2021/5/5 12:00

インターネット回線速度が遅い?計測方法や遅いときの対処法、速くておすすめの回線まで紹介します!

インターネット速度が遅い?計測方法や遅いときの対処法、速くておすすめの回線まで詳しく解説します

インターネットを利用するにあたって、「速度が遅い」とお悩みの方は多いのではないでしょうか?

また、これからインターネットを契約するにあたって、速度の速い回線をお探しの方もいるかもしれませんね。

一般的には、インターネット速度は最低でも5Mbps出ていれば動画視聴ができ、25Mbps出ていれば4K動画の視聴が可能といわれています。

今回はインターネット速度の計測方法から、一般的に必要とされる速度はどのくらいなのか、また速度が遅いときの対処法やおすすめインターネット回線についてまで、まるごとご紹介します。

まずはインターネット速度が遅いのチェックしよう!

インターネットの速度は、Webでかんたんに調べることが可能です。
ここでは、「Speedtest by Ookla」でスピードテストする流れをご紹介します。
このほかにも速度計測サイトはいくつもありますので、Googleなどで検索してみてください。

  • 測定したい環境で「Speedtest by Ookla」にアクセスし、「GO」ボタンを押す
    インターネット速度測定開始画面

    測定したいネットワークにつないだパソコンやスマホで、「Speedtest by Ookla」にアクセスします。
    真ん中に表示されている「GO」ボタンを表示してしばらく待ちましょう。

  • 測定が行われる
  • インターネット速度測定画面

    ダウンロード速度とアップロード速度が順番に測定されます。

  • 結果が表示される
  • インターネット速度結果画面

    スピード測定の結果が表示されます。
    上記の画像の場合だとPING値は21ms、ダウンロード速度は4.57Mbps、アップロード速度は1.46Mbpsです。

インターネット速度の見方

インターネット速度の測定ができたところで、速度の見方をご説明しましょう。

上り速度(アップロード速度)・下り速度(ダウンロード速度)

インターネットの速度には、上り速度(アップロード速度)と下り速度(ダウンロード速度)があります。

上り速度はデータをアップロードする際の速度で、下り速度はデータをダウンロードする速度です。

通常、サイトを閲覧したり動画を観たりする際には、サーバーからデータをダウンロードします。
そのため、一般的には下り速度を重視します。
ネット上で「通信速度」としか書いていない場合には、下り速度を指していることが多いです。

ただし、動画や画像をサーバーにアップロードする場合には、上り速度が重要になってきますので、注意しましょう。

bps

bpsとは「ビットパーセコンド」で、1秒あたりに送信できるビット数を指す、インターネットの速度を表す単位です。
Mbpsならメガビット、Gbpsならギガビットと呼ばれます。
2Gbpsの場合、1秒回に約2Gビットの通信ができることを示しています。

具体的にどれくらいの速度が出ていればよいのかは、後ほど『快適に通信できるインターネット速度の目安』で詳しくご紹介しますので、参考にしてください。

PING値

PING値とは、サーバー側とこちらのパソコンやスマホなどの端末側との往復にかかる時間を指しています。
PING値が重要になるのは、PS4でオンラインゲームをする場合など、サーバー側とのレスポンスがシビアに求められるケースです。

たとえば、格闘ゲームやシューティングゲームなどで相手から攻撃を受けたのに、端末側のレスポンスが遅いと攻撃を避けられません。

しかし、普通にネット検索やSNS、動画視聴などをするだけなら、そこまでPING値を気にする必要はありません

ms

PING値の単位はmsですが、これは「ミリセカンド」と読み、1,000分の1秒を指します。

以上のことから、インターネットの速度を確認する際には、基本的には下り速度と上り速度だけを気にすれば大丈夫であることがわかりますね。

快適に通信できるインターネット速度の目安

助手のジョン

ぼくのパソコンで計測してみたら50Mbpsだったんだけど、これだとインターネットをするには遅いのかな?

博士

それがそうともいえないよ。
実のところ、およそ30Mbpsも出ていればほとんどの用途でネット利用ができるんだ。

助手のジョン

ええ!そうなの!?
てっきり数百Mbpsとか出てないと、不便なのかと思ってた!

博士

それじゃあちょっと、インターネットに必要な速度について、おもな用途別にまとめてみてみようか。

【インターネット速度の目安】
用途速度の目安
Webサイト閲覧
メール送受信
1Mbps
YouTube動画視聴(低画質)
ビデオ通話
3Mbps
YouTube動画視聴(高画質)5Mbps
4K動画視聴25Mbps
オンラインゲーム100Mbps(PING値は30ms以下)

上記の表からもわかる通り、Webサイトを見るだけなら1~3Mbps、動画を視聴するなら30Mbpsもあれば十分といえます。

ただし大容量通信を行うオンラインゲームについては、100Mbpsはあるといいでしょう。

一般的なインターネット回線速度はどのくらい?

