2021/6/1 12:00

WiMAXのホームルーターはおすすめ?光回線・モバイルルーターと徹底比較!

WiMAXのホームルーターを徹底解説

新型コロナの影響で在宅勤務やテレワークが多くなってきた人も多いでしょう。

そこで今回はWiMAXのホームルーターは家で使うネット回線としておすすめかを調査しました。

結論から言えば、WiMAXのホームルーターは家用のネット回線として非常におすすめです。

また、以下のような疑問を持っている方にも参考になる情報を解説していきます。

【記事のポイント】

  • WiMAXのモバイルルーターとホームルーターって何が違うの?
  • 光回線やモバイルルーター、スマホと比較して何がお得なの?
  • WiMAXのホームルーターは仕事やテレワークでちゃんと使える?

WiMAXのホームルーターのメリット・デメリットや他サービスとの比較、実用性や口コミ・評判まで詳しく見ていきましょう。

※この記事は、2021年6月時点での情報です。

WiMAXのホームルーターって何?

ホームルーターの説明

WiMAXのホームルーターは、機器をコンセントに接続するだけで、ネットに接続できる据え置き型のWi-Fiルーターです。

光回線のような開通工事がいらないので、賃貸のマンションでもすぐに導入できます。

博士

管理会社や大家さんに光回線の工事を断られてしまっても、工事不要のホームルーターなら契約できるよ!

WiMAXといえば持ち運びに便利なモバイルルーターが一般的ですが、ホームルーターのラインナップもあります。

ホームルーターでも料金プランは同じで、端末代も無料、無制限で使えるなど、サービスはそのままです。

申し込みから機器が届いたらすぐに使い始められるので、「今すぐにネット回線が必要な方」や「テレワーク用のネット回線が必要な方」におすすめです。

WiMAXのホームルーターのメリットを解説

WiMAXホームルーター L02

WiMAXのホームルーターのメリットとしては以下の7点が挙げられます。

それぞれどのような内容なのか詳しく見ていきましょう。

①開通工事不要でコンセントに繋げばネットが利用できる

WiMAXのホームルーターは、開通工事が不要で届いた機器をコンセントに繋ぐだけでネットが使い始められます。

光回線の場合、利用開始には開通工事を行う必要があり、場合によっては申し込みから利用開始まで1ヶ月以上かかるケースもあるでしょう。
セリフ「引っ越しの多い時期だと2〜3ヶ月かかることもあるみたいだよ」

