意しましょう。

ゲット君
ゲット君
オプション料が高いと、どうしても損してしまうことがあるよ!

3.特典の受け取り方法は簡単か

見落としがちなポイントが、特典の受け取り方法の簡単さです。受け取り方法が複雑で難しいと、いくら受け取り条件を満たしていても、特典を受け取れないことがあります。

例えば受け取りまでの時間が空きすぎていると、受け取ること自体を忘れてしまうケースがあります。

ナビ博士
ナビ博士
キャッシュバックは受け取り損ねてしまうと、後からは絶対もらえないので要注意じゃ!

さらにメールは、普段使わないアドレスに届く可能性もあります。申し込んだ際に、どのメールアドレスにキャッシュバック申し込みメールが届いたのかを確認することが重要です。

ゲット君
ゲット君
リマインドをするなどして、忘れないようにしないといけないね!

4.口コミや評判は悪くないか

最後に、万全を期すのであれば口コミや評判の確認もおすすめします。

特典などの嬉しい内容は公式サイト内にい目立ちやすく表示されていても、受け取り方法や条件といった小難しい内容はサイト内に目立ちにくいよう小さく記載されていることは珍しくはありません。
そのため、受け取り方法や厳しい条件などを見落としてしまっている可能性があります。

ある程度自分で口コミや評判を見て判断する必要はありますが、代理店の質を確認するためにはおすすめです。

NURO光の代理店に関するよくある質問

ここまで、NURO光の代理店に関する情報を紹介してきました。

最後に、NURO光の代理店に関するよくある質問を紹介します。

代理店に申し込んだあとキャンセルは可能か

「一度代理店に申し込んだあと、他に良さげな特典のある代理店を見つけたから一度キャンセルしたくなった」というのはよくある話ですが、キャンセルの可否は代理店によります。

仮にキャンセルが可能だった場合、キャンセルした代理店での特典は受けられないので注意しましょう。

特典の受け取り期間を逃した場合、特典は受け取れるか

これも代理店によりますが、基本的には受け取れないと考えたほうがいいでしょう。

特典の受け取り方法については契約書や利用規約に書いていることが多いです。問い合わせてももらえない可能性が高いと考えておきましょう。

ゲット君
ゲット君
だからこそ、しっかりとリマインドしておくことが大切そうだね!

NURO光の代理店まとめ

NURO光を契約するのであれば、代理店ではなく公式窓口からの申し込みがおすすめです。

キャッシュバック額も高く、受け取る条件も緩くかんたんに条件をクリアができます。

また新しい代理店が出てきたら、自分で代理店の良し悪しを判断するために、特典の良さや受け取るための条件などもしっかり確認するようにしましょう。

NURO光は代理店でなく公式がおすすめ!
GetNavi

NURO光は代理店でなく公式が一番お得な理由とは?

  • NURO光の代理店は新規受付がほとんど終了済み
  • NURO光の公式窓口から申し込むと、45,000円もの高額なキャッシュバック!
  • 公式なら6か月間NURO光を契約しているだけで受け取れる!

参考サイト

総務省
消費者庁
国民生活センター
日本データ通信協会
電気通信事業者協会
電気通信消費者相談センター
電気通信サービス向上推進協議会
一般財団法人 インターネット協会
一般社団法人 無線LANビジネス推進連絡会

記事一覧

サイトマップはここをクリック