光回線などで「最大速度1Gbps」という表記を目にした方も多いでしょうが、実際の回線速度でこの最大値が出ることは、ほぼありません。

【最大速度とは】

  • 通信業者が算出している、理論上の最高速度のこと
  • ベストエフォート値とも呼ばれる
助手のジョン

それじゃあ、実際のところの速度の目安って、どのくらいなの~?

博士

回線サービスごとの、一般的な速度の目安としては、以下の通りだよ!

【回線ごとの速度の目安】

  • 光回線(〇〇光など):約100Mbps~
  • モバイルWiFi(WiMAXなど):約20Mbps~
  • ホームルーター(ソフトバンクエアーなど):約30Mbps~

光回線の場合、一般的に100Mbps以上の速度が期待できます

一方で、モバイルWiFiやホームルーターの場合は、20Mbpsや速くても30Mbpsほどが一般的な速度の目安とされます。

助手のジョン

じゃあ光回線で100Mbps以下だと、遅いってこと?

博士

それがそうとも言えないよ。
光回線を使っていても、利用環境やパソコンなど端末のスペックによって、数十Mbpsほどしか出ないということも大いにあるんだ!

その通り。とくにスマホでWi-Fi接続している場合などは、光回線であっても数十Mbpsほどということも珍しくありません。

またマンションで光回線を利用している場合は、建物の設備環境によって最大100Mbpsのプランを契約している可能性もあります。

博士

いずれにしても、およそ30Mbpsもあれば、動画やオンライン会議といった一般的な利用法をするのに問題ないといえるよ!

助手のジョン

光回線が数百Mbpsも出るのが、そもそも十分すぎるってことなんだね!

インターネット速度が遅いと感じた場合の原因と対処法

インターネット速度を計測した結果、速度が遅かった場合には、どのような原因が考えられるのでしょうか。
ネットが遅い原因とその対処法について、ご説明します。

まずは再起動・再接続をしてみよう

パソコンやスマホ、ルーターなどを再起動してネットワークにつなぎ直してみましょう。
それだけで、通信速度が回復することもあります。

簡単にできる方法なので、最初に試してみてくださいね。

速度制限にかかっている

スマホやモバイルWiFiには、速度制限が設けられていることがあります。
よくあるのは「毎月のデータ量の上限を超えると128Kbpsに制限する」というケースです。

博士

128kbpsはすごく遅くて、Webページを見るのも難しくなるよ。

WiMAXは3日間で10ギガ以上の容量を使うと、概ね1Mbpsに制限されますが、これはそこまで遅くはありません

速度制限にかかってしまうと、解除されるまで待つしかありません
スマホキャリアや利用しているサービスによっては、データチャージを行うと制限が解除される場合もありますので、確認してみてください。

WiFiルーターやLANケーブルの規格が高速通信に対応していない

無線LANルーターやLANケーブルにはそれぞれ規格が定められおり、古いものを使い続けている場合は高速通信に対応していないことも考えられます。

たとえば「CAT5(カテゴリー5)」のLANケーブルでは100Mbpsまでの通信速度にしか対応していません。

この場合は、いくら最大1Gbpsの光回線プランを契約していても、100Mbps以上の速度は出せないということになります。

【LANケーブルの種類】
LANケーブルのカテゴリ対応している通信速度
CAT5100Mbps
CAT5e、CAT61Gbps
CAT710Gbps
助手のジョン

古い規格のLANケーブルを使い続けている場合は、新しいものに買い替えるのがよさそうだね!

博士

ちなみに無線LANルーターの規格は、「IEEE802.11a/b/g/n/ac」と書いてあれば十分といえるよ!

夜間や集合住宅では回線混雑で遅くなりやすい

インターネットの利用者が多い夜間や集合住宅では、回線が混雑して速度が遅くなりやすいです。
利用時間をずらしたり、有線接続を利用したりするなどの対応をしましょう。

PC・スマホのファームウエアが最新になっていない

PCやスマホのファームウエアのバージョンによる問題もあります。

博士

ファームウエアとはPCやスマホに必ず搭載されている、ハードウエアを制御するためのソフトウエアのことです。

ファームウェアの設定が自動アップデートになっていれば問題ありませんが、手動アップデートの場合は定期的に最新化する必要があります

インターネット速度が遅いと感じた場合はファームウエアが最新バージョンになっているかもぜひ確認し、最新ではなかった場合はアップデートしましょう。

解決しない場合はインターネット回線の乗り換えも検討しよう

上記の対応をしても解決しない場合は、インターネット回線の乗り換えも検討する必要があります。

助手のジョン

プロバイダを乗り換えるのは、対処法としてどうなの?