しかし、WiMAXのホームルーターであれば、申し込みから最短当日での発送に対応しており、長くても3日程度で利用が開始できます。

「仕事用のネット回線をすぐに必要な方」や「転勤や引越し先ですぐにネットを使い始めたい方」などにもおすすめです。

②細かい接続機器も不要でホームルーター1台でスッキリ置ける

WiMAXのホームルーターで使用する機器は、据え置き型のWi-Fiルーター1つのみで、コンセントに挿すだけなので配線もスッキリします。

光回線だとモデムやLANケーブルなど、さまざまな機器やケーブルでゴチャゴチャした感じになってしまうでしょう。

WiMAXのホームルーターには白い筒状の物もあり、インテリアにマッチするオシャレなホームルーターを選べます。

コンセントのある場所ならどこでも使えるので、置き場所にも困りません。

③ホームルーターの中でも速度が速い

ホームルーターには、WiMAX以外にもソフトバンクエアーといったサービスがあります。

通信速度で比較すると、WiMAXは他社のホームルーターよりも通信速度に優れているのがメリットです。

WiMAX
ホームルーター
ソフトバンクエアー
下り平均速度45.44Mbps44.01Mbps
上り平均速度6.99Mbps6.22Mbps

※2021年6月時点「みんなのネット回線速度」より

ただし、光回線と比較すると通信速度は落ちるので注意してください。

WiMAX
ホームルーター
光回線全体
下り平均速度45.44Mbps280Mbps
上り平均速度6.99Mbps208Mbps

※2021年6月時点「みんなのネット回線速度より

それでも下り平均で50Mbps近く出ていれば、サイト閲覧、SNS、ビデオ通話、動画視聴、オンラインゲームなどを快適に利用できます。

④家の中なら安定してネットに接続できる

自宅で使うWi-Fi機器なので、どの部屋からでもつながるかどうかはとても重要なポイントですよね。

たとえばホームルーターをリビングに設置して、寝室やトイレなどに行くと接続が途切れるようだと不便です。

WiMAXのホームルーターなら、家で使用するWi-Fi機器として専用設計がなされているため、家のどの場所でも接続が安定します。

例えば、最近機種の「Speed Wi-Fi HOME L02」では、指向性を持った4本の高感度アンテナを配置することで、360度全方位をカバーし、優れた受信感度を示しています。

「Speed Wi-Fi HOME L02」の受信範囲

「Broad WiMAX」より

受信端末の位置を検知して、電波をピンポイントに送信する「TXビームフォーミング」にも対応しています。

家全体での繋がりやすさを考えても、WiMAXのホームルーターは非常におすすめです。

⑤家の外でもコンセントがある場所なら使える

WiMAXのホームルーターは、コンセントがある場所ならどこでも使用ができます。

例えば、出張先のホテルでもホームルーターをコンセントに挿せば、ネットへの接続が可能です。
セリフ「公衆WiFiはセキュリティが甘いこともあるから、仕事で使うならよりWiMAXのホームルーターがおすすめだよ!」

ちなみに同じホームルーターとして有名なソフトバンクエアーでは、契約した住所以外での利用ができません。

家だけでなく、外でも使えるホームルーターというのは、WiMAXならではの特徴と言えます。

⑥データ容量無制限で使い放題

WiMAXのホームルーターは、月々のデータ利用量が無制限で使い放題となっています。

スマホのように利用するギガを気にする必要はありません。

仕事やプライベートでネットを多く利用する方にとって「データ容量無制限プランの有無」は非常に重要ですよね。

セリフ「WiMAXならどれだけ使っても月額料金が変わらないんだ!」

しかし、後述の注意点で詳しく解説していますが、3日間で10Gの速度制限がありますので、その点は注意が必要です。

⑦同時接続台数が多い

WiMAXのホームルーターは、同時に最大42台※の端末との同時接続に対応しています。※Speed Wi-Fi HOME L02の場合

同じWiMAXのモバイルルーター「Speed Wi-Fi NEXT W06」と比較してもその差は歴然です。

端末名Speed Wi-Fi
HOME L02
Speed Wi-Fi
NEXT W06
同時接続端末数最大42台最大16台

現実的に同時に40台以上の端末と同時に接続する機会はないと思いますが、同時接続端末数が多いほど、複数の端末と接続した際の安定感に優れていると言えます。

家の中でも、パソコンやスマホ、タブレット、スマート家電、ゲーム機など、あらゆる端末がネットに接続していることを考えると、ホームルーターの安定感が際立ちます。

さらに、WiMAXのホームルーターは、LANケーブルによる有線接続にも対応しており、Wi-Fi接続よりも安定した高速通信が可能です。
セリフ「より速度を安定させたいゲーム機だけは有線接続、という使い方もできるんだね!」

WiMAXのホームルーターの注意点を解説

ビックリマーク

WiMAXのホームルーターの注意点は以下の4点です。

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

助手のジョン

申し込む前にデメリットもきちんと見ておかないとね!

①直近3日10GB以上の利用で速度制限にかかる

WiMAXでは、ネットワーク混雑回避のため、直近3日間で10GB以上の利用があった場合に速度制限がかかります。

細かい条件は下記の通りです。

速度制限の条件直近3日間の通信量が合計10GB以上
速度制限の詳細翌日18:00頃〜翌々日2:00頃の通信速度を
概ね1Mbpsに制限

例えば、「2/10に3GB」「2/11に4GB」「2/12に4GB」と3日間で合計11GBを利用した場合、翌日の2/13の18時頃〜2/14の2時頃までの通信速度が制限されます。