博士

光回線のプロバイダを乗り換えても、根本的な速度改善にはあまり繋がらないんだ。

高速通信v6プラスに対応していないプロバイダから対応しているプロバイダに変えるなど、プロバイダを変えれば改善する場合もありますが、あまり期待はできません。

これまでの速度改善方法を試しても速度が遅いままの場合は、思い切って光回線を乗り換えることをおすすめします。

速度重視する人におすすめのインターネット回線【光回線編】

今回、計52社の光回線の速度を調査した結果をご紹介します。

結論から述べると、光回線の中ではNURO光が最も通信速度が速くおすすめです。

さらにNURO光は、他社光回線と比較しても料金も安いので速度・料金、両方とも重要視したい人にもおすすめです。

博士

しかし、NURO光は契約することのできるエリアが他光回線と比較しても少ないぞ!

そのため、NURO光がエリア外だった場合に速度が速くておすすめの光回線も調査しました。

まずは、どの光回線が速度が速いのか以下の表にまとめましたのでチェックしましょう。

回線名ダウンロード
速度
1位コミュファ光523.01Mbps
2位NURO光461.88Mbps
3位eo光419.65Mbps
4位スターキャット光389.78Mbps
5位auひかり372.08Mbps
6位J:COM NET光370.8Mbps
7位NCV光369.66Mbps
8位ピカラ 光358.84Mbps
9位キャッチネクスト354.79Mbps
10位CNS光352.67Mbps
参考So-net 光プラス270.28Mbps
※全国対応の光回線の中で最速

※平均速度についてはみんなのネット回線速度を参考

結論からいうと、速度・安さ・信頼性ともに最もおすすめなのはNURO光です。

通信速度は常に上位で評判がよく、月額料金は5,217円とお手頃で、総合的にユーザーからの評判が良い回線です。

ただし、NURO光は一部エリアでのみ提供しているので、事前のエリア確認が必須ですよ。

博士

NURO光がエリア外だった場合の、おすすめ光回線はそれぞれ以下の通り!

助手のジョン

お住まいの地域によって、おすすめの光回線は違うんだね~

ここからは各おすすめ光回線について、一つずつご紹介していきましょう。

まずは「NURO光」を検討すべし!

NURO光
【NURO光の概要】
対応エリア関東、関西、東海、九州、北海道エリア
スマホセット割額おうち割光セットで最大1,100円
最大速度2Gbps
初期費用事務手数料3,300円
工事費用
※キャンペーンで実質無料
44,000円
月額料金戸建てマンション
5,217円2,090円~2,750円
3年間実質料金戸建てマンション
165,912円73,340円~97,100円
3年間実質月額料金戸建てマンション
4,030円1,736円~2,396円

※価格はすべて税込

速度の速い光回線をお探しの方は、まず「NURO光」を検討しましょう。

NURO光は、通常プランでも最大2Gbpsの速度を誇る光回線で、実測値もとても速いと評判です。

博士

NURO光は、フレッツ光とは別の「独自回線」にてサービス提供しているから、回線が混みあいにくいのも特徴なんだ!

助手のジョン

ぜひともNURO光を契約したいよ~!

ただしNURO光は、提供エリアが一部地域に限定されているので、事前のエリア確認がかかせませんよ。

【NURO光 提供エリア】
北海道エリア:北海道
関東エリア:東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県・茨城県・栃木県・群馬県
東海エリア:愛知県・静岡県・岐阜県・三重県
関西エリア:大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県
九州エリア:福岡県・佐賀県

提供エリアについては、NURO光公式サイトから確認できます。

また、より速い通信速度を求める方には、対応エリアが限られますが、6ギガ・10ギガのプランもありますよ。

また、NURO光ではソフトバンクのセット割もあるので、ソフトバンクユーザーはとくに検討してくださいね。

NURO光の申し込みは、以下のような特典がある「公式特設サイト」から行うのがおすすめですよ。

【おすすめポイント】

  • キャッシュバック最大45,000円
  • 実質工事費無料
  • 訪問サポート一回無料

NURO光公式特設サイトから申し込む

東海ならコミュファ光

コミュファ光の代理店NEXT
【コミュファ光の概要】
対応エリア愛知、岐阜、三重、静岡、長野
スマホセット割額auスマートバリューで最大1,100円
最大速度1Gbps(1ギガコース)
初期費用事務手数料770円
工事費用
※キャンペーンで無料
27,200円
月額料金戸建てマンション
5,170円3,470円
3年間実質料金戸建てマンション
168,770円102,570円
3年間実質月額料金戸建てマンション
4,688円2,849円