2/13の通信量が1GBだった場合、直近3日間では「2/11に4GB」「2/12に4GB」「2/13に1GB」の合計9GBとなるため、速度制限はかかりません。

こういった速度制限はあるものの基本的には夜間帯の速度が落ちるだけなので、日中仕事で使うケースでは問題ないと考えられます。

②持ち運びには不便

WiMAXのホームルーターは、コンセントのある場所ならどこでも利用できるというメリットはありますが、それでも持ち運び自体は不便です。

サイズ的には500ml缶ぐらいですし、重量も約436g※となっています。

※Speed Wi-Fi HOME L02の場合

家でも外でもネットを使いたいという場合には、コンパクトで携帯性に優れるモバイルルーターの方が適しているでしょう。

③光回線と比べると通信速度は落ちる

先ほども少し触れましたが、WiMAXのホームルーターは光回線と比較して通信速度は落ちます。

WiMAX
ホームルーター
光回線全体
下り平均速度45.44Mbps280Mbps
上り平均速度6.99Mbps208Mbps

※2021年6月時点「みんなのネット回線速度」より

日常的なネット利用やテレワークにおいて問題は生じませんが、その差は明らかです。
セリフ「光回線は文字通り桁違いの速さだね」

「4Kの映画をダウンロードする」「最新のオンラインゲームを楽しむ」といった場合に、通信速度に不満が生じることもあるかもしれません。

④違約金が高い

WiMAXに申し込む際は、違約金の設定を必ず確認しておきましょう。

解約のタイミングによっては、最大31,350円の違約金がかかるので注意が必要です。

WiMAXの違約金については下記のようになっています。

解約のタイミング違約金(税込)
12ヶ月以内31,350円
13〜24ヶ月以内25,850円
25ヶ月目以降10,450円
更新月(37ヶ月目)0円

※Broad WiMAXの場合

WiMAXの契約期間満了月の翌月1ヶ月間が更新月と設定されており、このタイミングで解約すれば違約金はかかりません。

契約期間の数え方は利用開始月を0ヶ月目とし、翌月から1ヶ月目、2ヶ月目〜とカウントしていきます。

例えば、2021年5月15日に開通した場合、1ヶ月目は2021年6月、更新月の37ヶ月目は2024年6月です。

使い放題ならどれ?「WiMAXホームルーター」「光回線」「モバイルルーター」「他社ホームルーター」を比較!

「使い放題のネット回線」には、さまざまな選択肢があります。

ここでは、WiMAXホームルーターと他のサービスを徹底比較していきます。

まず最初に簡単な比較表をご覧ください。

回線名工事月額料金利用場所接続方法平均速度※速度制限
WiMAX
ホームルーター
不要家:◯
外:△
有線:◯(LAN)
無線:◯
下り:45.44Mbps
上り:6.99Mbps
あり
光回線必要家:◯
外:×
有線:◯(LAN)
無線:◯
下り:280Mbps
上り:208Mbps
なし
WiMAXモバイル
ルーター
不要家:◯
外:◯
有線:◯(USB/LAN)
無線:◯
下り:38.62Mbps
上り:5.1Mbps
あり
他社ホームルーター※不要家:◯
外:×
有線:◯(LAN)
無線:◯
下り:44.01Mbps
上り:6.22Mbps
あり

※他社ホームルーターは「ソフトバンクエアー」を参照

※平均速度:「みんなのネット回線速度」より

それでは、WiMAXホームルーターと各サービスを細かく比較して、どんな人にどのサービスが向いているのか調査していきます。

【ポイント】

  • 開通工事不要でネットを使いたい人:WiMAXホームルーター
  • 家でも外でもネットを使う人:WiMAXモバイルルーター
  • 通信速度にこだわりがある人:光回線

①WiMAXホームルーターと光回線を比較

比較項目WiMAX
ホームルーター
光回線
工事不要必要
月額料金約4,000円4,000円〜6,000円
利用場所家:◯
外:△
家:◯
外:×
接続方法有線:◯(LAN)
無線:◯
有線:◯(LAN)
無線:◯
平均速度下り:45.44Mbps
上り:6.99Mbps
下り:280Mbps
上り:208Mbps
速度制限ありなし
  • WiMAXホームルーターがおすすめな人→すぐにでもネットを使い始めたい人
  • 光回線がおすすめな人→通信速度にこだわりがある人
【光回線の特徴】

  • 通信速度は圧倒的に速い
  • 利用には開通工事が必要
  • 屋外では利用できない
  • 月額料金が高い

光回線は他のサービスと比較しても、圧倒的に優れている通信速度が魅力です。

しかし、利用には開通工事が必要で、住宅タイプや家の場所によっては工事ができないケースもあります。

屋外での利用はできませんし、月額料金もWiMAXホームルーターより1,000円〜2,000円ほど高くなるでしょう。

②WiMAXホームルーターとモバイルルーターを比較

比較項目WiMAX
ホームルーター
WiMAX
モバイルルーター
工事不要不要
月額料金約4,000円約4,000円
利用場所家:◯
外:△
家:◯
外:◯
接続方法有線:◯(LAN)
無線:◯
有線:◯(USB/LAN)
無線:◯
平均速度下り:45.44Mbps
上り:6.99Mbps
下り:38.62Mbps
上り:5.1Mbps
速度制限ありあり
  • WiMAXホームルーターがおすすめな人→家の中で安定したネットを利用したい人
  • WiMAXモバイルルーターがおすすめな人→屋外で頻繁にネットを利用する人
【WiMAXモバイルルーターの特徴】

  • 持ち運びに屋外でも使える
  • クレードルを使えばLAN接続も可能
  • 通信速度は若干落ちる

WiMAXのモバイルルーターは、端末がコンパクトで携帯性が高く、屋外でもネットを利用する方におすすめです。

通信速度や料金については、ホームルーターと同程度で、対応するクレードルを使用すればLANケーブルによる有線接続にも対応しています。

出先や旅行先など屋外でネットを利用する機会の多い方におすすめです。

③WiMAXホームルーターと他社ホームルーターを比較

比較項目WiMAX
ホームルーター
ソフトバンク
エアー
工事不要不要
月額料金約4,000円約5,000円
利用場所家:◯
外:△
家:◯
外:×
接続方法有線:◯(LAN)
無線:◯
有線:◯(LAN)
無線:◯
平均速度下り:45.44Mbps
上り:6.99Mbps
下り:44.01Mbps
上り:6.22Mbps
速度制限ありあり
  • WiMAXホームルーターがおすすめな人→料金が安く、快適な通信で利用したい人
  • ソフトバンクエアーがおすすめな人→ソフトバンクスマホを使っている人
【ソフトバンクエアーの特徴】

  • 工事不要で使える
  • 屋外での利用はできない
  • 通信速度はホームルーターよりも落ちる
  • 月額料金は1,000円ほど高い

WiMAX以外のホームルーターとして有名なソフトバンクエアーですが、全体的な特徴は似ているものの、コスパとしてはWiMAXの方が上と言えます。

ソフトバンクエアーは屋外での利用ができませんし、通信速度も劣っています。

月額料金もWiMAXより1,000円ほど高いため、「ホームルーターを使いたい」という方であればWiMAXの方がおすすめです。

ただし、ソフトバンクエアーでは、ソフトバンクスマホのセット利用でスマホ代が毎月1,100円割引される「おうち割」が適用されます。

WiMAXのホームルーターはどんな人におすすめ?