※価格はすべて税込

東海エリアにお住まいの方には、コミュファ光がおすすめです。
auスマートバリューが使えるので、auユーザーにもおすすめですよ。

コミュファ光は通信速度の速さに定評があります。
「みんなのネット回線速度」の光回線ランキングでは、以下のとおり常に上位に位置しており、通信速度に関しては速いと評判ですよ。

1位 コミュファ光 523.01Mbps
みんなのネット回線速度のデータです。

東海エリアにお住まいの方は、コミュファ光を検討してみてはいかがでしょうか。

コミュファ光を申し込む

関西エリアならeo光

eo光
【eo光の概要】
対応エリア関西エリア
スマホセット割額auスマートバリューで最大1,100円
最大速度1Gbps
初期費用事務手数料3,300円
工事費用
※キャンペーンで実質無料
3,300円
月額料金戸建てマンション
1~12ヶ月目:3,248円
13ヶ月目以降:5,448円
3,436円~
(物件により異なる)
3年間実質料金戸建てマンション
174,332円110,796円
3年間実質月額料金戸建てマンション
4,843円3,078円

※価格はすべて税込

eo光は関西地方の光回線です。
関西電力とのセット割が使えるので、電力会社と光回線をセットで申し込めば、かなりお得です。

博士

auスマホとのセット割「auスマートバリュー」が適用できるのも、魅力の一つ!

助手のジョン

eo光の実際の速度についても、気になるな!

eo光は地域限定の光回線のため、実際の速度も好評ですよ!

3位 eo光 419.65Mbps
みんなのネット回線速度のデータです。

関西地方にお住まいなら、ぜひ契約を検討してみてください。

eo光を申し込む

東海・関西以外なら「auひかり」

auひかり NEXT
【auひかりの概要】
対応エリア東海、関西エリアをのぞく日本全国
スマホセット割額auスマートバリューで最大1,100円割引
最大速度1Gbps
初期費用事務手数料3,300円
工事費用
※キャンペーンで実質無料
戸建てマンション
41,250円33,000円
月額料金戸建てマンション
1~12ヶ月目:5,610円
13~24ヶ月目:5,500円
25~36ヶ月目:5,390円
4,180円
3年間実質料金戸建てマンション
150,490円109,400円
3年間実質月額料金戸建てマンション
4,180円3,039円

※価格はすべて税込
※実質料金:「3年間の月額料金+ひかり電話料金」+契約事務手数料+工事費用-キャッシュバック額
※戸建てはずっとギガ得プラン、マンションはタイプv16の場合の料金

auユーザーの方、またはNURO光がエリア外だった方には、独自回線で高速通信が可能なauひかりがおすすめです。

5ギガ・10ギガの超高速プランもあるので、より速い通信速度を求める方に適しています。

博士

「auスマートバリュー」を適用すれば、スマホの月額料金が1台当たり最大1,100円も割引されるよ!

ただし、auひかりは対応エリアが限定されているためご注意ください。
戸建ての場合、東海エリアはエリア外ですが、マンションプランなら東海エリアも対応しています。

お住まいの地域が該当するのかわからない場合には、auひかり公式サイトでエリア確認をしましょう。

おすすめの申込窓口は、以下の特典が得られる「代理店NEXT」です。

【おすすめポイント】

  • 最大65,000円のキャッシュバック
  • オプション加入不要
  • 開通後最短翌月で振込

auひかりNEXTから申し込む

全国で申し込める光コラボなら「So-net光プラス」

So-net光
【So-net光プラスの概要】
対応エリア日本全国
スマホセット割額auスマートバリューで最大1,100円
最大速度1Gbps
初期費用事務手数料3,300円
工事費用
※キャンペーンで実質無料
26,400円
月額料金戸建てマンション
1〜24ヶ月目:3,780円
25ヶ月目以降:6,138円
1〜24ヶ月目:2,780円
25ヶ月目以降:4,928円
3年間実質料金戸建てマンション
181,338円144,028円
3年間実質月額料金戸建てマンション
5,037円4,001円

※価格はすべて税込

auひかりがエリア外だった場合は、「So-net光プラス」がおすすめです。
So-net光プラスは光コラボ回線ですが、通信速度が速いと定評があります。

博士

光コラボ(光コラボレーション)とは、フレッツ光と回線を共有して運営している光回線サービスのことだよ!