チェックマーク

ここまでの内容を踏まえてWiMAXのホームルーターがおすすめなのは、以下のような人です。

それぞれのポイントについて詳しく見ていきましょう。

①光回線がエリア外or工事ができない人

光回線に申し込もうとした際に「サービスエリア外だった」「工事ができないと言われた」などの理由で加入ができないケースが多くあります。

WiMAXのホームルーターであれば、開通工事不要で利用できるため、光回線が導入できない方でも申し込めます。

特に、賃貸物件では工事ができないことが多いため、WiMAXのホームルーターを利用してみてください。

②引っ越しの機会が多いor期間限定で今の家に住んでいる人

定期的に住む場所が変わるような方にも、WiMAXのホームルーターはおすすめです。

光回線だと引越しのたびに手続きをする必要があり、場合によっては撤去工事費や新居での開通工事費が発生します。

WiMAXのホームルーターなら住所変更手続きをするだけで、引越し先でもすぐにネットが使えます。

③テレワーク・オフィス用のネット回線を探している人

テレワークなど仕事用のネット回線をお探しの方も多いでしょう。

WiMAXのホームルーターは、申し込みからすぐに使えて、通信も安定しているので仕事用にもおすすめです。

速度制限はありますが、制限がかかるのは夜間帯なので仕事に支障が出ることもないでしょう。

ホームルーターだと同時に数多くの端末と接続しても、通信が安定するのでオフィス用のネット回線としてもおすすめです。

WiMAXのホームルーターの口コミ・評判をチェック!

チェック

WiMAXのホームルーターの気になる口コミや評判を調査しました。

その結果、主に以下の2つの意見が多いことが分かりました。

  • ①WiMAXホームルーターは速度が好評
  • ②3日で10Gの速度制限が不満

良い評判・悪い評判の両方を確認しながら、サービスの具体的なイメージを掴んでいきましょう。

 

①WiMAXホームルーターは速度が好評!

先述でもお伝えしてきましたが、WiMAXの特徴としてはやはり最大1.2Gbpsという通信速度が魅力です。

実際に使うときの速度も、平均45.44Mbpsと動画も難なく見れる速度となっています。

broad wimax届いた!
すげぇ!ソフトバンクエアーが有線で下り2Mbpsだったからホームルーター信頼してなかったけど、まさかの無線で35Mbps!めっちゃすげぇ!これでゲームし放題だ!

— azu&wen@NAT (@azuandwen) March 31, 2021

こちらの方のように、ソフトバンクエアーよりも通信速度が良いという声も多かったです。

WiMaxホームルーター届いたから試してみたら、スマブラは変わらずラグとか無いし、DbDはマッチングするようになって良好

— へきそめ (@hksm210) January 9, 2021

L01sからHOME 02へ買い替えて早1ヶ月。受信感度と回線速度共にアップして今のところ順調。半分以上は近所の基地局が新アンテナに変わった影響でしょうが?ともあれルーターが華為からNECになっただけでも安心感が全然違う?

» WiMAX HOME 02│UQ WiMAX(ルーター)【公式】 https://t.co/9G1W42OUxY pic.twitter.com/6xKkQKm6BV

— HEM2 (@HEM_SQUARE) April 25, 2021

100Mbpsを上回る回線速度を出している人もいます。
時間帯や地域によっても変わりますのでここまでの速度が出ることはまれですが、速度に関してはやはり満足という意見が多いです。

②3日で10Gの速度制限が不満

WiMAXホームルーターの評判を調査するとやはり3日で10Gという速度制限に不満の声が見られました。

まがりなりにも使用無制限のホームルーターを使ってたせいか、久しぶりにWiMAXすると「え、3日10G制限ってこんなにキツかったっけ……?」ってなる。゚( ゚இ-இ゚)゚。ストリーミングの画質落とさねば……

— それそラミング (@soresoja) May 1, 2021

普段は無制限の回線を使っていると、余計に不便に感じてしまうようです。

ミドガミさん家ね、諸事情にて光回線引けなかったので、WiMAXのホームルーター使ってるんですヨー
だからすぐに回線速度に制限かかってしまうのよネ
不便ダー!!

— ミドガミ/獣人系ダメ人間Vtuber (@green_lion115) April 12, 2021

無制限の光回線と同じようにWiMAXを使っていると、すぐに制限がかかってしまうかもしれません。

WiMAXのホームルーターを申し込むならどこがおすすめ?