助手のジョン

ちなみにSo-net光プラスだけじゃなく、ドコモ光やソフトバンク光も光コラボの一種なんだ!

光コラボはフレッツ光と提供エリアが同じなので、日本全国の広いエリアで契約できます。

光コラボは「回線が混みあいやすい」という注意点もあるのですが、So-net光プラスでは高速通信v6プラスに対応しているので、速度面でも心配いらないですよ。

また、auスマホとのセット割「auスマートバリュー」を適用すると、通信費をさらに安く抑えられますね。

So-net光プラスは、月額割引キャンペーンが受けられる「So-net公式」からの申し込みをおすすめしますよ。

【おすすめポイント】

  • 月額割引で、2年間は戸建て月額3,780円で利用可能
  • キャンペーンは申請不要で自動的に適用

So-net光プラス公式から申し込む

速度重視する人におすすめのインターネット回線【モバイルWiFi】

外出先でもインターネットを使いたいという方には、モバイルWiFiがおすすめです。

助手のジョン

速度がなるべく速いモバイルWiFiなら、どこがいいのかな?

博士

モバイルWiFiの中で速度が出やすいのは「WiMAX」だといえるよ!

速度の速いモバイルWiFiをお探しであれば、WiMAXを検討してみましょう。

WiMAXはみんなのネット回線速度でも、平均速度40Mbps以上でています。

それ以外のモバイルWiFiはどれもクラウドSIMを利用しているので、通信速度はほぼ変わりません。

クラウドSIMのモバイルWiFiについては、月間容量で選ぶのがいいですよ。

月間データ容量別に、おすすめのモバイルWiFiをまとめると以下の通りです。

<月間データ容量別 おすすめモバイルWiFi>

ここからは、上記のモバイルWiFi4社について、順にご紹介していきましょう。

実質無制限なら「Broad WiMAX」

BroadWiMAX
【Broad WiMAXの概要】
月間データ容量実質無制限
使用回線WiMAX 2+、au 4G LTE
エリア日本全国
(地下やビル街などつながりにくい場合あり)
契約期間3年
最大速度1.2Gbps
月額料金(ギガ放題プラン)0〜2ヶ月目:2,999円
3〜24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目以降:4,413円
初期費用事務手数料3,300円
端末代金0円
実質月額料金3,876円
キャンペーンなど・端末代金0円
・他社違約金を最大19,000円まで負担
・いつでも解約サポート
・5,000円キャッシュバック
・2台目以降10,000円キャッシュバック
・auスマートバリューmine
・UQモバイルのスマホ月額料金最大550円引き

※価格はすべて税込
※実質月額料金:「3年間の月額料金+初期費用-キャンペーン額」÷36 にて算出

モバイルWiFiで通信速度を求める人には、「Broad WiMAX」をおすすめします。

WiMAXのギガ放題プランでは、月間データ容量実質無制限にて通信できます。

博士

WiMAXでは「3日で10GB」以上利用した場合、翌日の夜に一時的に制限がかかって、通信速度がおよそ1Mbpsとなるよ!

助手のジョン

逆にいえば、制限中でも1Mbpsほどは出るから、「実質無制限」ってことなんだね!

WiMAXの平均通信速度に関しては、インターネット速度の口コミサイト「みんなのネット回線速度」でも高評価です。

2021年5月時点の「みんなのネット回線速度」のモバイルWiFiの最速データを見てみましょう。

1位に115.08Mbps、3位に110.42Mbps、4位に98.52Mbpsなど、上位に軒並みWiMAXがランクインしておりモバイルWiFiのなかでもWiMAXは速度が出やすいといえますよ。

WiMAXは、契約するプロバイダによって月額料金やキャンペーンが異なります。

中でもBroad WiMAXは、月額割引をはじめとしたキャンペーンが充実しているので、安くWiMAXを利用できます。

【Broad WiMAXのキャンペーン】

  • 初期費用20,743円割引
  • 端末代金無料
  • 他社解約違約金負担
  • いつでも解約サポート
  • 2台目10,000円キャッシュバック

Broad WiMAXでは、月額料金割引が自動的に適用されて、ギガ放題プランが月額2,999円から利用できます。

博士

キャッシュバックと違って申請の必要がないから、確実に料金を安くできるよ!

Broad WiMAXを申し込む

大容量200GBなら「hi-ho Let’s Wi-Fi」がおすすめ

hi-ho Let’s Wi-Fi

hi-ho Let’s Wi-Fi」の200GBプランなら、1日あたり6~7GBを消費しても容量を使い切りません。
外出先で動画を見たり、オンラインゲームをしたりする人におすすめです。

【hi-ho Let’s Wi-Fiの概要】
使用回線ドコモ・au・ソフトバンク
契約期間2年
月間データ容量200GB
速度制限条件1日で7GB以上の利用
月額料金0〜6ヶ月目:3,278円
7ヶ月目以降:4,730円
初期費用0円
キャンペーン30日お試しキャンペーン
月額料金割引キャンペーン
2年間の実質料金108,086円
2年間の実質月額4,323円

※価格は税込

ドコモ、au、ソフトバンクの回線を自動的に選んで接続できるので、その場所でもっとも速い回線を使ってインターネットに接続できますよ。

また、hi-ho Let’s Wi-Fiの端末は世界100ヶ国以上の海外でそのまま利用することも可能です。

博士
海外で使うときも事前申請は不要!海外で利用した分だけ追加で料金(1日1GBで1,067円または1,320円)が請求されるぞ。

hi-ho Let’s Wi-Fiを申し込む

縛りなし&大容量200GBなら「ChatWiFi」がおすすめ

chatwifi

同じ200GBでも、縛りなしで契約したいなら「ChatWiFi」を選びましょう。
いつでも違約金なしで解約できるので、1ヶ月だけ利用したいという場合にもおすすめです。
最短即日発送に対応していて、すぐに使い始められますよ。

【ChatWiFiの概要】
使用回線ドコモ・au・ソフトバンク
契約期間なし
月間データ容量200GB
速度制限条件著しくネットワークを占有する通信を行った場合
月額料金4,928円
初期費用4,378円
キャンペーンなし
2年間の実質料金127,578円
2年間の実質月額5,103円

※価格は税込

hi-ho Let’s Wi-Fiと同じように、3大キャリアのメイン回線を使用してインターネットに接続できます。
契約はモバイルルーターとSIMカードのいずれかを選択可能です。

博士

ルーターの持ち運びがいらないSIMカードは特に便利だね!

ルーターの電池切れを気にせず、普段どおりにスマホを使ってインターネットを楽しめますよ。

ChatWiFiを申し込む

中容量100GBなら「Mugen WiFi」がおすすめ

Mugen WiFi(税込み

100GBまで使えるWiFiを選ぶなら、実質料金が安いMugen WiFiをおすすめします。

【MUGEN WiFiの概要】
使用回線ドコモ・au・ソフトバンク
契約期間2年
月間データ容量100GB
速度制限条件月100GB以上の利用
月額料金3,718円
初期費用3,300円
キャッシュバック金額10,000円
2年間の実質料金86,250円
2年間の実質月額3,450円

※価格は税込

ドコモ、au、ソフトバンク回線が使える「Mugen WiFi」は1か月100GBを月額3,718円で利用できます。

Mugen WiFiには、WiMAXのような速度制限がありません。
3日で10GB以上を使っても、上限100GBに到達するまでは自由に通信できることもメリットです。

MUGEN Wi-Fiを申し込む

縛りなし&中容量100GBなら「クラウドWiFi」がおすすめ

クラウドWiFi

100GBを縛りなしで使いたい方へのおすすめは「クラウドWiFi」です。

【クラウドWiFi】

【クラウドWiFiの概要】
使用回線ドコモ・au・ソフトバンク
契約期間なし
月間データ容量100GB
速度制限条件月100GB以上の利用
月額料金3,718円
初期費用3,300円
キャンペーンなし
2年間の実質料金96,250円
2年間の実質月額3,850円

※価格は税込

クラウドWiFiも、上限100GBに達するまでは速度制限がかからないモバイルWiFiです。
100GBを使い切ると、最大128kbpsという強い速度制限がかかることには注意しましょう。

助手のジョン

128kbpsは動画の再生が不可能なくらい遅い通信速度だよ!