BroadWiMAX

WiMAXのホームルーターは、さまざまな窓口から申し込みが可能です。

窓口によって月額料金やキャッシュバック、各種割引などの特典が異なり、実質的に支払う総費用にも大きな差が生まれます。

主なWiMAXホームルーターの窓口ごとの各種費用は下記の通りです。

窓口契約期間キャッシュバック3年間の総費用
Broad WiMAX3年5,000円143,424円
DTI WiMAX3年146,773円
カシモ WiMAX3年147,774円
EX WiMAX3年148,368円
BIGLOBE WiMAX3年17,000円165,028円
GMOとくとくBB3年174,599円
UQ WiMAX3年177,716円

最もおすすめなのは「Broad WiMAX」です。

キャッシュバックの金額ではBIGLOBE WiMAXのほうが勝りますが、Broad WiMAXには高額な月額料金割引もあるためより安く利用できます。

また、Broad WiMAXのキャッシュバック5,000円は、開通翌月までにメールから申請すれば半年後に自動振込みされるため、もらい忘れるリスクはほとんどありません。

助手のジョン

万が一キャッシュバックをもらい損ねても、確実に毎月の月額料金を引き下げられるね!

現在、GetNavi経由で申し込みをした方は、通常キャンペーンに加えて5,000円キャッシュバックがプレゼントされます。

WiMAXホームルーターを検討している方は、ぜひこの機会にBroad WiMAXから申し込んでみましょう。

Broad WiMAXの詳細はこちらから

WiMAXのホームルータの申し込みから利用開始までの手順を解説

チェックリスト

WiMAXホームルーターの申し込みから利用開始までを解説します。

以下の手順で手続きを進めてください。

【WiMAXホームルーターの申し込み手順】

  1. WiMAXホームルーター申込窓口にアクセスする
  2. 端末や料金プラン、オプションを選択する
  3. 利用者情報、支払い情報を入力する
  4. 申込完了後、端末が発送される
  5. 端末を受け取りコンセントに繋ぐ
  6. 初期設定を行い利用開始

Broad WiMAXであれば申し込み後、最短即日で端末を発送してくれるので、利用開始まで3日もかかりません。

5000円キャッシュについては、この記事からBroadWiMAXをWeb申し込みした場合となっています。

電話相談フォームなどからの申し込みだと5000円キャッシュバックの適用にならないのでご注意下さい。

助手のジョン

申し込むならBroad WiMAXがおすすめだよ!

WiMAXのホームルーターに関するよくある質問

WiMAXのホームルーターに関する疑問や不明点をまとめてみました。

気になる点がある方はこちらを参考にして解決してみてください。

①WiMAXホームルーターの違約金ってどれぐらい?

WiMAXホームルーターの契約期間は3年間で、期間中の解約には下記の違約金が発生します。

解約のタイミング違約金(税込)
12ヶ月以内31,350円
13〜24ヶ月以内25,850円
25ヶ月目以降10,450円
更新月(37ヶ月目)0円

※Broad WiMAXの場合

更新月での解約のみ違約金はかかりません。

②引っ越しするときの手続き内容は?

引越しの際はWEB上の会員ページから住所変更手続きを行うだけで済みます。

後は、新居でホームルーターをコンセントに挿すだけで、今まで通りネットが利用できます。

③WiMAXのホームルーターとモバイルルーターで加入するプランは同じ?

特に記載がない限り、ホームルーターとモバイルルーターで加入するプランは同じです。

④速度制限にかかると動画視聴は快適にできなくなりますか?

WiMAXで速度制限にかかると通信速度が1Mbps程度まで落とされます。

WEB閲覧やYoutube、SNSなど多少のストレスはあるかもしれませんが、問題なく使えるレベルです。

ただし、動画配信サービスで高画質の映画やドラマを視聴する場合やアプリのダウンロードなどは快適に行えない可能性が高いです。

まとめ

WiMAXホームルーターについて、メリット・デメリット、他サービスとの比較を解説していきました。

今回の記事のポイントとしては下記の6点です。

【記事のポイント】

  • WiMAXホームルーターは工事不要で安定したネットが無制限に使える
  • 3日10GB以上で速度制限がかかるので注意が必要
  • 光回線と比較すると通信速度は落ちるが「料金の安さ」「工事不要」「屋外での利用」で優れる
  • 他社のホームルーターと比較しても、WiMAXはコスパが高い
  • WiMAXホームルーターに加入するなら「Broad WiMAX」が最もお得!

テレワークで仕事用のネット回線を探している方や、光回線に加入できなかった方など、WiMAXのホームルーターを選択肢として検討してみてください。