実質料金は縛りありのMugen WiFiより高くなります。
しかし、いつ解約しても違約金がかからないため、長く使うかわからない場合は便利です。

クラウドWiFiを申し込む

50GBまでの小容量なら「MONSTER MOBILE」

MONSTER MOBILE(モンスターモバイル)

50GBまでの小容量で良いという場合は、20GBからのプランを用意している「MONSTER MOBILE」がおすすめです。
月額2,090円~という安さで契約できるため、気軽にモバイル回線を持つことができます。

【MONSTER MOBILEの概要】
使用回線ドコモ、au、ソフトバンク
契約期間1年
月間データ容量20GB(縛りあり)50GB(縛りあり)
速度制限条件月20GB以上の利用月40GB以上の利用
月額料金2,090円2,640円
初期費用3,300円
キャッシュバック金額0円
2年間の実質料金55,550円69,300円
2年間の実質月額2,222円2,772円

※価格は税込

契約期間は1年間です。
モバイルWiFiの契約は2~3年になることが多いので、とても緩い縛りといえます。
すでに光回線を契約しているという方にも、外出時の備えとしておすすめです。

MONSTER MOBILEを申し込む

縛りなし&小容量50GBも「MONSTER MOBILE」がおすすめ

縛りありと比べると料金が高くなりますが、MONSTER MOBILEには縛りなしのプランもあります。
数ヶ月だけWiMAXを使いたいという場合は、縛りなしプランの契約を検討しましょう。

【MONSTER MOBILE】
使用回線ドコモ、au、ソフトバンク
契約期間なし
月間データ容量20GB(縛りなし)50GB(縛りなし)
速度制限条件月20GB以上の利用月40GB以上の利用
月額料金2,640円3,190円
初期費用3,300円
キャッシュバック金額0円
2年間の実質料金69,300円83,050円
2年間の実質月額2,772円3,322円

※価格は税込

通信の品質は縛りありとまったく変わりません。
長期契約を希望するなら縛りありを、数ヶ月で解約するなら縛りなしを選びましょう。

MONSTER MOBILEを申し込む

速度重視する人におすすめのインターネット回線【ホームルーター】

引っ越しが多い方や、賃貸で光回線の工事ができない方には、ホームルーターがおすすめです。

家のコンセントに差すだけですぐに通信できるようになるので、とても手軽にネット環境が手に入ります。

博士

ホームルーターはモバイルWiFiよりも若干、速度が出やすいとされているよ。

助手のジョン

家の中だけでネット利用する予定なら、ホームルーターを選んだほうがいいかもね!

ホームルーターは、おもにソフトバンクエアーWiMAXの2種類に分けられます。

それぞれ順にご紹介していきましょう。

ソフトバンクエアーなら「モバレコエアー」

ソフトバンクエアー(モバレコAir)のキャンペーンCTA

ホームルーターの選択肢に加えられるのはモバレコエアーとWiMAXですが、特におすすめできるのはモバレコエアーです。

モバレコエアーはデータ容量無制限でインターネットに接続でき、しかもWiMAXよりも安い実質月額で下り最大481Mbpsの高速通信を楽しめます。

【モバレコエアーの概要】
月間データ容量無制限
使用回線Softbank 4G LTE
エリア日本全国
契約期間2年
最大速度481Mbps
月額料金0〜1ヶ月目:2,167円
2〜23ヶ月目:3,679円
24ヶ月目以降:5,368円
初期費用事務手数料3,300円
端末代金0円
実質月額料金3,777円
キャンペーンなど・17,000円キャッシュバック
・端末代金0円
・ソフトバンクスマホとのおうち割 適用

※価格はすべて税込
※実質月額料金:「3年間の月額料金+初期費用-キャンペーン額」÷36 にて算出
※端末購入の場合

モバレコエアーは、ソフトバンクエアーにメルマガが付いたサービスなので、回線や端末についてはソフトバンクエアーとまったく同じものです。

月額割引やキャッシュバックが受け取れるので、ソフトバンクエアーよりも安く利用できますよ

また、ソフトバンクのセット割おうち割 光セットを適用することもできますから、ソフトバンクユーザーの方ならさらにお得に契約できます。

博士

WiMAXのセット割はauスマホにしか適用できないから、ソフトバンクユーザーはWiMAXよりもモバレコエアーを優先すると通信費を削減できるよ!

WiMAXとの違いでおすすめできるポイントとして、以下の2点をご紹介します。

【おすすめポイント】

  • 完全無制限でインターネットに接続できる
  • 最大10万円まで他社違約金を負担してくれるキャンペーンがある

モバレコエアーには1日〇ギガまでといった通信制限が無く、どれだけ動画を見るのも、どんな大容量ファイルを送受信するのも自由です。

さらに最大10万円まで他社違約金を負担してくれるキャンペーンを利用でき、モバイル回線からより安定した回線に今すぐ乗り換えたいという方にも向いています。

博士

速度制限を気にしないで接続できるから、自宅のパソコンからインターネットを楽しむことが多い人はとっても嬉しいね!

助手のジョン

今の回線を解約するときに違約金を請求されても、モバレコエアーが10万円まで還元してくれるから安心だね!

モバレコエアーを申し込む

WiMAXホームルーターなら「Broad WiMAX」

BroadWiMAX

WiMAXの大元であるUQ WiMAXでは、モバイルWiFiだけでなく、ホームルーターも提供しています。

モバレコエアーの次点という位置付けにはなりますが、auスマホをご利用中という場合はセット割が適用できるため、Broad WiMAXを選びましょう。

助手のジョン

au以外のスマホを使っているならモバレコエアー、auユーザーならBroad WiMAXを選ぶとお得になるんだね!

【Broad WiMAXの概要】
月間データ容量実質無制限
使用回線WiMAX 2+、au 4G LTE
エリア日本全国
(地下やビル街などつながりにくい場合あり)
契約期間3年
最大速度440Gbps
月額料金(ギガ放題プラン)0〜2ヶ月目:2,999円
3〜24ヶ月目:3,753円
25ヶ月目以降:4,413円
初期費用事務手数料3,300円
端末代金0円
実質月額料金3,876円
キャンペーンなど・端末代金0円
・他社違約金を最大19,000円まで負担
・いつでも解約サポート
・5,000円キャッシュバック
・2台目以降10,000円キャッシュバック
・auスマートバリューmine
・UQモバイルのスマホ月額料金最大550円引き

※価格はすべて税込
※実質月額料金:「3年間の月額料金+初期費用-キャンペーン額」÷36 にて算出

Broad WiMAXではモバイルWiFiの場合と同様に、月額料金割引の適用で、月額2,998円から利用できます。

デメリットとして考えなければならないのは、持ち運ぶタイプのWiMAXと同じように、ホームルーターにも3日で10ギガまでという制限が付いてしまうことです。

博士

自宅でインターネットを使っていると、高画質な動画を頻繁に見てしまうこともあるから、この制限には注意したほうがよさそうだ。

助手のジョン

完全無制限で思いっきりインターネットを楽しみたいなら、制限がなくて実質料金も安いモバレコエアーを選ぶべきかもね。

Broad WiMAXがモバレコエアーを上回っているポイントは実測値の速さです。

「みんなのネット回線速度」でBroad WiMAXとモバレコエアーを比較したところ、実測値でモバレコエアーを上回っていました。

【Broad WiMAXとモバレコエアーの回線速度比較】
Broad WiMAX(L02)51.76Mbps
モバレコエアー34.2Mbps

※「みんなの回線速度」における2021年4月現在の実測値

通信量があまり多くなく、少しでも回線速度の速いホームルーターを持ちたいというauユーザーの方は、モバレコエアーを選ぶとよいでしょう。

Broad WiMAXを申し込む

回線速度に関するよくある質問

最後に、回線速度に関するよくある質問に回答します。

インターネット回線ごとの速度の目安は?

【回線ごとの速度の目安】

  • 光回線(〇〇光など):約100Mbps~
  • モバイルWiFi(WiMAXなど):約20Mbps~
  • ホームルーター(ソフトバンクエアーなど):約30Mbps~

詳しくはこちらで解説してます。

用途ごとの回線速度の目安は?

  • Webサイト閲覧メール送受信:1Mbps
  • YouTube動画視聴(低画質)ビデオ通話:3Mbps
  • YouTube動画視聴(高画質):5Mbps
  • 4K動画視聴:25Mbps
  • オンラインゲーム:100Mbps(PING値は30ms以下)

詳しくはこちらで解説してます。

インターネット回線速度が遅くなる原因は?

  • 速度制限にかかっている
  • WiFiルーターやLANケーブルの規格が高速通信に対応していない
  • 夜間や集合住宅では回線混雑で遅くなりやすい
  • PC・スマホのファームウエアが最新になっていない

上記のような原因などがあります。
対処方について詳しくはこちらで解説してます。

まとめ

この記事では、ネット環境の速度の測定方法やインターネットが遅い場合の対処方法をご紹介しました。

これらの対策を講じても回線速度が改善しない場合は、回線の乗り換えやプロバイダ変更を検討してみましょう。

光回線とモバイルWiFi、ホームルーターの3つについて、それぞれおすすめの回線は以下の通りです。

光回線

モバイルWiFi

ホームルーター

それぞれの通信速度がある程度速く、実質料金も安いので満足して使えることでしょう。

今回ご紹介した内容を踏まえて、快適なインターネットライフを送れるといいですね!